料理

丸ごとホクホク!さつまいもグラタン


■丸ごとホクホク!さつまいもグラタン
recipe_191007_01.jpg

<材料 2人分>
recipe_191007_02.jpg

<作り方>
(1)さつまいもは、よく洗ってタテ半分に切る。
   ペーパータオルを水でヒタヒタにぬらし、
   切り口を下にして全体を包む。
   (もう半個も同様に)

(2)耐熱皿に1本分のさつまいもをのせて
   ラップをふんわりかぶせ、
   電子レンジ(600w)に 5~6分かける。
   加熱後、さらに2~3分蒸らす。(目安)
   ※イモの大きさによって加熱時間が異なります。
    中まで軟らかくなるまで、レンジの時間を追加して
    加熱する。

【うまワザ】ぬれペーパーとラップで しっとりホクホク
      ※電子レンジ加熱によるパサつきを防ぎ、
       しっとりホクホクに仕上がる

(3)ベーコンは千切り、たまねぎは皮をむき、
   みじん切りにする。

(4)フライパンにマヨネーズを入れて中火で熱し、
   溶けてきたら、(3)のたまねぎとベーコンを入れ
   中火で炒める。
   たまねぎがしんなりしたら、取り出す。

【楽ワザ】マヨネーズで手間なし&コクUP!
     ※マヨネーズで炒めることで手早く味付け
      コクとうまみがつく。

(5)(2)のさつまいもの皮から約5ミリ内側に包丁の先を
   1~2cmの深さ入れ、グルッと切れ目を入れる。
   スプーンでイモをくり抜く。
   (※くり抜いた後の皮は、器にするので捨てない。)

(6)厚めのビニール袋(または密閉袋)に、
   くり抜いたイモを入れ、粗くもみつぶす。
   牛乳を加えて、軽くもんでなじませる。
   さらに、塩、こしょう、ナツメグ、(4)の炒めた
   具材を加えて、よくもみ合わせる。

【楽ワザ】さつまいもと牛乳で 時短グラタンソース

(7)袋の片隅を少し切り、皮の器の中にしぼり入れ、
   スプーンで押し固める。
   さらに(6)を山の様に絞り入れ、軽く形を整える。
   ピザ用チーズを、まんべんなくのせる。

(8)オーブントースターの中を、2~3分温める
   さつまいもグラタンを入れ、チーズが溶けて、
   こんがり色が付くまで焼く。
   ※目安:1000wで4~5分
   ※ワット数によって、焼き時間は異なります。
    様子を見ながら焼きましょう。

(9)焼きあがったグラタンに、お好みでパセリを
   ふりかけて出来上がり。

 

【料理人】
田中美和さん
フードコーディネーター(徳島県)

○番組に出演した料理人・田中さんは…
 ●食空間プロデュース「MIZUYA」(みずや)
 <電話・FAX>088-642-3607

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年10月07日 (月) 12:00 | 固定リンク


秋さけと根菜の煮物 みそ仕立て


■秋さけと根菜の煮物 みそ仕立て
recipe_190930_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190930_02.jpg

<作り方>
(1)生ざけは、一口大に切る
   塩をかけて混ぜ、4~5分置く

(2)大根は皮をむき、タテ半分に切る
   繊維を断ち切るように、
   1cm弱の幅のイチョウ切りにする。

(3)にんじんも皮をむき大根より薄めの
   イチョウ切り、ごぼうは土を水洗い、
   斜め薄切りにする。

(4)生しいたけは軸を切って薄切り、
   長ねぎは斜め薄切りにする。
   油揚げは一口大に切り、湯をかけて
   油抜きする。

(5)鍋に水、だし用昆布、酒、みりん、
   うす口しょうゆ、みそを入れて強火で
   ひと煮立ちさせる。
   大根、ごぼう、にんじんを入れ、
   落としぶたをして、中火で約10分煮る。
   (※みそはご家庭で使っている物でOK
    種類によって味が異なるので味見をしながら
    量は調節しましょう)

(6)別の鍋に湯を沸かし、(1)の生ざけを入れ
   表面の色が変わったら、すぐ冷水に取り出し
   ぬめりなど、こすり洗いする。
   ペーパータオルの上に取り出し、水けを取る。

【うまワザ】「霜降り」で 煮崩れなし
(魚は煮る前に、塩をかけ余分な水分を出した後
 サッと湯通して冷水で洗う技法を「霜降り」という。
 下ごしらえをしておく事で、生臭みやぬめりが取れ、
 煮崩れも防ぐ)

