ラジオまどんなブログ: 2021年10月

寒い時期にお部屋の中でハーブを楽しむことができる「ディッシュガーデン」の作り方


10月28日(木)放送

ゲスト:ジャパンハーブソサエティー 愛媛支部長 井上泉さん

 

寒い時期にお部屋の中でハーブを楽しむことができる「ディッシュガーデン」の作り方

「ディッシュガーデン」とは、“ディッシュ”=お皿にハーブを植えて、お部屋の中でハーブを育てる方法。


≪使用するハーブ≫
レモンタイム、レモンバーム、スイートバジル、チャービル、イタリアンパセリなど
あまり大きくならないハーブがおすすめ。

 

≪材料≫
madonna_herbrecipe211028-1.jpg
皿 (深さ5cm程度のものがおすすめ)
根腐れ防止剤(珪酸白土など)
培養土(配合割合の目安は赤玉土(小)4:バーミキュライト3:軽石3)
化粧土(お好みで)
人形やフィギュアなどの飾り(お好みで)

≪必要な道具≫
 ミニシャベル、じょうろ、手袋 など(必要があれば準備する)

≪作り方≫
(1) 皿の底に根腐れ防止剤を薄く敷く。
(2) 培養土を根腐れ防止剤が隠れる程度に入れる。
(3) ハーブの根についた土を落としてほぐし、根が長い場合は切り詰める。
(4) ハーブを乗せ、苗のまわりに培養土を流し込む。
(5) お好みで化粧土を入れる。
(6) お好みで人形などで飾り付ける。

madonna_herbrecipe211028-2.jpg 

(左)根腐れ防止剤、(右)培養土

≪育て方≫
表面の土が乾いてきたら、培養土が潤う程度に水をやる。
肥料は液肥を1週間~10日に一度、控えめにやる。

≪ポイント≫
ハーブの元気がなくなる寒い時期を前に植えておくのがおすすめ。
ハーブが大きくなってきたら植え替えるように。
複数のハーブを植える場合は、同じ環境を好む種類を選んで寄せ植えすると長持ちする。

madonna_herbrecipe211028-3.jpg

madonna_herbrecipe211028-4.jpg

投稿時間:2021年10月29日 (金) 18:40 | 固定リンク


10月26日(火)放送後


鉄道写真家のどつぼさんこと、坪内政美さんと鉄道見聞録のコーナーをお送りしました。

 madonna_211026-1.jpg

今回は、10月12日に運行開始20周年を迎えた坊っちゃん列車についてでした。

放送の内容を振り返りつつ、どつぼさんが撮影した素敵な写真をご紹介します!

 

シュッシュッという音とともに煙(水蒸気で再現したもの)を出しながら走る坊っちゃん列車は、松山の街の風景に欠かせないものになりましたよね。

坊っちゃん列車はディーゼル車ですが、こうした細かい演出でモデルとなった明治時代のSLの雰囲気を再現しています。

 madonna_211026-2.jpg

どつぼさんによると市役所前はいつも煙を吐くそうで、松山らしい1枚が撮れるスポットです。

madonna_211026-3.jpg

 

そして、終点での「人力反転」も見どころのひとつ。

車両が転車台に乗って反転するのが一般的ですが、坊っちゃん列車はジャッキで車両を持ち上げて人力で反転するのです。

大きな車両がぐるっと回転する様子は迫力がありますね~!

madonna_211026-4.jpg

 

さらに、車両の上についたハシゴのような謎のアンテナ。

ディーゼル車なのにパンタグラフ?と思いきや、これはポイント切り替えをするためのものだったんですね。

線路上の架線にスイッチがあって、アンテナでそのスイッチを触ることでポイントが切り替わる仕組みだそうです。これは誰かに言いたくなる話・・・!

 madonna_211026-5.jpg

坊っちゃん列車の魅力を再確認する放送でした。

これからも松山の名物として走り続けてほしいですね。

madonna_211026-6.jpg

 

 

投稿時間:2021年10月29日 (金) 14:51 | 固定リンク


10月25日(月)放送後


前半は「ドンナ人?」のコーナー、ゲストは四国中央市出身のシンガーソングライター、一葉(かずは)さんでした。

 madonna_211025-1.jpg

一葉さんは、現在21歳。松山市を拠点にアーティスト活動を行っています。

作詞作曲も自ら手掛けていて、芯のある強さと優しさを兼ね備えた歌声と、心に寄り添ってくれる温かい歌詞がとても魅力的なんです。

 

最近は、YouTubeなどでの配信ライブにも力を入れているということで、一葉さんが松山市のスタジオから生で歌っている様子を見ることができます。

「Oto-Niwa(オトニワ)」のチャンネルをチェックしてみてくださいね。

 

一葉さんのメジャーデビューの夢、愛媛から応援したいと思います・・・!

 

後半は、伊予市のイタリア料理店店主、宮川圭輔さんに、旬のいも類を使った料理法を教えていただきました。

 madonna_211025-2.jpg

里芋をバーニャカウダのソースで食べたり、サツマイモをスープにしたり、お家で簡単にできる料理のヒントがたくさんありましたね。

最近、宮川さんが挑戦したというジャガイモパンもおいしそうでした。

 

今が旬の食材、色んな料理法で楽しんでくださいね!

