「防災でポン!」MYマスクケース


ひめポン!版のMYマスクケースのつくりかたの紹介です。

このアイデアは防災士の砂田ひとみさんが考えました。

クリアホルダーA4・1枚を使って2種類のマスクケースがつくれます。

一つは、新品のマスクを持ち歩ける「保管ケース」(1個)。

もう一つは、マスクを外してちょっと休ませておく「お休みケース」(3個)。

 


クリアホルダーのオモテ面には、お休みケース2つ・保管ケースのポケットなどを作ります。

himepon_210510-omote1.jpg

 (1)下から8センチのところに線を引きます。

 

 himepon_210510-omote2.jpg

(2) 上から11.5センチのところにも直線。

 

 himepon_210510-omote3.jpg

(3)右下、幅1センチをとって直線。

 

 himepon_210510-omote4.jpg

(4)真ん中の部分に1.5センチの線。

   下からは6センチの位置です。

 

 himepon_210510-omote5.jpg

(5)右上、半円に接するように6センチの直線。

 

 himepon_210510-omote6.jpg

(6) 半円のすぐ上にも直線。

 

 himepon_210510-omote7.jpg

(7) 左上、(半円はありませんが)(5)&(6)と同じ工程。

   端から1.5センチの幅をとって、6センチの長さの線を引きます。

   下1センチを残して左へ直線。

   これで、オモテ面完成です。

 

それでは、ウラの面です。

お休みケース1つと保管ケースの蓋の部分などを作ります。

 himepon_210510-ura8.jpg

(8)下から12センチの場所に点線。

 

 himepon_210510-ura9.jpg

(9) 上から11.5センチの場所には直線。

 

 himepon_210510-ura10.jpg

(10)左端に1センチの幅を取って、下から8センチまでは点線。

    そこから上は直線を書きます。

 

 himepon_210510-ura11.jpg

(11)点線から直線へと変わる場所、左に線を引きます。

 

 himepon_210510-ura12.jpg

(12)ケースの差し込み口となる部分を作ります。

    右端から10センチの場所に長さ2センチの線。

 

 himepon_210510-ura13.jpg

(13)1センチ開けて、同じ2センチの線。

    これでウラも完成。

 

クリアホルダーの長い辺、繋がっている部分をカッターで切ります。

ただし、下の8センチはそのまま残します。

 

直線をハサミで切って、点線を折り曲げれば完成します!

 

投稿時間:2021年05月10日 (月) 14時45分


ページの一番上へ▲