ラジオまどんなブログ: 2020年11月

炊飯器で作るシンガポールチキンライス


11月26日(木)放送
ゲスト:管理栄養士 宇佐亮子さん

 

【炊飯器で作るシンガポールチキンライス】

≪材料≫作りやすい分量 3~4人分

はだか麦(もち麦でも可) 30g

米           2合

水           適量

鶏むね肉        1枚

塩           少々

こしょう        少々

酒           大さじ1

しょうが        お好みで

にんにく        お好みで

しめじ         1袋

チキンスープの素(顆粒) 小さじ1

チリソース       お好みで

 

《作り方》
(1)米は洗って水けを切っておく。
(2)鶏肉はフォークで穴をあけ、塩をすりこみ、酒をふる。
(3)しょうがとにんにくはすりおろし、しめじは小房に分ける。
(4)炊飯器に米を入れ、しょうが、にんにく、しめじをのせて
   2合の目盛りまで水を入れる。
(5)はだか麦と水60ml、チキンスープの素を加えて軽く混ぜ、
   鶏肉をのせて炊く。
(6)ご飯が炊けたら、鶏肉を取り出し食べやすい大きさに切る。
(7)ご飯をよく混ぜて器に盛りつけ、鶏肉をのせて完成。

《ポイント》
はだか麦に含まれる食物繊維とビタミンB群をちょい足し。
食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにするほか、コレステロールの排泄をする働きがあります。
ビタミンB群はエネルギーを燃やすのに必要なビタミンです。
主食と主菜を一度に作ることができます。サラダやスープで野菜をプラスすればバランスが良くなります。

投稿時間:2020年11月27日 (金) 14:55 | 固定リンク


11月25日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

madonna_201125.jpg

今回は、旬のカリフラワーについてや、糖尿病を予防するための食事法についてお伝えしました。
炭水化物のとり過ぎに注意して、しっかり野菜を食べるようにしたいですね。
ご紹介したカリフラワーのサラダのレシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

投稿時間:2020年11月26日 (木) 15:52 | 固定リンク


11月24日(火)放送後


鉄道見聞録のコーナー、鉄道写真家の「どつぼさん」こと坪内政美さんとお送りしました。

madonna_201124.jpg

今回は、徳島県の阿佐海岸鉄道で、来年春に運行開始予定のDMV(デュアル・モード・ビーグル)についてお伝えしました。
DMVとは、線路と道路の両方を走ることが出来る車両のことで、導入されるのは世界初なんだそうです。

このDMVの導入にともなって、阿佐海岸鉄道では、これまで使用されていた2両の車両が引退することになりました。
ラストランに合わせて行われるイベントにどつぼさんも関わっているということで、スタジオに、引退する車両が付けるサボ(サイドボード)やポスターを持ってきて下さいました。
どつぼさんがデザインしたものです!

ラストランは11月30日。
当日はセレモニーやお見送りなどが行われるということです。

投稿時間:2020年11月26日 (木) 15:52 | 固定リンク


カリフラワーとイクラのサラダ


11月25日(水)ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

【カリフラワーとイクラのサラダ】

madonna_recipe201207.jpg

《材料》(2人分)
カリフラワー:200g
たくあん:2cm
イクラ:大さじ2
A(マヨネーズ:
 大さじ1
 だししょうゆ:小さじ1/2)

《作り方》
(1)カリフラワーを一口大に切って、沸騰した湯で3分程度ゆでる。少し柔らかめがおいしい。
(2)たくあんをみじん切りにしてボウルに入れAと混ぜる。
(3)ゆでたカリフラワーをスプーンですくえるくらいの大きさに小さめに切る。(2)と混ぜて器に盛り付け、イクラをのせる。
*もそもそしがちのカリフラワーも色んな食感の食材と合わせると、違ったおいしさが引き立ちます。
*混ぜて食べるとイクラの塩味がちょうどいい。

投稿時間:2020年11月25日 (水) 17:55 | 固定リンク


11月4日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

madonna_201104.jpg

今回は、柑橘やヒノキなどの愛媛県産の精油をブレンドして、愛媛を「香り」で盛り上げようという取り組みについてお伝えしました。

ヒノキやスギなど心が落ち着く木の香りと、すっきりとした柑橘の香りはとても相性が良いそうです。
ブレンドしたものをかがせて頂くと、確かにリフレッシュできるいい香りでした!

忙しい日々を過ごしている皆さん、ぜひ愛媛産の香りで癒されて下さいね。
すでに土産物店などで販売されているということです。

投稿時間:2020年11月10日 (火) 15:33 | 固定リンク


11月2日(月)「檸檬(れもん)」で紹介した俳句


■放送で紹介した俳句

 >>特撰句はこちら

檸檬噛み眠気吹き飛ばす夜勤かな      野中泰風

買ふならば握り心地の良き檸檬       山名凌霄(京都府)

おろし金当てて檸檬は多面体        ゆすらご(愛媛県松前町)

てのひらの銀のピアスや青檸檬       みやこわすれ(愛知県名古屋市)

天金の本と檸檬の静物画          川越のしょび(埼玉県川越市)

物言わぬ自画像レモン真っ二つ       更待月(神奈川県藤沢市)

アトリエの裸婦に持たせし檸檬の香     すーちゃん(東京都町田市)

テレビン油の匂ふアトリエ檸檬喰む     石塚彩楓(埼玉県入間市)

吾子の描く檸檬小惑星めきて        比良山(大阪府大阪市)

美術館遠く檸檬の畑と海          スイザン(東京都杉並区)

瀬戸内の島よレモンよ磯の香よ       かつたろー。(広島県福山市)

青き海青き檸檬よ岩城島          アレックス(東京都)

