4月15日(木)放送後


この時期、様々な場所で見かける身近な花「たんぽぽ」について、「愛媛植物研究会」会長の松井宏光さんとお送りしました。

 madonna_210415-1.jpg

5年に1度、松井さんたち「愛媛植物研究会」のメンバーも参加して、たんぽぽの大規模な調査が西日本で行われています。

たんぽぽの種類や数、分布などを調査し、身近な環境に目を向けるとともに、その環境の現状を知ってもらおうという活動です。

一般の人に広く参加を呼びかけ、たんぽぽを採取して送ってもらい調査を行うんだそうです。採取したたんぽぽは、愛媛県総合科学博物館の中にある「愛媛植物研究会」事務局まで郵送します。

調査は5月末まで。たんぽぽを見つけたらぜひ皆さんも参加してみて下さいね!

 

また、たんぽぽの綿毛をヘアスプレーで固めて、インテリアとして飾って楽しむアイデアも教えていただきました。

茎に針金などを通しておくと、より長く楽しめるそうです。

madonna_210415-2.jpg

 

後半は、「松山おはなしの会」会長の光藤由美子さんに、今の時期にぴったりのおはなしを語っていただきました。

 madonna_210415-3.jpg

新しい出会いが増え、名前を覚えることが多い時期ということで、名前にちなんだお話と、前向きな気持ちになれる素敵な詩を紹介していただきました。

 

・イギリスの昔話「だんなもだんなも大だんなさま」

・新見南吉「明日(あした)」

 

光藤さんの語りと朗読で、物語や詩の世界観が生き生きと伝わってきました!

自宅で過ごす時間が増えている今、心に寄り添ってくれる作品との出会いを楽しみたいですね。

投稿時間:2021年04月21日 (水) 13時00分


ページの一番上へ▲