兼題:柚子湯(ゆずゆ) 秀作・佳作


2021年12月11日(土)放送

兼題:柚子湯(ゆずゆ)

 

【秀作】

術後一年滲(し)みるはずなき柚子湯かな          ゆすらご

三年目の柚子湯よ夫の手術痕                   オサカナクッション

乳房なき胸に五度目の柚子湯かな               くぅ

きょうという何も無き日のゆず湯かな           サワコの娘

何もなき終の栖の柚子湯かな                      岩宮鯉城

明日もまた普通の一日柚子湯かな                  妹のりこ

女湯の妻の声聞く柚子湯かな                      KAZUピー

傷痕のかすかに火照る柚子湯かな                  あずお玲子

柚子湯からのぞく名誉の膝小僧                    あみま

髪梳(と)かす子より柚子湯の香のほのか          アロイジオ

右足から波たてぬよに柚子湯かな                  おぼろ月

新築や柚子湯の底に柚子の影                      かねつき走流

柚子湯出て明日の朝の米を研(と)ぐ              キートスばんじょうし

恐慌のニュース柚子湯の底見えず                  ギル

けんかして種ばかりなる柚子湯かな                くま鶉

今日の歩をとっぷり沈みたる柚子湯                けーい〇

関取に波打つ湯船ゆず百個                        げばげば

仕舞湯(しまいゆ)の柚子にアヒルがまぎれおり    じゅん

月色の匂ひほのかに柚子湯かな                    すずさん

家族とは面倒なもの柚子湯沁(し)む              たむらせつこ

単語帳濡らさぬやうに柚子湯かな                  ひでやん

柚子湯へと愚痴も沈めて百数ふ                    ペトロア

柚風呂や明日はごめんねつて言おう                へなけん

清貧の手に一粒の柚子湯かな                      ぽー

仄(ほの)白く天窓ひらく柚子湯 星               みずな

始末書は明日出します柚子湯です                  みづちみわ

柚子湯して旅の宿から見る星座                    やまさきゆみ

大抵のことは赦(ゆる)そう柚子湯の夜            れんげ咲く

投票日朝の柚子湯の安気たれ                      阿波オードリー

小さき湯に漲(みなぎ)る柚子の浮力なる          綾竹あんどれ

柚子湯たて二軒隣の叔母に声                     伊藤 柚良

張り紙に今日は柚子湯と阿波の宿                  伊奈川富真乃

アンガス牛キロ二千円買ひ柚子湯                  伊予吟会 宵嵐

音声の言わぬ「柚子湯が沸きました。」             井納蒼求

にぎやかに星はべらせるかに柚子湯                一斤染乃

正直に生きて一夜(ひとよ)の柚子湯かな          一港

お互いに柚子ごと吾子(あこ)を抱く柚子湯        稲畑とりこ

時は獰猛(どうもう)で柚子湯やさしくて          浦野紗知

柚子押せばキュッと鳴きたり冬至風呂              岡山小鞠

リウマチの中指に沁(し)む柚子湯かな            音羽凜

柚子湯濃し友の育てし柚子なれば                  加田紗智

世迷言(よまいごと)しばし途切れし柚子湯かな    加良太知

痩せた背へ実を寄せて来る柚子湯かな              夏湖乃

