「おうちでバラ」おすすめです


こんにちは。鈴村奈美です!

先週火曜日、丹リポーターの「丹がおじゃ町ま~す」では、

コロナ禍の中で人気が高まっている「バラ」の話題をお伝えしました。

 

なんと、そのバラを丹さんが放送後におすそ分けしてくれたんです!

himepon_suzumura210518-1.jpg

ひめポン!放送後(※撮影時のみマスクを外しています)

 

「ストロベリーアイス」という何とも“おいしそうな”名前のバラです。

とっても華やかで、幸せな気持ちになりました。

himepon_suzumura210518-2.jpg

今も自宅に飾って、毎日楽しんでいます。

お部屋も、気持ちもとっても明るくしてくれます!

「おうちでバラ」おすすめですよ~!

 

 

投稿時間:2021年05月18日 (火) 09:57 | 固定リンク


兼題:渦潮


2021年5月15日(土)放送

兼題:渦潮

 

(動画の掲載は、放送日より2か月間です。)

 

▼選句ポイント

現場で体感!

現場に行って季語を体感、よく観察することが俳句上達のコツ。俳句のタネがたくさん見つかり、季語の魅力が生きる俳句ができる。今回は、現場にいるかのような臨場感が伝わる俳句を選んだ。

 

 

▼ギュッと!特選

渦潮と呼ぶに足る渦探しけり        斉藤立夏

[解説]
観潮船に乗っていると「あっ、渦!」と見つけたものの、これは「渦潮」と呼ぶには小さすぎるかな、なんて思って、さらに見回して大きな渦を探す。
観潮船に乗ったことがある人は、同じような経験をしたのではないか。そんな期待感をうまく切り取り、やがて「渦潮と呼ぶに足る」大きな渦を見つけて歓声を上げるに違いないことも想像させる。その先の映像まで見せるところがニクイ作品だ。

 

 

▼入選

渦潮の縁を攻め行(ゆ)く舵捌(かじさば)き      ゆすらご

[解説]
中七の表現がうまい。特に「渦潮の縁」という書き方にリアリティがあり、「攻め行く」という複合動詞にも勢いがある。このような場面を描こうとした句は沢山あったが、この臨場感がまさに観潮船だ。

 

面舵(おもかじ)に華やぐ悲鳴観潮船       あいむ李景

[解説]
「面舵(おもかじ)」とは「船舶の航行で、進行方向の右に舵を転ずる事」。「面舵に」で右に舵(かじ)を切っている状況を述べた後の中七「華やぐ悲鳴」がうまい。「悲鳴」は意味としてはマイナスの語感だが「華やぐ」によって「観潮船」という季語が生きてくる。

観潮船手すりのペンキ剥がれおり          阿波オードリー

[解説]
よく観察している。特に、中七「手すり」と具体的に述べることで読み手はその感触をリアルに受け止める。「ペンキ剥がれおり」の手触りが、ありありとこの手に伝わる。

渦潮は乙姫の息龍(りゅう)の息          れんげ畑

[解説]
「渦潮」に竜宮城を取り合わせたり、「龍」を比喩として使う発想の句も沢山あった。が、これは「乙姫」と「龍」を二つも入れつつバランスがとれている。「乙姫の息」「龍の息」と対句表現で並べることで、結果的に季語「渦潮」が主役となっている。そのテクニックを誉めたい作品。

渦潮に三半規管覚醒す        さと

[解説]
「渦潮」で酔うという句もあったが、「三半規管」が覚醒するという書き方が逆に面白い。

▼夏井いつきの「きょうのユニー句」
観察力がユニーク!>

渦潮の潮の行き場の無くなりぬ      けーい〇(入選)
渦潮となれず解(ほど)ける泡の群  妹のりこ(入選)
渦潮はきだす渦潮だつた渦         世良日守(入選)

[解説]
三句とも渦潮の細部の動きを非常によく観察している。渦潮がどんどん巻いていって、潮の行き場がなくなってしまう。渦になり損ねた泡、渦潮だった潮が渦をなくして吐き出されていく、どの句もまさに映像。「渦潮」の様子だけを描写するタイプの句を「一物仕立て」というが、これらは観察眼を見事に発揮した優秀な句。