 

 

投稿時間:2021年10月29日 (金) 14:44 | 固定リンク


秋におすすめのハーブと寒い時期にお部屋の中でハーブを楽しむ方法


10月28日(木)放送

ゲスト:ジャパンハーブソサエティー 愛媛支部長 井上泉さん

 

【レモングラス】

レモングラスを切り取って、マドラー代わりに。

madonna_herb211028-1.jpg

 

 

【キッチンロープ】

ハーブやスパイスをみつあみなどにして細く編み、キッチンに飾り付ける。

madonna_herb211028-2.jpg

 

 

【ディッシュガーデン】

お皿にハーブを植え付けて、お部屋の中で楽しむ。

madonna_herb211028-3.jpg

 

madonna_herb211028-4.jpg

 

madonna_herb211028-5.jpg

 

madonna_herb211028-6.jpg

 

 

投稿時間:2021年10月28日 (木) 17:05 | 固定リンク


柿と鶏肉のキムチ炒め/手作り鍋の素


10月27日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【柿と鶏肉のキムチ炒め】

madonna_recipe211027.jpg

《材料》(2人分)

柿:1コ 

鶏もも肉:150g 

たまねぎ:100g 

キムチ:50g 

だししょうゆ:大さじ1/2 

しょうが(すりおろす):小さじ1 

オリーブ油:大さじ1

《作り方》

(1)柿はくし切りで16等分に切る。たまねぎは薄切り、鶏肉は薄くそぎ切りにして一口大に切る。

(2)フライパンにオリーブ油を入れ鶏肉、しょうが、たまねぎを入れ3分程炒める。肉の色が変わったら、柿、キムチ、だししょうゆを加え、さらに3分炒めて完成。

 

【寄せ鍋の素】

《材料》(2人分)

スープ(水:600ml 酒:大さじ2 みりん:大さじ2 だししょうゆ:大さじ2)

お勧めの具材:

白菜・しいたけ・えのきだけ・ごぼう・長ねぎ・たら(魚)などうまみのだしが出る食材 

豆腐・くずきりなどうまみを吸う食材

※春菊・にんじんもあるとおいしい

 

【鶏の水炊き鍋の素】

《材料》(2人分) 

スープ(水:800ml 酒:大さじ1 骨付き鶏肉(手羽中など):300g)

お勧めの具材:鶏だんご(鶏ひき肉 しょうが(すりおろす))・キャベツ・白ねぎ・えのきだけ・しいたけ・豆腐・くずきり

《作り方》

鶏を鍋に入れ水からゆっくり煮立たせ、野菜などの具材をのせて作る。ポン酢しょうゆやごまダレをつけて食べる。骨付き鶏肉からだしが出るので、食べ終わった後にご飯を入れ、溶き卵を加えて、雑炊を作るとおいしい。ポン酢しょうゆで味を調節する。

 

【濃厚豆乳旨辛鍋の素】

《材料》(2人分)

スープ(豆乳:500ml 水:200ml 豚ひき肉:100g えのきだけ:100g キムチ:50g 豆板醤:小さじ1/2 ポン酢しょうゆ:大さじ2 すりごま:大さじ1 鶏がらスープの素(顆粒):小さじ2 ごま油:大さじ1)

お勧めの具材:豚肉(しゃぶしゃぶ用)・レタス・しいたけ・くずきり・(お好みでえび、たこ、いか、春菊や小松菜なども)

《作り方》

(1)鍋にごま油を入れひき肉と刻んだえのきだけを加え炒める。豆板醤を加えさらに炒める。

(2)キムチ、ポン酢しょうゆ、すりごま、鶏がらスープの素、豆乳、水を加え沸騰させないように弱めの中火で煮る。

(3)お好みの具材を加えてさっと煮込む。煮詰まったら少しずつお湯を加えて調整する。

 

投稿時間:2021年10月27日 (水) 17:55 | 固定リンク


10月21日(木)放送後


前半は「ドンナ人?」のコーナー、「大洲古学堂保存会」事務局長の常磐井守道さんをゲストに迎えてお送りしました。

 madonna_211021-2.jpg

古学堂は、大洲市にある江戸時代に建てられた私塾跡で、3年前の西日本豪雨で大きな被害を受けました。常磐井さんは大洲市の八幡神社の宮司さんで、代々、八幡神社の人たちが古学堂を管理してきたんだそうです。

 

常磐井さんたち「大洲古学堂保存会」では、古学堂を修復し、再び、地元の人たちが活用できる場にしようと動き出していて、現在、修復費の寄付を集めています。

詳しくは八幡神社に電話でお問い合わせいただくか、八幡神社のホームページのメールフォームからも問い合わせ可能だということです。

 

後半は、「まどんなゴハン」のコーナー、中国料理店シェフの門田勇さんに、キノコを使った様々なレシピを教えていただきました。

 madonna_211021-1.jpg

どれも家にある調味料で、簡単に作れるものばかりです。

鍋料理にも欠かせないキノコですが、表面を焼いて旨味を閉じ込めてから鍋に入れるとよりおいしくなるんだそうです。ぜひやってみたいと思いました!

