ラジオまどんなブログ: 2021年12月

12月23日(木)放送後


本に関する話題をお伝えする「ほんバナ!」のコーナー。

街の本屋を主宰している越智政尚さんとお送りしました。

madonna_211223-1.jpg

今回は、「ブックガイド」についてお伝えしました。

紹介されている本を読んで楽しむのはもちろん、ブックガイド自体も読み物として楽しむことができ、今、注目を集めているんだそうです。

madonna_211223-2.jpg

人気作家がおすすめの本を紹介したもの、色んなジャンルごとに本を紹介したもの、おとなが楽しめる絵本を集めたものなど、種類も様々でしたね。

 

この年末年始、ブックガイドで素敵な本との出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか?

投稿時間:2021年12月28日 (火) 16:22 | 固定リンク


12月22日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

madonna_211222.jpg

今回は西洋ネギとも呼ばれるリーキを使った料理をやのさんに教えていただきました!

フランス料理やイタリア料理によく使われていて、日本ではまだまだ珍しい野菜ですが、愛媛でも栽培されているんだそうです。

 

寒い冬にぴったりの「リーキとえびのグラタン」。ぜひ作ってみてくださいね。

レシピはこちらからご覧ください。

>「リーキとえびのグラタン」レシピはこちら

 

後半は、スポーツ選手の指導もしているパーソナルトレーナーの國廣里さんにジョギングのポイントを教えていただきました。

 

肩甲骨が動いているかどうかを意識しながら、腕をしっかり振って走ることが大事なんだそうです。走る時、腕ってあまり気にしていませんでした・・・。

 

しっかりウォーミングアップをして、無理なくジョギングを楽しんでくださいね。

 

投稿時間:2021年12月28日 (火) 16:20 | 固定リンク


キウイフルーツを使ったレシピ


12月23日(木)放送

 

【キウイサラダ】

≪材料≫

キウイ

サラダチキン

水菜

ミニトマト

チーズ(ブロック状のもの)

クルトン

(調味料)

 レモン汁

 フレンチドレッシング

※材料、調味料、全てお好みの分量をご用意ください。

 

≪作り方≫

(1)  キウイは皮をむき、1cm程度の角切りにする。

(2)  サラダチキンを食べやすい大きさにほぐす。

水菜を食べやすい大きさに、ミニトマトを4等分に切る。

チーズを1cm程度の角切りにする。

(3)  ボウルに全ての材料と調味料を入れて混ぜ合わせ、食べるときにお皿に盛りつける。

 

≪ポイント≫

サラダチキンの味付けによって調味料の量を調整してください。

水菜以外にもレタスなどの葉物野菜を使ってもOK。

 

 

【キウイトースト】

≪材料≫

キウイ

食パン

ハム(薄切り)

チーズ(ピザ用またはスライス)

ピザソース(なければケチャップとマヨネーズを1:1で混ぜ合わせて代用)

※全てお好みの分量をご用意ください。

 

≪作り方≫

(1)  キウイの皮をむき薄切りに、ハムを細切りにする。

(2)  食パンにピザソースを塗る。

(3)  キウイ、ハム、チーズを乗せて、トースターで焼く。(焼き加減はお好みで)

 

≪ポイント≫

グリルで焼く場合は、パンの片面を軽く焼いてから具材を乗せるといい。

 

 

【しっとりやわらか豚肉のキウイグリル】

≪材料≫

豚肉 2枚(厚切りのロースなど)

キウイ 1/2コ

塩 適量

こしょう 適量

(ソース)

 たまねぎ 1/2コ

 キウイ 1と1/2コ

 しょうゆ 大さじ4

 みりん 大さじ2

 ワイン 大さじ2(なければ酒でも可)

 

≪作り方≫

(1)  1/2コのキウイを粗いみじん切りにする。

(2)  豚肉にフォークなどで数か所穴をあけ、塩、こしょうをふる。

(3)  キウイ、豚肉をポリ袋に入れて軽くもむ。

そのまま30分ほど寝かせ、フライパンで蒸し焼きにする。

(4)  豚肉を蒸し焼きにする間にソースを作る。

ソース用のキウイ1コとたまねぎをすりおろす。

鍋にすりおろしたキウイ、たまねぎ、濃口しょうゆ、みりん、ワインを入れて5分ほど煮詰める。

その後、1/2のキウイを輪切りにして入れ、軽く火を通してソースのできあがり。

(5)  豚肉を皿に盛り、ソースをかけて完成。

 

