ギュッと!四国ブログ

あすの「ギュッと!四国」は高知局 小原アナウンサーが出演!


あすの「ギュッと!四国」出演のため松山局にやってきた高知局 小原アナウンサー。

高知の冬の味覚・ウツボを味わう年の瀬の様子をリポートします。

caster_gyutto201225.jpg

2020年最後の「ギュッと!四国」、ぜひご覧ください!
https://www.nhk.or.jp/matsuyama/gyutto/

 

投稿時間:2020年12月25日 (金) 17:04 | 固定リンク


【気にナル調査隊】どう過ごす? 年の瀬2020


2020年12月19日(土)放送

◎紹介した「バス会社」について
名称:徳島バス株式会社
住所:徳島県徳島市出来島本町1-25
電話番号:088-622-1811(代)
※今後の高速バス運行状況についてはホームページをご確認ください。

◎紹介した「お寺のリモート参拝(ライブ配信)」について
名称:四国八十八ヶ所霊場第二十二番札所 平等寺
住所:徳島県阿南市新野町秋山177
電話番号:0884-36-3522
※動画サイトYouTubeの「四国二十二番札所平等寺」チャンネルでお寺の様子を24時間ライブ配信し、「リモート参拝」や「リモートおみくじ」を行っています。
年末年始は「リモート初詣」を行い、除夜の鐘のライブ配信をする予定です。
詳しくはホームページをご覧ください。


◎紹介した「ラッピング店」について
名称:ZEST(ゼスト)
住所:徳島市寺島本町東1-33-5 シャルムビル1F
電話番号:090-3785-4049
営業時間:15:00~20:00
定休日:なし
※持ち込みラッピングは有料です。

 

※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
 製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、
 各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
 なお掲載している情報は放送当時のものです。

投稿時間:2020年12月19日 (土) 07:55 | 固定リンク


【おめざ発見伝】昔ながらの黒糖づくり ~愛媛 四国中央市~


放送日:20201219日(土)
昔ながらの黒糖づくり ~愛媛 四国中央市~

gyutto_omeza201219.jpg

 

◎紹介した「黒糖」について
名称:ロハス企業組合
住所:愛媛県四国中央市土居町入野135-5
電話番号:0896-77-4150
備考:ホームページからお取り寄せできます。

 

 

※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
 製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、
 各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
 なお掲載している情報は放送当時のものです。

投稿時間:2020年12月19日 (土) 07:55 | 固定リンク


「遊び心」を大切に!


キャスターの小野文明です。

12月12日(土)放送の「おめざ発見伝」のコーナーでは、香川県のいちご「女峰」をご紹介しました。

gyutto_ono201214-1.jpg

このいちごは、甘すぎないためにケーキとの相性が良く、実が比較的固いため 華やかな見た目の切り方「フルーツカッティング」に適しているそうです。

gyutto_ono201214-2.jpg

リポーターの高松局・上原あずみさんがスタジオにいちごを持ってきてくださったので

放送後、「フルーツカッティング」に挑戦してみました。

いちごと生クリームを使って「サンタクロース」を作ります!

gyutto_ono201214-3.jpg

いちごを先端から3分の1くらいのところでカットして、断面に生クリームをしぼります。

gyutto_ono201214-4.jpg

いちごの先端部分を生クリームの上に載せると…

早くもシルエットがサンタに見えてきました!(クリームの下が胴体で上が帽子)

gyutto_ono201214-5.jpg

チョコレートで目と鼻、洋服のボタンを描いて…

gyutto_ono201214-6.jpg

完成です!

私は不器用な人間だと自分で思っていますが、今回は意外にも可愛らしくできました(笑)

それに、「いちごサンタ」を作るのに2~3分もかかりませんでした。簡単です!

今年は新型コロナの影響で「クリスマスはおうちで過ごす」という方もいらっしゃるかと思います。ご自宅でケーキを作るときなど、ご参考になさってみてください。

こういう「遊び心」を食卓で見られたら、楽しく過ごせそうです。

 

「遊び心」と言えば!

