ラジオまどんなブログ

食べられるハーブ「エディブルフラワー」を使ったレシピ


4月13日(火)放送

ゲスト:ジャパンハーブソサエティー 愛媛支部長 井上泉さん

食べられるハーブ「エディブルフラワー」を使ったレシピ

 

【カモミールのハーブティー】

≪材料≫

カモミールの花 10~15個

湯 200ml

 

≪作り方≫

(1)  サッと洗ったカモミールをポットに入れて、熱湯を注ぐ。

(2)  2~3分置いて完成。

 

 

【クリスタライズドフラワー】

クリスタライズドフラワーとは、ハーブに砂糖をまぶしてお菓子にしたもの。花の形を保ったままお菓子にできるので、トッピングに使うのもおすすめ。

≪材料≫

エディブルフラワー(お好みのもの) 適量

グラニュー糖 適量

卵白 適量

 

≪作り方≫

(1)  エディブルフラワーをサッと洗い、水けをとる。

(2)  卵白を塗り、グラニュー糖をまんべんなく振りかける。

(3)  1~2日乾燥させて完成。保存容器に入れて保存するといい。

 

【その他におすすめのエディブルフラワーの使い方】

▼パウンドケーキ

焼いたパウンドケーキにアイシング(砂糖衣)をかけて、乾く前にお好みのエディブルフラワーを飾る。パウンドケーキは市販のものでもOK。

アイシングの作り方:粉砂糖に水を少量ずつ加え、ドロッとするまで混ぜる。

 

▼ビスケットのトッピング

市販のビスケットの上にクリームチーズを塗り、お好みのエディブルフラワーを飾る。

クリスタライズドフラワーをトッピングしてもOK。

 

▼タルトのトッピング

市販のタルト生地に溶かしたチョコレートを流し込む。

チョコレートの粗熱がとれて乾く前に、お好みのエディブルフラワーを飾る。

投稿時間:2021年04月14日 (水) 18:52 | 固定リンク


こごみのクリームチーズ和え


4月14日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【こごみのクリームチーズ和え】

《材料》(2人分)

こごみ:50g 

クリームチーズ:30g 

かつお節:5g 

だしじょうゆ:小さじ1 

塩:小さじ1/2 

水:500ml

 

《作り方》

(1)鍋に水500mlと塩小さじ1/2を加え、沸騰した湯で2分ゆで、水にさらして粗熱をとる。

*すぐに水にさらして粗熱をとるとキレイな緑色が保てます。

(2)水けを切ったこごみの下1cmを切り落とし半分に切る。ボウルにこごみを入れ、だしじょうゆを加え馴染ませる。さらにクリームチーズを加えて混ぜ合わせ、かつお節をのせる。

投稿時間:2021年04月14日 (水) 17:55 | 固定リンク


4月8日(木)放送後


音楽プロモーターの門屋奈緒さんを迎えて「まどんなSONGS」のコーナーをお送りしました。

madonnna_210408.jpg

4月22日はアースデイ(地球の日)ということで、今回は「地球」にちなんだ曲をお届けしました。
門屋さんが手に持っているのは、お子さんへのプレゼントで、気象衛星から撮影したお子さんが生まれた日の地球の写真なんだそうです。
素敵な贈り物ですよね。

放送で紹介した曲はこちらです。

(1)ベリンダ・カーライル 「♪Heaven Is a Place on Earth」
(2)松田聖子 「♪瑠璃色の地球」
(3)モーニング娘。 「♪でっかい宇宙に愛がある」
(4)マイケル・ジャクソン 「♪Earth Song」
(5)桑田佳祐&Mr.Children 「♪奇跡の地球(きせきのほし)」
(6)宮沢和史 「♪ひとつしかない地球」
(7)キャロル・キング 「♪I Feel the Earth Move」
(8)Skoop On Somebody 「♪ぼくが地球を救う〜Sounds Of Spirit〜 」

リクエストを送ってくださった皆さん、どうもありがとうございました!