レシピはこちらからご覧下さい。

 >きのこ三昧レシピ

 

投稿時間:2021年10月26日 (火) 16:26 | 固定リンク


10月20日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

 madonna_211020-1.jpg

今回は、カボチャについてお伝えしました。

冬至に食べる風習があることから冬のイメージがありますが、カボチャは夏に収穫する夏野菜なんだそうです。

夏に収穫して冬まで保存できることから、昔は冬の貴重な栄養源だったんですね。

 

やのさんに、ハロウィーンにもぴったりなカボチャのプリンのレシピを教えていただきました。

レシピはこちらからご覧ください。

>カボチャプリン

 

後半は、パーソナルトレーナーの國廣里さんに、体の深部で骨などを支えている筋肉、インナーマッスルを鍛えるエクササイズを紹介していただきました。

 madonna_211020-2.jpg

ここを鍛えると、基礎代謝が上がり、体を内側から引き締めてくれるんだそうです。

里さんおすすめのエクササイズは「プランクポジション」。

 

うつ伏せになり、両ひじとつま先で体を持ち上げます。

頭からおしりまでは床と平行に、おしりからつま先に向かって斜めになる形です。

呼吸を5回しながら体勢をキープ。

 

お腹に効いていると感じたらちゃんと鍛えられているということです。

ぜひ出来る範囲で挑戦してみて下さいね!

投稿時間:2021年10月26日 (火) 16:19 | 固定リンク


10月19日(火)放送後


愛媛県立衛生環境研究所、生物多様性センター、主任研究員の村上裕さんに、「特定外来生物」による被害を防ぐための取り組みについてお話をうかがいました。

 madonna_211019.jpg

「特定外来生物」とは、海外から持ち込まれて、日本の生態系や人の暮らしに悪影響を与える生き物のことです。

 

今治市の伯方島では、特定外来生物のカミツキガメが確認されていて、2018年に複数の個体が捕獲され、繁殖の可能性が高まっていることから、生物多様性センターでは捕獲調査を続けています。

 

もともとペットとして人気だったカミツキガメ。

持て余して外に逃がしてしまう人がいたために特定外来生物に指定され、今ではペットとして飼育できなくなりました。

 

生き物を愛する村上さんの「こうした悲劇を生まないために、よく考えてからペットを飼うようにしてほしい」という言葉を忘れないでほしいと思います。

投稿時間:2021年10月21日 (木) 20:22 | 固定リンク


10月18日(月)放送後


前半のゲストは、ジャパン・フィルムコミッション理事長の泉谷昇さんでした。

 madonna_211018-1.jpg

今回は、「わが町をアニメの舞台に」という、フィルムコミッションの取り組みについてお話をうかがいました。

最近だと、高知が物語の舞台のアニメ映画「竜とそばかすの姫」が話題になっていますね。

作品の中に登場した景色をひと目見ようと、多くの方が高知を訪れています。

こうした地域活性化を期待して、フィルムコミッションではこれまで以上にアニメ作品の誘致に力を入れているんです。

 

愛媛が舞台のアニメ作品、ぜひ見てみたいですね。

 

後半は、フットケアセラピストで、松山市内にフットケアサロンを開いている小野めぐみさんにお話をうかがいました。

 madonna_211018-2.jpg

フットケアは、単なる足のマッサージではなく、爪切りや角質のケア、靴選びなど、足に関わることはすべて含まれるんだそうです。

また、介護予防にもつながるということで、足の健康の大切さを教えていただきました。

 

これからの季節は、足の乾燥を防ぐために、保湿が大事だということです。

お風呂上りにクリームなどでしっかり保湿するようにしたいですね。

 

投稿時間:2021年10月21日 (木) 20:18 | 固定リンク


きのこ三昧レシピ


10月22日(木)放送
ゲスト:中国料理店シェフ 門田勇さん

【えのきでなめたけ】
madonna_recipe211021-1.jpg

≪材料≫1人分

えのき 1パック(およそ200g)

濃口しょうゆ 大さじ2

酒 大さじ2

みりん 小さじ1

酢 大さじ1

ごま油 小さじ2

 

≪作り方≫

(1)  えのきを食べやすい大きさに切る。(切らなくてもOK)

(2)  鍋に濃口しょうゆ、酒、みりんとえのきを入れ、中火でおよそ6分加熱する。

加熱を始めておよそ1分後、全体に火が通る。

2分後、粘りと香りが出てくる。

さらに2分後、チリチリと音が鳴る。

さらに1分加熱。

(3)  火を止めて、酢とごま油をなじませて完成。

 

【しっかり焼くときのこがうまい】
madonna_recipe211021-2.jpg

≪材料≫1人分

きのこ2種類(まいたけ、しめじなどお好みで) それぞれ1パック

オリーブオイル 大さじ2

塩 2つまみ

(たれ)

 濃口しょうゆ 大さじ1

 酢 大さじ1

 砂糖 小さじ1

ごま油 大さじ1/2

 すりごま(白) 大さじ1

 

≪作り方≫

(1)  きのこを食べやすい大きさに切る。

(2)  鍋にオリーブオイルときのこを入れて強火で2分焼く。

(3)  ひっくり返して2分焼く。(このとき水分を出したいので、きのこには触らない)

(4)  鍋をゆさゆさと動かし、塩をふる。

(5)  鍋をゆすりながら、さらに1分強火で加熱して焼ききのこ完成。

(6)  たれの材料を混ぜ合わせてたれを作り、お好みでかけて召し上がれ。

 

