アニソンリトルナイトin徳島


info_anison211008.jpg
10月8日(金)午後9時30分~午前0時00分放送

NHK-FM(四国向け)
らじる★らじる」を通じて全国でお聴きいただけます
(放送後は聞き逃し配信あり)


この秋、四国にアニソン尽くしの夜がやってくる!?
四国出身の声優、アニソンアーティスト、漫画家の3名をゲストにお招きし、例年「マチ★アソビ」を開催してきた徳島市からお送りする、アニソンを楽しみ尽くす2時間半!
懐かしの名曲、忘れられない一曲、みんなで歌った思い出の曲など。
気軽に人と会えない、集まれない、そんな今だからこそ。

ラジオを通じて同じ瞬間、同じものを共有し、楽しめる時間をお届けします。

出演者
いそふらぼん肘樹
info_211008-iso.jpg

オーイシマサヨシ
info_211008-ooishi.jpg

逢坂良太
info_211008-ousaka.jpg
(50音順)

進行
宮﨑あずさ アナウンサー(NHK徳島)

 

番組ではリスナーの皆さまの『マイベストアニソン』を募集しています。

>投稿はこちら<

投稿時間:2021年09月27日 (月) 17:15 | 固定リンク


『かなしきデブ猫ちゃん』朗読イベント観覧募集


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

Sexy Zone松島聡くんが、ここ愛媛県松山市を舞台とした「赤シャツ」に出演していることは再三、お伝えしていますが、佐藤勝利くん、菊池風磨くんの舞台も始まり、中島健人くんも含め、セクゾくんたち、マネージャーさんも大忙しのようです。

 

さて、先日、このブログでNHK松山放送局開局80年記念として、12月にアニメを放送することをお伝えしました。

主人公の猫・マル役には俳優の滝藤賢一さんに出演いただきます。

愛媛県で大人気の童話ですので、ご家族でお楽しみいただける内容となることは間違いなしです。

 
adachi210805-1.jpg

これに先立ち、NHK松山では11月下旬に童話「かなしきデブ猫ちゃん」の朗読会を県内3か所で開催することを決めました。

松山局のアナウンサーに加えて、コラボ企画として地元ケーブルテレビのアナウンサーにもご参加いただきます。

松山局のホームページから申し込みいただけます。

https://www.nhk.or.jp/matsuyama/debunekochan/

 

adachi_210927-1.jpg

僕はセクゾくんたちと一緒でイヌ派ですが、どこかの会場に愛媛県のキャラクター犬「みきゃん」と一緒に、いければと思っています。

勝利くんは「ブライトン・ビーチ回顧録」で14歳の少年の役を演じるようです。

聡ちゃんは赤シャツで演じている武右衛門くんは中学生で、広島の陸軍幼年学校を受験するという設定です。

これも同じくらいの年齢ではないかと想定されますが、2人とも難なく演じるのではと思ってしまいます。

 

7月に広島でセクゾくんたちにお会いしたとき、2人に「何だか似てきたね」と声をかけたのは、2人ともそれができるタイプだったからだったのかと、いまになって納得してしまいます。そういえば、このとき、勝利くんが「そう言われることもあるのですが、だいぶ違いますよ」と笑いながら返してきて、遠慮ない関係を微笑ましく見ていました。

 

デブ猫ちゃんの朗読会は愛媛県内の会場で行われます。

愛媛県内をはじめ、四国にはほかにも劇場やコンサート会場がありますので、いつの日か、セクゾくんたちに来ていただければと願っています。

adachi_210927-2.jpg

NHK松山のツイッター@nhk_matsuyamaのフォローをお願いします。

投稿時間:2021年09月27日 (月) 16:30 | 固定リンク


山口アナウンサーの心を支えたアニソンは...


ASIAN KUNG-FU GENERATION『迷子犬と雨のビート』

caster_yamaguchi210924.jpg

 

京都の大学が舞台の「四畳半神話大系」より。

「繰り返すことだらけでも そう いつか君と出会おう」

作品とリンクする詩に励まされます。

 


10月8日(金)午後9時30分~NHK-FM(四国向け)放送の

「アニソンリトルナイトinトクシマ」では

みなさんのマイベストアニソンを募集中!