≪ポイント≫

ソースを作る際、輪切りのキウイを最後に入れることで、食感や彩りがよくなります。

 

投稿時間:2021年12月28日 (火) 09:33 | 固定リンク


12月20日(月)放送後


「ジャパン・フィルムコミッション」理事長の泉谷昇さんとお送りしました。

madonna_211220.jpg

BSプレミアムで来年1月に放送予定の特集ドラマ「旅屋おかえり」の撮影が11月に愛媛県内でも行われました。実は、泉谷さんが撮影支援に携わったということで、撮影の舞台裏について教えていただきました。

 

ロケ地の相談に乗るだけでなく、撮影に向けてスタッフの食事や宿泊先の準備、エキストラの確保など、様々な支援が行われていることに驚きましたね。

 

特集ドラマ「旅屋おかえり」は、来年1月25日(火)夜7時30分からBSプレミアムで4夜連続放送。「愛媛・高知編」は27日と28日に放送予定です。ぜひご覧ください!

投稿時間:2021年12月23日 (木) 18:25 | 固定リンク


12月16日(木)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さんとお送りしました。

madonna_211216.jpg

今回は、ブリを使った年末年始にぴったりのレシピを教えていただきました!

寒い時期のブリは脂がのっておいしいですよね。

 

栄養豊富で、アルコールの分解を助けてくれる栄養素も含まれているため、お酒を飲む時にもぴったりの食材なんだそうです。

 

宇佐さんのレシピはこちらからご覧ください。

>「ぶりを使ったクリスマスと年末年始におすすめのレシピ」レシピはこちら

 

愛媛県立衛生環境研究所 生物多様性センター、村上裕さんの「四季のガイドツアー」は、年明け1月6日にお送りする予定です。

 

投稿時間:2021年12月23日 (木) 18:20 | 固定リンク


リーキとえびのグラタン


12月22日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【リーキとえびのグラタン】

madonna_recipe211222.jpg

《材料》(2人分)

リーキ:1本(200g) 

カリフラワー:100g 

えび:6匹 

小麦粉:大さじ2 

バター:10g 

ピザ用チーズ:50g 

牛乳:300ml 

塩:小さじ1/4

こしょう:少々 

オリーブ油:大さじ1 

A(酒:大さじ2 片栗粉:小さじ1)

 

《作り方》

(1)リーキは1cm程度に輪切り。えびは殻をむき背ワタを取りAに入れ、洗っておく。(えびを酒で洗うと臭みが取れ、片栗粉を加えるとプリプリとした食感になる。)カリフラワーは薄切りにする。

(2)フライパンにオリーブ油とリーキ、カリフラワーを入れ、ふたをして弱めの中火で5分蒸し焼きにし、時々混ぜる。ふたを取ってえびを加え1分炒める。

(3)(2)に小麦粉を加え混ぜ、牛乳を加えさらに混ぜる。塩、こしょうとバターを加えてまた混ぜる。

(4)耐熱容器に(3)を加えピザ用チーズをのせて、250℃に予熱したオーブンで5分、焦げ目がつくまで焼く。

投稿時間:2021年12月22日 (水) 17:55 | 固定リンク


ぶりを使ったクリスマスと年末年始におすすめのレシピ


【ぶりの韓国風サラダ】★クリスマスメニュー
madonna_recipe211216-1.jpg

≪材料≫

ぶり      200g

アボカド    1個

トマト     1/2個

白ねぎ     5cm

 

(ドレッシング)

うす口しょうゆ  大さじ1

砂糖      小さじ1

レモン汁    大さじ3

ごま油     大さじ1

 

韓国のり    お好みで

 

≪作り方≫

(1)ぶりは刺身のように薄切りにする。

(2)アボカドは包丁で種を中心に縦にぐるりと切り目を入れ、両手で左右をずらして2つに分ける。種をとり、スプーンで皮から果肉をはがして1cm角に切り、大さじ1のレモン汁と塩ひとつまみを加えて混ぜる。

(3)白ネギは繊維に沿って千切りにし、水に5分程度さらす。

(4)トマトはヘタを取って2cm角に切る。

(5)うす口しょうゆ、砂糖、大さじ2のレモン汁、ごま油を合わせ、ドレッシングを作る。

(6)器にぶりを並べ、アボカド、トマト、白ねぎを盛りつける。

(7)食べる直前にドレッシングをかけ、お好みで韓国のりを散らす。

 

≪ポイント≫

アボカドはレモン汁をかけておけば変色を防ぐことができる。

トマトの赤、アボカドの緑、韓国のりの黒で、刺身を彩り豊かで華やかなサラダに変身させましょう!

