今回は"変革者"たち!


前回の「四国らしんばん」は、

「悪いのは感染者じゃない ハンセン病元患者・家族からのメッセージ」でした。

caster_nagai_thankyou.jpg

弁護士の神谷誠人さん、東北学院大学准教授の黒坂愛衣さん、ありがとうございました!

 

今回は、四国が元気になるヒント、お届けします。

3人の若きリーダーたちが、スタジオに登場するんです!

caster_nagai_henkakusha.jpg

等身大のパネルでですが…笑

caster_nagai_yoko.jpg

それぞれ、印象的な“言葉”がありました、

その言葉から、コロナ禍という逆境を、

どのように跳ね返そうとしているのか、見ていきます!

 

ぜひ、明日4日(金)の「四国らしんばん」ご覧ください!

https://www4.nhk.or.jp/P3734/

caster_nagai_3s.jpg

「スタジオで、3人のパネルにどのように囲まれるのかが楽しみです」

投稿時間:2021年06月03日 (木) 10:39 | 固定リンク


えひめシルクショールーム 


こんにちは。鈴村です!

今回は、「伊予生糸」(いよいと)として質の高さで知られる愛媛県産のシルクの話題です。

 

6月1日(火)松山市の中心部にグランドオープンした

「えひめシルクショールーム」を取材してきました!

himepon_suzumura210602-1.jpg

「えひめシルクショールーム」の運営を担う河合さん。

 

店内では、繊維商品だけでなく「美容用品」も取り扱われているんです。

まゆに含まれる「フィブロイン」というたんぱく質を抽出して、製品に活用しています。

ハンドクリームを体験させてもらったのですが、保湿力が高く、とても肌なじみがよかったです。

himepon_suzumura210602-2.jpg

今回取材した動画は、「ひめポン!」のホームページでも掲載しています。

公開は放送日から2か月間です!ぜひご覧ください。

https://www.nhk.or.jp/matsuyama/himepon/movie/

 

投稿時間:2021年06月03日 (木) 10:00 | 固定リンク


梅の活用法/節水!ドライカレー


6月2日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【ジッパー付きポリ袋で作る梅干し】

《材料》

完熟小梅:1kg 

粗塩:120g 

ホワイトリカー:100ml

《作り方》

(1)梅をボウルに入れ水をたっぷり注いで優しく洗いザルにあげる。

(2)梅に残ったヘタを竹串などで取り除く。布巾できれいに拭いておく。

(3)Lサイズのジッパー付きポリ袋にホワイトリカーを入れ全体に殺菌して、粗塩を入れ混ぜる。梅を加えさらに混ぜ、空気を抜いて暗所に1週間置く。

(4)ザルに梅を1つずつ並べて天気のいい日に土用干しをする。その後ジッパー付きポリ袋に戻して1年漬けると完成。

*最初は小梅のほうが失敗なく漬けることができます。

*大きい梅を使うときには3日程度土用干ししてください。

 

【梅シロップ】

《材料》

梅:1kg 

氷砂糖:1kg 

ホワイトリカー:100ml

《作り方》

(1)梅をボウルに入れ優しく洗う。青梅を使うときは1時間水に浸して苦みを取る。

(2)梅のヘタを竹串などで取り除き、布巾で水けをしっかり拭いておく。

(3)ガラスの保存瓶にホワイトリカーを入れ殺菌して、梅と氷砂糖を交互に入れ、最後に氷砂糖を載せて冷暗所で保存する。

*完熟梅でも青梅でもどちらでも作ることができます。

*保存瓶は梅を出し入れしやすい、口の広いものを使う。

*2週間程度で飲めるようになります。炭酸や水で割って飲むとおいしい。

 

【節水!ドライカレー】

《材料》(2人分)

なす:2コ 

にんじん:70g 

たまねぎ:100g 

セロリ:40g 

合いびき肉:150g 

しょうが(すりおろす):小さじ1 

塩・こしょう:少々

オリーブ油:大さじ1

A(コンソメ(顆粒):小さじ1/4 カレー粉:小さじ2 ガラムマサラ:小さじ1/2 チリペッパー:少々)