 

▼放送でご紹介した俳句

特大の渦潮いつか見てみたい        ひとひら
うずしおの白いたつまき見てみたい  ヒメクグ

[解説]
「いつか見てみたい」で半分近く音数をとってしまう。しかも、見ていないから臨場感がない。同じことを書く人がたくさんいるので凡人。

渦見船渦へ渦へと傾けり           蒸し馬(佳作)

[解説]
「渦見船」という書き方が季語としてどうかと気にはなるが、中七下五「渦へ渦へと傾けり」の描写には臨場感がある。

渦潮や観光船に身を託し      高橋道代(佳作)

[解説]
「渦潮」を「や」で詠嘆し、カット切り替えて「観光船」の甲板に行くのはよいが、下五「身を託し」が説明になっている。ここが工夫のしどころだ。

母の手をきゅっと握った観潮船      KANA(佳作)

[解説]
「身を託し」と比較すると「母の手をきゅっと握った」で映像が描けている。

渦潮や妻の不在は謎のまま        アリマノミコ(佳作)

[解説]
まるでサスペンス劇場。俳句作ってないで、失踪届?を出しなさい。

渦潮や竜宮迄を片道で           ウチノ太郎(佳作)

[解説]
「渦潮」と「竜宮」のネタは沢山あった。後半「~迄を片道で」という展開ではまだオリジナリティが不足している。

 

>>夏井いつきのアドバイス
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2021年05月15日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:渦潮 「夏井いつきのアドバイス」


◆正しい表記とは?
船縁を  握り魅入る  湧渦潮       五十展伝

コロナ禍で 今年も行けぬ 鳴門うず  山野道

ぶつかれど  語り寄り添う  潮の渦  桃猫

神の矛  垂らした先の  うずしおや    鈍亀

[解説]
五七五の間を空けないのが、俳句の基本的な表記です。まずはここから覚えましょう。

 

◆季重なり
ぐるりぐるり渦潮の白春深し     どーりー3

渦潮は蝸牛の背にあり小銀河     さぬきの風

手には汗小舟に迫る渦潮や       バトラーM

春うらら友と渦潮うずのなか     ひまわり

渦潮やひかり輝く春の海        勇

大潮や渦潮踊る五月晴れ        森の翁

渦潮に失恋放る春の空          津国智之

[解説]
一句に複数の季語が入っているのが「季重なり」です。ただ、絶対にダメというわけではなく「高度なテクニックとしての季重なり」もあります。今回の秀作の中には、そのような作品もありますので参考にして下さい。

 

◆季語を比喩

孫とベイ渦潮はじきババの勝ち   律

[解説]
「ベイブレード真剣勝負!今風のベイゴマで孫と遊んでいて本気になる婆さんです。」とのコメント。うーむ、これは「渦潮」が比喩になっているのでしょうね。比喩になると季語の力は弱まります。兼題「渦潮」ですから、やはり渦潮の現場を詠んでもらいたいものです。

まずは季語「渦潮」について調べるところから、句作はスタートします。ニューヨークの井納蒼求さんから「渦潮」についてこんな情報も届いています。参考にして下さい。

●「渦潮」は巻く潮がまるで盛り上がり絡む筋肉のようです。瀬戸では潮汐の干満の影響で潮流が速まります。鳴門海峡は満潮と干潮が共存するため落差が1.5mにもなり日本一速い潮流を生みます。中央部の速い流れと陸地側の遅い流れの速度差で回転力が生じ渦潮が生まれます。(井納蒼求 ニューヨーク州)

 

◆添削

渦潮をお国訛(なま)りで感歎(かんたん)し       あぽろ

[解説]
下五が不要。「渦潮」という季語にはそれを見た人の歓声まで含まれていると考えてよいでしょう。「感歎し」と説明するのではなく下五で描写しましょう。

【添削例】 渦潮やお国訛りの○○○○○

「それぞれに」、「かしましく」、「口々に」など、考えてみましょう。

 

