12月11日(火)放送 美佐子先生の絵手紙いたしましょ


こんにちは。

日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子 さんとともに みなさんの絵手紙をご紹介しているコーナー。
絵手紙テーマは「大切なあの方へ」です。
ご家族やお友達など大切な方への温かいメッセージをいただきました。今回もたくさんの絵手紙ありがとうございました。

etegami_181211_01.jpg

では、早速紹介していきましょう。

etegami_181211_02.jpg

~42回目の結婚記念日を迎えました。子供を巣立たせ、親を看取り、これから自分たちの人生です~

美佐子先生)結婚指輪が丁寧に描かれています。
もらった頃に帰って、神聖な気持ちになりますね。
今まで色々な事があったのでしょうね。これからも仲良く過ごしてください。
髙橋キャスター)同じ空間を二人で生きてきて、これからも生きていく…という思いも伝わってくる絵手紙ですね。

etegami_181211_03.jpg

~「私の大切なあの方」は妻です。「あんたに私は合わん。別れる!」と言われながら、ずっと続いております。固い・堅い・硬いロープのように~
美佐子先生)筆とは違った固いもので描かれています。ねじれた所は、かすれた線と色合いで表現しています。
過去から未来へ続いているようにも見えて、「ずっとねじれています」という内容とも合っていて面白いです。

etegami_181211_04.jpg

~今年、娘が結婚しました。二人なりに新生活を頑張っています。出しゃばり過ぎないように大切に応援したいと思っています~

美佐子先生)ブーケですね。大きく咲いたお花がきれいです。
「いつでも二人の応援団よ」という言葉が頼もしいですね。華やかな花からうれしい気持ちが伝わってきます。

etegami_181211_05.jpg

~孫が4人います。かけがえのない存在です~

美佐子先生)4人のお孫さんのそれぞれの年齢の違いを描き分けていますね。
それぞれの特徴を良くつかんで描かれているので大切なお孫さん達を思う気持ちを感じます。
成長が楽しみですね。
平野キャスター)孫というのはかわいいものですか?
美佐子先生)そうですね。かわいいですよ~。

etegami_181211_06.jpg

~歳を重ねて、兄弟が亡くなっていきます。8人いた兄弟が今は3人。中でも妹ととても仲良しです~

美佐子先生)赤い実が仲良く寄り添っています。色合いも明るくてきれいです。
枝の間に文字を書いているのも包まれているようで温かな感じを受けますね。
いつまでもおしゃべりのできる妹さんがいて幸せですね。

etegami_181211_07.jpg

~岡山へ移住して野菜作りを始めた姉夫婦。玉ねぎなどいつもありがとう。うちの「ラディッシュ」も食べてもらいたいです~

美佐子先生)太めの輪郭線から掘りたてで元気いっぱいの「ラディッシュ」だということを感じます。
赤い色もきれいですね。葉っぱの特徴もよく見て描いています。
遠く離れていても野菜を送り合い、連絡を取り合う…。素敵ですね。

etegami_181211_08.jpg

~お世話になった大切な友人にお歳暮を送ります。感謝の気持ちを込めて~

美佐子先生)割り箸で描いています。輪郭線の墨の太さの変化が味わい深いですね。
2本の割り箸の面で太い所を描いて、角の部分で細い線を描いています。
包装紙の模様やのしも細かく描かれていますね。
お歳暮の箱をまっすぐに置いて描いているので、改まってのお礼の気持ちを感じます。
平野キャスター)お歳暮を贈り合うということがなくなってきてますが…良いですね。
      
このコーナーでは 日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子さんが 「心に残った」という印象的な1枚を毎回最後にご紹介しています。
今回はこんな1枚でした。

絵手紙テーマ「大切なあの方へ」
今回の 美佐子先生の心に残る1枚

etegami_181211_09.jpg

美佐子先生)感謝の気持ちの絵手紙です。おめでたいものですよ。

etegami_181211_10.jpg

~この秋、頭痛で手足が動かせず、救急病院へ。そして脳の緊急手術をし、無事終わりました。その際にお世話になった先生、看護師さんたち、大切な方々へお礼を。今は絵手紙も描けています。元気です!~

美佐子先生)立派な伊勢海老ですね。真っ赤な色から元気になった様子、喜びの気持ちをお相手に伝えているのでしょう。
たくさんの人たちの支えがあって、元気でいられている。ありがたいことです。
平野キャスター)細かく描かれた絵からも回復の様子がうかがえますね。
美佐子先生)「絵手紙を描こう!」という気持ちもうかがえて、小谷さん、元気になられたんだなと感じます。

絵手紙テーマ「大切なあの方へ」。
美佐子先生の「心に残る1枚」は 徳島県の 小谷ケイ子 さん でした。

さて、現在募集中の絵手紙テーマです。
「赤いもの」
クリスマス、年末年始には「赤いもの」が身の周りに多くあるかもしれません。
服やアクセサリー、言葉からの発想でもかまいません。
自由な発想で絵手紙にして番組まで送ってください。
ぜひエピソードとともに送っていただけたらと思います。
絵手紙は「ヘタでいい、ヘタがいい」。「心」を贈る手紙です。
おひとり様何枚でも大丈夫です。ただし未発表のものに限ります。
放送で紹介させていただく際には、お知らせのお電話をさせていただきますので、お電話番号もお書き添えください。
詳しい募集内容はこちらです。

投稿時間:2018年12月12日 (水) 13時41分


ページの一番上へ▲