ラジオまどんなブログ

クレソンとまぐろのサラダ/クレソンの生ふりかけのおむすび


3月31日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【クレソンとまぐろのサラダ】
madonna_recipe210331-1.jpg

《材料》(2人分)

クレソン:1束(上半分)

まぐろ:100g

塩昆布:5g

だししょうゆ:小さじ1

オリーブ油:大さじ1

レモン汁:小さじ1

 

《作り方》

(1)クレソンを水に15分程度さらして半分に切る。

まぐろは斜めに5ミリ幅程度に切る。

(刺身用のさくは少し薄めに切る。切って売られているものはそのままでOK)

(2)ボウルに塩昆布、だししょうゆ、オリーブ油、レモン汁を加えて混ぜる。まぐろを入れて混ぜたら、クレソンの上半分を加えて混ぜる。器に盛り付ける。

*真だいやぶりなどほかのお刺身や、アジフライやグリルチキンなどをのせてもおいしい。

 

【クレソンの生ふりかけのおむすび】
madonna_recipe210331-2.jpg

《材料》(作りやすい分量)

クレソン:1束(下半分)

塩・こしょう:少々

ごま油:小さじ1

ご飯:適量

 

《作り方》

(1)クレソンを刻んでフライパンにごま油を入れ塩、こしょうをして炒める。

(2)炊き立てのご飯に混ぜておむすびにする。

 

投稿時間:2021年03月31日 (水) 17:55 | 固定リンク


3月30日(火)放送後


「ラジオまどんな」、6年目に突入しました!

これからも夕方のひと時をゆったり楽しんでいただけるような放送をお届けしていきたいと思います。引き続き「ラジオまどんな」をどうぞ宜しくお願い致します。

 

新年度最初の放送は、鉄道写真家の「どつぼさん」こと坪内政美さんと鉄道見聞録のコーナーをお送りしました。

テーマは「エヴァンゲリオンと鉄道」、そして「駅スタンプ」。

madonna_210330.jpg

エヴァンゲリオンの映画の中で登場した車両や鉄道風景についてどつぼさんに詳しく教えていただきました。

私もエヴァンゲリオンを全作見ていますが、映画の中で活躍していた車両が、実は東日本大震災の復興にも役立てられていたというエピソードには驚きました。

また、今回取り上げたシーンはこの車両じゃないと成立しないということで、庵野監督がいかに鉄道に関心が高いのかもよく分かりましたね。

 

この度、どつぼさんの新しい本「駅スタンプの世界」が完成しました。

全国各地の駅スタンプをどつぼさんならではの視点で紹介したもので、駅スタンプの歴史や、駅スタンプの楽しみ方まで分かる1冊になっています。

 

1970年、国鉄が個人の旅行者を増やそうと始めた“ディスカバー・ジャパン”というキャンペーンに合わせて作られた歴史あるスタンプがこちら!

madonna_210330-1.jpg

このスタンプは、伊予西条駅にあるそうです。

みなさんも駅スタンプの世界にはまってみてはいかがですか・・・?

 

次回の鉄道見聞録は、4月27日(火)の予定です。次回もお楽しみに!

投稿時間:2021年03月31日 (水) 14:45 | 固定リンク


3月11日(木)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さんを迎えてお送りしました。

 madonna_210311.jpg

もうすぐ新年度ということで、今一度、見直したい生活習慣や食事のマナーなどについて宇佐さんに教えていただきました。

 

文部省、厚生労働省、農林水産省が連携して策定した「食生活指針」をもとに宇佐さんが紹介してくれたポイントは、朝ご飯から生活のリズムを整えることや、お箸の使い方をはじめとした食文化を大切にすることです。

 

してはいけない箸使いのことを「嫌い箸」と言いますが、みなさんはいくつ分かったでしょうか?