孫会いに眼下で傾く観潮船          松山のオジサン

[解説]
「神戸に住む孫に会いに松山から車で鳴門大橋を通過する時に、遠くの観潮船が見えたところです。」とのコメント。俳句は短いので、「孫(に)会いに」というところから書いていたら音数がすぐに尽きます。中七下五「眼下」で傾いている「観潮船」という眼前の光景を描写すればよいのです。作者のコメントにある「大橋」という言葉を借りてきます。

【添削例】大橋の眼下傾く観潮船

「大橋の眼下/傾く観潮船」 斜め線のところに意味の切れ目があります。こうなると一気に秀作となります。

 

>>放送で紹介された句
>>秀作・佳作

投稿時間:2021年05月15日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:渦潮 秀作・佳作


2021年5月15日(土)放送

兼題:渦潮

 

【秀作】
渦潮や龍神様を祀る村                    加田紗智

海底に立夏の渦の跡在りや                吉野川

予報では渦潮午後に増ゆ清和             伊予吟会 宵嵐

大小の渦潮大小の銀河                    打楽器

野球帽大うず潮に呑まれけり             KAZUピー

膨れては崩れ渦潮そこかしこ              あずお

渦潮は味方小早の艪の猛る                あみま

渦潮や寡黙な船長の眉間                  かつたろー。

渦潮のまぶたのあたりのみづはやし       ギル

うず潮のめまひ夕日の連絡船              じゃすみん

渦潮や湧き立つ碧の濃く匂う              そまり

渦潮の底に龍の眼ひかりたる              ドイツばば

渦潮や地球は深く息をする                ねじり花

ごおうごおう渦潮の芯きらめけり          のど飴

遊覧船渦潮のふちなめにけり              はむ

逆巻けば龍を吐き出す渦潮や              ひでやん

来島の海賊渦潮が砦                      ペトロア

目玉落ちさう渦潮の渦へと                まるかじり

渦潮のひとつひとつに銀の芯              みやこわすれ

阿波藍の花さかすやううづ潮は            伊奈川富真乃

隆々と渦潮の筋うねりをり               井納蒼求

海賊が吼ゆ渦潮が猛りだす                一斤染乃

雲に乗り渦潮数ふ日和なり                一港

渦潮や我に確かな半月板                  稲畑とりこ

渦潮の際おされゆくふねちさし            浦野紗知

春の渦潮うまれる前の記憶かな            花紋

渦潮の底から見れば写楽の眼              岩宮鯉城

渦潮の大橋打音検査かな                  菊池洋勝

渦潮のうず太陽に傷無数                  橘まゆこ

宇宙には銀河鳴門には渦潮                宮武美香

渦潮や橋の上には女学生                  宮本象三

渦潮の隣に生るる小さき渦                彩汀

渦潮の根に棲む魚の黒々し               山羊座の千賀子

大橋や渦潮吐きし龍の腹                  紫水晶 

渦潮の激し月またさびしいか              七瀬ゆきこ

渦潮の俄にちから取り戻す                紗千子

渦潮やとどろく空に昼の月                渋谷晶

渦潮へ向かふ舳の傾きぬ                  小鞠

渦潮や龍神の眼は空映す                  松井くろ

渦潮の音の産道めきて蒼                  西原みどり

大渦の方へ方へと観潮船                  川越のしょび

渦潮へ太陽短剣のごとく                  大和田美信

渦潮や挿しっぱなしのチャリの鍵          藤田ゆきまち

渦潮やうぉおんうぉおんと橋に風          板柿せっか

渦潮の芯に蠢く渦に影                    椋本望生

画家の瞳に渦潮の白千ルクス             木ぼこやしき

渦潮の奥と手前が入れ替はる              おきいふ

渦潮や船尾の振れて踏んばれり            じょいふるとしちゃん

渦潮や物言わぬ水軍の島                 みうら朱音

大小の観潮船の遅速かな                  千波佳山

うづしほへ冷めた恋でもなげやうか       播磨陽子

 

