ギュッと!四国ブログ

美味しいポポ-!


こんにちは!キャスターの屋野愛音です。

 

先月の「ギュッと!四国」『四国うまいもん巡り』のコーナーでは、

大洲市の菊地悍さんが生産されている幻の果物「ポポ-」をご紹介しました。

ねっとりとした食感や強い甘みが特徴の北米原産の果物「ポポ-」。

日持ちが数日間と短いことから市場にあまり出回らず「幻」と言われています。

300本のポポ-の木を1人で管理している菊地さん。

収穫期の9月から10月にかけては、1本1本の木をまわり果実の状態を確かめています。

生のポポ-は、10月中旬ごろまで大洲市周辺の道の駅や直売所などで販売されています。

みなさんもぜひ味わってみてください。

caster_yano211012-1.jpg

※撮影時のみマスクをとりました

 

今回は、お笑い芸人「和牛」のお二人をゲストに迎え、

小野アナウンサーと共ににぎやかにお送りしました!

水田さん、川西さんにもポポ-を味わっていただきましたよ^^

caster_yano211012-2.jpg

caster_yano211012-3.jpg

動画もアップされています。ぜひご覧ください。

https://www.nhk.or.jp/matsuyama/gyutto/umaimon/
(動画は11月25日(木)までの掲載です)

 

 

投稿時間:2021年10月12日 (火) 14:50 | 固定リンク


兼題:鹿(しか)


2021年10月9日(土)放送

兼題:鹿(しか)

(動画の掲載は、放送日より2か月間です。)

 

▼兼題の季語「鹿」解説

「鹿」の交尾期は8月から10月頃まで。
牡鹿(おじか)が、牝鹿(めじか)を「ピュー」と呼ぶ高い声が哀切(あいせつ)で、「妻恋う鹿」という傍題もある。
花札でも紅葉と配されているが牝鹿(めじか)を恋う声を愛でて「秋の季語」とされている。
季語「鹿」の傍題は、「牡鹿」「牝鹿」「鹿の声」「鹿鳴く」「妻恋う鹿」「鹿の妻」「夜の鹿」「しし」「かのしし」「神鹿」など。

 

 

▼選句ポイント

「鹿」らしい特徴を観察&描写

 

 

▼ギュッと!特選

群れ鹿の眼(まなこ)あまさず吾(あ)を見たり    深山むらさき

[解説]
鹿一頭ではなく、鹿の群れを観察しての「一物仕立て」。
鹿が群で行動するのは外敵から身をまもるためで、危険を察知すると一斉に振り向く。その鹿たちの様子を「眼(まなこ)あまさず」と描写した点が秀逸。
「吾(あ)を見たり」と視線の集中するさまも、この下五で表現できている。 
「~まなこあまさずあを~」のあたりのア音の韻の響かせ方もうまい。一言一句、過不足のない作品。

 

 

▼放送でご紹介した「秀作」

ぽぷぷぷと糞(ふん)する鹿と目が合(お)うて    いさな歌鈴

[解説]
オノマトペに個性と真実味があり、糞(ふん)と目と、どちらもしっかりと観察している。

 

曉の霊気ふるはす神の鹿      佐川碧

[解説]
「神の鹿」は奈良・春日神社や広島・厳島神社で神の使いとして飼っておく鹿、これも季語。「曉の霊気ふるはす」が、いかにも神社らしい描写。

 

せんべいをせがみし鹿の息荒し   たむらせつこ

[解説]
煎餅と鹿のネタは山ほどあるが、「せがみし鹿の息荒し」という描写に臨場感がある。
鹿の腥(なまぐさ)い息が伝わってくる。

 

ぐずぐずと鹿引き返す谷の淵(ふち)   吉野川

[解説]
降りようとしてちょっと無理だと引き返す鹿の様子が、リアルに描写されている。

 

鹿の目の一点微(かす)か潮臭い   夢実

[解説]
「鹿の目」をクローズアップする句も多いが、下五「潮臭い」という嗅覚の展開がうまい。

 

▼放送でご紹介した「佳作」

光る眼(め)を上下させつつ鹿寄り来(く)   じゅん

[解説]
これは、ちゃんと鹿を観察しようとしている。
上五中七が観察の言葉。

 

煎餅とパンフレットは鹿が胃へ    狼α

[解説]
下五の描写が率直すぎるきらいはあるけど、句材として愉快。

 

山道は渋滞鹿の仁王立ち    まるこ

[解説]
鹿などの生き物が道を塞ぐという句はあるけど、下五「仁王立ち」がなんだか大げさで愉快。

 

曲がり角光る鹿の目クラクション   大薮ハナミズキ

[解説]
クラクションやヘッドライトに鹿の目が光る、という句もあるのだが、「曲がり角光る~」という展開に工夫がある。

 

宝殿に鹿の出迎え人まばら    ハナショウブ

[解説]
人気の少ない「宝殿」の様子が率直に描写できている。

 

 

▼放送でご紹介した「秀作への道」

<ポイント>表現を工夫しよう

山中に鹿の目黒く輝けり    卯夏野心(佳作)

[解説]
「佳作」にいただいた句。
丁寧に書こうとする姿勢はみえるが、描写の精度として物足りない部分がある。

 

角を研(と)ぐ目の漆黒に潤む鹿      ひでやん(秀作)

[解説]
「秀作」に推した句。
「佳作」は上五で「山中に」という場所から入るので、「鹿の目」のクローズアップがやや強引だが、「秀作」は「角を研(と)ぐ」という鹿の頭部から始まるので「目の漆黒」へのクローズアップが自然、画角の大きさも工夫のポイント。

 

目が合ってぱたりと止まる野鹿かな   田村 美帆(佳作)

[解説]
「佳作」にいただいた句。
鹿が危険を感じた時パッと止まってこちらを凝視する瞬間、そこに興味を持ったのはよい。ただ「~合って~止まる~かな」という叙述の時間軸がダラダラした感じになっている。

 

鹿の目に捉えられたるニ三秒    しみずこころ(秀作)

[解説]
こちらは「秀作」に推した句。
「鹿の目に捉えられたる」と非常にシンプルな描写だが、状況ははっきりと伝わる。
さらに「二三秒」と時間をはっきりと書くことでリアリティが増す。
時間の表現も工夫のポイント。

 

>>夏井いつきのアドバイス
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2021年10月09日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:鹿(しか)「夏井いつきのアドバイス」


●「俳号」について 夏井いつきからのお願い
①似たような俳号を使う人が増えています。
俳号は「自分の作品をマーキングするための印」でもあります。せめて俳号に名字をつけていただけるとありがたく、共に気持ちよく学ぶための小さな心遣いです。

②同一人物が「複数の俳号」を使って投句するのはご遠慮下さい。
「いろんな俳号でいっぱい出せばどれか紹介されるだろう」という考え方は俳句には馴染みません。丁寧にコツコツと学んでまいりましょう。

 

 

◆季重なり

朝焼けの町かっ歩する奈良のシカ    中村のりぴ

小鹿にも仰ぐ空あり黄落期       中矢長宗

奈良の鹿撫でし記憶や秋の空     野菊

山霧や突如飛び出す親子鹿       ゆづりん

[解説]
それぞれ「鹿」という言葉は入っているが、「朝焼け」「黄落期」「秋の空」「山霧」などが主たる季語となっている。

 