「おめざ発見伝」のVTRのラストカット、皆さんはお気づきでしたか…?

gyutto_ono201214-7.jpg

数秒だったので分からなかったかもしれませんが、よ~く見ると

いちごサンタの周りに「ギュッと!四国」のマークがいくつも!

手作りのフィルターを使って、工夫して撮影したそうです。

カメラマンの粋な計らいでした!

 

 

投稿時間:2020年12月14日 (月) 13:05 | 固定リンク


【おめざ発見伝】クリスマスケーキにぴったり!いちご「女峰」 ~香川 三木町~


放送日: 20201212日(土)
クリスマスケーキにぴったり!いちご「女峰」 ~香川 三木町~

 gyutto_omeza201212.jpg

◎紹介した「いちご・女峰」について
名称:JA香川県 中央地区営農センター 三木町集荷場
電話番号:087-891-1020
 

※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
 製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、
 各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
 なお掲載している情報は放送当時のものです。

投稿時間:2020年12月12日 (土) 07:55 | 固定リンク


【気にナル調査隊】どんな思いで? まちかどピアノを弾く人たち


2020年12月12日(土)放送

◎紹介した「まちかどピアノ」設置場所について
名称:オズメッセ21
住所:愛媛県大洲市東大洲 1596
電話番号:0893-25-3800
設置期間:令和2年11月21日~令和6年3月31日の予定(大洲市復興支援課)


※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
 製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、
 各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
 なお掲載している情報は放送当時のものです。

 

投稿時間:2020年12月12日 (土) 07:55 | 固定リンク


兼題:蓮根(れんこん)


2020年12月12日(土)放送

兼題:蓮根(れんこん)

 

▼選句ポイント

・蓮根の形や質・収穫の特徴

・産地や生産者への想い

 

▼ギュッと!特選

大海の栓を抜くごと蓮根掘(はすねほり)     池之端モルト

【解説】
胸まで泥につかって掘っている現場を思いました。『俳句王国がゆく』で宮崎のれんこん畑を訪ねた時掘るおじさんは足の指先でれんこんを探りあて、足の指で継ぎ目をひねり切って収穫していました。まさに「大海の栓を抜くごと」という比喩(ひゆ)ならではの動作。
しかもこの「大海」は泥の海なのですね。最後に、季語が出てくる語順も巧みでした。

 

▼入選

蓮根(れんこん)掘る掘る雨があたたかいよ  花紋

【解説】
れんこんの収穫は畑の水を抜き、手で丁寧に掘り出すやり方やホースで放水して泥を払いつつ収穫するやり方もあります。この句は、放水を思いました。水の冷たさ、泥の冷たさの中で、降り出した「雨」。顔に当たる「雨があたたかいよ」という、つぶやきに実感があります。

 

折らぬやう沈まぬやうに蓮根(はすね)掘る     かつたろー。

【解説】
「折らぬやう沈まぬやう」って何?と思わせておいて、下五で答えが分かるというタイプの句ですね。上五中七が、いかにもレンコンならではの言いまわし。丁寧に掘っている様子が分かるような、ゆったりとした調べが内容に似合っています。

 

色白の蓮根(はすね)吉野は水豊か       あずお       

【解説】
「蓮根(れんこん)」を詠んだ一句です。「色白の」で人物かなと思わせておいて「蓮根(れんこん)」が出てきます。「吉野」は吉野川、四国三郎の豊かな水がはぐくむ、れんこんの肌であるよという一句には、この地へのご挨拶の気持ちも込められています。

 

▼夏井いつきの添削「はじめの一歩!」

今回の兼題「蓮根(れんこん)」じつは少し意地悪な出題でした。ほとんどの歳時記が「蓮根(れんこん)掘る」という農作業を季語として載せていて、植物の季語として「蓮根(れんこん・はすね)」を載せているのは少数派の歳時記です。兼題「蓮根(れんこん)」といわれて、はて?と首をかしげた人は、とてもよく勉強している証拠。中には「蓮根(れんこん)掘る」と「蓮根(れんこん・はすね)」を作り分けてくれた人たちもいて天晴れ!です。