【豆乳鍋きのこ】
madonna_recipe211021-3.jpg

≪材料≫1人分

きのこ2種類(まいたけ、しめじなどお好みで) それぞれ1パック

肉(鶏、豚、牛、バラ肉、もも肉、ひき肉などお好みで) 50g

豆乳 100ml

うす口しょうゆ 大さじ1

ごま油 小さじ1

水 200ml

 

≪作り方≫

(1)  きのこを食べやすい大きさに切る。

(2)  鍋にオリーブオイルを入れて加熱。

(3)  きのこと肉を入れて3分焼く。(このとき水分を飛ばして、香りを出す)

(4)  水を入れて、2分間煮込む。

(5)  豆乳とうす口しょうゆを入れて、中火で1分クツクツと煮込む。

(6)  火を止めて仕上げにごま油を入れて完成。

※お好みで白みそや野菜などの具材を入れてアレンジしてください。

 

【なめこで麺ぶっかけたれ】
madonna_recipe211021-4.jpg

≪材料≫1人分

なめこ(生) 1パック(およそ100g)

ねぎ 20g

しょうが 5g

うす口しょうゆ 大さじ1と小さじ1

みりん 小さじ1

ごま油 大さじ2

水 200ml

 

麺(うどん、そば、中華そばなどお好みで) 1人分

 

≪作り方≫

(1)  なめこを食べやすい大きさに切り、水洗いする。

(2)  ねぎ、しょうがをみじん切りにする。

(3)  鍋に麺以外の材料を全て入れて沸かす。

(4)  お好みの麺にたれをぶっかけて完成。

 

 

投稿時間:2021年10月21日 (木) 17:55 | 固定リンク


かぼちゃプリン


10月20日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【かぼちゃプリン】

madonna_recipe211020.jpg

《材料》(直径18cmの丸型1台分)

かぼちゃ:300g(種とワタを除いた状態) 

卵:5コ

グラニュー糖:50g 

牛乳:400ml

カラメル(グラニュー糖:40g  水:大さじ2)

 

《作り方》

(1)カラメルを作る。鍋にグラニュー糖と水大さじ1を入れて中火にかけ、色がついたら火を止めてさらに水大さじ1を入れる。火で再びあたためて型に流す。

(2)かぼちゃは皮と種を除き、同じ大きさに切って耐熱ボウルに入れ、ラップをして電子レンジ(600W)に約5分間かける。熱いうちにマッシャーでつぶしておく。

(3)別のボウルに卵を割り溶いて、グラニュー糖を加えよく混ぜる。

(4)牛乳を50℃くらいにあたためて、卵の入った(3)のボウルに少しずつ加え混ぜる。混ざったら、(2)のボウルに入れよく混ぜる。2回程度ざるでこすと口当たりが滑らかになる。

(5)天板にかぼちゃのペーストを流し入れた型を置き熱湯をはって、160℃に予熱したオーブンに入れて40分間蒸し焼きにする。(滑りやすいので布巾を1枚敷くとよい。)

*ミキサーがある人は、材料をミキサーに入れて混ぜてもOK。

*小さいカップに入れて1つずつ作ってもいい。

投稿時間:2021年10月20日 (水) 17:55 | 固定リンク


10月14日(木)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さんとお送りしました!

 madonna_211014.jpg

1日の気温差が大きいこの時期に起こりやすい体の不調「寒暖差疲労」。

宇佐さんによると、大きな気温の変化に体がついていけていない状態なんだそうです。

皆さん、このところ体調はいかがですか?

 

今回は「寒暖差疲労」を感じた時にぴったりの食材を宇佐さんに紹介していただきました。

その食材とは「里芋」です。

 

里芋には腸内環境を整えてくれる成分が含まれていて、腸を元気にすることが、自律神経を整えることにもつながるんだそうです。

 

宇佐さんが教えてくれたレシピは、体があたたまる「里芋と長ねぎの味噌グラタン」です。

ぜひ皆さんも作ってみて下さいね。

 

レシピはこちらからご覧下さい。

>里芋の皮を簡単にむく方法と里芋のあったかレシピ

投稿時間:2021年10月20日 (水) 12:12 | 固定リンク


里芋の皮を簡単にむく方法と里芋のあったかレシピ


10月14日(木)放送

ゲスト:管理栄養士 宇佐亮子さん

 

里芋の皮を簡単にむく方法と里芋のあったかレシピ

 

【電子レンジで簡単!里芋の皮むき】

≪方法≫

(1) 洗って水けを切った里芋の皮に1周ぐるりと切り目を入れる。

(2) 耐熱皿に里芋を入れて大さじ1の水を加え、ラップをして電子レンジ600Wでおよそ5分加熱。

※加熱時間は電子レンジによって調整を。

(3)里芋が熱いうちに布巾などでくるんで皮をむく。

※包丁の切り目を真ん中にして両側を持ち、里芋を上に押し出すようにすると皮をむきやすい。ツルっとむくことができる。

 

≪里芋の皮むきのコツ≫

・里芋が熱いうちにむくほうがむきやすい。(やけど注意)

・里芋が濡れているとぬめりですべって皮がむきにくい。包丁で皮をむく場合は、水洗い後に乾かしてからむくといい。

・里芋の皮むきなどの際にかゆみを感じる原因はえぐみの元であるシュウ酸カルシウム。シュウ酸カルシウムは熱や酸に弱いので、里芋を加熱したり、手に酢水をつけたりするとかゆみ対策になる。

 

 