正しいお箸の持ち方や使い方など、新生活をはじめる前にぜひ見直してみてくださいね。

投稿時間:2021年03月18日 (木) 18:14 | 固定リンク


3月10日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

 madonna_210310.jpg

今回は「生わかめ」についてでした。

春から初夏にかけてがおいしい季節なんだそうです。

わかめと同じ春の食材、たけのこと合わせた一品を教えていただきました!

 

レシピはこちらからご覧ください。

>生わかめとたけのこの酢の物のレシピ

 

投稿時間:2021年03月18日 (木) 18:11 | 固定リンク


3月9日(火)放送後


鉄道見聞録のコーナー、鉄道写真家のどつぼさんこと坪内政美さんとお送りしました。

 madonna_210309-1.jpg

今回のテーマは「ダイヤ改正」。

スタジオに、どつぼさんが時刻表コレクションを持ってきてくださいました!
madonna_210309-2.jpg

 

現在、JRでは年に1回、春にダイヤ改正を行っています。

ダイヤ改正に合わせて、新たな駅や車両が誕生する一方で、廃止になる駅や引退する車両もあるため、鉄道ファンにとっては一大事です。

そこで、今年注目のポイントをどつぼさんに教えていただきました!

 

まずは、伊豆半島行きの特急「踊り子」号に使われている車両185系の引退。

ヘッドマークのある特急は今では珍しいそうです。
madonna_210309-4.jpg

 

そして四国では、特急列車「南風」「しまんと」に使われている車両2000系が引退。

世界初の振り子式気動車で、JR四国発足直後(1989年)から活躍してきました。

 madonna_210309-3.jpg

春は出会いと別れの季節ですが、鉄道の世界も同じですね。

日々の生活や旅行など、日常に欠かせないものだからこそ、こうした節目に多くの人が心を動かされるのかもしれませんね。

投稿時間:2021年03月18日 (木) 18:06 | 固定リンク


生わかめとたけのこの酢の物/いちごとクリームチーズのマフィン


3月10日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん 

【生わかめとたけのこの酢の物】
madonna_recipe210310-1.jpg

《材料》(2人分)

生わかめ:30g

たけのこ(水煮):30g 

甘酢(酢:50ml きび砂糖:20g 塩:1g)

 

《作り方》

(1)生わかめを洗ってキッチンペーパーなどで水けをしっかりとり、3㎝くらいに切る。

たけのこの水煮は5ミリ程度の厚さに切る。

(2)小瓶に酢ときび砂糖と塩を入れてふたをしてしっかり振ると、キレイに混ざっておいしい甘酢が出来る。甘酢をボウルに入れ(1)を混ぜて完成。

*たけのこの水煮は買ったものでも構いませんが、採れたてのたけのこを米のとぎ汁で1時間じっくりゆでて冷めるまでそのまま置き、皮をむくと甘くておいしいたけのこの水煮が出来ます。

ゆでるときはたけのこの先を斜めにカットして、縦に切り込みを入れてからゆでると皮をむきやすくなります。

 

【いちごとクリームチーズのマフィン】
madonna_recipe210310-2.jpg

《材料》(プリンカップくらいの大きさ8コ分)

薄力粉:100g

アーモンドパウダー:10g

無塩バター:75g

きび砂糖:50g

塩:少々

卵:1コ

牛乳:大さじ1

ベーキングパウダー:小さじ1

いちご:8コ

クリームチーズ:40g

 

《作り方》

(1)薄力粉とベーキングパウダーをふるっておく。

(2)バターは室温に戻して柔らかくし、きび砂糖、塩を加え、白っぽくなるまで混ぜる。溶き卵を3回に分けて空気を入れるように混ぜていく。牛乳を加えさらに混ぜる。

(3)アーモンドパウダーと①を加えゴムベラでさっくりと混ぜる。

(4)マフィンカップにマフィン用の紙を敷いて(3)を半分流し入れる。

そこにクリームチーズを入れて残りを流し入れ、いちごを半分に切ってのせる。

(4)180℃のオーブンで18分~20分焼く。

*薄力粉の代わりに全粒粉で作ったり、アーモンドパウダーを使わずに、バニラエッセンスで香りを足したり、工夫すると色々なマフィンができあがります。

 

