兼題:鱧(はも)秀作・佳作


2021年7月10日(土)放送

兼題:鱧(はも)

 

【秀作】

開かれて鱧もも色に濡れてゐる            あずお玲子

刻まれてなほ鱧たらむ白さかな            あみま

こほり噛み砕きて鱧の目は丸し            アロイジオ

白砂を引くごと鱧の骨を切る              おきいふ

椀の鱧ほおばり甘くほどけおり            おぼろ月

一匙の新雪くずすごとく鱧                あいむ李景

転職や星の少ない夜を鱧                  ギル

鱧は差し入れ山頭火酒二合                たま

はも天に骨の痕跡探しをり                ねじり花

湯引き鱧本音晒して色もなし              ひでやん

棟上げへ寅兄鱧を狙う灘                  まっことマンデー

探求の日々こそ鱧の白さなり              まるかじり

花板の鱧切る音の清々し                  みやこわすれ

骨切りの鱧を三つ折り市の昼              ゆすらご

ほうろりと鱧溶けたれば夜に入る          綾竹あんどれ

東京の水は鱧好きには合はん              伊奈川富真乃

水鱧や人差し指のごと岬                  伊予吟会 宵嵐

刃の先にはむかひ鱧の骨鳴きぬ            井納蒼求

鱧に梅付けはる確か先生は                稲畑とりこ

鱧さばく夕暮時を京なまり                稲穂

雨音のしづかに立つや湯引き鱧            浦野紗知

鱧ずしの包みを開く指定席                夏草はむ

歯向かった顔して揚がる祭鱧              花紋

水鱧や父に兄弟十一人                    岩宮鯉城

鱧鳴くや京のお宿に灯が灯る              亀田かつおぶし

鱧の骨断てば円満離婚の音                吉行直人

祭鱧ときどき喧嘩めく訛り                高橋寅次

鱧ちりの咲く如故郷は小京都              高尾里甫

ぎやりぎやりと鱧の骨切る刃紋は銀        坐花酔月

一見に小路をぐらし祭鱧                  彩汀

聞き役のちょうど潮どき鱧料理            三泊みなと

日の丸てふ梅肉と鱧湯引きかな            山羊座の千賀子

鱧通の伊島の鱧を知らざりき              七瀬ゆきこ

梅肉を粗めにたたき鱧に置く              紗千子

梅肉をルビイのやうにそへて鱧            渋谷晶

この島の最後の夜や鱧茶漬                小池令香

嫁がせる朝を湯引きの鱧真白              小野睦

瀬戸内の泥に熟れゆく鱧太し              松井くろ

出張の傘をたたんで鱧落とし              深山むらさき

帯留めの色は渋めに鱧の宴                澄海舞流生

谷崎のかすかな笑みや鱧を食む            西村小市

転勤の内示そろそろ鱧の皮                石塚彩楓

裏側を晒され鱧の揃ひをり                染井つぐみ

梅干しも惚れてまうやろ湯引鱧            南側

水鱧や母の贔屓は猿之助                  板柿せっか

獰猛な顔まず刎ねて鱧捌く                比々き

骨切りの鱧柳葉の透けにけり              風ヒカル

鱧三昧貴船の水の透きとほる              堀アンナ

鱧の腹に食い付く鱧ごと競られをり        妹のりこ

鱧は花と化す手酌のカウンター            満嶋ハト

夕風を浴びて浪速の鱧さうめん            椋本望生

革命を企ててゐる鱧は咲く                大黒とむとむ

鱧切りや京の通りの数え歌                忠孝

同郷と知って一口鱧フライ                桃猫

淡雪のごとく溶けたる落し鱧              藤 雪陽

ぱたぱたと二階へ鱧御膳二つ              藤田ゆきまち

出刃の刃に骨たくましく響く鱧            木ぼこやしき

鋼めく鱧は花へと湯引きされ              木染湧水

鱧の身は昼月よりも淡く咲く              藍月

税理士と医者に挟まれ祭鱧                キートスばんじょうし

鱧鮓へ山椒散らす京ことば                巴里乃嬬

桶を打つ膂力激しよ鱧鱧鱧                播磨陽子

鋭利なる銀の槍めく祭鱧                  迫久鯨

包丁の切先青し鱧刻む                    聞岳

 

