兼題:鱧(はも)「夏井いつきのアドバイス」


●正しい表記とは

夏の艶  銀座結びと  鱧湯引き          宏峰

胡瓜もみ  五寸切 見つけ  ゆるむ顔      松山のオジサン

鱧の骨  巨人想ひつ  切り刻む          六甲颪


[解説]
五七五の間を空けないのが、俳句の基本的な表記。

 

◆季重なり

鱧づくし薫風運ぶ二年前        しょるてぃん

効きすぎの冷房救う鱧の椀       ドキドク


[解説]
一句に複数の季語が入った秀句も存在しますが、最初は一句一季語からの練習
「歳時記」を開いて、どれが季語か確認してみよう。


マスクにも負けぬ眼や鱧の首     菊池洋勝

[解説]
「マスク」はもともと冬の季語、しかしコロナ禍の現状で季節感を失いつつある。
「マスク」が季語としての立ち位置を取り戻す日が来ることを祈るばかり。

 

◆「兼題」がない?!

総毛立つ顔に似合わぬ真珠の身   ティーティー

[解説]
兼題として提示された「季語」は、そのまま詠み込むのがたった一つのルール。この句は、「鱧」のことを詠んだに違いないが、「鱧」という言葉がなくなっている。

推敲しているうちに肝心の兼題が抜けてしまうというのは、俳人あるあるですね(苦笑)。

 

◆今月の文明くん

湯引き鱧舌が驚く骨切の妙       文明

鱧口に骨切り技や舌ざわり       森正則

[解説]
文明さんの句も、森さんの句もどちらも説明になっている。
「鱧」というものを大掴みに表現しようとすると、似たような表現になってしまうのです。


音に味骨も主役か鱧の椀        宮マサ


[解説]
「音に味」で一句、「骨も主役」で一句。それぞれもう少し具体的に書いてみよう。そこに推敲の道がありますよ。

 

◆添削

鱧恋し思い仰げば金閣寺        ぶさロック

[解説]
上五で「鱧恋し」とあるので、中七「思い」は不要。さらに「金閣寺」の前に立っているのであれば、仰ぎ見る視線は想像できる。となれば、中七がそっくり不要になる。中七は作品の半分近い音数になるので、推敲というよりは創作に戻るという感じですね。
ヒントを少しだけ。

【添削例】 鱧恋し○○○○○○○金閣寺

例えば「十年ぶりの」とすれば時間経過が書けるし、「妻と仰げる」とすれば元の句の単語も使える。

青竹の箸の摘みし牡丹鱧       KAZUピー

[解説]
「青竹の箸」とあれば、摘まんでいることは分かりますね。

【添削例】 青竹の箸○○○○○牡丹鱧

「青竹」を描写するのであれば

【添削例】 青竹の箸匂い立つ牡丹鱧

逆に「牡丹鱧」を描写するのであれば

【添削例】 青竹の箸に○○○○牡丹鱧

【添削例】 青竹の箸や牡丹鱧の○○○

空白の音数を使って「鱧」を描写すると、さらに季語が主役に立ってくれる。

 

◆秀作への道
湯引き鱧梅肉ええよ知らんけど   おこそとの

[解説]
「知らんけど」は正直な台詞ですが作品としてみた時、読みてはここで突き放されてしまう。

 

梅肉が寄り添い添える鱧の白     ウクレレみっちゃん


[解説]
梅肉の赤と、鱧の白を対比させようとした工夫はよいですね。しかし中七が説明になっている。ではどうすればよいのか、今回「秀作」に推した句を改めてご紹介。それぞれの工夫について考えてみよう。
そこに「秀作への道のヒント」が隠れていますよ。

日の丸てふ梅肉と鱧湯引きかな    山羊座の千賀子(秀作)

梅肉を粗めにたたき鱧に置く      紗千子(秀作)

梅肉をルビイのやうにそへて鱧    渋谷晶(秀作)

鱧に梅付けはる確か先生は        稲畑とりこ(秀作)

 

>>放送で紹介された句
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2021年07月10日 (土) 07時30分


ページの一番上へ▲