・地震あり動けぬままの蓮根掘     新濃 健          

 冬めくや蓮根並ぶ直売所         新濃 健          

・鼻先の泥は乾きて蓮根掘り       蒼奏

 不発弾の話し蓮根すりながす     蒼奏      

蓮根掘り畦より夫の指図かな     藤田ゆきまち      

 蓮根のあな菜箸のとらへたり     藤田ゆきまち      

鍬掘りの蓮根泥の乾くまま       一港             

 蓮根の先ずは灰汁抜く大三十日   一港       

左足沈み右足沈み蓮根掘る       木染湧水  

 蓮根を洗うシンクがまた詰まる   木染湧水

富山の露玉さんは、兼題「蓮根(れんこん)」は、歳時記に載ってないと判断し、別の季語と取り合わせて見事な作品を仕上げてくれました。

すりおろす蓮根白し雪もよひ   富山の露玉

 蓮根の穴の白じろ神の留守     富山の露玉

 

【解説】
なぜ、多くの歳時記が「蓮根(れんこん)」を季語として載せていないのか、その理由はよく分かりません。「図説俳句大歳時記(角川書店)」には「早いものは八月中旬、多くは秋の彼岸を中心として掘るが、農家の仕事の都合や市場の値段を考えて冬の間でも収穫する」とあります。秋の農繁期を終え、蓮根掘りの仕事にかかるのが初冬の頃、これが季語として定着していったのかもしれません。
「大根引く」「大根洗う」は人事の季語。「大根」は、植物の季語と区別する歳時記が多いように「蓮根(れんこん)」も「蓮根掘る」が人事の季語。「蓮根(はすね・れんこん)」が冬の植物の季語となっても良いのではないかと思います。
レンコンの産地が多い四国、「蓮根」そのものが多くの歳時記に載る日がくるよう四国から季語を発信していけたらいいと思いませんか。そのためには、たくさんの人たちが「蓮根(れんこん)」を冬の植物の季語として使い、多くの秀句が生まれる必要があります。レンコンの生産者を応援しつつ、私たちはレンコンの秀句に挑戦してみましょう。

 

>>夏井いつき添削「はじめの一歩!」
>>秀作・佳作

 

 

投稿時間:2020年12月12日 (土) 07:55 | 固定リンク


兼題:蓮根(れんこん)添削「はじめの一歩!」


◆正しい表記とは?

母親見舞う なますの蓮根 刻む父     高畑よしき

・子ら駆ける 未来を見通す 蓮根かな   津国智之

[解説]
五七五の間を空けないのが 俳句の基本的な表記。テレビの俳句番組で三行書き(あるいは二行書き)にしているのは、テレビの画面が四角という事情から。
正しい表記を覚えましょう。

 

 

◆類想類句は宿命

・掘あげし蓮根の穴に見る未来        花子

・蓮根の穴の中にも未来あり          亀田かつおぶし

[解説]
俳句はたった17音しかないので「類想類句=似たような発想、似たような句」ができるのは宿命です。類想類句を気にしすぎず「多作多捨=たくさん作って、たくさん捨てる」を心がけ、たくさん作った中から、よりオリジナリティの高いものを自選する力をつけていきましょう。

 

 

◆ちょいと添削

・蓮根掘り我を植えたり泥の中   深山紫

[解説]
「蓮根掘りをしたことはないのですが、子供のころ泥田にはまって足が抜けなくなったことがあります。このまま苗のように田んぼに植えられてしまうのかと大泣きしてみんなに笑われました。懐かしい思い出です」と深山さん。
お気持ち分かります(笑)。中七「植えたり」で切れるので、三段切れっぽくなっているのが惜しい。語順を変えると解消しそうです。
【添削例】 我植うるごとき泥なり蓮根掘り

 

・蓮根掘るタニシ堀端潰れおり     鈍亀      

[解説]
「タニシ」も季語ではありますがこの場合は「蓮根掘る」が主たる季語ですね。よく観察しているところがよいです。中七下五を調えてみましょう。
【添削例】 蓮根掘る畦にタニシの潰れけり

 