(7)(5)の鍋に、(6)の生ざけを重ならない
   ように入れ、さらに(4)の生しいたけ、
   長ねぎ、油揚げを入れて強火でひと煮立ち
   中火に落とし、1~2分煮る。

【楽ワザ】サッと煮て さけふっくら!
(霜降りをしているので、根菜の出汁や風味も
 入りやすいので、短時間に煮上がり、
 ふっくら仕上がる。)

(8)水菜は食べやすい長さに切り、(7)の鍋に入れ
   軽く混ぜ、加熱を止める。

(9)器に盛り付け、バターをのせて溶かす。

【うまワザ】バターで コクUP
(食べる前に、バターを溶かしてなじませることで
 コクがでる)

※お好みで七味唐辛子や、ゆずこしょう、粗びき黒コショウ
 をかけると違った味が楽しめる。

 

【料理人】
久保田 昌司さん
日本料理(愛媛県)

○番組に出演した料理人・久保田さんのお問い合わせ先は…
 ●道後温泉 ふなや
 <住所>愛媛県松山市道後湯之町1-33
 <電話>0120-190-278

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年09月30日 (月) 12:00 | 固定リンク


きのこと鶏肉のふんわりオムライス


■きのこと鶏肉のふんわりオムライス
recipe_190909_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190909_02-1.jpg

<作り方>
(1)しめじは石づきを切り1cm幅の長さに切り、
   マッシュルームは汚れをペーパータオルで
   ふき取り、薄切りにする。

(2)鶏肉は小さめの角切り、ベーコンは細切り、
   たまねぎは、皮をむき、粗みじん切りにする。

(3)耐熱容器に、(2)の鶏肉、ベーコンの順に入れ
   その上に、たまねぎをのせる。

(4)ラップをふんわりかけて、電子レンジ(500w)に
   3分かける。

【楽ワザ】レンジで 肉ジューシー
(肉類の上に、たまねぎをのせてレンジに
 かけると、たまねぎの水分が肉に浸透、
 パサつきを防ぎジューシーに)

(5)フライパンを温め、バターを入れて溶かし
   (1)のきのこを入れて、強火で約30秒炒める。

(6)(5)のきのこに、(4)のレンジにかけた具材を
   加えて、中火でサッと炒め合わせ、混ざったら
   フライパンの端に寄せる。

(7)(6)のフライパンに、トマトケチャップと
   顆粒(かりゅう)の鶏がらスープを入れて、中火で炒める。

【うまワザ】ケチャップ炒めて うまみUP
(ケチャップをよく炒めることで酸味が和らぎ
 甘みやうまみが引き出される。)

(8)ケチャップのとろみがなくなってきたら、
   ごはんを入れて、具材とケチャップを混ぜ
   合わせて、塩とこしょうで味を調える。
   水を回し入れ、全体になじませて味を均等に
   いきわたらせる。

(9)器に、(8)のごはんを盛り付ける。

(10)ふわトロ卵を作る。
    ボウルに卵を割り入れ、マヨネーズ、牛乳、
    粉チーズ、塩、こしょうを入れて
    泡立て器でよく混ぜる。

【楽ワザ】マヨネーズと牛乳で ふわトロ卵
(マヨネーズの植物油や酢と牛乳が、
 卵のタンパク質が固まるのを防ぐ。)

(11)フライパンを中火で温めてバターを溶かし、
    (10)の卵液を入れて、固まってきたら
    ヘラで底から卵をはがすように混ぜながら
    焼く。

(12)卵の表面が半熟状態になってきたら
    加熱を止めて、(9)のごはんにのせて
    出来上がり。

 

【料理人】
伊井亜規光さん
フードコーディネーター(愛媛県)

○番組に出演した伊井さんのお問い合わせは…
 ●MOGUMOGUキッチンプロジェクト(フードビジネススクール松山)
 <住所>愛媛県松山市湊町6丁目2-2 ミツワ市駅西ビル2階
 <電話番号>0120-94-4126
       089-931-6353

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年09月09日 (月) 12:00 | 固定リンク


豚肉のソテー 梅アンチョビソース


■豚肉のソテー 梅アンチョビソース
recipe_190902_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190902_02.jpg

<作り方>
(1)豚ロース肉は、脂身と赤身の間の筋に
   等間隔に切れ目を入れて筋切りをする。
   ヨーグルトを全体に塗り、ラップをかけて
   30分以上冷蔵庫に置く。