◆季語深耕

茶のセーター十六夜こぼれ鹿の子模様    さぬきの風

花札の紅葉と鹿の札を打つ       ツークン☆

[解説]
「鹿」の文字は入っているが「鹿の子模様」は模様の種類、「鹿の札」は花札の種類。どちらも季語とは言い難い。

 

鹿の糞(ふん)見つけし青いフンコロガシ    松山のオジサン

鹿の糞(ふん)よい土にする虫を知り    真帆

鹿のふんかがやく虫のころがしぬ  どいけず

鹿のふん豆だ々と子らがゆう      謨斉大工

[解説]
「鹿の糞(ふん)」の句がたくさん寄せられた。
調べてみると、鹿の糞(ふん)を自然に返す分解の働き手として「フン虫」という種類の生き物がいるそうだ。奈良公園に住むフン虫は、ルリセンチコガネの鮮やかな瑠璃色に驚いた。一句目の「青いフンコロガシ」はこれだなと合点した。
鹿の糞(ふん)も句材なのでどんどん詠んでいいのですが、今回の兼題は「鹿」なので「糞(ふん)」を描きつつ「鹿」そのものを描いて欲しいなと思う。例えば、「秀作」に推したこの句などがお手本になりそう。

ぽぷぷぷと糞(ふん)する鹿と目が合(お)うて   いさな歌鈴

◆今月の添削

杖の音に山崖を飛ぶ鹿夕の逍   白髪

[解説]
材料が多すぎ、材料をギリギリ削いで整えてみよう。

【添削例】杖音や崖飛ぶ鹿の夕ざるる

「山」、「逍」を外しただけでも韻律がゆったりとしてくる。

 

山里や田は荒れはてて鹿鳴き近く   酔蓮

[解説]
「山里」、「田」と地理的な情報が重複している、そして最後の「近く」が唐突であること、その2点が気になる。
鹿が近くで鳴いているのは、山や田が荒れてしまったからだよ、ということを伝えたいのであれば、こんな感じになるでしょうか。

【添削例】鹿近く鳴く荒れ果てし山よ田よ

 

>>放送で紹介された句
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2021年10月09日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:鹿(しか)秀作・佳作


2021年10月9日(土)放送

兼題:鹿(しか)

 

【秀作】

倒木や薄き光を浴ぶる鹿                          いたまきし

あれがボスせせらぎ嗅いでゐる雄鹿            あずお玲子

雄鹿立つ暫し旅愁の薄暮あり                      岩宮鯉城

最終便去りて神なる鹿の島                        おきいふ

ふてぶてし列車見送る蝦夷の鹿                    ねじり花

寺の影もあり鹿の影もあり                        まるかじり

小牡鹿(さおしか)や端出場に翳(かげ)る社宅跡  みうら朱音

斜面には鹿しほ舐めて爪舐めて                    伊予吟会 宵嵐

ダム湖面妻恋ふ鹿の木霊せり                      一港

鹿遊ぶ島の鳥居は潮に濡れ                        加田紗智

微熱めく鼻突き出して鹿の声                      花紋

一頭の佇む鹿の目の昏さ                          宮武美香

ひゆんひゆんと聲(こえ)こだまして鹿の恋        坐花酔月

山里の石垣高し鹿の声                            小池令香

海風の早き鹿島の鹿小さき                        松山のとまと

尻つつく牡鹿(おじか)の吐息生ぬるく            松山冬花

潮風へ鹿の吐息のあたたかく                      松本 だりあ

鹿一声一両列車見送れば                          西原みどり

後ろ手を宮島の鹿舐めにけり                      戦後生まれZ

鹿鳴くや闇夜に光るビルの森                      南側

珈琲の雫待つ間や鹿の声                          堀アンナ

島々に神の依り代鹿の鳴く                        妹のりこ

火を焚き一人遠鹿の聲(こえ)を見る              あたなごっち

たたたんと夜道横切る夜の鹿                      あみま

ハイビームに浮かぶ鹿等の白き尻                  アロイジオ

鹿の狙う生徒会長の弁当                          かつたろー。

神の島風のまにまに鹿の声                        キートスばんじょうし

奈良に迷うて鹿に取り囲まれている                けーい〇

鹿鳴くやきんと夜更けの山崩れ                    じゃすみん

夕さりや神社の杜に鹿の鳴く                      じょいふるとしちゃん

鹿眠り大仏の手のやはらかさう                    綾竹あんどれ

鹿鳴けば林の星の震へをり                        伊丹妙子

かはたれの湿りや飢ゑてゐる牡鹿(おじか)        伊奈川富真乃 

鹿すぐに消えて歩荷(ぼっか)の荷の重し          稲畑とりこ

奥飛騨のみづきよらなり鹿の声                    浦野紗知

夜の鹿雨しろがねに過ぎ行けり                    岡山小鞠

警官出動国道に鹿悠々と                          花の首飾り

鳴き鹿の水飲む音や朝まだき                      亀山酔田

ぴいぴいと鹿鳴く朝の小雨かな                    亀田かつおぶし

鹿に煎餅人に大仏プリン                          菊池洋勝

縄文より人は何代鹿の声                          久留里61

禰宜道(ねぎみち)に列なす鹿のうしろ行く        近江菫花

奈良町の夜雨しづけし鹿の声                      彩汀

仰ぎ見るクレーン車の鹿の尻                      三泊みなと

ハイビーム市道の鹿の目の赤し                    山羊座の千賀子

鹿の目に吾(われ)なきごとくすれ違ひ            七瀬ゆきこ

後ろより近づいてくる鹿の息                      紗千子

宮島や雨戸ひらけば大き鹿                        渋谷晶

斜里岳をのぞむ小径や鹿の聲(こえ)              水牛庵乱紛

鹿啼(な)きて空へ純度の足されけり              染井つぐみ

鹿ばつと立てりおほなゐ五秒前                    大黒とむとむ

三頭の鹿白樺に消えゆけり                        池之端モルト

荒城を鹿のにほひがするといふ                    藤 雪陽

ベサベサの鹿と分けたるお煎餅                    藤田ゆきまち

ナツ吠えて富士の麓(ふもと)に親子鹿            巴里乃嬬

ふりかえる鹿よ永久が呼んでいるか                播磨陽子

その眼よりまろき声して恋の鹿                    板柿せっか

はろばろと木下(こした)あかるき鹿の森          比々き

山門を抜けてぬぬつと鹿二頭                      平本魚水

とは言へど鹿を撫でる子泣き出す子                椋本望生

声もなく群れ来る鹿や古都しづか                  木ぼこやしき

家を出て二分で鹿の来る畑                        木染湧水

溪谷の野営の窓に暁の鹿                          柚木みゆき

稜線にビバーク鹿の声かすか                      里山まさを

 