【里芋と長ねぎのみそグラタン】

madonna_211014recipe.jpg

≪材料≫(2人分)

里芋     200g(4個)

鶏もも肉    1/2枚(150g)

しめじ     100g

長ねぎ     1/2本

塩       少々

こしょう    少々

バター     10g

薄力粉    大さじ2

牛乳      カップ1

白だし     大さじ1

みそ    小さじ1

ピザ用チーズ  30g 

パセリ     適量

 

≪作り方≫

(1)【電子レンジで簡単!里芋の皮むき】の方法で、里芋の皮をむく。

(2)(1)の里芋の加熱時間を利用して材料を切る。鶏肉は一口大に、長ねぎは斜め薄切りにする。しめじは石づきを取り、手で小房に分ける。皮をむいた里芋は5mm~1cmの輪切りにする。

(3)フライパンにバターを入れて加熱し、長ねぎを弱火で炒める。次に鶏肉としめじを加えて中火で炒め、鶏肉の色が変わったら里芋を加えて炒める。その後、塩、こしょうをふる。

(4)火を止めて薄力粉を加え、全体に混ぜ合わせる。

(5)牛乳、白だし、みそを加えて中火にし、とろみがつくまで加熱する。

(6)耐熱皿にうつし、ピザ用チーズを乗せてグリルやトースターで5~7分ほど焼く。

※焼き具合の目安は焼き色がつくまで。

※オーブンの場合は220℃に予熱し10~15分程度。使用する器具に合わせて調節を。

(7)仕上げにパセリを散らして完成。

 

≪レシピのポイント≫

・ホワイトソースを別に作ると面倒なので、フライパンで材料を炒めるときに作ってしまう。

薄力粉をこし器などで振るいながら入れ、材料としっかりと混ぜてから牛乳を入れるとダマになりにくい。

・今回は里芋のとろみを生かすために薄力粉は少なめにしている。

投稿時間:2021年10月15日 (金) 19:00 | 固定リンク


10月13日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

 madonna_211013.jpg

今回は今が旬の果物、梨(なし)について。

梨を使った焼肉のタレのレシピを教えていただきました!

焼うどんや焼きそば、チャーハンの味付けなどにも使える万能ダレなんだそうです。

レシピはこちらからご覧下さい。

>梨の焼き肉のタレ/しょうゆめし

 

そして、面河特産品開発センターの高山由紀子さんに、久万高原町の面河地域の魅力を知ってもらおうとことしの夏から始まったガイド付きの自転車ツアーについて紹介していただきました。

 

高山さんもこのツアーのガイドのおひとり。

地元の人だからこそ知る素敵なスポットに案内してくれるんだそうです。

スポーツ型電動アシスト付き自転車EーBIKE(イーバイク)も用意されているので、体力に自信のない方でも安心です。

 

これから紅葉も楽しめる時期。自転車で巡ると最高の気分が味わえそうですね。

投稿時間:2021年10月14日 (木) 16:02 | 固定リンク


10月12日(火)放送後


今回は、松前町のグルメや観光スポットなどの動画を配信している「松前TV」についてたっぷりご紹介しました!

 madonna_211012.jpg

スタジオには、松前TVディレクターの東良二さんにお越しいただき、松前TVでリポーターを務めるダンスボーカルユニット「RYMERY(リメリー)」のcono.さん、TiNAさん、Miiiyonさんにも電話で出演して頂きました。

 

東さんとRYMERYの皆さんの楽しいトークであっという間の時間でしたね。

松前町のグルメ、歴史、住みやすさなど、様々な魅力を教えていただきました。

 

私は、松前TVの動画でRYMERYの皆さんが料理に挑戦していた「作兵衛らーめん」が気になっています!去年誕生した新しいグルメで、松前町特産のはだか麦を使っているのでモチモチ食感が楽しめるそうです。

ぜひ皆さんも「松前TV」の色んな動画をチェックしてみて下さいね。

 

また、放送でRYMERYの皆さんの曲を2曲ご紹介しましたが、RYMERYは歌だけでなくダンスも魅力的なんです。ぜひその活躍にもご注目ください・・・!

 

 

投稿時間:2021年10月14日 (木) 15:58 | 固定リンク


10月11日(月)放送後


今治市の伯方島を盛り上げようと活動しているNPO法人「創作クラブGrian」代表の田窪良子さん、整理収納アドバイザーの篠原さい子とお送りしました。

 madonna_211011.jpg

地域活性化、地域づくり、障害福祉の3つの視点から、様々な活動を行っている田窪さん。

伯方島は私の故郷でもありますが、こうした素晴らしい取り組みが進んでいることをとても嬉しく思いました。今度実家に帰った時は、田窪さんが紹介して下さった場所をゆっくり巡ってみたいです。

 

そして、篠原さんには、衣替えの時に見直してもらいたい「衣類の片付け」のポイントを教えていただきました。

クローゼットはいっぱいなのになぜ着たい服がないのか、篠原さんの説明でよく分かりましたね。服を買う時は、必ず試着をして、手持ちの服と合うか、お手入れは難しくないかなどもチェックすることが大事ですね。

 

また年末の大掃除に向けて、油汚れは気温が高い今のうちに!というアドバイスもいただきました。

ぜひ参考になさって下さいね。

投稿時間:2021年10月14日 (木) 15:54 | 固定リンク


梨の焼き肉のタレ/しょうゆめし


10月13日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【梨の焼き肉のタレ】
madonna_recipe211013-1.jpg