 

 

【はまちの塩麹(こうじ)漬け】★年末年始メニュー
madonna_recipe211216-2.jpg

≪材料≫

ぶり切り身   200g

塩麹      20g

わさび     小さじ2

 

≪作り方≫

(1)ぶりはキッチンタオルなどで水けをしっかりと拭きとる。

(2)塩麹とわさびを良く混ぜ、ぶり全体にぬり、3時間~1晩漬けておく。

(3)塩麹をふき取り、焼き色がつくまでグリルで焼く。

 

≪ポイント≫

塩麹にわさびを加えることで、脂が乗ったぶりの味がしまる。

 

 

【菊花大根の甘酢漬】 ★はまちの塩麹漬けの付け合わせ
madonna_recipe211216-3.jpg

≪材料≫

大根      2㎝   

きゅうり    1/2本

ゆず果汁    1/2個分

たかの爪     1本

砂糖      大さじ1と2/3

塩       小さじ1/3

酢       75ml(大さじ5)

 

≪作り方≫

(1)  砂糖、塩、酢を混ぜ合わせ甘酢を作る。

(2)  大根ときゅうりを菊花切りにする。

菊花切りの方法

①    大根を食べやすい大きさに切る。きゅうりは輪切りにする。

②    大根ときゅうりに包丁で細かく格子状に切り目を入れる。

切り目を入れるときに食材の両側に割りばしなどを置いて切ると下の部分が切り離れにくい。

(3)  切った大根ときゅうりを甘酢に漬け込む。漬け込み時間は30分~2、3時間程度お好みで。

(4)  器に大根ときゅうりを盛り付け、ゆずとたかの爪を乗せて完成。

 

≪ポイント≫

菊花切りのひと手間加えて、お正月らしい盛りつけにしましょう。

 

投稿時間:2021年12月20日 (月) 11:07 | 固定リンク


12月15日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

madonna_211215.jpg

今回は様々な種類のりんごについてや、りんごを使ったクリスマスにもぴったりのデザートを教えていただきました。

 

やのさんが紹介してくれた「金星(きんせい)」という皮がクリーム色のりんごを初めて食べましたが、香りが良く濃厚な甘さでとてもおいしかったです。「金星」という名前から、縁起物として買う人も多いそうですよ。

この機会に、色んな種類のりんごを食べ比べしてみたくなりました。

 

やのさんのレシピはこちらからご覧ください。

>「タルト・オ・ポム・フィン」レシピはこちら

投稿時間:2021年12月16日 (木) 16:35 | 固定リンク


12月14日(火)放送後


ことし3月、文化庁の登録有形文化財になった松山市三津浜にある古民家「旧鈴木邸」について、オーナーの岡崎麻祐子さんにお話を伺いました。

madonna_211214.jpg

およそ110年前に建てられたと言われている旧鈴木邸。

誰も住まなくなり、取り壊しの話もあると聞いた岡崎さんが買い取り、旧鈴木邸で暮らしながら、民泊やレンタルスペースなどとして活用しています。

 

そして、今月から新たに旧鈴木邸で「おはぎカフェ」をオープンするんだそうです。

もともと旧鈴木邸ではお米屋さんを営んでいたことなどから、お米を使ったお菓子ということで「おはぎカフェ」を思いついたんだそうです。

 

まずは12月18、19、26日の3日間オープンし、本格的な営業開始は3月を予定しているということです。詳しくは旧鈴木邸のホームページをご覧ください。

 

投稿時間:2021年12月16日 (木) 16:35 | 固定リンク


12月13日(月)放送後


整理収納アドバイザーの篠原さい子さんに、大掃除のポイントを教えていただきました。

madonna_211213-1.jpg

汚れの種類を見極めて洗剤を使い分けることや、動線を意識すると効率よく掃除できることなど、すぐに取り入れたいポイントがたくさんありましたね。

 