【佳作】
◆佳作
「鹿注意!」横を堂々鹿の群れ                    くぅ

急停車鹿の瞳は我を射る                          村瀬っち

雨そそぐ鹿の毛光り目は濁り                      竹内一二

鹿跳ねる我二月堂走り抜け                        もぎりん

鹿のふん丸くて臭い野生の糞(ふん)              伊藤建樹

参道を我が物顔に鹿うらら                        小だいふく

学舎に鹿来て憩う古都の朝                        清風

深山や蔭より生ゆる鹿五、六                      畠山悊央

黄昏に寄りそふ鹿や興福寺                        姫川ひすい

鹿しかと我を黒目に捕らへけり                    麦

神鹿や前肢折りて奥宮                            どこにでもいる田中

玄関に鹿のっそりと居る夕べ                      みづちみわ

振り向けば煎餅買えと突く鹿                      岡田春二

背突かれて鹿煎放つ厳島                          五十展伝

新月の夜に鳴く泣く鹿の角                        七折梅王子

振り向ける鹿の眼差しや憮然                      くま鶉

呦呦(ゆうゆう)と数千年を鹿歩く                宇野翔月

ぶつけあふ角の雄々しき雄鹿かな                  玉井令子

あなごめし弁当開けられず鹿鹿                    高橋寅次

さだまさし聴いて飛火野の鹿は                    香依蒼

ギイと呼ぶ繰り返し呼ぶ鹿の昼                    棗椰子

厳島あかり落とせば鹿の泣く                      アリマノミコ

午後三時いつもの鹿が店先に                      KAZUピー

漆黒にキュンと鹿鳴く物悲し                      あぽろ

背後から鹿すり寄るや鹿島かな                    おぼろ月

静寂をさきて鳴く鹿哀れなり                      さと、きのこ園

切り岸を駆け降りる鹿風連れて                    しばたはなこ

釣人に島鹿の近よりもせで                        たま

鹿の親子横断歩道渡る釜石の夜                    ハマっ子次郎

兀山(こつざん)や鹿追ふ聲(こえ)は聴こえしか  ぽー

宮島の景色となりぬ鹿は座す                      ゆすらご

北条の沖の鹿島の鹿の声                          れんげ畑

鹿の糞(ふん)ガイドは杖で教えたり              阿波オードリー

負け鹿の哀れな点の目は黒し                      花 恋雪

ペダルこぐ土手月の鹿目をそらす                  亀ちゃん

信号を守り横断奈良の鹿                          金時豆

親子鹿農家を思いトリガー引く                    高畑しき

この庭じゃ鹿の糞(くそ)まで螺髪(らほつ)めく 高尾里甫

鹿哭くや己が野生の在りか知る                    紫水晶

まあるい目の鹿あなたは迷子なの                  織部なつめ

鹿煎餅ボリボリと朝親子鹿                        水晶文旦

山小屋の睡りに交じる鹿の声                      裾野 くみこ

母と旅朱に映える鹿まぼろしか                    青梅爽

鹿の息指先温む古都ぶらり                        石川西道

全力で逃げる鹿たち散らばりて                    双海の夕陽

知り尽くす鹿の足跡道拓き                        津国智之

足跡の凹み様々鹿の声                            土佐藩俳句百姓豊哲

鹿遊ぶ宮島の旅懐かしき                          如月弥生

夕闇や伴侶はまだだと鹿が啼(な)く              文明

丸い眼に負けたとばかり煎餅を                    芳郎

鹿や増え喰い放題の土佐の山                      野中泰風

晴れて夜の鹿の足音近づきぬ                      宥光

鹿と吾(あ)と見つめ合いけり藪の端              藍月

公園の夜のとばりに鹿の声                        良馬

鹿も鳴く生の賛歌を唱へつつ                      六甲颪

鹿の糞(ふん)踏まぬようにと正倉院              六手

バス待ちて横断歩道渡る鹿                        そまり

里山に無機質な音罠に鹿                          おこそとの

啼(な)く鹿や夫の寝具はあたたかく              すずさん

鹿二頭湿る鳥居の元に添う                        ツユマメ

逃げること知らぬ小鹿の目の清ら                  でんでん琴女

齢ふる牡鹿(おじか)に角の重さかな              どいつ薔芭

四国路のヘッドライトに鹿よぎる                  ペトロア

鹿の声会えない人に書く手紙                      みやこわすれ

神鹿の澄んだ目に浮かぶ宮島                      もえたん

山道やヘッドライトに夜の鹿                      もふ美

父と見たあの鹿のあの白き斑(はん)              井納蒼求

畏(かしこ)みて神域に入る鹿の歩度              磯田省吾

がさごそと背後にここは鹿の山                    夏草はむ

東屋の雨に動くは鹿の影                          曲がりしっぽ

鳴く鹿に千年前の耳を借る                        五月ふみ

天敵もおらず食害鹿の害                          佐藤壱伍

顔にくるせんべい食べる鹿の角                    三保鶴

鹿の眼の車窓に光るスカイライン                  山川腎茶

哀愁の鹿の声きく奈良の宿                        山薔薇

「来いよう」に立ち上がる鹿跳ねる鹿              松井くろ

小鹿の瞳頭ふりふり鹿せんべい                    上原まり

眼前を雌追ふ鹿の直向きさ                        新濃 健

生贄の記憶や鹿は蒼く鳴く                        水蜜桃

泳ぐ鹿お前も島を捨てたのか                      世良日守

夕暮れの鴬塚や鹿に遇う                          勢田清

全身に泥塗りつける牡鹿(おじか)かな            星月さやか

はぐれ鹿君に恨みはないのだが                    正念亭若知古

俺は嫌な奴だよな鹿はけなげ                      西村小市

木の間に鹿視線で縫い付けておく                  泉千尋

しもた屋の軒下鹿の雨やどり                      東京堕天使

静寂なる峡の闇裂く鹿の声                        聞岳

救急車取り残されし闇に鹿                        満嶋ハト

角迫る逃げ腰のえさ奈良の鹿                      野山ノハナ

しんがりの蹄音(つまおと)軽し鹿の群            露草うづら

鹿たちが出入り自由な我が母校                    翡翠

雌鹿を先導毅然と雄鹿の目                        友健

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつきのアドバイス

 

投稿時間:2021年10月09日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:栗(くり)


2021年9月11日(土)放送

兼題:栗(くり)

(動画の掲載は、放送日より2か月間です。)

 

▼兼題の季語「栗」解説

さまざまな傍題があるのが季語「栗」の特徴。

毬(いが)に入っている状態の「毬栗(いがぐり)」、中身がからっぽの「虚栗(みなしぐり)」
熟して毬が開いている栗を意味する「笑栗(えみぐり)」、産地の名を冠した「丹波栗」「中山栗」など。さらに地理情報を含む「栗山」「栗林」、調理して「焼栗」「茹栗」「栗飯」、菓子として「栗羊羹(くりようかん)」「栗饅頭(くりまんじゅう)」「栗鹿の子」「栗きんとん」「マロングラッセ」など、産地から加工されたものまで幅広い季語をもつ。

 

 

▼選句ポイント

季語「栗」が動かない

俳句の世界では「季語が動く」という評言がある。他の季語に替えても一句が成立してしまう時に使う言葉だ。特に「栗」のような季語は、「梨」でも「柿」でもいいじゃないかという具合になりがち。
今回は、季語「栗」でなければ成立しない句を選んだ。

 

 

▼ギュッと!特選

原始よりをんなは栗を拾ひけり      伊奈川富真乃

[解説]
栗は縄文時代から食材や木材、そして燃料としても使われてきた木。栗を拾っていると、縄文の頃から女たちは皆こんなふうに栗を拾ってきたのだなあと、しみじみと実感した。
「栗」を拾うという行為が原始からの生きる営みであったのだという感慨が、どっしりとした作品になっている。「縄文」という言葉を使った句は他にもありましたが、「原始」という言葉を使うことでより強い、生き抜いてきた力を印象付ける。