投稿時間:2021年04月14日 (水) 15:33 | 固定リンク


山菜を使った春の彩りサラダ(みそドレッシング)


4月12日(月)放送

ゲスト:旅館 和食料理長 久保田昌司(くぼた・しょうじ)さん

 

【山菜を使った春の彩りサラダ(みそドレッシング)】
madonna_210412recipe.jpg

《材料》(2人分)

いか(むき身):60g

えび:5匹

帆立て貝柱:2コ

ゆでたけのこ:1/2本(70~80g)

わかめ:60g

アスパラガス:2本

フルーツトマト:1コ

レモン:1/2コ

山菜:わらび、たらの芽、こごみ、せりなどお好みで

A(白みそ:50g 酒:大さじ4 酢:大さじ1 うす口しょうゆ:小さじ2 コチュジャン:小さじ1 レモン汁:小さじ1)

 

《作り方》

(1)えびは背わたを取り、塩ゆでして皮をむく。いか、帆立て貝柱も塩ゆでにする。

(2)アスパラガスとお好みの山菜をゆでる。

(3)たけのこ、わかめ、フルーツトマト、レモンは適当な大きさに切る。

(4)器に(1)~(3)を盛り付け、ドレッシングを添える。

★みそドレッシング

Aの材料を使い、ボールにまずは白みそ、コチュジャンを入れダマにならないように調味料でのばしていき、最後にレモン汁で酸味を調整する。

※ポイント:食材はお好みの魚介類、野菜を彩りよく盛ってください。山菜など苦みを加えるとアクセントになります。

投稿時間:2021年04月12日 (月) 17:55 | 固定リンク


4月7日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

 madonnna_210407.jpg

今回は、「桜の花の塩漬け」を使ったレシピを教えていただきました。

桜の風味が加わると、料理がぐっと春らしくなりますよね。

 

番組でご紹介した「桜の花の塩漬けとたけのこのいなりずし」に加えて、「桜の花の塩漬けと桜鯛のカルパッチョ」のレシピもやのさんが教えてくれました!

レシピはこちらからご覧ください。

>桜の花の塩漬けとたけのこのいなりずし/桜の花の塩漬けと桜鯛のカルパッチョ

投稿時間:2021年04月12日 (月) 14:49 | 固定リンク


4月6日(火)放送後


今回は、松山市で本屋を主宰している越智政尚さんに、この春、読んでほしい本や、親子で楽しめる絵本を紹介していただきました。

 madonna_210406-1.jpg

ご紹介した本はこちら!

エッセイ集「まどをあける」の続編には、越智さんの原稿も掲載されています。

 madonna_210406-2.jpg

浪江由唯さんの「世界の紙を巡る旅」は、世界各地の紙づくりの現場を訪ねた旅の記録をまとめたものです。

本に使っている紙にもこだわっていて、表紙は“色違い”ならぬ“紙違い”で何種類もあります。また、本文の用紙は旅の時間経過に合わせて11種類も使われています。

 madonna_210406-3.jpg

そして、コロナ禍の今、読んでもらいたい本として越智さんが紹介してくれたのが、「くっつけてみよう」という絵本です。

 

りんごとめがね、ねこと車など、まったく違うものをくっつけてみたらどうなるかな?という絵本で、私と越智さんも挑戦してみました。

 

越智さんの作品、「じてんしゃ」と「うま」で・・・

 madonna_210406-4.jpg

「じてんま」・・・!

 

私は「ねこ」と「ぺんぎん」をくっつけて、「ぺこ」!

 madonna_210406-5.jpg

ぜひ皆さんも挑戦してみて下さいね。

子どもたちといっしょに遊ぶと楽しいと思いますよ。

 

投稿時間:2021年04月12日 (月) 14:43 | 固定リンク


桜の花の塩漬けとたけのこのいなりずし/桜の花の塩漬けと桜鯛のカルパッチョ


4月7日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【桜の花の塩漬けとたけのこのいなりずし】
madonna_recipe210407.jpg

《材料》(16コ分)

