3月19日(火)放送 美佐子先生の絵手紙いたしましょ


こんにちは。

日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子 さんとともに みなさんの絵手紙をご紹介しているコーナー。
さて、今回の絵手紙テーマは「キッチングッズ」。
身近にあるモチーフをさまざまな思いで絵手紙にして送っていただきました。

etegami_190319_01.jpg
早速みなさんの絵手紙を見ていきましょう。
まずは、こんな可愛い絵手紙から。

etegami_190319_02.jpg
~シリコン製の落としブタです。最初は白かったのにいつの間にかアメ色に おつかれ~!~

美佐子先生)シリコンのやわらかさや厚みのある質感が、輪郭線から伝わります。
ブタさんにむけての「おつかれ~」のコメントも可愛くて面白いですね。
高橋キャスター)使い込んで、ちょうどいい色になったんですね。
ブタさんの表情、「使ってくれてありがとう」と言っているように見えますね。

etegami_190319_03.jpg
~毎朝、おみそ汁を作っています。小さめのみそこしとお玉に一杯のみそ。いつもの味ができあがります~

美佐子先生)朝の風景が浮かんできますね。
みそこしは特に「網の上の部分」をよく見て描かれているので、金属の感じがよく伝わります。
平野キャスター)そうですね。編みの部分も使い込んでいる感じ。よく描かれているなと思いました。

etegami_190319_04.jpg
~まな板のくぼみ、包丁の刃こぼれ。お互いに長年寄り添った熟年夫婦のようです~

美佐子先生)刃こぼれした包丁が輪郭線からよく伝わります。
凹んだまな板は色を薄くすることで表現していますね。
「長年寄り添った仲の良い夫婦だ」と例えているところも味わい深いですね。
平野キャスター)トントントンというまな板と包丁との音が さしずめ、伊賀上さん達ご夫婦の会話ということになるのでしょうか。
美佐子先生)そうですね。

etegami_190319_05.jpg
~おおざっぱで「いいかげん」な性格の私。計量器に助けてもらって料理の味が「いい加減」になってきたなと実感しています~

美佐子先生)はかりの数字をアップにして、目盛りを細かく描いています。
気持ちのままに描いた輪郭線や色もとても温かです。
言葉遊びの「いいかげん」と「いい加減」も面白いですね。
髙橋キャスター)これ、よくわかりますよ~。

etegami_190319_06.jpg
美佐子先生)文字と輪郭線をマジックではっきりと描いていますね。
デジタルの文字にピッタリと来ます。「台所の相棒」という言葉も共感できます。
高橋キャスター)デジタルの文字に合わせてなのか、文字もカクカクと描いているところがユニークだなと思いました。

etegami_190319_07.jpg
~去年右手小指を骨折した時、このピーラーにうんと助けてもらいました。今は台所の大切なアイテムです~

美佐子先生)スッースッーとした輪郭線でピーラーの軽やかさが出ています。
怪我をした時に助けてもらった「感謝」を優しいタッチで絵手紙にできましたね。
高橋キャスター)絵も言葉も本当にやわらかく、温かい絵手紙だなと思いました。

etegami_190319_08.jpg
~主人は料理が大得意。買い出しからしてくれ、いつも作ってもらっています。おいしいです~

美佐子先生)いいですね~。お玉の持ち手の黄色がきれいです。
黒いしゃもじは「墨」でぬられていて、濃淡で使いこまれている印象を感じますよ~。
平野キャスター)食べ上手な方がいてこそ、料理の腕も上がりますからね。
「おいしい、おいしい」と言ってらっしゃるんでしょうね。

 

このコーナーでは 日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子さんが 「心に残った」という
印象的な1枚を毎回最後にご紹介しています。今回はこんな1枚でした。

絵手紙テーマ「キッチングッズ」
今回の 美佐子先生の心に残る1枚

etegami_190319_09.jpg

美佐子先生)こちらです。ご主人がいろいろと助けてくださるという絵手紙です。

etegami_190319_10.jpg

美佐子先生)干した手袋がよく描けていて、ひと仕事終わったんだなという様子がよく伝わってきます。
黄緑と影になった濃い緑のコントラストもきれいです。
「ピカピカ」という言葉にご主人の丁寧な仕事ぶりや優しさが感じられます。
高橋キャスター)さらっと描かれたボールペンの線のやわらかさが本当に温かくて、何よりこのクタっとした感じの手袋、愛おしく感じますね。
美佐子先生)はい。
髙橋キャスター)実は、この絵手紙が「心に残った」理由。反対側の面にもあるんですよね。
美佐子先生)そうなんです。宛名の方も絵手紙になっているんです。

etegami_190319_11.jpg

美佐子先生)宛名との境目の線に自分の手袋をかけているところが、なんともおしゃれです。
描きすぎず、自然体な絵に素敵なお人柄を感じました。
平野キャスター)両面に手袋が描いてあり…。寄り添っているご夫婦の姿のようにも感じますね。

絵手紙テーマ「キッチングッズ」 
美佐子先生の「心に残る1枚」は 夫への感謝と、ご夫婦の絆を感じる絵手紙
愛媛県の 森寿美子さん の絵手紙でした。

 

現在の募集のテーマは「春」
締め切りは4月8日(月)消印有効です。

etegami_190319_12.jpg

だんだん春らしくなってきました。
花、食べ物、いろいろなモチーフで絵手紙を楽しんでみてください。
外で絵手紙を描くのも良いですね。
ぜひ、エピソードを添え、自由な発想で番組まで送ってくださったらと思います。
おひとり様何枚でも大丈夫です。ただし絵手紙は未発表のものに限ります。
放送で紹介させていただく際には、お知らせのお電話をさせていただきますので、お電話番号も
お書き添えください。
みなさんの絵手紙をお待ちしています。
詳しい募集内容はこちらです。

投稿時間:2019年03月20日 (水) 14時07分


ページの一番上へ▲