 

 

▼放送でご紹介した「秀作」

栗むくやナイフの跡は多角形       じょいふるとしちゃん

[解説]
切っている場面だが「むく」という行為を強調詠嘆しておいて、「ナイフ」によって削られた部分を丁寧に描写。「多角形」で剥いた栗の断面がみえる。

 

摑(つか)み取る栗一キロの手の形    友健

[解説]
売っている人の「手」がプロの手なんだろう。「摑み取る~手の形」でかなり正確に「1キロ」がつかめてしまう、この観察眼もいい。

 

柴栗の弾(はじ)ける墓や父母の墓     こぼれ花

[解説]
「柴栗」は小さくて味がよい栗。「柴栗の弾ける墓や」で弾ける様子や墓石そのものを大写しにしておいて、それが「父母の墓」であると展開するのが上手い。

 

毬(いが)栗や昨日幹太は父になり      南側

[解説]
「毬栗」をアップで強調詠嘆しておいて「昨日」と時間を巻き戻し、「幹太は父になり」と言い切るこの語順が上手い。「父となり」としてもよいかとは思うが、父になった息子?に対する思いが「毬栗」との取り合わせで表現できている。

 

 

▼放送でご紹介した「佳作」

栗という大きな種を茹(ゆ)でて食う      れんげ畑

[解説]
季語「栗」を調べただけに終わるのではなく、この句は俳句のエリアに入ってきている。「栗という大きな種」という表現にささやかな詩がある。

 

お仏飯(ぶっぱん)の栗小さめに切ったよ  織部なつめ

[解説]
「お仏飯」のための栗飯だから栗を小さく切っている。具体的に書くことによって映像が作れている。調べが五七五を裏切ってるけど、語り口調をよしとしよう。

 

 

▼放送でご紹介した「秀作への道」

<ポイント>「凡人ワード」に気をつけて!

①栗ごはん甘塩黒ゴマ母の味              浜松 泉

②栗ご飯母の思い出こめて炊く            佐藤壱伍

③母想う煎り胡麻塩(ごましお)と栗赤飯   真湖

[解説]
似たような発想を「類想」、似たような句を「類句」という。俳句でよく使ってしまいがちな「~の味」「思い出」「想う」は、要注意の「凡人ワード」。
「凡人ワード」に頼ると、類想類句の句になりやすい。

 

>>夏井いつきのアドバイス
>>秀作・佳作

 

 

投稿時間:2021年09月11日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:栗(くり)秀作・佳作


2021年9月11日(土)放送

兼題:栗(くり)

 