出荷の山場こえて今年の柚子湯かな              夏草はむ 

記念日の妻に一番風呂柚子湯                      花紋

冬至湯の柚子のあばたを愛ほしむ                  樫の木

柚子湯沁(し)む外反母趾の左足                  岸来夢

浴室を開けて柚子の香湯を乱す                    亀山酔田

生贄(いけにえ)のやうに柚子湯に浮かびけり      吉行直人

半身の見えざるほどの柚子湯かな                  宮武美香

冬至湯の湯舟明るし柚子三つ                      曲がりしっぽ

仕舞(しま)い湯にふやけたる柚子浮き沈み        近江菫花

叱られし今日を沈める柚子湯かな                  広島立葵

貰(もら)い湯の女二人の柚子湯かな              香依蒼

お客様相談終へし夜の柚子湯                      高橋寅次

眠るのは惜しい夜なり柚子湯の香                  佐川碧

柚子湯入り今日の日の棘(とげ)そつと抜く        坐花酔月

深爪の五指にぴりりと柚子湯かな                  彩汀

柚子二つ風呂に浮かせて慎(つつ)ましく          三泊みなと

柚子風呂や胸の痼(しこ)りを確かむる            紗千子

柚子風呂のしまい湯ゆらり今日生きた              小川さゆみ

寂しさに柚子湯を抱きて独りごと                  酔蓮

やわらかき柚子湯の沁(し)みる傷ありて          裾野はな

とりあえずまず謝ろう柚子湯出て                  西原みどり

ひかがみのすこしぴりぴりする柚子湯              西村小市

仕舞(しま)ひ湯の柚子はしなしな良き香り        石塚彩楓

かかり湯の柚子の遅れて香りけり                  染井つぐみ

入るぞと父の声張る柚子湯の日                    村瀬っち

嗅ぎ慣れぬ柚子湯や嬰(えい)の聲太し            多事

湯の柚子のみな下向けり独身寮                    大黒とむとむ

真夜中の濁りて柔き柚子湯かな                    暖井むゆき

ザラザラの柚子湯となりぬ父のあと                竹内一二

柚子風呂やひとつとつては疵(きず)をみる        長谷川水素

沈めればあちらに浮きて柚子湯かな                東京堕天使

お見合ひや柚子湯で浄(きよ)めたる体            藤 雪陽

柚子湯出て少年聡き耳の張り                      藤咲大地

くたくたの父と柚子湯の柚子ふたつ               藤田ゆきまち

ぶつかりて離れて柚子湯匂ひたつ                  板柿せっか

髪すすぐ柚子湯の柚子を揉みし湯に                比々き

脱衣室柚子湯あがりの種ひとつ                    媛のペコリーヌ

しどけなき柚子へ拇指(ぼし)さす柚子湯かな      平本魚水

はらわたのあまたの傷へ沁(し)む柚子湯          椋本望生

見渡せば女だらけの柚子湯なり                    野山ノハナ

厄年が一番風呂の柚子湯かな                      柚木みゆき

山小屋の星や柚子湯はドラム缶                    里山まさを

脱衣所のまづは柚子湯の話かな                    髙田祥聖

よその子を静かに叱る柚子湯かな                  天王谷 一

あひるさん入れて柚子湯の賑(にぎ)はへる        木染湧水

 