投稿時間:2021年03月10日 (水) 17:55 | 固定リンク


3月4日(木)放送後


ことしの3月11日で、東日本大震災の発生から10年です。

震災後、様々な理由で愛媛県に避難してきた人たちへの支援などの活動を行っている「NPO法人えひめ311」の事務局長、澤上幸子さんにお話をうかがいました。

madonna_210304.jpg

松山市出身の澤上さんですが、震災の時には、ご家族と福島県双葉町で暮らしていました。

震災の直後に松山市に避難し、今も双葉町に戻ることは出来ていません。

 

「もう10年」ではない、「1日1日を必死に過ごしてきた10年だった」という澤上さんの言葉に、胸が締め付けられる思いでした。

 

「愛媛は災害が少ないと言われていますが、それを過信しないでほしい。日ごろから防災について考えるようにしてほしい」という澤上さんからのメッセージをしっかり受け止めて、地震や水害など災害への備えを進めていただきたいと思います。

 

投稿時間:2021年03月10日 (水) 15:00 | 固定リンク


3月3日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

madonna_210303.jpg

今回はハーブの一種「ルッコラ」についてでした。

砥部焼の器を使った、きれいな盛り付けのコツも教えて頂きました!

色とりどりでおいしそうですよね。

madonna_210303-1.jpg

ご紹介したレシピはこちらからご覧ください。

>ルッコラとリコッタチーズのサラダのレシピはこちら

 

投稿時間:2021年03月10日 (水) 15:00 | 固定リンク


3月2日(火)放送後


去年、「第8回ふるさとパンフレット大賞」で大賞に選ばれた、宇和島市総合観光パンフレット「宇和島本(うわじまぼん)」について、宇和島市商工観光課の村上将司さんに紹介していただきました!

madonna_210302.jpg

「宇和島でやりたい10のこと」という見出しで、様々な観光プランを提案してあって、どんな旅をしたいのかイメージしやすくまとめられています。

 

宇和島市の九島のご出身で、現在も九島に住んでいる村上さん。

地元のおすすめとして、釣りが楽しめることと、移住者の方が去年の1月に始めた飲食店を紹介してくれました。空家となっていた古民家を活用したお店だそうです。

とても素敵な雰囲気で、ぜひ行ってみたいと思いました!

 

宇和島本は、宇和島市の観光施設や、県内の観光案内所などで配布されているほか、インターネットでも見ることができます。

 

投稿時間:2021年03月10日 (水) 15:00 | 固定リンク


ルッコラとリコッタチーズのサラダ


3月3日(水)放送
ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【ルッコラとリコッタチーズのサラダ】
madonna_210303recipe.jpg

《材料》(2人分)

ルッコラ:30g

トマト(中玉):2コ

リコッタチーズ:100g

生ハム:25g 

ミックスナッツ(くるみ・アーモンド・マカデミアナッツ・カシューナッツなど):15g

A(オリーブ油:大さじ1 レモン汁:大さじ1 はちみつ:大さじ1 塩:小さじ1/3 こしょう:少々)

 

《作り方》

(1)ルッコラを洗って水けを切り、葉が大きい場合は半分に切る。

トマトは4等分、ミックスナッツは粗く刻む。

(2)ボウルにAを入れよく混ぜる。①を加え混ぜて皿に盛り付ける。

リコッタチーズと生ハムをのせ、ミックスナッツをふりかけて完成。

*ルッコラの香りとリコッタチーズのコク、生ハムの塩気がとてもよく合います。

*リコッタチーズの代わりに他のチーズでもOK。

 

投稿時間:2021年03月04日 (木) 10:07 | 固定リンク


ページの一番上へ▲