【秀作】
丸み撫(な)で友へ選(よ)るかな山の栗           あいむ李景

曖昧に栗の色なす毬の尻                           あずお玲子

栗の毬触らぬように触れる嘘                       あたなごっち

じゃんけんで拾ふ係を選ぶ栗                       あみま

草田男の墓碑の耶蘇名や栗を煮る                   アロイジオ

長老と言はれて久し虚栗(みなしぐり)             岩宮鯉城

栗落つる音にミシンの針光る                       ヴィッカリー趣乃

青空の望めぬくらい栗たわわ                       ウクレレみっちゃん

碧天を甘く突き刺す栗あまた                       おきいふ

栗剥きて五個に一個の無傷なり                     おぼろ月

栗ぐらい剥いてよどうせ暇でしょう                かつたろー。 

栗焼いて栗爆(は)ぜるまで星を見る                 ギル

かっぽう着こぼるる隣家の毬栗よ                  くま鶉

栗落ちて東京はいま曇りなり                       けーい〇

栗拾ひ獣ゆつくり近づき来(く)                  じゃすみん

毬栗の棘(とげ)まだ若く雨注ぐ                   どいつ薔芭

四万十の栗焼く音や風に乗る                       ねじり花

ほふほふほふ盛るゆで栗よ午後の声                のど飴

相続の境の溝や虚栗(みなしぐり)                 ひでやん

栗食(は)む食(は)むサスペンスは再放送         ペトロア

四万十川の早瀬眼下に栗拾う                       まっことマンデー

柴栗や木鼠(きねずみ)の尾はやはらかく           みやこわすれ

紙袋の栗を鞄へ北京駅                             ゆすらご

茹で栗や刑事シリーズ再放送                       わこ

夜の雨がいたくて栗はめそめそ                     綾竹あんどれ

栗拾ふ線路くの字に緩やかに                      伊予吟会 宵嵐

避難訓練終えてかしまし栗拾い                     一港

幼子のうたはあやふや栗を剥く                     稲畑とりこ

馬券舞ふ傷なき栗へギリと爪                       浦野紗知

世に疫病栗に虫喰見つけたり                       岡山小鞠

両親は戦中育ち栗供ふ                             加田紗智

栗拾う合せ鏡のような子と                         花 小雪      

また毬栗が寺の屋根から落ちてきた                花紋

メイドカフェの嬌声栗虫入りの栗                  海苔ボルケーノ

縄文は熾火(おきび)の栗の爆(は)ぜ合(お)うて 亀山酔田

焼き栗や「パプリカ」の唄ラジオから               亀田かつおぶし

剃刀の刃を取り替へる今朝の栗                     菊池洋勝 

恍惚(こうこつ)と栗食(は)む父の背を曲げて     吉野川

笑栗(えみぐり)の毬てふ口を押し広げ             宮武美香

町の影濃く栗茹でる日曜日                         曲がりしっぽ

栗剥きて昔語りの肥後守                           近江菫花

教室は無言スプンの先に栗                         五月ふみ

栗を剥く意固地な人を説くやうに                   高橋寅次

街角で愛と栗売るIci C'Est Paris (イ・シセ・パリ) 坐花酔月

栗剥くや月なき夜の風の音                         彩汀

茹栗の五・六ケ程のメランコリー                   三泊みなと

母の炒る栗の火花を数う夜                         山羊座の千賀子

いが栗や円空仏の煤(すす)け顔                   紫水晶

栗踏めり未来が少し顔出して                       七瀬ゆきこ

深爪の指食ひ込ませ栗の皮                         紗千子

焼栗の香は押しよせて地蔵院                      渋谷晶 

天晴れな栗は豊かな水薫る                        松井くろ

栗をむく内職の手の水ぶくれ                      松山のとまと

栗を剥く地震速報見遣りつつ                      新濃 健

ほの甘き栗縄文の火は豊か                       深山むらさき

栗の皮剥(む)く指先に黒き香(かざ)            水晶文旦

栗を乗せパフェの高さになる十時                  世良日守

となり合ふ栗の実ゆずり合ふかたち                西原みどり

栗茹でる悲しきことのありし宵                    西村小市

栗を分くアカツチヤマの秘密基地                  斉藤立夏

道聞けば中山栗を持ってけと                      石塚彩楓

甘栗とラジオしのばせ会いにゆく                  青梅爽

怠惰なる兄悶々と栗を剥く                        染井つぐみ

祝辞二度三度と唱ふ栗爆(は)ぜる                大黒とむとむ

公園の武器庫のあとを栗拾ひ                      藤 雪陽

給食袋ぶらぶら栗拾いながら                     藤田ゆきまち

ル・モンドに極右躍進栗熱し                      巴里乃嬬

県境を越えぬ暮らしや栗むきぬ                    板柿せっか

生栗の皮望郷の歯もて剥ぐ                        比々き

栗浸し置く一晩の大嵐                            富山の露玉

栗拾う子のあと追って拾う栗                      風ヒカル

栗落ちて昔話の終りけり                          聞岳

焼栗や父の書棚にバルザック                      平本魚水

焼き栗の袋手作りパリ薄暮                        碧

栗拾ふかちかち山に脚入れて                      椋本望生

栗拾いあとは欠席者の分を                        木染湧水

焼栗を買つてメトロはストライキ                  露草うづら

落栗の小径(こみち)につづく獣臭                宥光

栗拾ふ空の機嫌を見遣りつつ                      柚木みゆき

茹栗は丹波栗なり風強し                          立葵

上顎にほぐるる栗の甘露かな                      すずさん

栗食(は)めば親父の山に足が向く                  河内義高

栗拾うナビに道なき県境                          磯田省吾

栗拾い地蔵前のを残しとけ                        宇野翔月

結願の寺へ道々ひろう栗                          夏草はむ

銀寄てふ栗に黄金めく甘み                       一斤染乃

飯は艶めく栗は燻金(いぶしきん)めく           高尾里甫

 

【佳作】
面倒な食べ物ランク6位「栗」                    井納蒼求

毬栗の端の実太め中細め                          玉井令子

うじうじと悩まず放て毬の栗                      KANNA

店先に「日本一」と書きし栗                      KAZUピー

訪ね来し廃村寂しき栗の青                        あぽろ

毬栗は猿のおこぼれ一握り                        ウチノ太郎

栗おこわ快気祝いの強い文字                      おこそとの

村中に声を広げて毬栗(くり)拾う                門田千世香

列をなすロールケーキの栗ほのか                  かろん

病室に栗ひとつ置き見舞とす                      キートスばんじょうし

あそこにもいが栗集う岩くぼみ                    森正則

栗拾い一足先に足跡が                            キムさん

先に食したかうまそうな栗に穴                    そまり

長靴や火鋏するり逃げる栗                        たま

栗拾ひ遠き日思ふ空は晴                          つばき 

コリックの子を揺さぶりて栗跨(また)ぐ          ツユマメ

栗を剥く祖父母の爪の厚きこと                    でんでん琴女

あつあつの栗飯晴天のテラス                      どーりー3

大栗の拾いどきかないがつよし                    なかむらのりぴ

リボルバーで栗の実落とす夢覚める                ハルノ花柊

笑顔なり薬持つ手に出落栗                        ひかる

中山や栗三昧に歌謡ショー                        ひとひら

定年の朝毬栗の棘(とげ)も茶に                  ぽー

栗ご飯炊きし後にも裾分が                        ポッキー

駅ホーム焼き栗で爪黒くなる                      ぽんかん太郎

栗ひろう子供の声がこだまする                    まさやん

毬栗の顔覗かして粒ひかる                        メイさん

君の待つ焼き栗胸に石畳                          もえたん

店先の栗焼く釜を見つめし子                      もふ美

毬栗の踏み割り競う声高し                        阿波オードリー

ブランデー栗の渋皮艶やかに                      伊丹妙子

栗むきの季節仕事や母の面影(かげ)              岡田春二

栗食べて母の声援一等賞                          気楽老後

独唱の腹式呼吸栗ころがし                        久留里61

辛き日は母お手製の砂糖栗                        魚返みりん

転がった栗に負けじと孫ころん                    宏峰

栗ご飯嫁の茶碗を覗き見て                        康寿

三和土にはボッチャのごとき栗の毬                香依蒼

栗ひろい五こほど磨き仏壇に                      三保鶴

惜しまれつ閉づる栗店駅寂し                      山薔薇

栗拾ひ潰さぬやうに毬を踏む                      山川腎茶

スプーンで栗と格闘小さな手                      四季彩

物言わぬ子や過保護たる栗を剥く                  篠原雨子

毬栗を剥いて食する友の犬                        松山のオジサン

雨降りて栗拾う手に光り有り                      松山冬花

毬栗を宝のように持ちかえる                      松本 だりあ

到来の栗籠庫裏に人待つや                        上原まり

裏山の栗二つ小包の隅                            水蜜桃 

栗たわわギャングエイジと呼ばれし日              裾野くみこ

誰よりも早い朝なり栗拾う                        勢田清

鬼皮を剥いでコトコト栗煮かな                    星月さやか

朝の市数多の栗が勢揃い                          節子。

城山にて殿より栗頂戴す                          泉千尋

焼き栗や白の湯呑みに烏龍茶                      打楽器

栗やものいはぬ父尚いはぬ父                      大和田美信

いがぐりや我関せずと転げをり                    忠孝

コリコリと慣れぬ栗飯や五歳の歯                  津国智之

大福の中には丹波栗一個                          土佐藩俳句百姓豊哲

茹で栗をぺりと剥く手の渋まみれ                  播磨陽子

鶸色(ひわいろ)の毬のひかりの覆ふ栗            迫久鯨

毬栗をつひに耐え抜くエコバッグ                  彼方ひらく

鬱蒼(うっそう)とサウナめく山栗青し            文明

くりひろい記憶障害進む夫                        北川そうあ

笠掛けの峠の地蔵栗青し                          堀アンナ

火ばさみをころりころりと栗ころり                妹のりこ

飯碗に確たる栗の二つ三つ                        満嶋ハト

毬踏んで裂け目に栗の真新し                      木ぼこやしき

青空にわらぶき屋根と枝の栗                      野山ノハナ

清流や甘くて厚い栗作る                          野中泰風

落栗を踏まないように鬼ごっこ                    野々さと

渋皮煮あてにし栗を送る朝                        藍月

焼き栗でチョイと一献縄のれん                    里山まさを

徒競争終えて輪になり栗おこわ                    良馬

焼栗を友とほおばる伊予の町                      和サばあちゃん

縄文の果樹にもあらむ一つ栗                      棗椰子

毬栗を蹴りつつ友と通学路                        翡翠

かちぐりをぽっけにしまい家をでる                謨斉

籠背負いて山入るつま先触れる毬                  さぬきの風     

栗ならばブランデーの香渋皮煮                    しみずこころ

三人の十月生まれ栗ご飯                          じゅん

栗の実がシャカシャカ笑うオフィスチェア      しょるてぃん

靴底で棘(とげ)を落として栗拾う                ツークン☆

くりおこわ静まる校庭ばんこく旗                  ぶさロック

はや栗の季節かひぐらし鳴かぬのに               如月

落ち栗を蹴って一つの季節知る                    鴉

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつきのアドバイス

 

投稿時間:2021年09月11日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:栗(くり)「夏井いつきのアドバイス」


●「俳号」について 夏井いつきからのお願い

①「似たような俳号」を使う人が増えています。
「俳号」は、自分の作品をマーキングするための印、せめて「俳号」に名字をつけていただけるとありがたい、共に気持ちよく学ぶための小さな心遣いです。

② 同一人物が「複数の俳号」を使って投句するのはご遠慮下さい。「いろんな俳号でいっぱい出せばどれか紹介されるだろう」という考え方は俳句には馴染みません。丁寧にコツコツと学んでまいりましょう。

 

 

◆「兼題」がない?!