【佳作】

渦潮や壇ノ浦より紀伊の海                天王谷 一

渦潮の尻尾摑んで海の底                  友健

画用紙にまだ見ぬ渦潮生む我が子          はやたの母

無音の渦潮や宇宙のはじまりか            ぷちまり

渦潮や背に穏やかな水面あり              ぽー

言いたきこと飲み込み渦潮極大            縁     

わざわざ小さな渦潮を観に行く            ⑦パパ

渦潮や呑まれる一枝ヴィヴィアン・リー    Sonyist

渦潮の出口はどこだドラえもん            あたなごっち

渦潮や野間仁根描く熱き海                いよのそらざる

渦潮の渦に乱入取舵す                    おぼろ月

渦潮や酒と記憶は反比例                  かさご

竿先に渦潮眺め時合い待ち                かざみどり

渦潮や海賊の島いと小さし                キートスばんじょうし

渦潮や鯛めし分ける子の茶碗              さいす

陽光を集め渦潮より速く                  じゅん

渦潮や笹舟のごとく小船行く              すみれ

次第に手じめり渦潮の迫り来              たま

渦潮に吸はれてあすは大西洋              ツユマメ

渦潮や吾子の手をとり怖々と              星月さやか

渦潮が染める恋色鯛の色                  まっことマンデー

渦潮と踊る阿保うの男連                  マユミ

渦潮や新種の魚生みそうな                マレット

来島の銀輪踊る渦潮と                    メイさん

渦潮や波に抗ふ我が心                    伊丹妙子

渦潮や扉開けと金の鍵                    磯田我省

大小の渦潮背にし組む足場                一の矢はんぺいた

渦潮に産まれしヒトの記憶かな            稲穂

ガラス越し渦潮の音足元に                花の首飾り

年尾句碑渦潮の風目のあたり              花子

旅寝して渦潮出来る海の音                亀山酔田

渦潮や蛇の目模様のビニール傘            亀田かつおぶし

渦潮やポケットの鈴握り締め              吉行直人

渦潮の海神深く息をする                  曲がりしっぽ

渦潮や翠色暴れ白となる                 玉井瑞月

渦潮や一目見たさにはるばると            玉井令子

ゴボゴボと渦潮へ湧く渦のはな            近江菫花

渦潮や待ち針で搔(か)く貝の尻          薫夏

渦潮や吾足元の確かなり                  香依蒼

渦潮やあそこにも海峡の栓                高橋寅次

渦潮を堰(せき)止め白く立つ架橋        高尾里甫

観潮の大渦小渦かぶさり来                三泊みなと

泡無数海の竜巻渦潮よ                    山川腎茶

うず潮に引き込まれそう海青し            山薔薇

渦潮の白波立ちて深呼吸                 七折梅王子

渦潮や奈落の水は泡立つる                篠原雨子

渦潮や粥にぐるぐる溶くたまご            松山のとまと

うずしおの碧より深く潮の音              松山冬花

渦潮や轟音のなか船傾ぐ                  新濃 健

渦潮や太陰暦に沿ふからだ                深山むらさき

渦潮や龍宮城の入り口か                  水晶文旦

渦潮よ網には海月ばっかりや              水蜜桃

群青のベートーヴェンよ渦潮よ            裾野くみこ

渦潮や風も飛沫も轟々(ごうごう)と      勢田清

渦潮に画布被せればうつる夜              昔無架志

大橋の小さき穴の渦潮よ                  昔娘

壮観の船が行き交う鳴門渦                節子。

渦潮や底が見えたり離れたり              戦後生まれZ

大渦潮や大きく動くのど仏                蒼奏

嗚呼もう渦潮の真ん中より静              霜月なな

渦潮や日の引力に引っ張られ              大介

渦潮や浜の塩やき交ぜる友               大森サダム

渦潮を破り水軍の旗印                    池之端モルト

渦潮や地球の入口みつけたり              忠孝

ヴォルティスのロゴの広告観潮船          土佐藩俳句百姓豊哲

金婚は沈黙瀬戸内の渦潮                  島村福太郎

渦潮ふたつ君の旋毛のやうだ              藤 雪陽