米:1.5合

ゆでたけのこ:50g

きくいも:30g

にんじん:30g

ごぼう:30g

木の芽(山椒の葉):適量

水:100ml

油揚げ:8枚

桜の花の塩漬け:5g 

A(だししょうゆ:大さじ1 みりん:大さじ1 酒:大さじ1)

B(だししょうゆ:大さじ2 みりん:大さじ2 酒:大さじ2 水:300ml)

特製すし酢(酢:50ml きび砂糖:20g 桜の花の塩漬け(みじん切り):5g)

 

《作り方》

(1)米を研いで水に30分以上浸して炊いておく。桜の花の塩漬けの半量をみじん切りにする。半量は水で塩抜きする。

(2)たけのこはいちょう切り、きくいもは粗みじん切り。にんじんとごぼうは千切りにして鍋に入れ、分量の水とAを加え4分程度煮る。

(3)油あげを半分に切りフライパンに入れBを加え3分加熱する。時々油揚げの上下を返す。そのまま冷めるまで置いておくと煮汁を吸う。

(4)炊き上がったご飯に特製すし酢を加え②の水分を切って混ぜる。③に詰めて塩抜きした桜の花をのせる。

 

【桜の花の塩漬けと桜鯛のカルパッチョ】

《材料》(2人分)

たい:200g

桜の花の塩漬け:10g

スナップえんどう:4コ

レモン汁:大さじ1

オリーブ油:大さじ1

ピンクペッパーまたは黒こしょう:少々

 

《作り方》

(1)桜の花の塩漬けは水に浸して塩抜きをし、しっかり絞って刻んでおく。スナップえんどうは沸騰した湯で2分ゆでて半分に手で割る。

(2)たいを薄く切ってボウルに入れレモン汁、オリーブ油、桜の花の塩漬けを半分入れて混ぜる。

(3)皿に盛り付け、残りの桜の花の塩漬けを散らす。スナップえんどうも飾る。お好みでピンクペッパーまたは黒こしょうをかける。

投稿時間:2021年04月07日 (水) 17:55 | 固定リンク


4月5日(月)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さんとお送りしている「ラジオ句会」。

madonna_210405.jpg

今回のテーマは「囀(さえずり)」でした。

明るく生命力を感じる季語で、新年度のスタートにぴったりのテーマでしたね!

 

■今日の紗希さんの一句

 

囀や地下都市の天蓋は空      紗希

 

この先の未来、地下都市に暮らすようになったとしても、天蓋には空が映し出され、どこからか囀も聞こえてくるのでは・・・と、神野さんが想像して詠んだ一句です。

身近に自然を感じることができる日常の豊かさに改めて気付かされる、素敵な俳句です。

 

それでは、今回の特選句と、神野さんが選んだ最も良かった俳句はこちらです。

(その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。)

>放送で紹介した句

 

■特選句

 

退院の日の囀は薄みどり      新濃健(東京都東久留米市)

さへづりや引綱垂るる屋敷神    みなと(北海道旭川市)

囀を満たして欲しき木のむくろ    じゃすみん(新潟県新発田市)

囀やインクは光りつつ乾く     しーちゃん(埼玉県さいたま市)

さへづりを掴まんとして赤ん坊   丹下京子(東京都世田谷区)

 

■最も良かった一句

 

フラスコに神は囀溜めておく    ひでやん(愛媛県松山市)

 

春のまぶしい光や、命の輝きを感じる囀。

フラスコに入れて取って置きたくなる気持ち、分かります・・・。

ファンタジー小説の始まりのようで、読めば読むほど引き込まれる一句です。

 

新年度最初の「ラジオ句会」、全国から大勢の皆さんに参加していただき楽しい放送になりました。たくさんの投稿、ありがとうございました!

 

次回の「ラジオ句会」は5月6日(木)の予定です。

募集する俳句のテーマは「空豆(そらまめ)」。締め切りは4月29日(木)です。

次回もみなさんからの投稿お待ちしています!