どんぐりがでんぐりごろぐりクルクリ      余じい詐

[解説]
兼題として提示された季語はそのまま詠み込むのが、たった一つのルール。「どんぐり」と「栗」は別物。

 

あの日から君を忘れぬ紋舞(もんぶ)らん  一平

[解説]
この句は「栗」のことを詠んだのだろうと推測はできるが、「紋舞らん=栗」とするのは少々乱暴。やはり「栗」という季語をしっかり入れよう。

 

 

◆季重なり

おはやしと甘栗こいし阿波おどり      田村美帆

[解説]
「甘栗」という言葉は入っているが、この句の主役は「阿波おどり」だと言わざるを得ない。


◆季語深耕

切り倒し栗の大木凛として朽(く)ちず    ひよとり2

[解説]
切り倒してしまった栗の木が季語として機能するか、そこはちょっと無理がある。そもそも木の類は、「栗」「桃」「梨」「林檎(りんご)」は「秋の季語」で、「栗の花」「梨の花」「桃の花」「林檎の花」となれば、別の季節の季語となる。木そのものが季語となっているものは少ない。

 

栗一輪飾る心に利休知る   宮マサ

[解説]
「栗の花」は「夏の季語」だが、「栗一輪」という表現には無理がある。なぜなら、栗の花の形状において「一輪」とはどの部分だろう、と迷ってしまう。

 

フワフワと栗の花舞う祖父の庭    霜月なな

[解説]
「祖父の家の庭に栗の木がありました。猫のしっぽのようなフワフワした栗の花が思い出に残っています」とのコメントも添えられているように、「栗の花」は房のような形をしている。

 

勝ち栗に託す思いはサクラサク          五十展伝
勝栗に想ひ届けよ猛虎軍               六甲颪
三方(さんぼう)に飾る勝栗歯がたたず   入れ歯の敏ちゃん

[解説]
「わが家では、正月用のお三方に縁起物の搗栗(かちぐり)などをお供えして新年を迎えているが、今年も例年どおり三方に残るのは硬い搗栗だけである」とのコメントも添えられていたが「搗栗」「勝栗」はお正月の縁起物。「秋の季語」としては「搗栗作る」、新年の季語としては「搗栗飾る」と歳時記では区別されている。

 

 

◆佳作への道

青栗や子の時ほどは痛くなく     水牛庵乱紛

[解説]
「痛くなく」とあるので、青い毬(いが)栗のことを指しているのではないかと推測。ならば上五は毬であることをしっかり書いたほうがいい。

【添削例】毬栗の青し○○○○○○○○○

句またがりの型になる。残りの音数を工夫してみよう。

 

長靴で栗のイガ踏む残酷さ       ドキドク

[解説]
下五「残酷さ」がちょっと言い過ぎているかなあ。

【添削例】○○○○や長靴で踏む栗の毬(いが)

上五は様々な展開ができるので工夫してみよう。

 

 

◆今月のユニー句
焼き栗の袋手作りパリ薄暮       碧

[解説]
兼題「栗」は、いかにも日本の里山らしい光景が浮かぶが、その一方で「栗→焼き栗→パリ・フランス」と連想をつないでいった句もあった。


街角で愛と栗売るIci C'Est Paris   坐花酔月

[解説]
「Ici C'Est Paris(イ・シセ・パリ)」は『ここがパリだ』という意味。サッカーのメッシ選手が移籍したパリっ子が大好きなサッカーチーム「パリ・サンジェルマン」のチームスローガンです!」とのコメント。「愛と栗」を売るというのがフランスっぽい選択。

 

ル・モンドに極右躍進栗熱し         巴里乃嬬

[解説]
「フランスは、焼き栗を新聞紙に包んでくれることが多いです。ル・モンドは新聞の名前。ここ何年か極右政党の躍進があります。その記事が載っている新聞に包まれた熱い栗、ちょっと複雑です」とのコメント。「ル・モンド」の記事の見出しをそのまま「極右躍進」と具体的に書いて下五「栗熱し」と着地することでちゃんと「栗」という季語が主役になっている。

 

 

◆今月の添削

絵手紙の栗艶やかにどっしりと      房総たまちゃん     

[解説]
絵手紙などに描かれた季語は、季語としての力がどうしても弱くなる。が、目の前にある栗を描写することもできなくはない。

【添削例】絵手紙に描かん栗のこの艶を

 

柴栗の捨て置かれたり限界の里   さと

[解説]
「限界の里」という表現が気になる。「限界集落」という用語をそのまま使ったほうが誤読が防げるかと。上五に字余りで置いてみると

【添削例】限界集落しば栗の捨て置かれたり

 

栗蹴りし闇の真中を破いたる     まるかじり

[解説]
「し」は過去の助動詞「き」の連体形。今、蹴っているのだろうと思うのでそこを微調整してみよう。

【添削例】栗蹴って闇の真中を破いたる

 

ゆで栗の皮かたし歯で噛んで     猫雪すあま

[解説]
調べか滞っていることと、助詞「で」が散文的なこと、この二点を解消しよう。

【添削例】ゆで栗の皮のかたしや歯もて噛む

 

保護猫と暮らす日々かな栗ご飯   月ぼんぼん

[解説]
「暮らす」とあれば「日々」は不要かも。さらに中七「かな」という詠嘆が中途半端なのも気になる。それらの音数を季語「栗ご飯」の描写に使ってみよう。

【添削例】保護猫と暮らす栗ご飯のほくほく

サクッと割りて食らう栗甘し     青トマト

[解説]
「いつも旦那と二つに切ってからスプーンで食べます。すぐ無くなっちゃいますけど」とのコメント。ならば「夫」という言葉も入れたほうが夫婦円満にもよいのでは♪

【添削例】サクッと割り夫と分け合う栗甘し

 

訪ね来し廃村寂しき栗の青       あぽろ

[解説]
「久しぶりに廃村になった集落に尋ねると村人は居なくなっても、庭の栗は青々とした
いがを出している」とのコメント。俳句は短いので「訪ね来し」から書き始めると音数が窮屈になる。上五を外してゆっくりとした調べを作ろう。

【添削例】廃村や寂しき毬栗の青は

 

青き栗実れと願う吾子(あこ)重ね       酔蓮

[解説]
「青き栗実れ」と命令形になっているので「~と願う」が不要。「吾子」が何歳ぐらいなのかが分かると、さらにイメージしやすくなる。例えば…

【添削例】十日目の赤子よ青き栗実れ

【添削例】青き栗実れ明日より十五歳

こんな具合に「数詞」を入れるだけでも色々できる。

 

>>放送で紹介された句
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2021年09月11日 (土) 07:30 | 固定リンク


いま、四国のサウナがアツい!!


アナウンサーであり、サウナ―(サウナ愛好家)の小野文明です。

9月11日(土)、久しぶりの「ギュッと!四国」では

四国の最新事情についてお伝えします!

写真は、徳島の山あいにあるサウナ(貸し切りで利用でき「密」を避けられます)。

文字通り、汗をかいて取材してきました。

gyutto_ono210909.jpg

ぜひご覧ください!