B(ケチャップ:大さじ2 ソース:大さじ2)

《作り方》

(1)なすは2センチ程度の角切り。セロリ、にんじん、たまねぎはみじん切りにする。

(2)フライパンにオリーブ油とみじん切りしたセロリ、にんじん、たまねぎを加え3分炒める。なすを加えふたをして3分蒸し焼きにする。(時々混ぜながら焦がさないように注意する。蒸し焼きにするとなすがしんなりして油が少なくてもおいしく仕上がる。)

(3)フライパンに合いびき肉としょうがを入れ、肉の色が変わるまで炒める。Aを加え1分炒める。馴染んできたらBを入れ混ぜ合わせふたをして2分、時々混ぜながら加熱するとしっとりと仕上がる。

*野菜の水分を最大限に活用してうまみをぎゅっと閉じ込めたドライカレーです。(セロリ、ガラムマサラはあればでOK)

*辛さはチリパウダーなどで調整してくださいね。

投稿時間:2021年06月02日 (水) 17:55 | 固定リンク


6月1日(火)放送後


前半は「ほんバナ!」のコーナー。

松山市で本屋を主宰している越智政尚さんとお送りしました。

madonna_210601.jpg

今回のテーマは「本屋さんが書いた本」でした。

みなさんはどの本が気になりましたか?

madonna_210601-1.jpg

「ぼくにはこれしかなかった」や「本屋、はじめました」は、本が大好きな著者が本屋さんを開くまでのエピソードがドキュメンタリーのようにつづられているそうです。

生き方に悩んでいる人の参考にもなる1冊です。

 

後半は、セレクトショップバイヤーの末次勇太さんに、梅雨の時期や夏に向けておすすめのコーディネートを紹介して頂きました。

madonna_210601-2.jpg

梅雨時期におすすめのアイテムは薄手のナイロンジャケット。

気温の変化に対応できるのはもちろん、撥水加工されたものもあるので雨対策にもぴったりです。

 

また、この夏、メンズのトレンドのひとつがモノトーンだそうで、そこにトレンドカラーをプラスするとより今年らしくおしゃれに見えるとのことでした。

レディースはリネン素材のセットアップをご紹介しました。引き続きトレンドのセットアップ。夏らしい素材で、おうちで洗濯できるというのがポイントです。

madonna_210601-3.jpg

この日の末次さんのコーディネートがこちら。

ブラウン×ブラックでシンプルにまとめられていますが、シャツの柄は2種類のストライプをさり気なく組み合わせてあって個性的。色や柄の使い方が参考になります・・・!

 

投稿時間:2021年06月02日 (水) 15:55 | 固定リンク


期待の星(2)「ラベルに込められた思い」


こんにちは。鈴村です!

「キラリ★期待の星めぐり」第2回は南予の養蜂家の後継ぎ、若林紀代さんを取材しました。

himepon_kitainohosi_vol2-1.jpg

父の養蜂への思いを受け継ごうと奮闘する、若林さんの仕事への熱い思いがたくさんの方の心に届いたら嬉しいです。

himepon_kitainohosi_vol2-2.jpg

※5月27日(木)ひめポン!終了後 

 

こちらの「ラベル」若林さんのこだわりがぎゅっと詰まっています。

蜜の種類の違いが一目で分かるように色分けされているんです!

himepon_kitainohosi_vol2-3.jpg

「中身の減り具合」がわかるように、蜜が垂れているような切り込みをラベルに入れました。

さらに、この「たれ蜜」は宇和島市にある「湾」と同じ形をしていて、ふるさとへの愛情が込められているんです。

かわいいですよね。

 

動画は「ひめポン!」のホームページで、放送日から2か月間、公開しています。

採れたての蜂蜜の味わいもリポートさせていただきました!ぜひご覧ください!

