ラジオまどんなブログ

6月10日(木)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さん、立花彩ディレクターとお伝えしました。

 madonna_210610.jpg

宇佐さんに、今が旬のにんにくを使った万能調味料の作り方を教えていただきました。

色んな使い方ができてとっても便利・・・!

にんにくの香りが加わると料理がさらにおいしくなりますよね。

レシピはこちらからご覧ください。

>にんにくを使った万能調味料とおすすめのレシピ

 

栄養も豊富なにんにくですが、食べ過ぎると胃腸の粘膜を傷つけることもあるそうなので注意が必要だということです。

 

そして、どつぼさんの「鉄道見聞録」担当でおなじみの立花ディレクターが、今回は宇和島のマラソンについて取材しました。

 

ことし2月の「びわ湖毎日マラソン」で、宇和島出身の鈴木健吾選手が日本新記録をマークして盛り上がりましたが、宇和島が日本のマラソン発祥の地かもしれないという記録が残っているんだそうです。

 

「健歩(けんぽ)」という江戸時代に行われた催しで、走る距離や仕組みなど、現代のマラソン大会と共通点がとても多いことに驚きました。

 

今後、「マラソンの町」として宇和島が盛り上がっていくかもしれないと期待が高まるリポートでした。

投稿時間:2021年06月15日 (火) 12:30 | 固定リンク


にんにくを使った万能調味料とおすすめのレシピ


6月10日(木)放送

ゲスト:管理栄養士 宇佐亮子さん                        

 

madonna_recipe210610-1.jpg

【にんにくのしょうゆ漬け】

≪材料≫

にんにく 1個

濃口しょうゆ 50~100ml(容器に合わせて分量を調節するように)

とうがらし または 鷹の爪  お好みで

 

≪作り方≫

(1)  半量分のにんにくを2mm程度の薄切りにする。

(2)  とうがらしまたは鷹の爪を輪切りにする。鷹の爪は種をとっておく。

(3)煮沸消毒をして乾かした容器に、材料を全て入れて冷蔵庫で保存する。

 

≪ポイント≫

・2、3日漬け込むことでにんにくの香りが醤油に移り、調味料として使えるおいしいにんにくしょうゆができあがる。さらに1週間~10日ほど漬け込むと、より深みのある味に仕上がる。

・保存の目安は冷蔵庫で1か月以内

 

≪おすすめの使い方≫

チャーハン、お肉の味付け など

 

 

【しらすのオイル漬け】

≪材料≫

にんにく 2片

しらす(ちりめん) 50g

オリーブオイル 100ml

とうがらし または 鷹の爪 1本

塩 小さじ1/4

 

≪作り方≫

(1)  にんにくはみじん切りにする。とうがらしまたは鷹の爪を輪切りにする。鷹の爪は種をとっておく。

(2)  フライパンにオリーブオイル、にんにく、とうがらしまたは鷹の爪を加えて弱火にかける。

(3)  にんにくの香りがたち、焼き色がつき始めたらしらすを加え、1~2分弱火で加熱する。

(4)  煮沸消毒をした容器に入れる。

 

≪ポイント≫

保存の目安は冷蔵庫で2週間以内

 

≪おすすめの使い方≫

パスタのソース、ボイル野菜などのサラダに、食パンやフランスパンに乗せて焼く など

madonna_recipe210610-2.jpg

 madonna_recipe210610-3.jpg

【かつおのオイル漬け】

かつお 200g

にんにく 2片

オリーブオイル 大さじ3

白ワイン 大さじ1(酒でも可)

ローズマリーまたはローリエ 1本分

塩         小さじ1/4

 

≪作り方≫

(1)  かつおは薄切りにして分量外の塩を少量振っておく。

(2)  にんにくを薄切りにする。とうがらしまたは鷹の爪を輪切りにする。鷹の爪は種をとっておく。

(3)  オリーブオイル、白ワイン、ローズマリーまたはローリエ、塩を合わせる。

(4)  煮沸消毒をした保存容器にかつおとにんにくを交互に重ね、(3)をかけて冷蔵庫で半日ほど寝かせ完成。

 

(おすすめの使い方)

野菜を加えてカルパッチョ風に、かつおを薄切りではなく角切りにしてピンチョス風にすると華やかな前菜に。

余った白身魚の刺身などでもアレンジ可能。

投稿時間:2021年06月15日 (火) 12:24 | 固定リンク


6月9日(水)放送後


「ラジオまどんな」、600回目の放送でした!