全島を巡る何処も檸檬の香         ひでやん(愛媛県松山市)

レモンの新芽食べまくる幼虫や悲しかな   もーりー(愛媛県今治市)

光ごと檸檬いかがと白軍手         大場 佳代(愛媛県西予市宇和町)

塩パンにレモンクリーム島の宿       幾山路

水軍の余裔は檸檬農家なり         ⑦パパ(広島県広島市)

君檸檬ミルク紅茶は前の彼         砂山恵子(愛媛県西条市)

檸檬のやうな初恋なんてなかったな     升屋(愛媛県松山市)

れもん酸つぱし今日から君の反抗期      じゃすみん(新潟県新発田市)

謝まればよかった檸檬含みけり       城内幸江(静岡県富士市)

バイオリズム檸檬の舟を並べもし      みなと(北海道旭川市)

甘党のわたしが檸檬かじる真夜       藤田ゆきまち(三重県伊勢市)

引きはらう部屋の真ん中檸檬置く      東京堕天使(千葉県香取市)

ピッチャーとライトが我が子檸檬水     松田夜市(愛媛県松前町)

紅茶に浮くレモンを齧る試験前夜      ぼっけ(愛媛県今治市)

カフェテラスにシスターの昼レモンティー  伊藤順女(千葉県船橋市)

酸っぱくて檸檬のワタは苦くって      よしざね弓(北海道北見市)

レモン噛むような同僚からの世辞      ファルコン(東京都)

カナリヤのやうなる妻よ檸檬切る      樫の木(大分県由布市)

陣痛の波動にぎり締める檸檬        小池令香(埼玉県川越市)

 

八方美人は駄目か檸檬の棘痛し       JIN(愛媛県松山市)

這ひ這ひする蒙古斑よ青檸檬        村上瑠璃甫(大阪府羽曳野市)

黒板の美しき数式青檸檬          平林檸檬(山口県宇部市)

失恋や檸檬ぎゅうっとハイボール      やまざきけいこ(千葉県市川市)

檸檬剥く今日の良いこと反芻し       月子(東京都)

投稿時間:2020年11月05日 (木) 14:15 | 固定リンク


11月2日(月)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さんとお送りしている「ラジオ句会」。

今回のテーマは「檸檬(れもん)」でした。

 madonna_201109.jpg

瀬戸内の島育ちの私にとって、これから冬にかけて檸檬があちらこちらに実っているのは馴染み深い光景です。そんな瀬戸内の産地の様子を詠んだ俳句も多く、素敵な俳句になっているのが嬉しかったです。

檸檬の香りや酸味、手触りまで伝わってくるような、清涼感のある句会でしたね。

 

■今日の紗希さんの一句

悪阻(つわり)続くトムヤムクンに絞る檸檬   紗希

 

神野さんにとっての檸檬は妊娠中の思い出につながるものでもあるんですね。

妊娠中は食の好みが変わるとよく言いますが、「なぜかトムヤムクンが食べたくなった」というエピソードを幸せな笑顔で語ってくれる神野さんが印象的でした!

 

それでは、今回の特選句と、神野さんが選んだ最も良かった俳句はこちらです!

(その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。)

 >>放送で紹介した句

 

■特選句

 

れもん断つ明け方の夢断つやうに      紗智(高知県高知市)

カナリヤのなみだ檸檬となりにけり    はむ

未来から来た少年の手に檸檬       国代鶏侍(兵庫県川西市)

花嫁はレモンの実る島から来       ゆみこ(神奈川県川崎市)

認知症カフェにぎやかに檸檬切る     松井くろ(福島県郡山市)

 

■最も良かった一句

一度きりの五十一歳レモン噛む      伊予吟会 宵嵐(愛媛県松山市)

 

コロナ禍で息苦しさを感じる生活が続きますが、そんな中で、背中をたたいて前を向かせてくれるような一句です。レモンを噛んでシャキッと行きましょう・・・!

 

みなさん、今回もたくさんの投稿をいただきありがとうございました。

次回の「ラジオ句会」は、12月7日(月)の予定です。

皆さんから募集する俳句のテーマは「冬眠」です。投稿お待ちしています!

 

投稿時間:2020年11月05日 (木) 14:11 | 固定リンク


10月29日(木)放送後


松山市の本屋を主宰する越智政尚さんを迎えてお送りしました。

madonna_201029-1.jpg

11月1日は、本が並んでいるように見えることから「本の日」!
そこで越智さんに「本にまつわる本」を紹介して頂きました。

madonna_201029-2.jpg

madonna_201029-3.jpg

放送で紹介した本はこちらです。
この本を読めば「読書の秋」をより楽しめそうです。

越智さんが主宰する本屋で、11月にイベントが開催されます。
切り絵作家の鈴村温(すずむら・のどか)さんの「Same Pose」という本の出版を記念して、原画展とオンラインイベントが行われます。

とてもユニークで素敵な作品ばかりでした!
期間は11月12日(木)~28日(土)まで。
詳しくは「本の轍」のホームページをご覧ください。

投稿時間:2020年11月04日 (水) 13:09 | 固定リンク


10月28日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

madonna_201028-9.jpg

今回は西予市の牧場にお邪魔して取材してきました!

madonna_201028-10.jpg

こちらで独自に開発されたブランド肉についてや、地域を盛り上げる様々な取り組みをご紹介しました。
新型コロナウイルスの影響が様々なところに及ぶ中で、新しいチャレンジを続けて地域に貢献したいという思いを知り、こうした生産者の皆さんを応援する意味でも、地元の食材をどんどん活用していきたいなと思いました。

投稿時間:2020年11月04日 (水) 13:08 | 固定リンク


ページの一番上へ▲