篠原さんがスタジオにも持ってきてくださった窓掃除の便利グッズ。

サッシブラシ、マイクロファイバークロス、ガラス用ワイパー(スクイージー)は、100円ショップでも手に入れることができるそうです。

 

便利グッズにも頼りつつ工夫しながら大掃除を終わらせて、気持ち良く新年を迎えましょう。

 

後半は「まどんなゴハン」のコーナー。

道後の老舗旅館の和食料理長、久保田昌司さんにおせち料理に込められた意味や、おせち料理にぴったりのレシピを教えていただきました。

madonna_211213-2.jpg

料理や飾り、お重の1段1段にもちゃんと意味があるんですね。

和食は伝統を大切にする料理だと改めて感じました。

家族で集まって楽しくおせちを食べながら、久保田さんの話を思い出して下さいね。

 

久保田さんが教えてくださった「ぶりと冬野菜の煮物」のレシピはこちらからご覧下さい。

>「ぶりと冬野菜の煮物」レシピはこちら

投稿時間:2021年12月16日 (木) 16:30 | 固定リンク


タルト・オ・ポム・フィン


12月15日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【タルト・オ・ポム・フィン】

madonna_recipe211215.jpg

《材料》(直径18cmのパイ皿)

りんご:1コ

パイ生地:80g

無塩バター:10g

グラニュー糖:小さじ1

シナモンシュガー:少々

アイスクリーム:適量

 

《作り方》

(1)パイ生地を室温で戻し、オーブンシートの上で薄くのばしてパイ皿にのせる。フォークで穴をあけ、冷蔵庫で15分寝かせる。(※焼いたときに縮みにくくなる)

(2)皮がついたままのりんごを4等分に切って芯を取り、2ミリ程度に切って(1)にのせる。

(3)無塩バターを電子レンジ(600W)に10秒かけ、溶かしバターにして(2)にかけ、グラニュー糖もかける。

(4)200℃に予熱したオーブンで20分焼く。シナモンシュガーをかけて粗熱を取り、切って皿に盛り付ける。アイスクリームをのせて食べる。

投稿時間:2021年12月15日 (水) 17:55 | 固定リンク


ぶりと冬野菜の煮物


12月13日(月)放送

ゲスト:旅館 和食料理長 久保田昌司(くぼた・しょうじ)さん

 

【ぶりと冬野菜の煮物】
madonna_recipe211213.png

《材料》(2人分)

ぶり(切り身):150~200g

A(大根:10cmくらい にんじん:1/2本 れんこん:5cmくらい ごぼう:1/3本) 

しょうが:1片 

ブロッコリー:適量 

ゆずの皮:適量

B(水:500ml 酒:100ml 濃口しょうゆ:75ml みりん:75ml 砂糖:大さじ2+1/2)

 

《作り方》

(1)ぶりは5cm角くらいを目安に食べやすい大きさい切り、軽く塩をふっておく。(15分くらい)(※軽く塩をするのは青魚独特の臭みをやわらげるため。)

(2)(1)のぶりをさっと水洗いしてからボールに移し、熱湯をたっぷり加え、はしで軽く混ぜる。表面が白くなる程度になれば差し水をし、手が入れられる熱さになれば、血、うろこなどを取り除く。

(3)Aの野菜の皮をむくものはむき、乱切りにする。しょうがはスライス、ブロッコリーは適当な大きさに切りゆでる。

(4)鍋に(2)、A、Bを入れて炊いていく。ある程度炊き上がってきたらしょうが、ブロッコリーを入れ、火を通す。

(5)(4)を器にもり、ゆずの皮をそえる。

※お好みの根野菜を使ってもいい。

投稿時間:2021年12月13日 (月) 17:55 | 固定リンク


12月9日(木)放送後


「まどんなSONGS」のコーナー、音楽プロモーターの門屋奈緒さんとお送りしました。

 madonna_211209.jpg

今回は「電話ソング」でした。

色んな時代、色んなシチュエーションの電話ソングがあって楽しかったですね!