 

投稿時間:2021年09月09日 (木) 18:50 | 固定リンク


兼題:鱧(はも)秀作・佳作


2021年7月10日(土)放送

兼題:鱧(はも)

 

【秀作】

開かれて鱧もも色に濡れてゐる            あずお玲子

刻まれてなほ鱧たらむ白さかな            あみま

こほり噛み砕きて鱧の目は丸し            アロイジオ

白砂を引くごと鱧の骨を切る              おきいふ

椀の鱧ほおばり甘くほどけおり            おぼろ月

一匙の新雪くずすごとく鱧                あいむ李景

転職や星の少ない夜を鱧                  ギル

鱧は差し入れ山頭火酒二合                たま

はも天に骨の痕跡探しをり                ねじり花

湯引き鱧本音晒して色もなし              ひでやん

棟上げへ寅兄鱧を狙う灘                  まっことマンデー

探求の日々こそ鱧の白さなり              まるかじり

花板の鱧切る音の清々し                  みやこわすれ

骨切りの鱧を三つ折り市の昼              ゆすらご

ほうろりと鱧溶けたれば夜に入る          綾竹あんどれ

東京の水は鱧好きには合はん              伊奈川富真乃

水鱧や人差し指のごと岬                  伊予吟会 宵嵐

刃の先にはむかひ鱧の骨鳴きぬ            井納蒼求

鱧に梅付けはる確か先生は                稲畑とりこ

鱧さばく夕暮時を京なまり                稲穂

雨音のしづかに立つや湯引き鱧            浦野紗知

鱧ずしの包みを開く指定席                夏草はむ

歯向かった顔して揚がる祭鱧              花紋

水鱧や父に兄弟十一人                    岩宮鯉城

鱧鳴くや京のお宿に灯が灯る              亀田かつおぶし

鱧の骨断てば円満離婚の音                吉行直人

祭鱧ときどき喧嘩めく訛り                高橋寅次

鱧ちりの咲く如故郷は小京都              高尾里甫

ぎやりぎやりと鱧の骨切る刃紋は銀        坐花酔月

一見に小路をぐらし祭鱧                  彩汀

聞き役のちょうど潮どき鱧料理            三泊みなと

日の丸てふ梅肉と鱧湯引きかな            山羊座の千賀子

鱧通の伊島の鱧を知らざりき              七瀬ゆきこ

梅肉を粗めにたたき鱧に置く              紗千子

梅肉をルビイのやうにそへて鱧            渋谷晶

この島の最後の夜や鱧茶漬                小池令香

嫁がせる朝を湯引きの鱧真白              小野睦

瀬戸内の泥に熟れゆく鱧太し              松井くろ

出張の傘をたたんで鱧落とし              深山むらさき

帯留めの色は渋めに鱧の宴                澄海舞流生

谷崎のかすかな笑みや鱧を食む            西村小市

転勤の内示そろそろ鱧の皮                石塚彩楓

裏側を晒され鱧の揃ひをり                染井つぐみ

梅干しも惚れてまうやろ湯引鱧            南側

水鱧や母の贔屓は猿之助                  板柿せっか

獰猛な顔まず刎ねて鱧捌く                比々き

骨切りの鱧柳葉の透けにけり              風ヒカル

鱧三昧貴船の水の透きとほる              堀アンナ

鱧の腹に食い付く鱧ごと競られをり        妹のりこ

鱧は花と化す手酌のカウンター            満嶋ハト

夕風を浴びて浪速の鱧さうめん            椋本望生

革命を企ててゐる鱧は咲く                大黒とむとむ

鱧切りや京の通りの数え歌                忠孝

同郷と知って一口鱧フライ                桃猫

淡雪のごとく溶けたる落し鱧              藤 雪陽

ぱたぱたと二階へ鱧御膳二つ              藤田ゆきまち

出刃の刃に骨たくましく響く鱧            木ぼこやしき

鋼めく鱧は花へと湯引きされ              木染湧水

鱧の身は昼月よりも淡く咲く              藍月

税理士と医者に挟まれ祭鱧                キートスばんじょうし

鱧鮓へ山椒散らす京ことば                巴里乃嬬

桶を打つ膂力激しよ鱧鱧鱧                播磨陽子

鋭利なる銀の槍めく祭鱧                  迫久鯨

包丁の切先青し鱧刻む                    聞岳

 

【佳作】

鱧を食ぶ由良の目利きの腹子付き          ⑦パパ

雨の甲板逆らう鱧の鋭い歯                KANNA

吾が予定問わぬ悪友鱧の皮                あいだ だなえ

どうしても納得できぬ鱧を切る            秋風すみれ

鱧よ吾も牙と小骨を矛と盾に              あたなごっち

奥座敷こゑ弾みをり鱧料理                ヴィッカリー趣乃

Wi-Fiのつながり悪し鱧尽くし             アリマノミコ

怒り顔浮かべどあぐむ鱧の味              ウチノ太郎

甲子園歓喜の後で鱧料理                  かざみどり

カラカラと渇きし音や鱧揚がる            かつたろー。

強面の面影なしや湯引き鱧                がのん

じゃこの群れ鱧に追われて飛び跳ねる      キムさん

北新地出勤前の落し鱧                    くま鶉

骨切りの鱧すーすーと音立てて            けーい〇

べつぴんと名付けて沼島の鱧すき          こぶこ

骨切りの鱧白く咲き湯に踊る              さと

鱧の身の白にちょこんと紅を差す          さぬきの風     

客二人だけの為だけ鱧の汁                しみずこころ

骨切りの音の歯触り鱧の椀                じゅん

「そうどすか」と母の裏声祭鱧            じょいふるとしちゃん

クレープ着る父の背中に鱧の音            しょうゆ豆っ子

鱧裂かれ出刃に吸いつく白い肌            そまり

父と呑む鱧天揚げる母小言                たかばたけ しき

骨を切る湯引きさせれば鱧の華            ツークン☆

鱧天の皮ちぢこまり定年日                ツユマメ

前掛きりり鱧ふっくりと焼き上がり       どいつ薔芭

朝市の鱧売る商売の行列                  どーりー3

しゃぶしゃぶしゃぶぱっと花咲く牡丹鱧    にゃんた

紅をさす卒寿の母や鱧の膳                のど飴

梅肉の位置きまりよく湯引きはも          のりぴ

出汁とりて煎餅と成る鱧の骨              ペトロア

鱧しゃぶよ今宵独りの竹コース            ぽー

鱧釣れし湯引きへの道程遠からじ        ポッキー

発願の旅立ち前に焼きぬ鱧                みうら朱音

梅肉の紅をひとさし白い鱧                もえたん

鱧の吸い物こりこりとまったりと          れんげ畑

楚々とした湯引きの鱧や藍の皿            伊丹妙子

鱧食らうワイン似合わぬ阿波男            磯田省吾

鱧ザクはすっと土佐酢でどうでっか        一斤染乃

磯の香の民宿島の鱧料理                  一港

鱧尽くし今日は結婚記念日か              塩餡子

祭鱧背の高き婿二人なり                  岡山小鞠

ちりめんの簪(かんざし)ひとつ鱧を食む  音羽凜

遠来の客に地酒と牡丹鱧                  加田紗智

不器用な父の骨切り鱧笑う                花  恋雪

トロ箱にうごめく鱧の鋭き歯              花の首飾り

母料る鱧の骨切り見つめる児              花子

鐘響く古都の鱧鍋鳴門産                  亀ちゃん

鱧づくし瀬戸の小島の女房割く            亀山酔田

東山石塀小路鱧ふわわ                    久留里61

鱧の貌(かお)ちらつき箸のおそるおそる  宮武美香

妻出産義母と二人で鱧料理                宮本象三

目打ちしてごりり骨断つ鱧料理            魚返みりん

シャリシャリと鱧の骨引く出刃を研ぎ      恭加

黒き年白き鱧食み邪気払い                曲がりしっぽ

人生で初鱧料理関東人                    玉井令子

骨切りの要らぬ鱧らしからぬ鱧            近江菫花

ほの暗い椀に冴えたる鱧の白              五月ふみ

鱧を食む奥歯梅肉今日何処                五十展伝

骨を断つしゃきしゃきしゃきと祭鱧        香依蒼

兼題を母に取り寄す鱧なりき              三保鶴(旧ヒメクグ)