>投稿はこちら

 

 

 

投稿時間:2021年09月24日 (金) 16:16 | 固定リンク


ナレーション 奈緒さんからのコメント


俳句に青春をかけた高校生たちの夏を描いたドキュメンタリー「俳句甲子園」

ナレーションは俳優の奈緒さん!

info_haikukoushien2021-1.jpg

奈緒さんから番組の感想をいただきました

「登場する高校生の皆さんの俳句甲子園にかける熱い思いに感動しました。台本を冷静に読むのが大変でした。 皆さん言葉と真剣に向き合っていて、私も台詞との向き合い方などを改めて考えさせられました。 皆さんが将来どんなふうに言葉を使う大人になってゆくのかとても楽しみですし、皆さんの紡ぐ俳句をもっと聞いていたいと思いました。」

 

 

放送で紹介する高校生の俳句に奈緒さんの語りで特別に一部、ご紹介します。 

 

 

 

放送は9/25(土)15:00~ Eテレ(全国)

投稿時間:2021年09月24日 (金) 15:40 | 固定リンク


次回の「特集・四国を読む」は・・・


四国 向け ラジオ第1「特集・四国を読む」
23日(木・祝) 朝7:40~

松山出身の俳人 神野紗希さんのエッセーを「ラジオまどんな」を通して親交のある岡田留美 キャスターが朗読します


info_210923shikokuyomu.jpg

「神野さんの繊細な感性に触れられる作品、心を込めてお伝えします!」
(岡田留美)

ぜひお聞きください。

NHKラジオ らじる★らじるでもお聞きいただけます。

>らじる★らじる 

 

投稿時間:2021年09月22日 (水) 11:00 | 固定リンク


それでも詠む、青春の17音~俳句甲子園2021~


9月25日(土) Eテレ(全国放送)
午後3時00分~午後3時45分
10月10日(日) 総合(四国ブロック)
午後1時05分~午後1時50分

info_haiku2021-2.jpg

info_haiku2021-3.jpg

info_haiku2021-1.jpg

info_haiku2021-4.jpg


「土曜日は父の手づくりなる夜食」
「なんとなく泣きたい夜や麦茶煮る」
「艶めくや籬(まがき)の菊に雨しきり」

17音に託した日常・重ね合わせた青春の悩み・・・俳句は心を映し出す鏡だ!

コロナ禍の今夏も行われた“俳都”松山・文化系高校生の祭典「俳句甲子園」!

高校日本一は誰の手に!?

涙あり笑いあり、俳句づくりの熱い3か月間に密着

俳句と過ごした高校生たちの青春グラフィティー 

語り:奈緒

>>ナレーション 奈緒さんからのコメントはこちら

info_haiku2021-9.jpg

info_haiku2021-10.jpg

 

 

番組では、高校生の俳句を同じ10代のアーティストshiGreさんにイラストで表現していただきました!
この絵は一体どんな俳句から描き出されたのか?

info_haiku2021-7.jpg

info_haiku2021-11.jpg

 

 

 

投稿時間:2021年09月21日 (火) 09:53 | 固定リンク


自民党総裁選と派閥


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

 

先日、NHK周辺を歩いていたら、松山中学校跡地を見つけました。

 adachi_210916-2.jpg

松山中学は「坊っちゃん」、そして「赤シャツ」の舞台とされている場所です。

 adachi_210916-1.jpg

Sexy Zone松島聡くんの舞台も終盤に入ったようです。

風の噂では初舞台とは思えないほど、いきいきと演じていると聞きました。

舞台を終え、コロナ収束した際には、聡ちゃんに、この地を踏んでもらいたいものです。

民間放送のラジオ番組では中島健人くんもコロナ収束後、「愛媛に行きたい」(注1)と話していたような記憶があります。

可能ならば2人で、いやみんなで来てくれたらいいなあと思ってしまいました。

 

さて、自由民主党の総裁選挙が10日、告示されます。

岸田前政務調査会長、高市前総務大臣、河野規制改革担当大臣が立候補を表明し、野田幹事長代理も意欲を示しています。

自民党という政党のトップを選ぶ選挙で、党員・党友でもない限り、選挙権もありませんが、みなさんとって2つの意味で重要な意味を持ちます。

 

1つは事実上、次の総理大臣を選ぶ選挙だからです。

自民党は国会で最も多くの議席を持つ、第一党です。公明党と連立政権を組み、自民党総裁は国会での総理大臣指名選挙で、総理大臣に選ばれます。日本のリーダーを決める選挙ということです。

 

2つ目は衆議院選挙目前の選挙だということです。

衆議院選挙をめぐって、野党第一党の立憲民主党は共産党などと政策合意し、小選挙区での候補者一本化を進めようとしています。自民党総裁に誰が選ばれるかによって、選挙情勢が大きく左右されることになります。総裁選挙は僕たちも参加する衆議院選挙の構図を決めることにつながります。野党側のリーダーが野党第一党立憲民主党の枝野代表だとすれば、それを迎え撃つ与党側のリーダーが選ばれることになります。大きな関心を持たざるを得ないと考えます。