《材料》

梨:50g(1/4コ) 

しょうゆ:大さじ3 

みりん:大さじ2 

みそ:大さじ1 

にんにく:1かけ 

しょうが(すりおろす):小さじ1 

粉唐辛子:小さじ1/2

《作り方》

(1)皮をむきすりおろした梨とすりおろしたにんにくをボウルに入れ、しょうがを加え混ぜる。しょうゆ・みりん・みそを加えよく混ぜる。

(2)(1)にふんわりラップをして電子レンジ(600W)に2分間かける。粗熱が取れたら粉唐辛子を加える。

※梨の焼き肉のタレは万能タレで、肉を漬けて焼いたり、焼いた肉につけて食べたり、焼うどんや焼きそば、チャーハンの味付けなどにも使えます。

※冷蔵庫に入れて約3日間保存可能。

 

【しょうゆめし】
madonna_recipe211013-2.jpg

《材料》(4人分)

米:2合 

里芋:100g 

にんじん:50g 

干ししいたけ:3枚 

ごぼう:50g 

油揚げ:1枚

A(しょうゆ:大さじ2 酒:大さじ1 みりん:大さじ1)

《作り方》

(1)干ししいたけは水に浸けて1晩冷蔵庫で戻す。

(2)お米は洗って30分程浸水する。

(3)里芋は皮をむいて小さく角切り、にんじんはいちょう切り、ごぼうはささがきにして水に浸しアクを取る。干ししいたけと油揚げは千切りにしておく。

(4)お米を炊飯器に入れAを加え、里芋、ごぼう、にんじん、干ししいたけ、油揚げの順に広げてのせる。

 

投稿時間:2021年10月13日 (水) 17:55 | 固定リンク


10月7日(木)放送後


松山市の音楽プロモーター、門屋奈緒さんと「まどんなSONGS」のコーナーをお送りしました。

 madonna_211007.jpg

10月1日は「国際コーヒーの日」ということで、今回は門屋さんにコーヒーソングを選曲していただきました!

放送で紹介した曲はこちらです。

 

【1】伊集加代子 「♪めざめ」

【2】THE ALFEE 「♪うつろな瞳」

【3】クレイジーケンバンド 「♪珈琲ブーガルー」

【4】Official髭男dism 「♪コーヒーとシロップ」

【5】スティーヴィー・ワンダー 「♪To Feel The Fire」

【6】井上陽水「♪コーヒールンバ」

 

今回も門屋さんらしい素敵な選曲でした!

この秋、ぜひコーヒーを飲みながら楽しんでくださいね。

 

 

投稿時間:2021年10月13日 (水) 15:32 | 固定リンク


10月6日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

 madonona_21106-1.jpg

今回は、今治市で栽培されているフランス原産の珍しい「黒イチジク」について、やのさんが生産者の高須志郎さんの畑を訪ねて取材してきてくれました!

 madonona_21106-2.jpg

こちらが黒イチジクの生産者の高須さんです。

退職後、人と違うものを作ってみようと、以前、フランスを訪れた際に市場で見つけ、いつか作ってみたいと思っていた黒イチジクの栽培に挑戦したんだそうです。

素敵なエピソードですよね。

 madonona_21106-3.jpg

こちらがその黒イチジクです。

私も食べたことがあるのですが、甘くて実がしっかりしていて、そのまま食べるのはもちろん、サラダなどに入れて食べるのにもぴったりだと感じました!

 

そこで、やのさんが黒イチジクを使ったおしゃれなサラダと、チーズケーキのレシピを教えてくれました。

ぜひ皆さんも作ってみて下さいね。

レシピはこちらからご覧下さい。

>黒いちじくとカマンベールチーズのサラダ/黒いちじくのバスクチーズケーキ

 

高須さんの黒イチジクは、今治市の産直市やスーパーなどで販売されています。

 

投稿時間:2021年10月12日 (火) 14:21 | 固定リンク


10月5日(火)放送後


松山市で本屋を主宰している越智政尚さんとお送りしました。

 madonna_211005-1.jpg

今回のテーマは、食欲の秋に読んで欲しい「おいしい本」でした。

放送でご紹介した本はこちらです。

 madonna_211005-2.jpg

「Neverland Diner 二度と行けない松山のあの店で」

「コーヒーと短編」

「はたらく 中華料理店」

「恥ずかしい料理」

 

「Neverland Diner 二度と行けない松山のあの店で」は、越智さんが執筆&編集を手掛けたZINE(ジン)です。(ZINEとは、個人やグループが自由な方法、テーマで制作した冊子のこと。)

閉店してしまって今は行くことができない松山の8つの店について、8人がつづったエッセーです。松山だけでなく、全国各地で同じシリーズの本が出版されています。

皆さんにもそんな思い出の店があるのではないでしょうか?