https://www.nhk.or.jp/matsuyama/himepon/movie/

投稿時間:2021年06月02日 (水) 10:55 | 固定リンク


6月1日(火)サロン・ド・るみ~2021年梅雨~夏に向けてのファッション~


「ラジオを聞いて美しく」テーマにお送りする「サロン・ド・るみ」のコーナー。

6月1日(火)放送

ゲスト:松山市のセレクトショップバイヤー 末次勇太さん

テーマ:2021年梅雨~夏に向けてのファッション

 

 

▼梅雨の時期のスタイリング(メンズ)

キーワード:ナイロンジャケット、ブルゾン、スニーカー

カラー:ネイビー、カーキ

機能性:ストレッチ性、撥水性

madonna_210601salon-01.jpg

 

▼梅雨の時期のスタイリング(レディース)

キーワード:デニムジャケット、レディーワンピース、バケツ型バッグ

カラー:ホワイト、アイボリー、モノトーン

madonna_210601salon-02.jpg

 

 

▼初夏のスタイリング(メンズ)

キーワード:シャツ、ワイドショーツ

カラー:ブラック、モノトーン、ブラウンカーキ

madonna_210601salon-03.jpg

 

▼初夏のスタイリング(レディース)

キーワード:セットアップアイテム、ミュール、カゴバッグ

カラー:ブラウン

機能性:リネン素材、ハウスクリーニング(おうちで洗濯)

madonna_210601salon-04.jpg

投稿時間:2021年06月01日 (火) 17:05 | 固定リンク


5月31日(月)放送後


NPO法人えひめグローバルネットワークの竹内よし子さんを迎えてお送りしました。

madonna_210531.jpg

竹内さんといえば、アフリカ・モザンビークをはじめとした国際協力の活動のイメージですが、「ローカルSDGs四国」という新たに発足した組織の活動にも関わっています。

 

SDGsとは、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のこと。

「貧困をなくそう」「質の高い教育をみんなに」「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」など、全世界で取り組むべき17の目標が掲げられています。

 

「ローカルSDGs四国」では、四国でSDGsに取り組む行政や団体などをつなぎ、四国ならではの活動を進め、その輪を広げていこうと取り組んでいます。

 

私たちひとりひとりに何ができるのかも竹内さんに教えていただきましたが、「ごみを減らす」「クリーンな電力を選ぶ」など、日常の中ですぐに取り組めることがたくさんありました。

「一人の100歩より、100人の一歩が大事」という竹内さんの言葉がとても印象的でした。

投稿時間:2021年06月01日 (火) 10:05 | 固定リンク


5月27日(木)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さんとお送りしました。

madonna_210527.jpg

ハウス栽培の新しょうがが出回る時期ということで、新しょうがを使ったシロップの作り方を教えていただきました。

madonna_210527-1.jpg

温かい飲み物にも、冷たい飲み物にも活用できるだけでなく、これからの時期は、熱中症対策として、お好みの濃さに割ったもの1リットルに対してひとつまみ(2~3g程度)の塩を加えると自家製スポーツドリンクを作ることもできるということです。

 

とても万能なしょうがシロップ!レシピはこちらからご覧下さい。

>> 新しょうがシロップの作り方とアレンジレシピはこちら

投稿時間:2021年05月31日 (月) 16:00 | 固定リンク


室戸のクジラに会いたい!


高知局アナウンサーの吉岡真央です。

小野アナウンサーとは高知局で2年間一緒に勤務し、放送のいろはを教えてもらいました!

gyutto_210531-1.jpg

 

5月29日(土)に放送した「ギュッと!であい旅」では、クジラの町・室戸市を旅しました。

高知市からは車で2時間と少し。

観光スポットやグルメがギュッ!と集まっていて、私も何度も訪れています。

 

室戸は、陸からすぐの海底が急激に落ち込み、深海が広っているのが特徴です。

この地形が、豊富な海の幸だけでなく、クジラも呼び寄せるんです。

町中にはクジラのオブジェや看板、かつて高台からクジラの姿を探した「山見」の跡などがあり、

人々との深い関わりを感じることができます。

 

現在は、「ホエールウォッチング」で親しまれているクジラ。

その姿を一目見たいと、私も船に乗り込み、人生初のホエールウォッチングを体験してきました。

gyutto_210531-2.jpg

(奥に見えるのは室戸岬の先端です)

潮と潮がぶつかって海面の色が変わる「潮目」に沿ってクジラを探すこと、なんと・・・・・・

 

・・・・・・8時間!!