 

>俳句の投稿はこちら

投稿時間:2021年04月06日 (火) 10:15 | 固定リンク


4月5日(月)囀(さえずり)で紹介した俳句


■放送で紹介した俳句

>特選句・もっともよかった一句はこちら

 

囀が光の粒となる朝          みやこわすれ(愛知県名古屋市)

囀やぽんと弾けるトースター      上原まり(東京都港区)

囀や母の味噌汁具だくさん       ゆすらご(愛媛県松前町)

囀やシーツ十枚なびく風         城内幸江(静岡県富士市)

囀やかがみの前で選ぶ服        藤田ゆきまち(三重県伊勢市)

黒板の一文字目囀の窓         くわしまかんじ(千葉県千葉市)

囀りやふと逆立ちをしてみたし     砂山恵子(愛媛県西条市)

囀や胎児ぽこぽこ蹴るお腹       亀田かつおぶし(栃木県宇都宮市)

胎教や四方の山よりさへずれり     佳山(茨城県水戸市)

囀りやチャーハンの飯こぼれ飛び    幾山路

蛍光するにんげん飛び散るさへづり   南方日午(東京都)

囀りににっこり笑うおらが妻      野中泰風

囀りや水屋に眠るラブレター      ぼっけ(愛媛県今治市)

チョットコイチョットコイとて囀りぬ  さとる(愛媛県西予市宇和町)

さえずりと汐の風のほのかなり     なつめやし

雨止んで苔の匂ひと囀と        葦たかし(兵庫県神戸市)

囀をくぐりて山の草を踏む       小池令香(埼玉県川越市)

さえずりは合図ポケットの手だして   あげもん(愛媛県松山市)

囀をこぼして一樹老ひにけり      板柿せっか(岐阜県本巣市)

囀の鼓膜を打てり峰の朝        樫の木(大分県由布市)

墓参りみかん山にて囀ずりし      やまだのかかし(愛媛県今治市)

囀りや清き流れの五十鈴川       山川腎茶(三重県伊勢市)

囀れば波濤の傷も癒えるかも      古希の老空猿(愛媛県松山市)

囀りの一つ残らず止めば夜       山海和紀(和歌山県)

囀りもなき夜のメリーゴーランド    ヴィッカリー趣乃(イギリス)

ヨガ教室風に囀りまざりけり      瞳子(愛媛県鬼北町)

終活を終えて囀りやわらかい      更待月(神奈川県藤沢市)

さえずりがおまけについてくるランチ  はむ

天ぷらを揚げているかに囀れり     キートスばんじょうし(兵庫県神戸市)

投稿時間:2021年04月06日 (火) 10:12 | 固定リンク


4月1日(木)放送後


前半は、管理栄養士の宇佐亮子さんと「季節の手仕事」についてご紹介しました。

 madonna_210401.jpg

季節を感じる機会が減ってしまっているのでは?ということで、宇佐さんが新たに考えてくださったテーマです。
「季節の食材との一期一会を大切に」という宇佐さんの言葉がとても素敵でしたね。

 

今回は「ふき」の下ごしらえと、簡単レシピを教えていただきました。

(1)板ずり(2)下ゆで(3)皮をむく、3つのステップで下ごしらえは完了!意外と簡単ですよね。

ご紹介したレシピはこちらからご覧下さい。 

>ふきの葉の当座煮/きゃらぶき/ふきとツナの炒めもの

後半は、セレクトショップバイヤーの末次勇太さんに、この春のファッションのトレンドや母の日のプレゼントにおすすめのアイテムを教えていただきました。

>放送で紹介したトレンドやおすすめアイテムはこちら

 madonna_210401-2.jpg

ワントーンでまとめたコーディネートや、テーラードジャケットを合わせたコーディネートがトレンドということで、この日の末次さんもトレンドをおさえたファッションが決まっていました!

 madonna_210401-3.jpg

ことしの母の日のプレゼントには、「ルームフレグランス」や「ルームキャンドル」がおすすめということでした。

どちらも家での時間を心地よく過ごせるアイテムで、コロナ禍の今の時代にぴったりです。

ぜひ参考になさってくださいね。

投稿時間:2021年04月06日 (火) 09:58 | 固定リンク


ページの一番上へ▲