・太けれど見事に折れたる蓮根かな     KAZUピー         

[解説]
中七は極力7音におさめるのが最善な方法です。「に」は不要ですね。
【添削例】 太けれど見事折れたる蓮根かな

 

土中よりリアス海岸蓮根かな      升屋 

[解説]
「土中より」と説明しなくても、今掘り出したところだと分かるように書くことはできます。例えば
【添削例】 リアス式海岸めける泥蓮根

 

 

◆推敲(すいこう)のヒント

・闇に秘するは籠殻の花火か蓮根や       Sonyist     

[解説]
「子供の頃『蓮根の模様は花火だ』と思ったのを詠みました。泥沼の底の日光も遮断された世界に潜むが、その殻(皮)の中には美しい花火が‥という句。季重なりで、字余り(特に中七)で、造語まで使っている点が心配。」と作者の弁。
確かにいろいろとやり過ぎています。「闇」の「籠」と「蓮根」で一句、「花火」のような「蓮根」で一句、という具合に作り直してみましょう。

 

蓮根田日を遮るはイナゴ玉     カメちゃん    

[解説]
「天気の良い日、徳島県鳴門市の蓮根田の横を通っていると、視界が一瞬に真っ暗になりました。よく見ると勢いよく飛んできた大量のイナゴが太陽の光を閉ざしたものでした」と作者のコメント。
そのコメントから判断して、表現したいのは「勢いよく飛んできた大量のイナゴが太陽の光を閉ざした」ということではないでしょうか。ならば「蓮根田」を諦めて「蝗(いなご)」の句として作り直してみましょう。

 

・蓮根掘る爺さん語るシャキ感を   打楽器    

[解説]
「蓮根掘る」「蓮根」どちらの句にしたいのかまず方針を決めましょう。「蓮根掘る」ことと、食感の「シャキ感」を17音にいれるのはちょっと難しいかも。

 

・蓮根掘る水圧ポンプ慎重に     マレット

[解説]
下五が惜しいです。どんな様子を見て「慎重に」作業しているなと感じたのでしょう。そこを描写してこその一句、脳内のビデオテープを再生して5音で描写してみましょう。

 

・ハス終りあとはレンコンほるぞのみ     山先文雄

・父の法事に蓮の花生け蓮根食べ        まほ

[解説]
どちらも詠み込もうとする時間が長すぎます。

 

・泥蓮根白き姿はかぐや姫       マユミ

[解説]
「姿は」は不要です。

 

・蓮根で御当地グルメ町おこし   太郎  

[解説]
「ご当地グルメ」とあれば「町おこし」と書かなくても想像ができます。

 

・酢蓮根薄紅染めて膳飾る        メイさん

・泥にいた蓮根酢水で寒そう     ほんよむひと

・蓮根に希望詰め込み挟み揚げ   葵

・一欠片の蓮根児のスタンプに   花  小雪

[解説]
「~染めて~飾る」「水で寒そう」「~に詰め込み」「~の~の~に」が散文的です。作り直してみましょう。

 

>>放送で紹介された句
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2020年12月12日 (土) 07:55 | 固定リンク


兼題:蓮根(れんこん)秀作・佳作


2020年12月12日(土)放送

兼題:蓮根(れんこん)

 