 

 

波間に三角の背びれが“ぬっ”と現れました!出会いは突然に!!

驚きと喜びで、少しの間息をするのを忘れるほどでした!
gyutto_210531-3.png

(見事なジャンプを見せてくれました)

出会ったのはイルカほどの大きさで、頭の形が丸い「ハナゴンドウクジラ」。

名前の由来は、黒い体に“花”のような白い模様があるからだそう。

でも、実はこの白い模様、主食の「イカ」を捕らえるときに噛みつかれた痕なんです…!

かわいらしい名前の裏に自然界の厳しさも感じました。

 

太平洋の豊かな恵みと力強さを感じられる室戸市。

人々のクジラへの愛と感謝の気持ちに触れた旅でした!

投稿時間:2021年05月31日 (月) 10:55 | 固定リンク


新しょうがシロップの作り方とアレンジレシピ


5月27日(木)放送

ゲスト:管理栄養士 宇佐亮子さん

 

【新しょうがシロップ】
madonna_recipe210527-1.jpg

≪材料≫作りやすい分量

新しょうが 300g

上白糖 150g

水 400ml

レモン果汁 100ml

 

≪作り方≫

(1)スプーンを使って新しょうがの汚れを取り除く。汚れているところをこそぎ落とすように。

(2)新しょうがを皮付きのまま200gは薄切りに、100gはすりおろす。

(3)鍋またはボウルなどに薄切りにした新しょうがとすりおろしたしょうが、上白糖、水を入れてよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で30分~1時間ほど置いておく。

(4)新しょうがから水分が出たら加熱する。あくをとりながら、弱火で20~30分煮込む。

(5)火を止めたらレモン果汁を加えて全体をよく混ぜる。

(6)粗熱が取れたら、殺菌消毒した保存瓶に入れて冷蔵庫で保存する。

 

≪ポイント≫

レモン果汁を加えたときに、新しょうがが薄いピンクに色が変わる。この様子もお見逃しなく。

冷蔵庫でおよそ2週間、保存可能。

温かい飲み物、冷たい飲み物、しょうが焼きやスペアリブなどにアレンジ可能。

 

【自家製ジンジャーエール】

≪材料≫1人分

新しょうがシロップ 大さじ2~3

果実酢 小さじ1

炭酸水 100~150ml

氷 適量

 

≪作り方≫

全ての材料を混ぜ合わせ、氷を入れたグラスに注いで完成。

 

≪ポイント≫

お好みの味に合わせて、材料の分量を調節してください。

お子様の場合、はちみつを加えて少し甘めにするのがおすすめ。

 

【ジンジャーミルクティ】
madonna_recipe210527-2.jpg

≪材料≫

新しょうがシロップ 大さじ2~3

紅茶のティーバッグ 1個

牛乳 150ml

熱湯 50ml

シナモン 適量

 

≪作り方≫

(1)  カップにしょうがシロップとティーバッグを入れ、熱湯を注ぐ。そのあと牛乳を加える。

(2)  電子レンジで温める。(あたためコースなどでOK。使用する電子レンジに合わせて温めてください)

(3)  シナモンを入れて完成。

 

≪ポイント≫

シナモンがなくてもOK。新しょうがシロップや牛乳の分量はお好みで調節してください。

 

 

 

 

投稿時間:2021年05月28日 (金) 18:29 | 固定リンク


ページの一番上へ▲