たくさんのお祝いメッセージどうもありがとうございました。

 

放送後、みんなで記念撮影しました♪

ゲストは「ラジオまどんな」が始まった当初からご出演いただいている、フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんでした。

madonna_210609.jpg

 

やのさんに、お祝いの日にぴったりの果物、メロンのデザートを教えていただきました!

レシピはこちらからご覧ください。

 >メロンの牛乳寒天

 

いつも応援してくださるリスナーのみなさん、番組を盛り上げてくれるゲストのみなさん、素敵なスタッフたちといっしょに600回を迎えることができて幸せです・・・!

今後も「ラジオまどんな」をどうぞよろしくお願いいたします。

 

投稿時間:2021年06月11日 (金) 19:57 | 固定リンク


6月8日(火)放送後


松山防災リーダー育成センターの中尾順子さんを迎えてお送りしました。

madonna_210608.jpg

 

コロナ禍でも継続した防災教育ができるように、松山防災リーダー育成センターでは、新たに防災教育をサポートする動画を制作したそうです。

 

土砂災害、洪水災害、大雨が降るメカニズム、災害用伝言ダイヤル、防災街歩きとマップ作りのポイントなど、様々なテーマが取り上げられていて、動画を見ながら防災について学ぶことができます。

 

動画でも紹介されている、気象情報を防災に役立てるポイントや、避難のタイミングについて考える「マイタイムライン」の作成方法について、中尾さんに詳しく教えていただきました。

 

まずはハザードマップでリスクを調べて、状況に応じた避難先、避難ルート、避難所に持って行くもの、避難のタイミングなど、ぜひこの機会に家族でいっしょに考えてみてくださいね。

 

投稿時間:2021年06月11日 (金) 19:32 | 固定リンク


メロンの牛乳寒天


6月9日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【メロンの牛乳寒天】

《材料》(作りやすい分量)

アムスメロン:1/2コ(果肉200g程度) 

牛乳:200ml 

水:300ml 

粉寒天:4g 

グラニュー糖:大さじ2

《作り方》

(1)鍋に水、粉寒天、グラニュー糖を加え1分沸騰させ、粉寒天をしっかり溶かす。

(2)耐熱容器に、カットしたアムスメロンを入れ、(1)を流し込む。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

(3)お好みの厚さにカットすると断面もおしゃれな夏のスイーツになる。

※プリンカップなどに作ってもOKです。

投稿時間:2021年06月09日 (水) 17:55 | 固定リンク


6月7日(月)放送後


「まどんなゴハン」のコーナーは、道後の老舗旅館の和食料理長、久保田昌司さんとお送りしました。

madonna_210607.jpg

今回の食材は、愛媛が生産量日本一を誇る「はだか麦」でした!

麦みそや麦茶、焼酎などに加工されていますが、普段の食卓でもはだか麦を使ってみませんか?

 

久保田さんに「なすのはだか麦あんかけ」の作り方を教えていただきました。

はだか麦は栄養も豊富で、プチプチとした食感が料理のアクセントになります。

旬のなすをよりおいしく頂けるおすすめの一品です・・・!

レシピはこちらからご覧ください。

ちなみに、ゆでて水洗いしたはだか麦をサラダに混ぜてもおいしいそうです♪

>>「なすのはだか麦あんかけ」 のレシピはこちら

 

松山市出身の俳人、神野紗希さんとお送りしている「ラジオ句会」は、「紫陽花(あじさい)」をテーマにお送りしました。

 

紫陽花の名所が詠まれた俳句が様々な地域の皆さんから届いていて、旅気分を味わうことが出来ました。「あじさい寺」と呼ばれているところも、各地にあるんですね~!