【うまワザ】ヨーグルトで やわらかく
(ヨーグルトに含まれる乳酸により
 やわらかくなり、生臭みも取れる。)

(2)梅アンチョビを作る
   アンチョビを刻み、梅干しは種を取り、たたく。
   ボウルにアンチョビ、梅、オリーブ油、パセリを
   入れて混ぜて出来上がり。

【うまワザ】万能調味料!梅アンチョビ
(※野菜炒め、チャーハン、焼きそばの味付け
 バターと混ぜてパンやクラッカーに塗って食べたり
 ご飯にのせて食べたり、料理にアレンジできる。)

(3)豚肉にかけるソースを作る。
   トマトは、へたと種を取り、小さめに角切り
   きゅうりは両端を切りトマト同じ大きさの角切りに。
   ボウルにトマト、きゅうり、梅アンチョビを入れ混ぜる。

(4)ジャガイモは皮をむき、一口大に切る。
   鍋に、ジャガイモとかぶる位の水を入れてゆでる。
   ゆであがったら湯をきり、鍋にジャガイモをもどして
   イモの表面に粉がふくまで加熱する。

(5)しいたけは、石突きを落とし薄切り、
   エリンギも薄切りにする。

(6)(1)の豚肉のヨーグルトをペーパータオルで
   ふき取り、塩、粗びき黒こしょうで下味をつける。

(7)フライパンにオリーブ油をひいて加熱、
   (6)の豚肉、(5)のきのこを入れて強火で焼く。
   豚肉は、焼き色がつき始めたら中火にして
   さらに1~2分、きのこは2分程炒める。

(8)豚肉にしっかり焼き色が付いたら、
   裏返して約1分焼く。
   きのこは、塩、コショウで味をつけ、取り出す。

(9)(8)のフライパンは加熱を止め、
   フタをして約3分置く。

【楽ワザ】余熱で しっとりジューシー
(※余熱でゆっくり熱が入るので、パサつかず
 ジューシーに)

(10)きのことジャガイモのサラダを作る。
    ボウルに梅アンチョビと、マヨネーズを入れて
    混ぜる。
    そこに、(4)のジャガイモ、(8)の炒めたキノコを
    入れて和え、塩、こしょうで味を調えて、出来上がり。

(11)器に、豚肉を取り出す。
    フライパンに残った肉汁を、再びひと煮立ちさせ
    豚肉にかける。
    (3)のソースをかけて、お好みでミョウガや
    スプラウトをのせて、出来上がり。

 

【料理人】
中野誠司さん
イタリア料理 出張料理人(香川県)

○番組に出演した料理人・中野さんの出張料理のお問い合わせは…
 ●La Salute(ラ・サルーテ)
 電話:090-8696ー2347

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年09月02日 (月) 12:00 | 固定リンク


レンジdeふわウマ!ハンバーグ


■レンジdeふわウマ!ハンバーグ
recipe_190826_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190826_02.jpg

<「たまねぎ塩こうじ」の作り方>
(1)たまねぎは皮をむいて、すりおろす。

(2)塩こうじを(1)に入れてよく混ぜる。

 

<ハンバーグの作り方>
(1)ボウルに合いびき肉、塩こうじ玉ネギ、
   溶き卵、パン粉、こしょうを入れて
   粘りが出るまで混ぜる。

【楽ワザ】たまねぎ塩こうじで ふっくら

(2)(1)を2等分に分け、それぞれ形を整える。
   左右の手のひらに交互に打ちつけて
   肉ダネの中の空気を抜く。

(3)耐熱皿にハンバーグを並べる。
   ラップをふんわりかぶせ、両端に箸先位の
   小さい隙間をあけて、皿の縁で固定する
   電子レンジ(600w)で3分かける。

【楽ワザ】スキマラップで ジューシー

(4)レンジに3分かけた後、ラップをはずして
   ハンバーグを裏返し、再びラップをかけて
   レンジに1分かける。

(5)器にハンバーグを取り出す。
   耐熱皿に残った肉汁に、トマトケチャップ、
   濃い口しょうゆ、甘酒を加えて混ぜて
   ソースを作り、レンジに30秒かける。

【うまワザ】甘酒で ソースがまろやかに

(6)ハンバーグにソースをかけて、できあがり。

 