金の鍵投げて開くや渦潮の道             南側

渦潮やかくも狭きか壇ノ浦                巴里乃嬬

渦潮を生むや沼矛の付喪神                比々き

渦潮の大音響の静寂よ                    富山の露玉

渦潮はゴォーと舳先を食べにくる          風ヒカル

渦潮や青龍猛り立つ咆哮                  平本魚水

渦潮は写る空まで吸い込むや              芳郎

渦潮を産む波出逢うこと多し              北川そうあ 

渦潮の底までタッチする遊び             堀アンナ

渦潮や真横で見る派見下ろす派            木染湧水

渦潮や大きさ変わる渦の道                野中泰風

大渦潮寄り添う舟と流れゆく              里山まさを

渦潮を見渡す丘でにぎりめし              良馬

ローレライ歌うず潮が連れて来る          門田千世香     

逆転の潮目を待つや渦潮は                棗椰子 

渦潮や秘めたる怒り叫び切る              ウクレレみっちゃん     

大渦や一の札まであと少し                中村のりぴ     

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつきのアドバイス

投稿時間:2021年05月15日 (土) 07:30 | 固定リンク


「防災でポン!」MYマスクケース


ひめポン!版のMYマスクケースのつくりかたの紹介です。

このアイデアは防災士の砂田ひとみさんが考えました。

クリアホルダーA4・1枚を使って2種類のマスクケースがつくれます。

一つは、新品のマスクを持ち歩ける「保管ケース」(1個)。

もう一つは、マスクを外してちょっと休ませておく「お休みケース」(3個)。

 


クリアホルダーのオモテ面には、お休みケース2つ・保管ケースのポケットなどを作ります。

himepon_210510-omote1.jpg

 (1)下から8センチのところに線を引きます。

 

 himepon_210510-omote2.jpg

(2) 上から11.5センチのところにも直線。

 

 himepon_210510-omote3.jpg

(3)右下、幅1センチをとって直線。

 

 himepon_210510-omote4.jpg

(4)真ん中の部分に1.5センチの線。

   下からは6センチの位置です。

 

 himepon_210510-omote5.jpg

(5)右上、半円に接するように6センチの直線。

 

 himepon_210510-omote6.jpg

(6) 半円のすぐ上にも直線。

 

 himepon_210510-omote7.jpg

(7) 左上、(半円はありませんが)(5)&(6)と同じ工程。

   端から1.5センチの幅をとって、6センチの長さの線を引きます。

   下1センチを残して左へ直線。

   これで、オモテ面完成です。

 

それでは、ウラの面です。

お休みケース1つと保管ケースの蓋の部分などを作ります。

 himepon_210510-ura8.jpg

(8)下から12センチの場所に点線。

 

 himepon_210510-ura9.jpg

(9) 上から11.5センチの場所には直線。

 

 himepon_210510-ura10.jpg

(10)左端に1センチの幅を取って、下から8センチまでは点線。

    そこから上は直線を書きます。

 

 himepon_210510-ura11.jpg

(11)点線から直線へと変わる場所、左に線を引きます。

 

 himepon_210510-ura12.jpg

(12)ケースの差し込み口となる部分を作ります。

    右端から10センチの場所に長さ2センチの線。

 

 himepon_210510-ura13.jpg

(13)1センチ開けて、同じ2センチの線。

    これでウラも完成。

 

クリアホルダーの長い辺、繋がっている部分をカッターで切ります。

ただし、下の8センチはそのまま残します。

 

直線をハサミで切って、点線を折り曲げれば完成します!

 

投稿時間:2021年05月10日 (月) 14:45 | 固定リンク


5月6日(木)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さんとお送りしている「ラジオ句会」。

今回のテーマは「空豆(そらまめ)」でした。

madonna_210506-1.jpg

madonna_210506-2.jpg

私の実家の家庭菜園でも空豆を育てています。

毎年、大型連休の頃に収穫の時期を迎え、母がしょうゆで煮たものを出してくれます。

口の中でほろっと崩れる食感で、しょうゆの旨味を含んだほのかに甘い空豆がとてもおいしく、これが我が家の空豆料理の定番です。

 

みなさんが俳句に詠んでいた料理もどれもおいしそうでした・・・!