今度の総裁選挙は自民党の派閥がまとまって、候補者を推す形になっていないことです。自民党総裁選挙をめぐり、僕のもっとも古い記憶は1978年。福田首相に大平幹事長らか挑んだ選挙です。党員に一票が与えられた、初めての自民党総裁選挙で大平さんが予備選挙と言われた、党員投票で圧勝。まだ中学生でしたが、福田さんが「天の声にも変な声があるなあ」「敗軍の将、兵を語らず」と言って、敗北の記者会見を行ったことを、どういうわけか鮮明に覚えています。その後、政治記者として、何度も総裁選挙の取材に関わってきましたが、もっとも重要な取材は派閥を率いる・党内実力者の動向でした。自民党の派閥は総裁選挙に備えるためにあると言っても過言ではありませんでした。総理総裁を目指すために派閥を結成する実力者。総裁選挙に立候補する場合もあれば、友好関係にある派閥のリーダーを推し、その後の人事で主流派として、自らが有力なポストを得たり、派閥のメンバー・子分にポストを与える。一方、敗れた派閥は非主流派、反主流派となり、党内野党的な立場にたつこともあります。派閥の弊害が指摘されますが、それが自民党の活力にもなっていたように思います。しかし、今度は岸田さんが率いる、岸田派を除いて、残り6つ派閥は事実上の自主投票です。そうなると選挙の読みが難しいのはもちろんですが、選挙後、いまのような派閥が機能するのか、興味深いところです。

 

「3人寄れば派閥ができる」という言葉もあります。

そういえば、夏目漱石さん「坊っちゃん」の勤務していた中学でも、主流派の赤シャツ教頭、のだいこ。反主流派は山嵐や坊っちゃん。敗れた側は学校を追われてしまうことになります。

坊っちゃんも、そんな見方で読んでみるのも面白いかなあ(注2)

 

注1)          参考・文化放送制作「Sexy ZoneのQrzone」

注2)          夏目漱石著「坊っちゃん」小学館 2013

投稿時間:2021年09月16日 (木) 16:45 | 固定リンク


政治の季節と赤シャツと


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

松山を舞台にした夏目漱石さんの小説「坊っちゃん」

登場人物の一人・「赤シャツ」を主人公とした、マキノノゾミさん戯曲「赤シャツ」を夏休みに読みました。

「坊っちゃん」に出てくる赤シャツは山嵐先生や坊ちゃん先生の敵役で、自分をすべて優先して考え、行動する教頭という印象でした。

しかし、この戯曲では坊っちゃんや山嵐を評価し、50年先、100年先の日本について、「誰もが自分の損得の勘定ばかりを考えているような、そんな国になるだろう」(注1)と憂いています。

Sexy Zoneの松島聡くんの初舞台「赤シャツ」もきのう、幕を開けたたようです。

聡ちゃんの演じる、赤シャツの弟・武右衛門君はいたずら心があって一方に正義感もある、若者らしい青年に描かれています。

聡ちゃん、緊張はするでしょうが、明るい性格ですから、まわりにも応援してもらいながら、最後まで乗り切ると思います。

舞台となる・愛媛県のキャラクターみきゃんトントンにも応援してもらいましょう。

adachi_210906-1.jpg

adachi_210906-2.jpg

 

さて、政治の季節となってきました。

菅総理大臣は週末、自民党総裁選挙の立候補を断念しました。

自民党では総裁選挙が今月17日告示、29日投票の日程で行われ、岸田前政務調査会長、高市前総務大臣が立候補する意向を固めました。

また、河野規制改革担当大臣、野田幹事長代行が立候補の意向を示しているほか、石破元幹事長も検討しているようです。事実上、総理大臣を選ぶ選挙、衆議院選挙を前にしたものですので、僕も松山にいながら、与野党の関係者と連絡を取り、少しばかり取材をしています。

最終的に何人の候補による戦いになるかはわからず、今度は国会議員に限らず、全国の党員・党友が参加します。

今の段階では1回目の投票で過半数を獲得する候補がいないのではないかともいわれる状況ですので、有力候補を見極めるにはまだ時間がかかりそうです。

一方、野党側です。

立憲民主党などは衆議院選挙を前にできるだけ多くの小選挙区で候補者の一本化を進めています。

野党候補の一本化を求める市民団体からは立憲民主党や国民民主党、共産党などに与党との対立軸を示すために、政策合意を求める動きが出ています。与野党にいろんな動きが出ていて、まさに政治の季節と言った感じです。