【佳作】

庭の柚子もいで湯舟へ父の腕                      松本 だりあ

銭湯は柚子湯そば屋は笑みで愚痴                  水牛庵乱紛

結果は白長き一日の柚子湯かな                    裾野くみこ

タワマンの三十五階柚子湯かな                    アリマノミコ

民宿のもてなし尽きぬ柚子湯かな                  KANNA

五人目へつなぐ柚子湯のほのとろり                KII

五七五浮かべ沈めて柚子湯かな                    あたなごっち

息吸つて吐くこと恋のごと柚子湯                  ヴィッカリー趣乃

柚子の実を潜水させて笑う孫                      ウクレレみっちゃん

まんまるの思ひで一つ柚子湯かな                  お萩

湯煙りで逆上(のぼ)せ笑顔の柚子湯かな          きたたろう

柚子眺め祈りと感謝捧ぐとき                      きなこ

瀬戸の島柚子湯の色を重ねをり                    キムさん

裾分けの三つ四つ入れて柚子湯かな                ちょぼ鶉

われ知らぬきづちりちりと柚子湯かな              このみ杏仁

お迎えが暗いと泣く子柚子湯待つ                  ごまき

柚子湯の日右肩上がり夫(つま)の文字              さち

本日のつとめ仕舞(しま)いは柚子湯なり          さと・きのこ園

五つ六つ浮かせ沈ませ柚子湯かな                  シェル翁

すい温(ぬく)み覚ゆ柚子湯の深呼吸              しみずこころ

乳房捨ていのち賜(たまわ)る柚子湯かな          じゃすみん

子らの後種も浮きをり柚子湯かな                  じょいふるとしちゃん

父ちゃんと柚子投げ合いて柚子湯かな              そまり

不眠症夜半の柚子湯や柚子一つ                    たま

柚子浮かぶ一番風呂は柚子が先                    ツークン☆

柚子湯から祖父の十八番(おはこ)の高砂や    でんでん琴女

種三粒にゅるっと指から柚子湯かな                どいつ薔芭

ほかりほかり柚子湯の湯船のかほりかな            どーりー3

柚子の香が月も包めり露天風呂                    ドキドク

神様と鳥に残して柚子湯かな                      どこにでもいる田中

魂しいのふんわり浮かぶ柚子湯かな                中矢長宗

柚子湯でもアヒル隊長の顔まじめ                  ねじり花

香立つ柚子湯の宿やほてり顔                      ハナショウブ

銭湯の柚子湯へ吾子(あこ)とつなぐ手と          はなぶさあきら

ドア開けて鼻に飛び込む柚子湯かな                ひとひら

庭の柚子取りて湯舟に五個ポチャン                ヘイタのパパ

庭先にキズの柚あり風呂入れり                    ヘイタのママ

柚子湯よし湯気香充(み)ちて至福なり            ポッキー

収穫の刺創(しそう)の染みる柚子湯かな          まるこ

寺参り歩き疲れて柚子湯かな                      みーちやん

片づけを終えて順番待つ柚子湯                    むねあかどり

熱い波柚子湯の金玉香り立つ                      もえたん

体内も香りで満たす柚子湯かな                    もふ美

柚湯どっぷり「かなしきデブ猫ちゃん」            友健

実の色と香に癒される柚子湯かな                  れんげ畑

盛り上がる傷跡なぞり柚子湯かな                  伊丹妙子

二の腕もほどけしゅわりと柚子湯かな              伊予素数

キャピキャピと浸(ひた)る柚子湯のふくらはぎ    磯田省吾

手ぬぐいに昭和の地名柚子湯かな                  一寸雄町

肩組みに赤き吾(あ)の頬を柚子の湯や            宇野翔月

泣きたい日今日は柚子湯と母の声                  卯夏野心

ざんばざんば柚子湯蹴立てて男の子                旺上林加

一瞬の柚子湯赤子の足の先                        横縞

夜道ゆく窓からもれる柚子湯の香                  花の首飾り

傷に沁(し)む心臓に沁(し)む柚子湯かな        亀田かつおぶし

まだ青い君に聞きたい柚子湯かな                  吉野川

高天井に香の登り行く柚子湯かな                  久留里61

柚子湯して歌って笑う健康法                      玉井令子

歳重ねきついぞきつい柚子湯かな                  孤笈飄然

テレビ越し入れぬ柚子湯に浸りけり                五十展伝

重い息湯気に溶け消ゆ柚子湯かな                  宏峰

隅々にゆず湯香るや馬路村                        康寿

冬至湯の栓抜き残る柚子の香                      高木うべ

刺し傷に気づく柚子湯や収穫日                    佐のさ

柚子湯して香り楽しみ長湯なり                    佐藤壱伍

不揃いの庭の実もぎて柚子湯かな                  三保鶴

柚子湯の香今日はスーパー特売日                  山川腎茶

もったいない二番煎じでまた柚子湯                山内彰子

三日ぶり口きく妻と柚子湯かな                    山羊座の千賀子

訪へば楽しむ旅の柚子湯かな                      山薔薇

柚子湯にて生きかえるかもそんな夜                四季彩