自由に旅行できるようになったらぜひ訪れてみたいです。

 

■今日の紗希さんの一句

 

おさなごよ紫陽花はいま海の青     紗希

 

お子さんがまだ小さい頃、ちょうどベビーカーの高さに紫陽花が咲いていて、その青さが幼いわが子の目にどう映っているのかと、ふと思ったんだそうです。

「これは海の青だよ」と語りかける神野さんの優しい眼差しが見えてくるようです。

紫陽花は日常に溶け込む身近な花でもありますよね。

 

それでは、今回の特選句と、神野さんが選んだ最も良かった俳句はこちらです。

(その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。)

>放送で紹介した俳句

 

■特選句

紫陽花やインターホンの顔近し      板柿せっか(岐阜県本巣市)

あじさいに園児帽のせたのだあれ     東京堕天使(千葉県香取市)

紫陽花やスライドへ字の浮かびくる    南方日午(東京都)

一枝(ひとえだ)のあぢさゐ初恋の重さ  藤雪陽(長野県)

あぢさゐをざはざはと擦るサイドミラー  いかちゃん(神奈川県横浜市)

 

■最も良かった一句

 

紫陽花やもんじゃへ小さき銀のへら     おきいふ

 

下町の景色がパッと広がる素敵な俳句です。

梅雨の湿度や、もんじゃ屋さんの香りや熱気も伝わってきそうです。

 

今回もたくさんの投稿をいただき、ありがとうございました。

次回の「ラジオ句会」は7月1日(木)の予定です。

募集する俳句のテーマは「汗」。締め切りは6月28日(月)です。

次回も投稿お待ちしています!

 

>俳句の投稿はこちら

投稿時間:2021年06月09日 (水) 13:00 | 固定リンク


6月7日(月)「紫陽花(あじさい)」の俳句


■放送で紹介した俳句

>特選句・もっとも良かった一句はこちら

捨て猫をとりまく傘よ濃紫陽花     葦たかし(兵庫県神戸市)

梅雨空に紫陽花色の虹映える      梅干し大好き(愛媛県砥部町)

紫陽花は水になろうとしています    城内幸江(静岡県)

紫陽花やぽんとまあるき水の星     みやこわすれ(愛知県)

太陽系第八惑星濃紫陽花        しーちゃん(埼玉県さいたま市)

接種受く院に紫陽花競ひ咲く      新濃健(東京都東久留米市)

紫陽花や古民家カフェの和風パフェ   近江菫花(滋賀県)

あぢさゐや番屋の猫がゐなくなる    みなと(北海道旭川市)

紫陽花の階のぼるチェロケース     樫の木(大分県由布市)

紫陽花や石垣濡れて引き締まる     伊予吟会 宵嵐(愛媛県松山市)

紫陽花や男体山に湖の光        亀田かつおぶし(栃木県)

這い登り岳紫陽花に迎えられ      河内義高(愛媛県松山市)

井の頭まで紫陽花の色いろいろ     木染湧水(広島県)

傘ひとつ紫陽花寺で手をつなぎ     翡翠(神奈川県横浜市)

紫陽花や光弾けて花手水        けんちく(大阪府大阪市)

見上ぐれば紫陽花の青空の青      やまだのかかし(愛媛県今治市)

紫陽花の視覚は瑠璃で作られて     曲がりしっぽ(秋田県湯沢市)

白あじさい一輪剪って昼の月      夏草はむ

寂しさを吸ってあじさい青を増す    更待月(神奈川県藤沢市)

紫陽花やラジオの声の優しい日     りぼん(愛媛県松山市)

アルバムから剥がす笑顔や濃紫陽花   砂山恵子(愛媛県西条市)

あじさゐや毬一つ切りテレワーク    スイザン(東京都杉並区)

ひぃふぅみぃ今朝も紫陽花の点呼    織部なつめ(愛媛県松山市)

あぢさゐや深夜のコインランドリー   城(愛媛県宇和島市)

投稿時間:2021年06月09日 (水) 12:55 | 固定リンク


梅雨の時期におすすめのハーブ「ミント」を使ったレシピ


6月3日(木)放送

ゲスト:ジャパンハーブソサエティー 愛媛支部長 井上泉さん

 

【ミントシロップ】

≪材料≫

ミントの葉 40g

水 600ml

グラニュー糖 150~600g

 

≪作り方≫

(1)水とグラニュー糖を鍋に入れて火にかける。

(2)グラニュー糖が溶けたら、ミントの葉を加えて火を止める。5~10分蒸らす。

(3)ザルでこして冷蔵庫で良く冷やす。

 

≪ポイント≫

ミントの葉を長時間加熱すると、苦みなどが出るので蒸らし過ぎに注意。

 