リクエスト、メッセージどうもありがとうございました。

 

放送で紹介した曲はこちらです。

 

【1】ポール・アンカ「♪Kissin' On The Phone」

【2】フィンガー5「♪恋のダイヤル6700」

【3】ブロンディ「♪Call me」

【4】少年隊「♪バラードのように眠れ」

【5】ゆず「♪ルルル」

【6】レミオロメン「♪電話」     

【7】RADWIMPS「♪携帯電話」

【8】マルーン5「♪Payphone (feat.Wiz Khalifa)」

 

投稿時間:2021年12月13日 (月) 15:03 | 固定リンク


12月8日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

madonna_211208.jpg

今回は「壬生菜」についてやのさんに教えていただきました。

私は初めて知った野菜だったのですが、京野菜のひとつで関西ではよく食べられているんですね。壬生菜の漬物や天ぷら、鍋料理など、リスナーの皆さんも様々な食べ方で楽しんでいらっしゃるようでしたね。素敵なエピソードをお寄せいただきありがとうございました。

 

やのさんが教えてくれた「壬生菜と豚バラ肉の炊いたん」のレシピはこちらからご覧下さい。

>「壬生菜と豚バラ肉の炊いたん」レシピはこちら

投稿時間:2021年12月09日 (木) 16:01 | 固定リンク


12月7日(火)放送後


「まつやま郷土料理研究会」事務局長の松浦典子さんに、松山のお正月料理に欠かせない郷土料理「緋のかぶら漬け」について教えていただきました。

madonna_211207.jpg

郷土料理と聞くと特別なものというイメージがあったのですが、そうではなく「郷土料理は家庭料理なんですよ」という松浦さんの言葉に目から鱗が落ちました。

そういえば、昔から家庭で食べられてきたものなんですよね。

 

松浦さんが、緋のかぶら漬けのアレンジレシピも教えてくれました!

緋のかぶら漬けの漬け汁に鯛の切り身を漬けたカルパッチョや、緋のかぶら漬けを千切りにして生ハムで巻いたものなど、どれも簡単でおいしそうです。

 

松浦さんたちが心を込めて作った緋のかぶら漬けで、お正月の食卓を華やかに彩ってくださいね。

投稿時間:2021年12月09日 (木) 16:00 | 固定リンク


壬生菜と豚バラ肉の炊いたん


12月8日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【壬生菜と豚バラ肉の炊いたん】

madonna_recipe211208.jpg

《材料》(2人分)

壬生菜:200g 

豚バラ肉:100g 

しょうが(すりおろす):小さじ1 

ごま油:小さじ1

塩:少々 

だししょうゆ:大さじ1 

だし汁:50ml

 

《作り方》

(1)壬生菜と豚バラ肉を5cmくらいに切る。

(2)フライパンにごま油を入れ、すりおろしたしょうがと塩を加え豚バラ肉を焼く。片面に焼き色がついたら壬生菜とだししょうゆと水を加え沸騰したら火を止める。

投稿時間:2021年12月08日 (水) 17:55 | 固定リンク


12月6日(月)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さんとお送りしている「ラジオ句会」。

今回は「小春」をテーマにお送りしました。

madonna_211206.jpg

冷え込みが厳しくなってくるこの時期、ポカポカの日差しが嬉しい「小春」ですが、みなさんの俳句からも、寒い冬にホッと一息つけるような温かさを感じました。

 

■今日の紗希さんの一句

 

こんな日を小春と名付けたる人よ     紗希

 

リスナーの皆さんからのメッセージにもありましたが、「小春」ってとても素敵な言葉ですよね。小春日和にこんな一句を詠む神野さんの感性もまた素敵だなと思いました。

 

それでは、今回の特選句と、神野さんが選んだ最も良かった俳句をご紹介します。

(その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。)

 >放送で紹介した俳句

 

■特選句

 

日曜のパパと小春の紙ねんど     藤田ゆきまち(三重県伊勢市)

おにぎりをふたつ小春の小石川    小池令香(埼玉県川越市)

小春日の避難訓練にぎやかに     やまだのかかし(愛媛県今治市)

小春日のカナリヤとゐる純喫茶    松田夜市(愛媛県松前町)

ヘルメット飯場に遺し小春空     東京堕天使(千葉県)

 

■最も良かった一句

 

指揮棒に宿る小春のひかりかな    藤雪陽(長野県小諸市)

 

小春の光に注目した藤雪陽さんの作品。凛とした美しさを感じる印象的な一句でした。

 

今回もたくさんの投稿をお寄せいただきありがとうございました。

「ラジオ句会」、次回は新年1月4日(火)の予定です。

皆さんから募集する俳句のテーマは「年賀状/初便り」。投稿お待ちしています!