【秀作】

地震あり動けぬままの蓮根掘           新濃 健

冬めくや蓮根並ぶ直売所           新濃 健

鼻先の泥は乾きて蓮根掘り             蒼奏

不発弾の話し蓮根すりながす           蒼奏

蓮根掘り畦より夫の指図かな           藤田ゆきまち 

蓮根のあな菜箸のとらへたり           藤田ゆきまち 

鍬掘りの蓮根泥の乾くまま             一港

蓮根の先ずは灰汁抜く大三十日         一港

左足沈み右足沈み蓮根掘る             木染湧水

蓮根を洗うシンクがまた詰まる         木染湧水

蓮根堀る才能はある愚息かな           吉行直人

粘り気の強き泥土や大蓮根             キートスばんじょうし 

脚指を捻じり掘り出す蓮根なり         スローライフ 

蓮根掘る穴の不思議を天に聞く         のど飴

四国三郎の肥やす土なり蓮根掘る       はむ

脱サラの重なる重み蓮根掘る           ハルノ花柊

助造の鍬に銘なし蓮根掘る             まっことマンデー

ずくずくと鈍色の泥蓮根掘             みやこわすれ

かかへたる重きひかりや蓮根堀         伊奈川富真乃

蓮根掘り終ふ月面に立つ心地           一斤染乃

蓮根掘る五十分待つ鳴門線             伊予吟会 宵嵐

部活なし蓮根掘りを手伝へる           宮武美香

どろどろと溺れるごとく蓮根掘る       おきいふ

出戻りの吾の長靴や蓮根掘る           宮本象三

キハ40去り再開の蓮根掘り            近江菫花

蓮根掘る風は渦潮越えて来る           高橋平地草

禅寺の厨用にと蓮根掘る               紗智

足の爪硬き男や蓮根掘る               小池令香

蓮根掘る要領悪しき父でした           小野睦

蓮根掘る厄介な姉夫婦きて             松井くろ

蓮根掘足を吸い込む温き泥             川越のしょび

水竜の眠れる髯や蓮根掘る             登りびと

ゴボゴボと活断層へ蓮根掘る           南側

泥払う水猛々し蓮根掘り               文明

鳩尾に水の重さや蓮根掘る             平本魚水

炎鵬頑張れ泥の蓮根蹴飛ばして         椋本望生

熟寝子のごとくに蓮根掘り起こす       比々き

蓮根の掘られしあとの水たまり         松本だりあ

手掘りてふ鳥生蓮根まるかじり         あみま

蓮根のまとへる泥の乾ききる           佳山

切り口が糸引く鳴門蓮根よ             ⑦パパ

蓮根の穴美しき楕円形                 あいが だなえ

蓮根の穴の一つがなみだ型             七瀬ゆきこ

蓮根の穴を光の水走る                 宮武美香

蓮根の穴は無意識の領域               紗千子

れんこんのバリバリバツイチの朝は     大和田美信

蓮根に節二つ三つ仏めく               播磨陽子

蓮根は口が軽いに決まってる           風ヒカル

赤子のごとまろく輝く新蓮根           藍月

すりおろす蓮根白し雪もよひ           富山の露玉

蓮根の穴の白じろ神の留守             富山の露玉

 

 

【佳作】

蓮根は売切れ無人販売所           じゅん

山積みのレンコン見上げ泥化粧         かざみどり

蓮根堀り腹筋ねじれ掲げをり           おぼろ月

泥すれすれ耳傾けて蓮根掘り           じょいふるとしちゃん

水かけて真白き足と蓮根かな           じゃすみん

収穫の放水冷たき蓮根や           すみれ

思春期の悩み蓮根の穴に吐露           ずんこ

蓮根目覚めん噴射の強き圧             たま

蓮根を掘りて地球の力知る             そまり

土水の眠りは深き蓮根よ           ツークン☆

蓮根のムチン吸い付く年の暮           ツユマメ
(※「食品工業辞典(日本食品科学工学会)」によると、ムチンとは「動物より分泌される粘質物一般をいう」とあります。日本では、レンコンなど植物のねばねば成分を「ムチン」と呼ぶ習慣がありますが、これらの多くは別の物質で、構造からもムチンではないという研究結果が発表されています。)