湯引き鱧関東の人驚きぬ                  山川腎茶

取り寄せし鱧の天ぷら今日の幸            山薔薇

ハモの汁高雅ふくいく沁み渡る            四季彩

怒れ鱧まるごときれいにきっと食う        紫水晶

祝い膳ひときわ白し鱧湯引き              松山のとまと

夕ぐれの雨の音する鱧の皮                松山冬花

ちと怖しゆるりのらりと桶の鱧            上原まり

大切なあなたと食べる鱧料理              城内幸江

鱧はみな「つ」の形して撮られけり        蒸し馬

愛妻と京を去る日の鱧の膳                新濃 健

包丁研ぐ鱧の骨切りサクサクと            水晶文旦

生と死と残酷と無垢鱧の花                水蜜桃

驚いて死ぬとは如何に祭鱧                世良日守

鱧料理知らぬ己や東人                    勢田清

鱧ちりやシャルドネワイン飲み比べ        星月さやか

父つくる鱧フライ厚さに熱っ             青梅爽

白き鱧シャキシャキと骨切りす            節子。

鱧好きの父の仏前ノート手に              戦後生まれZ

沈黙に鱧の骨切りの音返す                泉千尋

鱧切りの右目は視力2・0                  奈於美

鱧ありき今年も祇園なしやろか            如月

つの字まづ存分に見つ鱧の皮              彼方ひらく

鱧旨し若き日遠くなりにけり              平本魚水

箸当てて切れ味試す鱧の歯よ              芳郎

鱧はねる川床料理白映える                房総たまちゃん

悩ましや鱧に合わせる純米酒              池之端モルト

米寿の宴老舗旅館の鱧やわし              天海すみれ

ざくざくざく母の背を見て鱧吸いを        田村 美帆

大迫のハットトリック鱧湯引き            土佐藩俳句百姓豊哲

プロジェクト完遂記念の鱧尽し            島村福太郎

ぶつ切らば猛りきたるや鱧の口            東京堕天使

せせらぎに一献ありて湯引き鱧            野山ノハナ

足摺四万十名付け鱧出荷                  野中泰風

ギロリ鱧目打ち斬首に迷い無し            野々さと

鱧の花咲いて梅肉艶やかに                柚木みゆき

遠き日の鱧の落としや旅の宿              里山まさを

丸丸と赤子の腕ぼたん鱧                  立葵

酒すすむ鱧の湯引きと吸い物と            良馬

父と子に少なき会話鱧食みて              露草うづら

錫色の刃紋の如き鱧の腹                  棗椰子

鱧の味京女を思い出し                    翡翠

はもはもとさわぐ市場にいそのかや        大工謨斎

鱧の背に残る武骨な骨を切る              矢長宗

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつきのアドバイス

 

投稿時間:2021年07月10日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:鱧(はも)


2021年7月10日(土)放送

兼題:鱧(はも)

▼選句ポイント

経済効率のよい取り合わせ

 

▼ギュッと!特選

鱧の白まずは両家の紹介を    西原みどり

[解説]
「鱧の白」と打ち出したあとの展開がうまい一句。
「まずは両家の紹介を」という台詞(せりふ)のようなフレーズによって、これが結納あるいは婚儀の席であることが分かる。ご両家の親族が並ぶ宴(うたげ)、祝いの席のお膳にはちょっと贅沢な「鱧」の料理、鱧の白には梅肉の赤も添えられているに違いない。
おめでたい席にふさわしい色合いも見えてくる、すがすがしい作品。

 

 

▼放送でご紹介した「秀作」

こほり噛(か)み砕きて鱧の目は丸し   アロイジオ

[解説]
市場の鱧でしょうか、口をよく見て、目をよく見て、描写できている。

 

ぎやりぎやりと鱧の骨切る刃紋(はもん)は銀   坐花酔月

[解説]
オノマトペに工夫あり。「刃紋は銀」とアップの映像にもっていくのも丁寧な観察。

 

鋼(はがね)めく鱧は花へと湯引きされ   木染湧水   

[解説]

「鋼」と比喩しておいて「花へ」と表現、これが観察のお手本。

 

同郷と知って一口鱧フライ                桃猫

割烹のカウンターか、小さな場面をありありと切り取っている。

 

水鱧や父に兄弟十一人                    岩宮鯉城

「水鱧」は、出始めの頃の小ぶりの鱧。取り合わせが玄人。

 

▼放送でご紹介した「佳作」

父つくる鱧フライ厚さに熱っ      青梅爽

[解説]
すごく上手な句というわけではないけど、美味しそう! だから佳作。

ハモの汁高雅(こうが)ふくいく沁(し)み渡る    四季彩

[解説]
「ハモの汁」と具体的に書き、「高雅ふくいく」であると表現しているが、下五は不要。
だから佳作どまり。

 

シャリシャリと鱧の骨引く出刃を研ぎ    恭加

[解説]
骨切りの音としての「シャリシャリ」というオノマトペはありがちだが「鱧の骨」を引くための「出刃」を研ぐ音であるという展開に工夫あり。

 

 

▼夏井いつきの「きょうのユニー句」
取り合わせの秀句をご紹介します。

「取り合わせ」とは、「季語」+「季語とは関係のないフレーズ」を合体させる技法のこと。

<取り合わせがうまい句>

鱧ずしの包みを開く指定席     夏草はむ(秀作)

出張の傘をたたんで鱧落とし    深山むらさき(秀作)

転勤の内示そろそろ鱧の皮     石塚彩楓(秀作)

[解説]

「指定席」、「出張の傘」、「転勤の内示」などの言葉によってどんな場面でどういう人物が鱧を食べようとしているかが分かる。

「指定席」、列車か新幹線か、旅の「鱧ずし」でしょうか。

「出張の傘」、京都あたりへの出張か、梅雨の頃の鱧が一番美味しいと言われている。

「転勤の内示」、この地を去る日が近づいているのか。


革命を企ててゐる鱧は咲く     大黒とむとむ(秀作)

[解説]
「鱧」とはさらに離れた言葉「革命」との取り合わせ。本来の意味での「革命」をたくらんでいるか、あるいは新しいアイデアや技術や困難を打破するために自分を励ましているのか、「革命」の一語を比喩的象徴として読むこともできる。「鱧は咲く」という映像化もすごいですね。

 

>>夏井いつきのアドバイス
>>秀作・佳作

投稿時間:2021年07月10日 (土) 07:30 | 固定リンク


ページの一番上へ▲