 >投句はこちら

投稿時間:2021年12月07日 (火) 15:40 | 固定リンク


12月6日(月)「小春」の俳句


■放送で紹介した俳句

>特選句・もっとも良かった一句はこちら

 

みどりごのあくびのぽつとさくこはる   みやこわすれ(愛知県名古屋市)

スウィングジャズ三時のお茶の小春かな  伊藤順女(千葉県)

小春こはる板書おろそか六限目      山羊座の千賀子

テレワーク移住を決めて小春かな     新濃健(東京都)

コーチ以下部員五人や小春風       砂山恵子(愛媛県西条市)

吸うて吐く肺いっぱいの小春風      霜月なな(愛媛県松山市)

さい銭の音もひかりて小春空       山海和紀(和歌山県)

鬼平の殺陣や美し小春凪         けんちく(大阪府大阪市)

父の忌は今年も小春日和なる       国代鶏侍(兵庫県川西市)

親猫の毛並みつくろふ島小春       善吉(愛媛県八幡浜市)

目覚むれば小春の猫の顔のあり      木染湧水(広島県東広島市)

外猫へ毛布掛けやる小春かな       幾山路

蚤取の櫛通り良き小春かな        迫久鯨(東京都)

肉球を辿って駄菓子屋の小春       織部なつめ(愛媛県松山市)

カピバラの鼻まで浸かる小春かな     葦たかし(兵庫県神戸市)
小春日の鳥語レッスン初級編       久森ぎんう(大阪府柏原市)

虫土も草木も人も皆小春         HNKAGA(石川県輪島市)

小春日の浅瀬にゆるる毬藻かな      夏草はむ

小春ゆゑ亀戸餃子まで歩く        伊予吟会 宵嵐(愛媛県松山市)

小春日やミルクチヨコ溶く舌の上     山川腎茶(三重県)

小春日やキーマカレーにチーズナン    南方日午(東京都)

小春空トレイはみ出すチーズナン     丹下京子(東京都)

ちと苦き底のカラメル小六月       樫の木(大分県由布市)

小春日や弁当箱は曲げわっぱ       城(愛媛県宇和島市)

風見鶏指すや小春の神戸港        洒落神戸(兵庫県神戸市)

パンを焼く匂ひ小春の人を待つ      西原みどり(愛媛県新居浜市)

シロップは小春の粘り透き通る      亀山酔田(神奈川県逗子市)

スーパーの前は小春の犬だらけ      いかちゃん(神奈川県横浜市)

小春の観覧車神様が降りてきた      七瀬ゆきこ(三重県鈴鹿市)

納豆を百回小春まじりをり        大場佳代(愛媛県西予市宇和町)

畑仕事はかどる小春ありがたし      さとる(愛媛県西予市宇和町)

シーソーのきしみやはらかいま小春    村瀬っち(北海道千歳市)

投稿時間:2021年12月07日 (火) 15:40 | 固定リンク


12月2日(木)放送後


ついに、アニメ「かなしきデブ猫ちゃん」の放送が始まりました!

午後8時42分の放送開始をテレビの前でわくわくしながら待っていました。

皆さん、ご覧いただけましたか?

 

生き生きとしたマルの表情、仕草や毛並み、滝藤賢一さんや水樹奈々さんの声の演技、見どころが盛りだくさんであっという間の3分間でした。

 

先日「ラジオまどんな」では原作者の早見和真さんをゲストに迎え、アニメのプロジェクトメンバーのひとり、首藤奈知子アナウンサーにも加わってもらい、「かなしきデブ猫ちゃん」について語り尽くしました。

madonna_211202.jpg

早見さんが心を動かされた愛媛の様々な風景が、原作と同じように、これからアニメの中にたくさん登場します。そして、早見さんが「かなしきデブ猫ちゃん」に込めた思いも、アニメを通して皆さんにお届けできると思います。

 

ぜひ最後までじっくりお楽しみ下さいね!

 

投稿時間:2021年12月07日 (火) 15:35 | 固定リンク


12月1日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

madonna_211201.jpg

今回は収穫の時期を迎えた、愛媛産アボカドについてお伝えしました。

私はサラダにして食べることが多いのですが、やのさんがホームパーティーにぴったりなレシピを教えてくれました!

