10月5日(月)「渡り鳥」で紹介した俳句


■放送で紹介した俳句

>>特選句はこちら

茜さすうぶすなの海鳥渡る       赤福餅(神奈川横浜市)

ひとつずつ星をいだいて鳥渡る     みやこわすれ(愛知県名古屋市)

ゆふ波に羽休めたる渡り鳥       やまだのかかし(愛媛県今治市)

鳥渡る鳥見日和よ佐田岬        善吉(愛媛県八幡浜市)

不意の波被る帰船に渡り鳥       川越のしょび(埼玉県川越市)

渡り鳥つかれないのかだいじょうぶ   ふじたりゅうた(三重県伊勢市)

渡り鳥病気の一羽残されて       ミスター菊池(愛媛県松山市)

鳥渡る渚の骸にひと旋回        世良日守(福岡県福岡市)

泣くことに疲れて帰る渡り鳥      城内幸江(静岡県富士市)

連休は連日勤ム鳥わたる        大場佳代(愛媛県西予市宇和町)

渡り鳥知るや抜歯の吾の痛み      幾山路

カンブリア紀の豊かな地層小鳥来る   すーちゃん(東京都町田市)

巡礼の吾も過客よ渡り鳥        山月堂(神奈川県藤沢市)

稚児抱くマリア観音鳥渡る       石塚彩楓(埼玉県入間市)

リモートの空の背景鳥渡る       比良山(大阪府大阪市)

足場組むビルのてっぺん渡り鳥     紗智(高知県高知市)

稲藁のマンモスを越え鳥渡る      仁(愛媛県松山市)

渡り鳥本を枕に木のベンチ       くわしまかんじ(千葉県千葉市)

検温に始まる一日鳥渡る        小池令香(埼玉県川越市)

ランナーの豆粒となり渡り鳥      スイザン(東京都杉並区)

渡り鳥ギターケースを背に寝よか    よしざね弓(北海道北見市)

この地球をまぁるく撫でて渡り鳥    シャバドゥビ35(愛媛県松山市)

生きること試されている渡り鳥     松井くろ(福島県郡山市)

空を指す幼子の指鳥渡る        伊藤順女(千葉県船橋市)

渡り鳥鋼のごとき翼持つ        ゆみこ(神奈川県川崎市)

凛とする異国の地に立つ渡り鳥     トモデラックス(愛媛県今治市)

渡り鳥どこかいい街あるかしら     リリー・マルレーン(東京都)

 

投稿時間:2020年10月07日 (水) 12時54分


ページの一番上へ▲