≪使い方≫

・ミントスカッシュ…ミントシロップを炭酸で割り、レモンを加える。

・かき氷シロップ…グラニュー糖を多めにシロップを作り、氷にかける。

 

 

 

【ミントシロップを使ったモヒート】

≪材料≫

ミントの葉 10枚程度

ライム 1/2個

ミントシロップ 小さじ1程度

ホワイトラムまたはジン 30~50ml

炭酸水 適量

氷 適量

 

≪作り方≫

(1)グラスにライムとミントを入れて軽くつぶす。

(2)ホワイトラムまたはジンとミントシロップを加える。

(3)グラスいっぱいに氷を入れ、そこに炭酸水を加える。

 

≪ポイント≫

お酒を入れなければ、ノンアルコールモヒートになる。

ノンアルコールモヒートの場合、甘めに作るとおいしい。

ミントをつぶし過ぎるとえぐみなどが出るので注意。

 

 

【ミント風味のクッキー】

≪材料≫40枚分

薄力粉 110g

無塩バター 80g

卵黄 2個分

砂糖 40g

塩 少々

ミントの葉 みじん切りで大さじ1

ミント(飾り用) 適量

 

≪つくり方≫

(1)無塩バターを泡立て器で混ぜてクリーム状にして、塩、砂糖を2、3回に分けて加えすり混ぜる。

(2)卵黄を加えてよく混ぜる。

(3)小麦粉を入れて混ぜる

(4)ミントをみじん切りにしたものを入れて混ぜ、ラップに包んで冷蔵庫で15分ほど冷やす。

(5)3cm幅の棒状にまとめてラップに包み冷蔵庫で30分固める。

(6)7mmの厚さに切り、ミントの葉を乗せて180℃のオーブンで15〜20分焼いて完成。

 

≪ポイント≫

棒状にまとめた生地は冷凍保存可能。

投稿時間:2021年06月08日 (火) 11:35 | 固定リンク


6月3日(木)放送後


ジャパンハーブソサエティー愛媛支部長の井上泉さんを迎えてお送りしました。

 madonna_210603-1.jpg

今回は、梅雨の時期におすすめのハーブ「ミント」の活用法を教えていただきました。

ミントにはペパーミントやスペアミントなどに代表される西洋ミントと、日本原産のニホンハッカがあります。

ニホンハッカは、蒸留した成分から結晶成分のハッカ脳とハッカ油に分けられます。

 

こちらがハッカ脳。
madonna_210603-2.jpg

ちゃんと清涼感のあるハッカの香りがします。

お菓子作りなどに使われるそうです。

ハッカ油は、重曹に数滴たらして掃除やにおい消しなどに活用できます。

 

こちらはミントの葉を生地に混ぜて作ったクッキー。
madonna_210603-4.jpg

食べると微かにミントの香りがして、後味すっきりでおいしかったです。

 

小さな葉っぱが特徴のコルシカミントは、葉を摘んでジュースやスープに散らすと料理のアクセントになります。

育てやすく、これから育てるならコルシカミントがおすすめだそうです。

 >>梅雨の時期におすすめのハーブ「ミント」を使ったレシピはこちら

 

後半は、歯と口の健康について、愛媛県歯科医師会、専務理事の西岡信治さんにお話をうかがいました。

 madonna_210603-5.jpg

歯周病が糖尿病など様々な病気にも悪い影響を及ぼすことや、歯の数が多い人ほど健康寿命が長くなることもわかってきたということでした。

 

歯の健康を保つには、自宅での毎日のケアはもちろん、歯科医院での定期的な口腔ケアが欠かせません。

西岡さんによると、定期診断を3ヶ月から6ヶ月の間に1回は受けてほしいということです。

みなさんもこれを機会に、ご自分のケアを見直してみてくださいね。

 

投稿時間:2021年06月08日 (火) 10:28 | 固定リンク


6月2日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

 madonna_210602-1.jpg

今回は、梅の様々な活用法についてでした。

ジッパー付きポリ袋で梅干しを作る方法や、梅シロップ、梅ジャムの作り方をやのさんに教えていただきました。

どれも簡単で、ことしこそ梅仕事をと思っていた皆さんにぴったりです・・・!

作り方はこちらをご覧ください。

>梅の活用法/節水!ドライカレーのレシピはこちら

投稿時間:2021年06月08日 (火) 10:18 | 固定リンク


ページの一番上へ▲