 

ご紹介した「アボカドと牛肉のしぐれ煮ずし」のレシピはこちらからご覧下さい。

>「アボカドと牛肉のしぐれ煮ずし」レシピはこちら

投稿時間:2021年12月07日 (火) 15:30 | 固定リンク


アボカドと牛肉のしぐれ煮ずし


12月1日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

madonna_211201-1.jpg

《材料》(2人分)

アボカド:1/2コ 

牛肉(切り落とし):100g 

ごぼう:100g 

しょうが(すりおろす):小さじ1 

レモン汁小さじ1

A(だししょうゆ:大さじ1 酒:大さじ1 みりん:大さじ1 きび砂糖:小さじ1)

すし酢:大さじ1 

ごま油(白):小さじ1 

米:1合 

のり:1枚

《作り方》

(1)ごぼうをささがきにして水に1分程度さらしザルにあげておく。アボカドは斜め薄切りにする。すしを巻くためののりは1センチ程度の幅で10cm程度の長さに切っておく。

(2)フライパンにごぼうと油を入れしんなりするまで2分程度炒め、牛肉を加えさらに炒めます。肉の色が変わったら、すりおろしたしょうがとAを加え、水分が無くなるまで弱火で混ぜながら煮る。(お肉が固い場合は水を少し加えてさらに煮込む。)

(3)炊いたご飯にすし酢を加え混ぜて冷ましておく。酢飯をすしの型にして②とアボカドをのせ、のりで巻く。

madonna_211201-2.jpg

*よそったご飯にそのまま盛り付けてどんぶりにしてもおいしい。

 

投稿時間:2021年12月01日 (水) 17:55 | 固定リンク


11月30日(火)放送後


鉄道見聞録のコーナー、鉄道写真家の「どつぼさん」こと坪内政美さんとお送りしました。

 madonna_211130.jpg

今回のテーマは「鉄橋(鉄道橋)」でした。

鉄橋の魅力が皆さんにも伝わったでしょうか・・・?

 

どつぼさんが撮影した鉄橋の写真をいくつかご紹介します。

 

まずは松山市にある注目の鉄橋。伊予鉄道の石手川公園駅がある石手川橋梁です。

日本最古の現役のトラス橋で、なんと明治25年に完成したものです。

madonna_211130-1.jpg

 

こちらは、完成当時「東洋一」の規模を誇った福島県の一ノ戸川橋梁。

年に数回ライトアップされています。迫力ありますね~。

 madonna_211130-2.jpg

madonna_211130-3.jpg

 

続いても福島県から。撮影スポットとして人気の第一只見川橋梁です。

リスナーの菜之花咲多さんからも話題の鉄橋だと情報をいただきました。

四季折々の美しさが楽しめるそうです。

 madonna_211130-4.jpg

長さも形も様々で、歴史のある鉄橋が多いのも興味深かったですね。

鉄橋は絵になるし、鉄道写真を撮るのにもぴったりなんだそうです。

 

今回も時間が足りなかった鉄道見聞録。

次回は12月28日(火)の予定です。次回もお楽しみに!

投稿時間:2021年12月01日 (水) 16:48 | 固定リンク


11月29日(月)放送後


愛媛県立とべ動物園の田村千明さんをゲストに迎えてお送りしました。

madonna_211129.jpg

 

この秋、全国各地の動物園で、動物たちのお引っ越しが行われました。

動物たちにとって過ごしやすい春と秋が引っ越しシーズンなんだそうですが、新型コロナの影響で、この春は移動が出来なかったため秋に集中したんだそうです。

 

とべ動物園に新たに仲間入りしたジャガーのミワについて田村さんに紹介していただきました。繁殖を目的に京都市動物園からやってきたメスの黒いジャガーです。

黒といってもよく見るとヒョウ柄のような模様がちゃんとあるんだとか・・・!

 

とべ動物園にはオスのジャガーの卯月佐助がいるので、2頭の愛称が良ければいずれ赤ちゃんが見られるかもしれません。すでに一般公開されているということですので、ぜひミワに会いに行ってじっくり観察してみて下さいね。

投稿時間:2021年12月01日 (水) 16:43 | 固定リンク


ページの一番上へ▲