絵手紙: 2019年4月19日

4月16日(火)放送 美佐子先生の絵手紙いたしましょ


こんにちは。
日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子 さんとともに みなさんの絵手紙をご紹介しているコーナー。

さて、今回の 絵手紙テーマは「春」。
春はいろいろな植物、行事などがあり絵手紙を描きたくなる季節ですね。
今回もみなさまからたくさんの絵手紙を頂きました。

etegami_190416_01.jpg

早速みなさんの絵手紙を見ていきましょう。
まずは、こんなカラフルな絵手紙から。

etegami_190416_02.jpg
~三年前に右の耳が不自由になり、家に閉じこもりがちになってしまいました。しかし、ガーデニングを始めて庭いっぱいに「春」が来ました~

美佐子先生)華やかですね。輪郭線は固いもので細かく見て描かれています。
カラフルな色づかいも良いです。歳を重ねると、いろいろな不具合が出てくることもあると思います。
そんな時に趣味が助けてくれるということはあると思います。もちろん、絵手紙もですよね。
平野キャスター)風を感じたり、花を育てて愛でたりすることは心を穏やかにしてくれますね。

etegami_190416_03.jpg
~若い頃にもらった主人からのプレゼントのスカーフ。久しぶりに二人でお出かけ。~

美佐子先生)こちらも春らしい華やかな1枚ですね。
輪郭線、色ののせ方で模様や質感を丁寧に描いていることがわかります。
若い頃の気分に戻って夫婦でお出かけ。そんな「春」の気持ち。良いですね。
平野キャスター)どちらにお出かけになったのでしょうか。丸本さんのかわいらしい姿が浮かびます。

etegami_190416_04.jpg

美佐子先生)「よもぎ」の時期。昔作ってくれたお母さんの味を思い出されたのですね。
色も素朴で文字にも味があります。
近江キャスター)母の味をこれから受けついでいかれるのでしょうか。良いですね。

etegami_190416_05.jpg
~我が家の畑。消毒をしないので、家族より先に虫さんが食べています~

美佐子先生)目のつけどころが面白くて、「クスッ」と笑えます。
キャベツの葉の色の濃淡でハガキの中に大きくて立派なキャベツを描くことができています。
おおらかでとても楽しい絵手紙ですね。
近江キャスター)生き物は美味しいところをよく知っているんですよね~。

etegami_190416_06.jpg
~姿を時々見せるカワセミ。リタイアした大人たちの注目の的です~

美佐子先生)水色の画仙紙ハガキを使っています。
輪郭線をゆっくりと丁寧に描き、鳴いているかのようなくちばしの様子、羽根の色など、よく描けていますね。
平野キャスター)水色のハガキの色、空や水辺の色を表現しているようにも見えますね。

etegami_190416_07.jpg

平野キャスター)輪郭線を鉛筆にすることで、繊細な桜を表現されているように思います。
美佐子先生)そうですね。鉛筆での輪郭線を生かすように、水分を多めにした色で淡い色づけを上手くされています。
濃淡も出ていますね。ただ、相手に贈る場合にはもう少し、濃い色の鉛筆を使うと見やすいかと思います。

etegami_190416_08.jpg

美佐子先生)しっかりとした輪郭線でつくしの「はかま」の形をよく見て描かれていると思います。
胞子の部分も 若いつくしと少し大きくなったつくしを色の違いで表現しています。
近江キャスター)文字の位置も つくしの間に伸びるように描かれているのが面白いですね。

etegami_190416_09.jpg
~友人のご主人が筍(たけのこ)掘り名人!地上に少ししか出てないうちに、鍬(くわ)でひと堀り!~

美佐子先生)これは、色をつけた後、割り箸の先を叩いてつぶし、筆のようにして墨をつけ、皮の質感を出したそうですよ。
うまく表現されています。筍掘りの名人仕事の凄さがよく伝わってきますね。
近江キャスター)根っこの部分、すごいですね。
掘りたての筍。おいしいですよね。あ~。筍ごはん食べたい!!

このコーナーでは 日本絵手紙協会公認講師の 白石美佐子さんが 「心に残った」という
印象的な1枚を毎回最後にご紹介しています。今回はこんな1枚でした。

絵手紙テーマ「春」
今回の 美佐子先生の心に残る1枚

etegami_190416_10.jpg

美佐子先生)前向きな気持ちになる、明るい絵手紙です。

etegami_190416_11.jpg
~手帳が新しくなり、真っ白なページに緊張しつつもひとつずつ予定が入る度にワクワク。また1年が楽しみです~

美佐子先生)しっかりとした墨の輪郭線と文字にパステルカラーが入って、印象が春らしく前向きな絵手紙です。
「春」は新しいことに挑戦したり、出会いがあったりする季節です。とてもワクワクする絵手紙です。
平野キャスター)そうですね。「春」のワクワクした気持ち。
予定を立てていく時のワクワクした気持ち、わかりますね。


絵手紙テーマ「春」 
美佐子先生の「心に残る1枚」は 愛媛県の 久保朋美さん の絵手紙でした。


現在の募集のテーマは「新」
締め切りは5月6日(月・祝)消印有効です。

実は「春」の絵手紙の中にも こんな絵手紙がありました。

etegami_190416_12.jpg

「新社会人」に向けてのエールです。
このように「新芽」「新学期」「新社会人」「新じゃが」「新たまねぎ」
新しく始めたこと、気がついた新たなこと など 発想は自由。
5月からは「新元号:令和」になりますね。

ぜひ、エピソードを添え、自由な発想で番組まで送ってくださったらと思います。
おひとり様何枚でも大丈夫です。ただし絵手紙は未発表のものに限ります。
放送で紹介させていただく際には、お知らせのお電話をさせていただきますので、お電話番号もお書き添えください。
みなさんの温かな絵手紙をお待ちしています。

詳しい募集内容はこちらです。

投稿時間:2019年04月19日 (金) 15:33 | 固定リンク


ページの一番上へ▲