 

どの本も越智さんならではの素敵なセレクトでした。

食欲の秋、読書の秋。

ぜひ「おいしい本」を読んで両方とも楽しんでくださいね。

投稿時間:2021年10月07日 (木) 15:26 | 固定リンク


黒いちじくとカマンベールチーズのサラダ/黒いちじくのバスクチーズケーキ


10月6日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【黒いちじくとカマンベールチーズのサラダ】
madonna_recipe211006-2.jpg

《材料》(4人分)

黒いちじく:2コ 

カマンベールチーズ:80g 

ベビーリーフ:適量 

A(バルサミコ酢:大さじ1 オリーブ油:大さじ1 はちみつ:大さじ1 塩・こしょう:少々)

《作り方》

(1)黒いちじくは8等分に切る。カマンベールチーズは薄切りにする。ベビーリーフは氷水につけてシャキッとさせてから水けをきる。

(2)器にベビーリーフを盛り付け、黒いちじくとカマンベールチーズをのせてAをかける。

 

【黒いちじくのバスクチーズケーキ】
madonna_recipe211006-1.jpg

《材料》(直径15cmの丸型1台分)

黒いちじく:4コ 

クリームチーズ:200g 

生クリーム:200ml 

グラニュー糖:70g

薄力粉:10g 

水切りヨーグルト:50g 

卵:2コ

《作り方》

(1)  クリームチーズは電子レンジ(500W)に30秒間かけて柔らかくし、ミキサーでなめらかにする。そこに生クリーム、グラニュー糖、溶き卵、薄力粉、水切りヨーグルトの順に加え、その度に混ぜる。

(2)  オーブンシートを水にぬらし、くしゃくしゃにして型に敷く。(1)を流し入れ、230℃に予熱したオーブンで15分焼き、輪切りにした黒いちじくを並べる。温度を220℃に下げてさらに15分焼く。

 

 

投稿時間:2021年10月06日 (水) 17:55 | 固定リンク


10月4日(月)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さんとお送りしている「ラジオ句会」。

今回のテーマは秋の季語「蔦」でした。

 

蔦といえば、神野さんの代表作を思い浮かべた方も多かったですね。

 

■今日の紗希さんの一句

 

寂しいと言い私を蔦にせよ     紗希

 

この句は、神野さんが17歳の高校生の時に詠んだものです。

初案は「蔦」ではなく「蝶」だったのだとか。

蔦を見るたびに思い出し、ドキッとさせられる一句です。

高校生でこの句を詠んだ神野さんの感性に驚きます・・・!

 

それでは、今回の特選句と、神野さんが選んだ最も良かった俳句をご紹介します。

その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。

>放送で紹介した句

 

■特選句

 

潮風や廃墟公社の蔦かづら       みなと(北海道旭川市)

蔦の葉や踏切横の写真館        迫久鯨(東京都世田谷区)

壁の蔦見つむる君の髪長し       山川腎茶(三重県伊勢市)

照らしてはいけない真夜の蔦かずら   西原みどり(愛媛県新居浜市)

戦争を知らないわたし蔦紅葉      藤雪陽(長野県小諸市)

 

■最も良かった一句

 

蔦赫(あか)し王女は恋を貫けり    葦たかし(兵庫県神戸市)

 

「赫」という字は「赤々と燃えるように輝く」という意味を持つんですね。

とてもドラマチックで魅力的な一句でした。

 

今回もたくさんの投稿をお寄せいただきありがとうございました。

「ラジオ句会」、次回は11月1日(月)の予定です。

皆さんから募集する俳句のテーマは「柿」。

次回も投稿お待ちしています!

>投句はこちらから 

後半は「まどんなゴハン」のコーナー、道後の老舗旅館の和食料理長、久保田昌司さんをゲストに迎えてお送りしました。

 madonna_211004.jpg

今回は「焼き魚」のコツと、旬の魚と木の実で作る「秋の味覚焼き」のレシピを教えていただきました。

秋の味覚をたっぷり味わえる一品で、簡単なのに上品で深みのあるプロの味に驚きます!

ぜひ作ってみてくださいね。レシピはこちらからご覧ください。

>秋の味覚焼き レシピはこちら

 

 

投稿時間:2021年10月06日 (水) 16:40 | 固定リンク


10月4日(月)「蔦」の俳句


■放送で紹介した俳句

 >特選句・もっとも良かった一句はこちら

 

ポン菓子の音や蔦紅葉の震え      くわしまかんじ(千葉県千葉市)

清し朝蔦の門よりマザーくる      どいけず(愛媛県松前町)

学食の高き天井蔦紅葉         みち(神奈川県横浜市)

ナナハンに跨がる牧師蔦紅葉      樫の木(大分県由布市)

給水塔をがんじがらめに守る蔦     でんでんことじょ(三重県大台町)

日曜の朝の教会蔦紅葉         近江菫花(滋賀県大津市)

蔦の窓讃美歌三百十二番        石塚彩楓(埼玉県入間市)

夕映えの古びた象舎蔦紅葉       みやこわすれ(愛知県名古屋市)

蔦の診療所で読めるドラえもん     菊池洋勝(栃木県宇都宮市)

蔦紅葉店にかけたるゴッホの絵     砂山恵子(愛媛県西条市)

前菜の美しきビストロ蔦紅葉      松田夜市(愛媛県松前町)

モッツァレラチーズのピッツァ蔦の店  幾山路

嗚呼蔦よペギー葉山と歌おうよ     新濃健(東京都)
蔦のからまるチャペルむっちゃ憧れ   升屋(愛媛県愛南町)

蔦紅葉窓の割れたる農機小屋      星月さやか(愛媛県四国中央市)

蔦絡む工廠跡に立ちし考          比良山(大阪府大阪市)