山の宿柚子湯どうぞの手の厚さ                    紫水晶

仕舞湯(しまいゆ)の柚子の香りを掬(すく)いけり柴田花子

更けし夜のフェリーの柚子湯一人旅                十亀

ほんのりと湯気きんいろの柚子湯かな              渋谷晶

柚子湯して南十字座めく出べそ                    小だいふく

陽の密度やさしく壊す柚子湯かな                  松井くろ

カチカチの背中よりほどけゆく柚子湯              松山のとまと

蓋開けて柚子湯の湯気が舞い上がる                松野のマル

皮に爪立てて香りの柚子湯かな                    上原まり

支へつつ老老の入る柚子湯かな    新濃 健

柚子と島浮かぶ白波外柚子湯                  森正則

飼ひならす老いてふ痛み柚子の風呂                深山むらさき

庭の木の取り放題のゆず湯かな                    真帆

鬼面の柚子掻(か)き分けて柚子湯かな        水晶文旦

3、2、1、発射!と吾子(あこ)の柚子湯かな    水蜜桃

剛健な受胎の匂ひ柚子湯かな                      世良日守

揺れ動く柚子湯の中に沈みけり                    勢田清

柚子風呂や五冠の期待かかる棋士                  星月さやか

水仕事の手しみしみと柚子湯かな                  正念亭若知古

夜も遅々(ちち)と帰らぬ輩(やから)への柚子湯  清水 三雲

待ち侘(わ)びし柚子湯の柚子はただ一つ          西村 棗

二人増えあふれて柚子の実ひとつ減る              青空幸輪

すりガラス残る湯気の絵柚子湯越し                青梅爽

硝子越し効き目吸い込む柚子湯かな               戦後生まれZ

惑星のように浸(つ)かった柚子湯かな            泉千尋 

失敗を忘れおうちde柚子湯かな                   打楽器

湯を弾(はじ)く肌遠き日の柚子湯かな            大浦ともこ

愛宕山縁側奥の柚子湯かな                        大薮ハナミズキ

柚子湯は溢(あふ)れ人形のやうになる            大和田美信

江戸からの一夜変わらぬゆず風呂かな              中村のりぴ

山暮らし我もドボンと柚子湯かな                  忠孝

年寄りの柚子湯につぶやく感嘆句                  津国智之

柚子湯にはちょっと長めに鼻までも                定位置

ムギュムギュッ子らが取り合う柚子湯かな          天海すみれ

鼻歌がゆず湯に響き息災に                        田村 美帆

O2(オーツー)に混じる柚子湯の匂いかな         土佐藩俳句百姓豊哲

不器量で不揃(ぞろ)いなれど柚子湯かな          瞳子

囓(かじ)るなと祖父に叱られ柚子湯かな          南側

ほっとするああほっとする柚子湯かな              如月弥生

柚子の湯や女将の文字のかはら版                  巴里乃嬬

一分は長く一日の短き柚子湯かな                  白髪

しんがりのほぐほぐなりし柚子の風呂              迫久鯨

父の背に大きな黒子(ほくろ)柚子湯かな          麦

柚子湯の膜はあたらしき肌小夜ふけり              畠山悊央

寄り道の柚子湯もらひし友の家                    扉みほ

立ち漕(こ)ぎす東山湯は柚子湯なり              姫川ひすい

デイサービスのバスいっぱいに柚子湯の香          風ヒカル

愛犬は柚子湯上がりの吾(あ)を舐めし            服部芳郎

過ぎし日を思い長風呂柚子湯かな                  文明

古希の日の日中に浸(つ)かる柚子湯かな          聞岳

切り入れてささくれ疼(うず)く柚子湯かな        房総たまちゃん

清拭の洗面器にも柚子湯かな                      万里の森

柚子湯仕舞湯(しまいゆ)柚の湯あたりふにゃりふにゅ 満嶋ハト

過疎村の今宵の柚子湯競い合う                    夢実

宿の湯の柚子湯と知りて二度入る                  木ぼこやしき

舫(もや)ひ解け柚子湯の柚子のと見かう見          野口雅也

温もりに香りくわわる柚子湯哉(かな)            野根牛石

介護疲れや柚子湯にて癒す吾(われ)              野中泰風

柚子ぽこり浮かぶ笑顔の親子風呂                  野々さと

3日目の柚子がふやけし湯船かな                   矢沢 常吉

なみなみと嵩(かさ)は顎まで柚子湯の子          宥光

遍路宿知らぬ同士で柚子湯かな                    藍月

出荷後の農夫湯に見る傷の柚子                    梨西瓜

あと10秒柚子も汗する兄弟風呂                   里山 告

柚子湯する棘(とげ)の傷あと肌赤し              良馬

滲(し)みる手でぽこぽこボンゴ柚子湯かな        狼α

もぎたての香りつぎつぎ柚子湯浴(あ)ぶ          棗椰子

ユニットの柚子湯に沈む老いし肌                  河内義高

湯につかり揉む手にうつる柚のかほり              糺ノ森柊

列なして親猿浸(つ)かる冬至風呂                オカポン

先客の猿がお先と柚子湯出で                      浪速の蟹造

カピバラの丸齧(かじ)りする柚子湯かな          菊池洋勝

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつきのアドバイス

 

投稿時間:2021年12月11日 (土) 07時30分


ページの一番上へ▲