ただ単なる政局にするのではなく、新型コロナウイルスへの対応などの議論を深めて欲しいと思います。

 

「坊っちゃん」と「赤シャツ」。

それぞれの人物をどの立場から、どのように見るかで、すいぶんと見方が変わってきます。

中島くんの出演する、民間放送のドラマ(注2)でも、そんな場面がありました。

政治の世界も同様です。

それぞれの候補者や政党の考え方や行動をいろんな面から見て、最後は僕たち一人ひとりの考え方を決めるのが必要かもしれません。

 

注1)          マキノノゾミ著「赤シャツ/殿様と私」p149.両立書房

注2)          参考・関西テレビ制作「彼女はキレイだった」

 

投稿時間:2021年09月06日 (月) 11:21 | 固定リンク


第88回NHK全国学校音楽コンクール 愛媛県コンクール


第88回NHK全国学校音楽コンクール
愛媛県コンクール

info_2109ncon.jpg


2年ぶりの開催となったNコン愛媛県コンクール。

小学校は11校、中学校は12校、高等学校の部は9校が参加し、日頃の練習の成果を競い合う。

金賞を受賞し、四国大会に進出する学校はどこか。

 

<放送日時>

小学校の部・中学校の部
9月11日(土) FM(愛媛向け)午前9時00分~

高等学校の部
9月12日(日) FM(愛媛向け)午前9時00分~

司会:岡田留美 (NHK松山放送局 キャスター)

投稿時間:2021年09月01日 (水) 14:26 | 固定リンク


もっと四国音楽祭2021


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

NHK広島制作の「れいわのへいわソング」の全国放送。
深夜の放送となりましたが、たくさんの方にご覧いただけたのではないでしょうか。

SMAPさんの「Triangle」。
僕の知る限り、Sexy Zoneがテレビで歌ったのは初めてだったと思います。

2017年、勝利くんのソロコンで聞いた「Triangle」。
その4年後に被爆地・広島で、しかも平和を考える番組で、今度はグループが歌う形で聞くことになるとは、その時は考えもしませんでした。

平和を考える番組にぴったりの曲でした。
セクゾくんたちに歌い続けて欲しい曲だとも思います。
マリウスくんが復帰すれば、また違う、「Triangle」になったでしょう。
マリウスくんからの平和のメッセージもぜひ、聞きたいと思います。

また、DA PUMPISSAさんが歌った「島唄」や、
SUGIZOさんの「昨日見た夢~平和の誓い~」など、
戦争と平和を考えるのにふさわしい楽曲でした。

みなさんの感想も聞かせてください。

adachi_210830-1.jpg

 

セクゾくんのファンをはじめ、
若い世代に76年前の広島の出来事、被爆の事実、戦争と平和について、
常に考えて欲しいと願ったとしても、それは難しいことと思います。
僕らも同じかもしれません。

しかし、
ヒロシマ・ナガサキから敗戦に至った、76年前の8月

この時と同じ時期、過去の戦争を知り、現代に照らし合わせて考える機会は重要です

そうした機会を提唱していくことも、僕たちの世代の仕事だと思います。

 

さて、NHKの四国ブロックでは
2018年から毎年、「もっと四国音楽祭」を制作・放送しています。

アーティストのみなさんと四国で暮らす皆さんが一緒に作り上げる音楽番組です。

香川県出身の南原清隆さんと、NHK松山の首藤奈知子アナウンサーを司会に、愛媛県出身の友近さん、高知県出身の三山ひろしさんなどが出演されます。

四国・愛媛県松山市に着任して、まだ2か月足らずです。

どんな音楽祭になるのか、
四国のみなさんにどんなメッセージを届けられるのか、今から楽しみです。

ことしの放送は10月29日
総合テレビ(四国向け)で午後7時30分から
の予定です。

ぜひ、ご覧ください。

 

四国と言えば、
夏休み中に夏目漱石さんの「坊っちゃん」の敵役・赤シャツを別の見方から描きなおした、マキノノゾミさんの「赤シャツ」を読みました。

舞台で聡ちゃん演じる、部右衛門くんのことも初めて知りました。
こんな見方もあるのかと思いました。

四国・松山を舞台として、この戯曲について、またいつかこのブロクで感想を書きたいと思います。

NHK松山のツイッター @nhk_matsuyama
フォローをお願いします。

投稿時間:2021年08月30日 (月) 14:50 | 固定リンク


ページの一番上へ▲

リンク

ブログリンク

アナウンサー・キャスター・スタッフ


RSS