<サラダの作り方>
(1)ミニトマトはへたを取り、半分に切る。
   アボカドはタテに1周包丁で切れ目を入れ
   両手で実を持ち、ねじるように回して
   2つに割り、種を包丁の柄で刺して回し
   取り除く。
   皮をむいて、一口大の角切りにする。

(2)ボウルにたまねぎ塩こうじ、サラダ油、
   酢、はちみつ、こしょうを入れて混ぜ、
   ドレッシングを作る。

(3)別のボウルに(1)のミニトマト、アボカド、
   (2)を少しずつ加えて混ぜる。

(4)器に盛り付け、できあがり。

 

【料理人】
菊地 美奈子さん
上級麹士(愛媛県)

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年08月26日 (月) 12:00 | 固定リンク


オクラとトマトの時短キーマカレー


■オクラとトマトの時短キーマカレー
recipe_190805_01.jpg

<材料2人分>
recipe_190805_02.jpg

<調理前に>
たまねぎは、茶色い皮付きのまま
水に5~10分つける。

【楽ワザ】水にひたし 一気に皮むき
 (皮が水分を吸収し、むきやすくなる)

<作り方>
(1)オクラはヘタを落とし、半分に切る。
   長いもは皮をむき、約5ミリの厚さの
   いちょう切りにする。

(2)たまねぎは根部分をえぐり取り、
   反対側は一部切り残して引っ張る。
   皮をめくり包丁を添え、たまねぎを外側に
   クルッと回し皮をむく。みじん切りにする。

(3)にんにくは、みじん切りに
   しょうがは、すりおろす。

(4)フライパン(または鍋)にサラダ油と
   無塩バターを入れて中火強で加熱する。
   バターが溶けてきたら、(3)のにんにく、
   しょうが、(2)のたまねぎ、(1)の
   オクラ、長いもを入れて中火強で約1分炒める。

【楽ワザ】オクラと長いもで とろみ仕込み

(5)たまねぎに透明感が出たら、合いびき肉を
   入れて、色が変わるまで中火強で炒める。

(6)ひき肉が炒まってきたら、カレー粉をふり入れ
   具材にからめながら炒める。

(7)カレー粉がなじんだら、トマトの水煮缶、
   ウスターソース、はちみつを入れて約4分中火強で煮る

【楽ワザ】トマトの水煮缶で 時短うまみUP

(8)塩とカレー粉で味を調え、ごはんにかけて完成。

 

【料理人】
近藤和之さん
西洋料理(愛媛県)

○番組に出演した料理人・近藤さんのお店・教室は…
 ●パンのある暮らし Petit Paris(プチパリ)
  <住所>愛媛県松山市畑寺4-14-23-1
  <電話>089-916-5546

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年08月05日 (月) 12:00 | 固定リンク


夏野菜たっぷり なすそうめん


■夏野菜たっぷり なすそうめん
recipe_190729_01.jpg

<材料2人分>
recipe_190729_02.jpg

<作り方>
(1)なすの両端(ヘタと、下の固い部分)を落とし、
   8等分に切る。
   塩水(水500mlに対し 塩小さじ1/2)につける。
   ラップをナスに密着させるようにかぶせ
   約10分つけてアク抜きをする。

【楽ワザ】落としラップで しっかりアク抜き
 (ナスにラップを密着させるようにかぶせると
  ナスが浮いてもしっかりアク抜きができる。
  空気にふれないので変色も防ぐ)

(2)ズッキーニはヘタを落とし輪切りにして
   水に1~2分さらし、ペーパータオルで
   水けを取る。
   カボチャは一口大に切る。
   オクラはガクの硬いところをむき、塩ずりする。

(3)鍋に湯を沸かし、(2)のオクラとミニトマトを
   入れて、約1分ゆでて冷水に取り出す。
   トマトは皮をむき、オクラはタテ半分に切る。

(4)(1)のなすのアクが抜けたら、ペーパータオルで
   なすを包み、よく水けを取る。

(5)フライパンにサラダ油、いりこ、そして
   とうがらしは半分に切り、種を出してから入れて
   弱火で香りが出てくるまで加熱する。

【楽ワザ】いりこを炒めて ダシいらず
 (イリコを炒めることでうまみが出てくるので
  煮る時にそのままダシになる)
  ※大きいイリコを使う場合、内臓、骨を取って炒める

(6)(4)のなすは皮を下にして、油をつけながら
   重ならないように並べ、中火で約2分焼く。
   皮の色が変わったら裏返し、
   焼き色が付くまで焼く。
   一緒に、(2)のズッキーニ、カボチャを
   入れて焼く。
   (ズッキーニとカボチャは油がなじむ位でOK)