くしけずる御息所や蔦紅葉       夏草はむ

ヴィオロンの君の窓まで蔦かづら    小池令香(埼玉県川越市)

蔦の夕細かく砕くアスピリン      南方日午(東京都)

蔦かづら着物の似合うギタリスト    藤田ゆきまち(三重県伊勢市)

蔦の坂ゆるく曲がればマレーバク    ゆすらご(愛媛県松前町)

 

投稿時間:2021年10月06日 (水) 16:38 | 固定リンク


9月30日(木)放送後


愛媛シルク協議会の河合崇さんを迎えてお送りしました。

 madonna_210930-1.jpg

10月8日に「シルクサミット2021in愛媛」が開催されるということで、そこで発表されるシルクを使った新製品を一足早く河合さんに紹介していただきました。

 

シルクビールにシルクせっけん、蚕の育成キットなど、その活用法の広がりに驚きました!

愛媛のシルク、今後の展開からも目が離せませんね。

 

後半は、松山市のセレクトショップバイヤーの末次勇太さんに、この秋おすすめのコーディネートを教えていただきました。

 madonna_210930-2.jpg

秋はおしゃれをしたくなる季節ですよね。

女性のアイテムでは、大きな襟のブラウスや、ペイズリー柄のアイテムが特徴的でした。

引き続きセットアップや、色味を少なくまとめたコーディネートもトレンドということです。

ぜひこの秋のコーディネートの参考にして下さいね。

>2021年秋のトレンドスタイリングはこちら

 

投稿時間:2021年10月05日 (火) 19:03 | 固定リンク


9月29日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

 madonna_210929.jpg

秋はきのこもおいしい季節ですね。

今回はやのさんに「きくらげ」を使ったレシピを教えていただきました。

産直市で愛媛県産の生きくらげを見かけるようになり気になっていたんです・・・!

 

やのさんのレシピ「きくらげと卵とえびの炒め」はこちらからご覧下さい。

>きくらげと卵とえびの炒めレシピ

 

投稿時間:2021年10月05日 (火) 18:56 | 固定リンク


秋の味覚焼き


10月4日(月) 放送

ゲスト:旅館 和食料理長 久保田昌司(くぼた・しょうじ)さん

madonna_211004recipe.jpg

《材料》(2人分)

旬の魚(切り身):2枚 

つけ汁(酒:大さじ2 みりん:大さじ2 濃口しょうゆ:大さじ2 ゆずまたはレモン:適量(スライス))

お好みの木の実(くるみ、松の実、アーモンド、ぎんなん、クコの実):30gくらい

 

《作り方》

(1)酒、みりん、濃い口しょうゆ、ゆずまたはレモンを合わせてつけ汁を作り、魚の切り身を漬け込む。(身の厚さにもよるが15分~30分)

(2)(1)の切り身の水けをペーパータオルでふき、グリルやオーブンで焼く。

(3)木の実はから煎りしたり、火を通しておく。

(4)(2)の魚が焼き上がる前に一度ハケでつけ汁を塗り、(3)の木の実をのせ焼き上げる。

※木の実の代わりに炒めたきのこなどでもいい。のせる物は色々と応用がきくのでアレンジしてみて下さい。

 

投稿時間:2021年10月04日 (月) 17:55 | 固定リンク


9月28日(火)放送後


鉄道見聞録のコーナー、鉄道写真家のどつぼさんこと坪内政美さんとお送りしました。

 

今回のテーマは鉄道グルメ。

まずはどつぼさんに、おすすめの四国の駅そばを教えていただきました。

どつぼさんの写真でご紹介します!

 

【1】JR高松駅「連絡船うどん」
madonna_210928-1.jpg

madonna_210928-1-1.jpg

 

かつては高松と岡山を結ぶ連絡船で食べられていたうどん。

連絡船はなくなりましたが、当時の味をもとに駅そばとして復活したんだそうです。

 

【2】JR松山駅「じゃこ天うどん」

 madonna_210928-2.jpg

madonna_210928-2-2.jpg

改札口の横にじゃこ天の直売所があり、揚げたてのじゃこ天が食べられる松山駅。

そのすぐ横の立ち食いそば屋で、揚げたてのじゃこ天をトッピングしたうどんやそばが味わえます。

 

【3】JR八幡浜駅「八幡浜ちゃんぽん」

 madonna_210928-3.jpg

madonna_210928-3-2.jpg

駅の中に産直市があり、その奥にはイートインコーナーも。

地元のボランティアの方が作る八幡浜ちゃんぽんは、知る人ぞ知る名物駅そば!

 

そして、10月2日(土)から始まる「四国デスティネーションキャンペーン」に合わせて、JR宇和島駅でどつぼさんがプロデュースした新しい駅弁が販売されます。

 

名前は「特製おにぎり辨當(べんとう)予土」。

madonna_210928-4.jpg

宇和島市の三間町でとれる「みま米」を使ったおにぎりと、卵焼き、焼き鮭、きゃらぶきのおかず、お茶もセットになっています。おにぎりは手握りにこだわって、宇和島市で長年営業している仕出し屋さんに握ってもらうことになっているそうです。

 

10月2日(土)からトロッコ列車の運行日のみの販売で、1日40個限定です。

予土線の新たな名物になりそうですね。

投稿時間:2021年10月04日 (月) 16:03 | 固定リンク


ページの一番上へ▲