あかがねの身に入る蓮根の醤油         どーりー3

蓮根掘り骨の髄まで冷えて風呂      ドイツばば

手も足も視線も潜る蓮根堀り           ねじり花

泥中を足先で見る蓮根掘           ひでやん

蓮根を掘る脚ずぶずぶと深く           まるかじり

蓮堀や息子二人は未成年           ヤチ代

蓮根の穴を数えてより食らう           りょうせい

蓮根や朝は食べぬと決め込む子         ゆすらご

早食いの子の蓮根の咀嚼音             よしざね弓

「うずしお一号」蓮根産地を駆け抜ける     れんげ畑

れんこんやれんこんや福よぶやうに食む     浦野紗知

蓮根掘る両手広げる長さかな           伊丹妙子

蓮根掘る畑に映る空グレー             花の首飾り

蓮根に仏の鼻の穴のあり           橘まゆこ

蓮根やつながっている泥の中           玉井令子

泥まみれ掘るや蓮根白き足             康寿

恐妻に辛し蓮根喰わされて             子安一也

酢蓮根かしゅかしゅつまむ節料理       紫水晶  

蓮根や穴の向こうの割烹着             純子

泥に足突っ込む覚悟蓮根掘る           小鞠

蓮堀の匂ふ泥色水綺麗             松山のとまと

蓮根の歪な穴に指をさす             城内幸江

鼻の穴蓮根の穴土の香よ           高尾里甫

暴れ川余して残す蓮根かな             香依蒼

繰り言を子ひとくさり蓮根掘る         みなと

世間話も盛り上がる蓮根かな           山内三郎

列車めく蓮根5両繋ぎかな      山羊座の千賀子

雪の朝泥田の中の蓮根や           水晶文旦

蓮根のくびれに酸素苦しそう           水蜜桃

蓮根掘る都会生まれの妻の尻           世良日守

蓮根掘る水の呼吸の探る探る           清人

長靴を洗ふ星空蓮根掘り           石塚彩楓

蓮根掘る石鎚見上げ腰伸ばす           節子。

蓮根を噛みしめ君のこころ読む         川畑 彩

蓮根を掴む形は楕円形             土佐藩俳句百姓豊哲

蓮根堀ウィーンと響くポンプ音         島村福太郎

蓮根掘る太古のロマン掴み出す         桃子ママ

手で掘りて鳴門の白き蓮根よ           房総たまちゃん

蓮根の産声高き阿波の国           野中泰風

蓮根堀ひと節千切れ泥人形             里山まさを

泥の顔うろうろしてや蓮根掘り         良馬

まっしろの滑らかな肌蓮根剥く         棗椰子

足取られドボンと嵌る蓮根堀           翡翠

蓮根の穴も真っ赤に冬夕焼             我省

泥蓮根足がばと抜く時雨どき           亀山酔田

蓮根や肱川あらし迫り来る             亀田かつおぶし

蓮根を掘る腰見ゆる秋遍路                  蒼求 

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつき添削「はじめの一歩!」

 

投稿時間:2020年12月12日 (土) 07:55 | 固定リンク


世相を表す小さなペット


キャスターの小野文明です。

12月5日(土)の放送は、愛媛県今治市出身の村上ショージさんとお送りしました!

gyutto_201207-1.jpg

ショージさんが最近ハマっているのは「メダカの飼育」。

gyutto_201207-2.jpg

(村上ショージさん インスタグラムより)

 

新型コロナウイルスの影響で家にいる時間が増えたことがきっかけで始めたそうです。

この話を伺って、1か月ほど前の放送を思い出しました!

gyutto_201207-3.jpg

(2020年10月31日(土)放送「ギュッと!四国」より)

 

いわゆる「おうち時間」が増えたことでメダカの飼育を始める人が増えていて、

一般的なメダカだけでなく品種改良された希少な色・形のメダカも人気を博している、と山口寛明アナウンサーが中継で伝えてくれました。

俄かにメダカ愛好家となったショージさん、「メダカの中には1匹数千円以上するような高級品種がいる」こともご存じでした。

 

スタジオで中継の映像を見ていたときは「ふむふむ、確かに家にいる時間が増えたらメダカを飼い始める人が出てくるかもしれないなぁ」と思う程度でしたが

その1か月後のショージさんとのトークで「本当にそうなんだー!!」と、答え合わせができたような気持ちになりました。

 

 

「ギュッと!四国」では、引き続き「イマ」を切り取る企画をどんどん放送していきます。

視聴者の皆さんからも「これが気になる!」「最近よく聞くアレって、実際のところどうなの?」といったテーマを募集しています。

こちらのページから気軽に投稿してみてください。

https://www.nhk.or.jp/matsuyama/gyutto/form.html

 

投稿時間:2020年12月07日 (月) 11:49 | 固定リンク


ページの一番上へ▲