(7)ボウルに水、砂糖、みりん、濃い口しょうゆを
   入れて混ぜる。

(8)(7)を(6)のフライパンに入れて、中火で
   ひと煮立ちさせ、アクが出たら取り除く。
   フタをして約5分煮る。

(9)鍋に湯を沸かし、そうめんを
   袋表示時間ゆでる。
   冷水で洗い水けをきって、小分けにする。
   トッピングの材料をのせる。

(10)(8)が煮えたら加熱を止め、
    (3)の湯むきしたミニトマトを入れて混ぜる。

(11)(10)を器に盛り付け、そうめんをつけて食べる。

 

【料理人】
山中 美妃子さん
料理研究家・食農アドバイザー(香川県)

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年07月29日 (月) 12:00 | 固定リンク


ガパオライス風スタミナ丼


■ガパオライス風スタミナ丼
recipe_190722_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190722_02.jpg

<作り方>
(1)ピーマンと赤パプリカは約5ミリ角、
   たまねぎはみじん切り、
   しめじは根元を切り、小さめの
   ザク切りにする。

(2)とうもろこしは皮をむき、ひげ
   (皮の内側にあるきれいなヒゲ)を取って
   食べやすい長さに切る。
   実は軸からそぎ取り、ほぐす。

(3)ボウルに、合わせ調味料の材料
   (オイスターソース、濃い口しょうゆ、
    レモン汁)を入れて混ぜる。
   ※ナンプラー(大さじ1)を使う場合、
    濃い口しょうゆとレモン汁は入れない

(4)フライパンにサラダ油(小さじ2)を
   入れてなじませながら熱し、
   (1)のたまねぎを入れ、半透明に
   なるまで強火で炒める。

(5)(4)のフライパンに、豚ひき肉を入れ、
   色が変わり、出てきた脂が透明に
   なるまで、強火で約2分炒める。

(6)(5)に(3)の合わせ調味料を入れて
   混ぜ合わせる。

(7)味が付いたら、(1)のしめじ、ピーマン、
   赤パプリカ、(2)のトウモロコシの実と
   ヒゲを入れて混ぜながら、強火で炒める。

【楽ワザ】しめじで 脂っぽさを防ぐ
 ※しめじが肉汁を吸収し、うまみを倍増。

(8)(7)の具材に火が通ったら、加熱を止め、
   大葉を手でちぎって入れ、混ぜる。

(9)目玉焼きを作る。
   卵を焼く前に、フライパンに
   サラダ油(小さじ1)を入れて熱しておく。
   ボウルの上にザルをのせ、その中に
   ゆっくり卵を割り、水っぽい白身を
   ボウルにおとし、取り除く。

【うまワザ】ザルで ふっくら
 ※ザルで水っぽい白身をこして取り除く事で
  ふっくら、濃厚な味に仕上がる。

(10)事前に熱しておいたフライパンに、
    (9)の卵をそっとザルから入れ、
    フタをして弱火で約3分焼く。

(11)黄身の周りの白身が白く固まったら
    フタを開け、さらに20~30秒加熱し
    水分をとばす。

(12)器にごはんを盛り、(8)の具材をかける。
    (11)の目玉焼きをのせて出来上がり。

 

【料理人】
野中 なかさん
栄養士・国際中医薬膳師(高知県)

○番組に出演した料理人・野中さんの教室は…
 ●四国薬膳アカデミー eatlabo
 <住所>高知県高知市旭町3丁目99  2階

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年07月22日 (月) 12:00 | 固定リンク


フルーツトマトの冷製パスタ


■フルーツトマトの冷製パスタ
recipe_190708_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190708_02.jpg

<「フルーツトマトの冷製パスタ」作り方>
(1)鍋に湯を沸かし、塩を入れて混ぜ、
   極細パスタ「カッペリーニ」を入れて
   袋表示のゆで時間プラス1分半~2分
   中火でゆでる。
   ※塩は、湯の量の1%(1リットルに対し塩10g)

【うまワザ】柔らかめにゆで 食感UP

(2)フルーツトマトはヘタをくりぬく。
   (1)の湯に10~15秒つける。
   氷水に取り出し皮をむき、くし切りにする。

(3)バジルは太めの千切りに、ニンニクは
   みじん切りにする。

(4)ボウルに氷水を用意し、その上に
   材料を合わせるボウルをのせる。
   (2)のフルーツトマト、(3)のバジル、ニンニク、
   だししょうゆ(またはそうめんつゆ)、
   オリーブ油、酢、砂糖を入れて混ぜ、
   塩、粗びき黒こしょうで味を調え、少しおいて冷やす。

