6月8日(月)放送後


松山市の俳人、神野紗希さんとお送りしている「ラジオ句会」。
今回は「さくらんぼ」をテーマにお送りしました。

実家の庭にさくらんぼによく似た実がなるユスラウメの木があり、毎年、ヒヨドリと争いながら収穫していたのを思い出します。
キラキラと光る小さくて可愛いさくらんぼは、ちょっと特別な果物ですよね! 

それでは、今回の特選句と神野さんが選んだ最も良かった一句を紹介します。
(その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。)

>>放送で紹介した句

 

■特選句

さくらんぼ小鳥の心臓のふるえ      しーちゃん(埼玉県さいたま市)
月山は祈りの山よさくらんぼ       彩楓(埼玉県入間市)
さくらんぼ真綿のやうな雲の群      じゃすみん(新潟県新発田市)
さくらんぼみたいな朝日さようなら    リリー・マルレーン(東京都) 

■最も良かった一句

寝そべって在宅勤務さくらんぼ      くわしまかんじ(千葉県千葉市)

 

皆様、たくさんの投稿ありがとうございました。今回も楽しいラジオ句会でした!
次回の放送は7月2日(木)の予定です。皆さんから募集する俳句のテーマは「夕焼」。
次回も投稿お待ちしています!

※特選のうち、類句と分かった1句については、掲載を取り下げています。

 

投稿時間:2020年06月09日 (火) 10時05分


ページの一番上へ▲