寒い時期にお部屋の中でハーブを楽しむことができる「ディッシュガーデン」の作り方


10月28日(木)放送

ゲスト:ジャパンハーブソサエティー 愛媛支部長 井上泉さん

 

寒い時期にお部屋の中でハーブを楽しむことができる「ディッシュガーデン」の作り方

「ディッシュガーデン」とは、“ディッシュ”=お皿にハーブを植えて、お部屋の中でハーブを育てる方法。


≪使用するハーブ≫
レモンタイム、レモンバーム、スイートバジル、チャービル、イタリアンパセリなど
あまり大きくならないハーブがおすすめ。

 

≪材料≫
madonna_herbrecipe211028-1.jpg
皿 (深さ5cm程度のものがおすすめ)
根腐れ防止剤(珪酸白土など)
培養土(配合割合の目安は赤玉土(小)4:バーミキュライト3:軽石3)
化粧土(お好みで)
人形やフィギュアなどの飾り(お好みで)

≪必要な道具≫
 ミニシャベル、じょうろ、手袋 など(必要があれば準備する)

≪作り方≫
(1) 皿の底に根腐れ防止剤を薄く敷く。
(2) 培養土を根腐れ防止剤が隠れる程度に入れる。
(3) ハーブの根についた土を落としてほぐし、根が長い場合は切り詰める。
(4) ハーブを乗せ、苗のまわりに培養土を流し込む。
(5) お好みで化粧土を入れる。
(6) お好みで人形などで飾り付ける。

madonna_herbrecipe211028-2.jpg 

(左)根腐れ防止剤、(右)培養土

≪育て方≫
表面の土が乾いてきたら、培養土が潤う程度に水をやる。
肥料は液肥を1週間~10日に一度、控えめにやる。

≪ポイント≫
ハーブの元気がなくなる寒い時期を前に植えておくのがおすすめ。
ハーブが大きくなってきたら植え替えるように。
複数のハーブを植える場合は、同じ環境を好む種類を選んで寄せ植えすると長持ちする。

madonna_herbrecipe211028-3.jpg

madonna_herbrecipe211028-4.jpg

投稿時間:2021年10月29日 (金) 18時40分


ページの一番上へ▲