(5)(1)がゆで上がったら、氷水に取り出し
   サッと洗いながら冷やす。
   ペーパータオルの上に、カッペリーニ
   (極細パスタ)をのせて軽く絞り、よく水けを取る。

【楽ワザ】ペーパータオルで 水っぽさサヨナラ

(6)(4)のトマトソースに、(5)のカッペリーニ
   (極細パスタ)を入れて和える。
   器に盛り付け、オリーブ油と
   粗びき黒こしょうをかけ、
   仕上げにバジルをのせる。

<「トマトとモッツァレラチーズのファルチア」作り方>
(1)トマトは、ヘタから下およそ1~2cmを横に切る。
   (※切った上部は、フタのように使う。)

(2)トマトの中をくりぬき、果肉は粗めに刻む。
   (※くりぬいた後のトマトは、仕上げの器で使う。)

(3)モッツァレラチーズは、5ミリ角に切る。

(4)ボウルに(2)の果肉、(3)のチーズ、
   バジルは手でちぎって入れる。
   オリーブ油、塩、粗びき黒こしょうを入れて
   よく混ぜ合わる。

(5)(2)の中をくりぬいた後にトマトに、
   (4)の具材を入れて盛り付ける。

 

【料理人】
青野 摩周さん
イタリア料理(高知県)

○番組に出演した料理人・青野さんのお店は…
 ●バール・バッフォーネ
 <住所>〒780-0841 高知県高知市帯屋町1-2-10 モリタビル1F
 <電話>088-822-3884
 <営業時間>18:00~24:00

 

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年07月08日 (月) 12:00 | 固定リンク


夏野菜のプルコギ


■韓国料理で夏バテ予防!夏野菜のプルコギ
recipe_190701_01.jpg

<材料(2人分)>
recipe_190701_02.jpg

recipe_190701_03.jpg

<作り方>

<「夏野菜のプルコギ」の作り方>
(1)りんごとキウイは皮をむいて、すりおろす。
   にんにく、しょうがも、すりおろす

(2)ズッキーニは約5mm幅の半月切り、
   赤パプリカは種を取り、約5mm幅の千切り
   エリンギはタテ半分に切り、さらに4等分に切る
   白ねぎは約5mm幅の斜め切りにする。

(3)ボウルに酒、濃い口しょうゆ、砂糖、塩、
   こしょう、はちみつ、白ごま、ごま油、
   すりおろした(1)のにんにく、しょうが、
   りんご、キウイを入れて混ぜる。

【李さんのうまワザ】りんごとキウイが隠し味
 (りんごとキウイに含まれる酵素で、肉が軟らかくなり
  フルーティーな甘みと風味に仕上がる)

(4)(3)のタレに、牛肉を入れてもみ込む
   ※キウイの酵素に長時間つけ置くと、肉を軟らかく
    なり過ぎて分解するので注意、もみこんだら早く使いきる。

(5)フライパンにごま油を入れて強火で熱し、
   (2)のズッキーニ、赤パプリカ、エリンギ、白ねぎを
   入れて炒める。

(6)ズッキーニに火が通ったら、(4)の牛肉をタレごと
   加えて強火で2~3分、牛肉に火が通るまで炒める。

(7)仕上がる前に、ニラを加えてサッと混ぜて出来上がり。

<「水菜とさきいかのピリ辛ナムル」の作り方>
(1)水菜は、2~3cmの長さに切る。
   市販のさきいかを入れて、サッと混ぜる

【楽ワザ】さきいかで うまみUP!

(2)別のボウルにりんご酢(または酢)、
   濃い口しょうゆ、砂糖、はちみつ、ごま油、白ごま、
   韓国のとうがらし粉(または七味とうがらし)を
   入れてよく混ぜる。

(3)(1)の水菜と、さきいかのボウルに
   (2)のタレを加えてあえて出来上がり。

 

【料理人】
李 英玉さん
韓国料理(愛媛県)

○番組に出演した料理人・李さんのお店は…
 ●オモニ別邸 松山カルビ
  <住所>愛媛県松山市三番町2丁目8-2-1F
  <電話・FAX>089-935-7228

------------------------------------------------------------------
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません

投稿時間:2019年07月01日 (月) 12:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