 

■今日の紗希さんの一句

 

天豆を大笊(ざる)に盛り開店す    紗希

 

大学時代、神野さんは俳人・鈴木真砂女が開いた小料理屋でアルバイトをしていました。

神野さんの俳句愛を感じるエピソードですよね。

初夏には、こんなふうに空豆が主役の存在感を放ってお客さんを迎えていたそうです。

大ざるの空豆を前に会話も弾んだのではと想像がふくらみます。

 

それでは、今回の特選句と、神野さんが選んだ最も良かった俳句はこちらです。

(その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。)

>放送で紹介した句

 

■特選句

 

空豆と若草色の目の猫と      おきいふ(香川県)

父の手はあったかかったよ空豆   小市(埼玉県入間市)

二代目のママ空豆の塩加減     大場佳代(愛媛県西予市宇和町)

蚕豆の莢にをりますコロナ期よ   幾山路

空豆食ふ僕は宇宙の藻屑なり    藤雪陽(長野県小諸市)

 

■最も良かった一句

 

空豆を剥けばつぎつぎ全音符    丹下京子(東京都世田谷区)

 

空も木々もきらきら輝くこの季節。

その明るさが莢からこぼれてきそうな楽しい一句です。

空豆は全音符だなぁと納得してしまいました!

 

今回もたくさんの投稿をいただき、ありがとうございました。

次回の「ラジオ句会」は6月7日(月)の予定です。

募集する俳句のテーマは「紫陽花(あじさい)」。締め切りは6月3日(木)です。

次回もラジオの前のみなさんとの句会を楽しみにしています。

ぜひお気軽にご参加くださいね。

 

>俳句の投稿はこちら

投稿時間:2021年05月10日 (月) 11:27 | 固定リンク


5月6日(木)空豆(そらまめ)で紹介した俳句


■放送で紹介した俳句

>特選句・もっともよかった一句はこちら

 

そら豆噛むふるさとの青弾けさせ      西原みどり

雲消えて空あをあをとはじき豆       国代鶏侍(兵庫県川西市)

うす甘く煮て空豆の翡翠(ひすい)めき   イプシロン(東京都町田市)

白皿に盛る空豆の翡翠色          加田紗智(高知県高知市)

オレンジの皿でそら豆さらにあお      迫久鯨(東京都世田谷区)

けろけろと鳴くごと碧き空豆よ       山羊座の千賀子(三重県)

そら豆や三粒の丸みそれぞれに       山川腎茶(三重県伊勢市)

空豆のくぼみ瑞々しきひかり         藤田ゆきまち(三重県伊勢市)

空豆やワイヤレスイヤホン落とす      菊池洋勝(栃木県)

空豆と似てる福相令和の子         川越のしょび(埼玉県川越市)

空豆や我は姉より下ぶくれ         ゆみこ(神奈川県川崎市)

空豆の収穫さやの太かりし         さとる(愛媛県西予市宇和町)

えんぴつの素描そら豆莢(さや)光る     なつめやし

そらまめと皮のあはひをふにふにす     いかちゃん(神奈川県横浜市)

蚕豆をむきし娘の柔き手や         けんちく(大阪府大阪市)

そら豆剥く子犬のワルツ口ずさみ      石塚彩楓(埼玉県)

どの部屋も茹でそら豆の匂ひかな      みなと(北海道旭川市)

感染者数を聞き空豆茹でる         くわしまかんじ(千葉県千葉市)

乳歯抜け煎り空豆をしやぶる吾子      比良山(大阪府大阪市)

空豆の香り懐かし我も父          アレックス(東京都)

そら豆をつかみ離さぬ赤ん坊        善吉(愛媛県八幡浜市)

行きつけの店よいつもの空豆よ       新濃健(東京都東久留米市)

空豆とレモンサワーと川風と        板柿せっか(岐阜県本巣市)

空豆の塩ゆでつまみ生原酒         赤穂市 風ちゃん(兵庫県赤穂市)

