料理: 2019年3月11日

春のおもてなし料理「新わかめと菜の花のキッシュ」


■春のおもてなし料理「新わかめと菜の花のキッシュ」

recipe_190311_01.jpg

<材料 2人分>(※耐熱皿:直径約20cm)

 recipe_190311_02.jpg

<生わかめの下準備>
(1)鍋に湯を沸かし、新わかめを入れる。
   鮮やかな色に変わったら、
   冷水に取り出しサッと洗い、
   水けをきって取り出す。

(2)わかめの茎と、軟らかい部分に切り分け
   食べやすい長さに切る。
    ※残った場合は、よく水けを取ってから、
    密閉袋に入れて冷凍庫で保存
    (約1ヶ月保存できる)

<塩蔵わかめの場合>
   真水に3~5分つけたあと
   水で塩をサッと洗い、塩抜きをして使用。

<キッシュの作り方>
(1)厚切りベーコンを約1cm角に切り、
   菜の花は約2cmの長さに切る。

(2)フライパンにオリーブ油を入れて加熱、
   (1)のベーコンを入れて中火で炒める。
   焼き色が付いたら、新わかめの茎、
   軟らかい部分の順に加え、温まる程度、
   中火でサッと炒める。

(3)加熱を止め、(1)の菜の花を加えて
   余熱で温まる程度炒める。

(4)(3)に、こしょう、合わせみそで味をつける。
   具材を取り出し、粗熱を取る。

【楽ワザ】みそで うまみアップ

(5)食パンを4等分に切り、耐熱皿の底と
   側面に少し押しながら並べる。

【楽ワザ】食パンで 時間短縮

(6)ボウルに卵を割って溶き、
   無調整豆乳を入れてよく混ぜる
   さらに(4)の具材、ピザ用チーズを入れて
   よく混ぜ合わせる。

【楽ワザ】豆乳とチーズで コクアップ!

(7)(6)の具材入りの卵液を、(5)の耐熱皿に
   流し入れ滑らかに整える。
   桜エビをまんべんなく散らす。

(8)事前にオーブントースター(約200℃)は
   温めておく。
   その中に⑦を入れて15~20分焼く。
    ※焦げないように時々、様子を見ながら
    焼きましょう。

(9)竹串など刺して中までよく焼けていたら、
   取り出して完成。
   食べやすい大きさに切り分けて食べる。

 

【料理人】
田中 美和さん
フードコーディネーター(徳島県)

○番組に出演した料理人 田中さんの教室は…
 ●食空間プロデュース「MIZUYA」(みずや)
 <電話・FAX>088-642-3607

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年03月11日 (月) 11:50 | 固定リンク


ページの一番上へ▲