夫(つま)と飲む焼きそら豆に塩ふりて   瞳子(愛媛県鬼北町)

品書に「そら豆」の文字たされけり     伊藤順女(千葉県)

ビストロのオススメボード「そら豆」と   東京堕天使(千葉県香取市)

 

投稿時間:2021年05月10日 (月) 11:25 | 固定リンク


4月28日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

madonna_210428.jpg

やのさんは聖火ランナーのひとりとして、4月21日に松山市で行われた聖火リレーのセレモニーに参加しました。スタジオに、実物のトーチとユニフォームを持ってきて下さいました!トーチはずっしりと重く、細かなデザインがとてもきれいでした。

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、松山市の公道でのリレーは中止になりましたが、「聖火が希望の光に見えた」というやのさんの言葉の通り、参加者の皆さんが笑顔で灯りをつないでいく様子は、気持ちを明るくしてくれる瞬間でしたね。

投稿時間:2021年05月10日 (月) 11:20 | 固定リンク


4月27日(火)放送後


鉄道写真家の「どつぼさん」こと坪内政美さんとお送りしている鉄道見聞録のコーナー。

今回は、ブルートレインの話題でした。

madonna_210427-1.jpg

香川県でうどん屋さんを営む鉄道ファンのご夫婦が、ブルートレインとして使われていた車両を買い取って、観音寺市で遍路宿をオープンしようと準備中なんです。

madonna_210427-2.jpg

観音寺市に到着したブルートレインの前から、その様子をどつぼさんが伝えてくれました!

madonna_210427-3.jpg

鹿児島県の阿久根駅前に置かれていた車両は、トレーラーに乗せられて道路を走り、フェリーで海を渡って香川県までやってきました。

その輸送の様子は、鉄道ファンの注目を集めたそうです。

madonna_210427-4.jpg

これから綺麗に塗装をし直して設備を整え、年内のオープンを目指すということ。

ブルートレインは、多くの人の記憶に残る特別な車両だということを改めて感じました。

新天地でまた忘れられない思い出をたくさん作ってくれると思います。

 

後半は、5月7日に公開される砥部町が舞台の映画「未来へのかたち」の大森研一監督とお送りしました。

madonna_210427-5.jpg

愛媛県の伝統工芸品である砥部焼の窯元の家族が、オリンピックの聖火台づくりを通じて絆を深めていく物語です。若手陶芸家を伊藤淳史さん、その兄を吉岡秀隆さん、父親を橋爪功さんが演じています。

 

大森監督は砥部町出身。撮影は2019年にすべて砥部町で行われました。

何度も砥部町に帰ってきて窯元さんたちへの取材を重ね、脚本を繰り返し書き直して完成した作品だそうで、「映画だけどドキュメンタリーのような作品になった」という大森監督の言葉が印象的でした。

 

作品作りを通して、ぶつかり合いながらもともに成長していく窯元の家族の姿から、自分の周りにいる人たちの大切さを改めて感じるとともに、たとえ苦しい時でも一歩前に進む勇気をもらえるような映画です。ぜひご覧になってみて下さい!

 

投稿時間:2021年05月10日 (月) 11:20 | 固定リンク


4月26日(月)放送後


建築家の武智和臣さんをスタジオに迎えてお送りしました。

武智さんは、内子町の道の駅フレッシュパークからりの設計を担当したほか、戦後の木造建築として初の重要文化財に指定された八幡浜市立日土小学校の保存、再生にも関わりました。

madonna_210426.jpg

どんな場所に建てるのか、地域の特徴を生かしながら設計を行っているという武智さん。

利用する人々や、地域への思いが込められているのはもちろん、建築を通して様々な課題の解決にも挑まれていると聞いて、建築の奥深さ、面白さを感じました。

 

武智さんのお話にありましたが、まずは、自分が幸せを感じた瞬間はどんな空間にいたのか、美しいと思った街並みや建物は、いつも目にしているものと何が違うのか、そんなところから考えてみると、建築がぐっと身近に感じられるそうですよ。

投稿時間:2021年05月10日 (月) 11:18 | 固定リンク


ページの一番上へ▲