【佳作】

鱧を食ぶ由良の目利きの腹子付き          ⑦パパ

雨の甲板逆らう鱧の鋭い歯                KANNA

吾が予定問わぬ悪友鱧の皮                あいだ だなえ

どうしても納得できぬ鱧を切る            秋風すみれ

鱧よ吾も牙と小骨を矛と盾に              あたなごっち

奥座敷こゑ弾みをり鱧料理                ヴィッカリー趣乃

Wi-Fiのつながり悪し鱧尽くし             アリマノミコ

怒り顔浮かべどあぐむ鱧の味              ウチノ太郎

甲子園歓喜の後で鱧料理                  かざみどり

カラカラと渇きし音や鱧揚がる            かつたろー。

強面の面影なしや湯引き鱧                がのん

じゃこの群れ鱧に追われて飛び跳ねる      キムさん

北新地出勤前の落し鱧                    くま鶉

骨切りの鱧すーすーと音立てて            けーい〇

べつぴんと名付けて沼島の鱧すき          こぶこ

骨切りの鱧白く咲き湯に踊る              さと

鱧の身の白にちょこんと紅を差す          さぬきの風     

客二人だけの為だけ鱧の汁                しみずこころ

骨切りの音の歯触り鱧の椀                じゅん

「そうどすか」と母の裏声祭鱧            じょいふるとしちゃん

クレープ着る父の背中に鱧の音            しょうゆ豆っ子

鱧裂かれ出刃に吸いつく白い肌            そまり

父と呑む鱧天揚げる母小言                たかばたけ しき

骨を切る湯引きさせれば鱧の華            ツークン☆

鱧天の皮ちぢこまり定年日                ツユマメ

前掛きりり鱧ふっくりと焼き上がり       どいつ薔芭

朝市の鱧売る商売の行列                  どーりー3

しゃぶしゃぶしゃぶぱっと花咲く牡丹鱧    にゃんた

紅をさす卒寿の母や鱧の膳                のど飴

梅肉の位置きまりよく湯引きはも          のりぴ

出汁とりて煎餅と成る鱧の骨              ペトロア

鱧しゃぶよ今宵独りの竹コース            ぽー

鱧釣れし湯引きへの道程遠からじ        ポッキー

発願の旅立ち前に焼きぬ鱧                みうら朱音

梅肉の紅をひとさし白い鱧                もえたん

鱧の吸い物こりこりとまったりと          れんげ畑

楚々とした湯引きの鱧や藍の皿            伊丹妙子

鱧食らうワイン似合わぬ阿波男            磯田省吾

鱧ザクはすっと土佐酢でどうでっか        一斤染乃

磯の香の民宿島の鱧料理                  一港

鱧尽くし今日は結婚記念日か              塩餡子

祭鱧背の高き婿二人なり                  岡山小鞠

ちりめんの簪(かんざし)ひとつ鱧を食む  音羽凜

遠来の客に地酒と牡丹鱧                  加田紗智

不器用な父の骨切り鱧笑う                花  恋雪

トロ箱にうごめく鱧の鋭き歯              花の首飾り

母料る鱧の骨切り見つめる児              花子

鐘響く古都の鱧鍋鳴門産                  亀ちゃん

鱧づくし瀬戸の小島の女房割く            亀山酔田

東山石塀小路鱧ふわわ                    久留里61

鱧の貌(かお)ちらつき箸のおそるおそる  宮武美香

妻出産義母と二人で鱧料理                宮本象三

目打ちしてごりり骨断つ鱧料理            魚返みりん

シャリシャリと鱧の骨引く出刃を研ぎ      恭加

黒き年白き鱧食み邪気払い                曲がりしっぽ

人生で初鱧料理関東人                    玉井令子

骨切りの要らぬ鱧らしからぬ鱧            近江菫花

ほの暗い椀に冴えたる鱧の白              五月ふみ

鱧を食む奥歯梅肉今日何処                五十展伝

骨を断つしゃきしゃきしゃきと祭鱧        香依蒼

兼題を母に取り寄す鱧なりき              三保鶴(旧ヒメクグ)

湯引き鱧関東の人驚きぬ                  山川腎茶

取り寄せし鱧の天ぷら今日の幸            山薔薇

ハモの汁高雅ふくいく沁み渡る            四季彩

怒れ鱧まるごときれいにきっと食う        紫水晶

祝い膳ひときわ白し鱧湯引き              松山のとまと

夕ぐれの雨の音する鱧の皮                松山冬花

ちと怖しゆるりのらりと桶の鱧            上原まり

大切なあなたと食べる鱧料理              城内幸江

鱧はみな「つ」の形して撮られけり        蒸し馬

愛妻と京を去る日の鱧の膳                新濃 健

包丁研ぐ鱧の骨切りサクサクと            水晶文旦

生と死と残酷と無垢鱧の花                水蜜桃

驚いて死ぬとは如何に祭鱧                世良日守

鱧料理知らぬ己や東人                    勢田清

鱧ちりやシャルドネワイン飲み比べ        星月さやか

父つくる鱧フライ厚さに熱っ             青梅爽

白き鱧シャキシャキと骨切りす            節子。

鱧好きの父の仏前ノート手に              戦後生まれZ

沈黙に鱧の骨切りの音返す                泉千尋

鱧切りの右目は視力2・0                  奈於美

鱧ありき今年も祇園なしやろか            如月

つの字まづ存分に見つ鱧の皮              彼方ひらく

鱧旨し若き日遠くなりにけり              平本魚水

箸当てて切れ味試す鱧の歯よ              芳郎

鱧はねる川床料理白映える                房総たまちゃん

悩ましや鱧に合わせる純米酒              池之端モルト

米寿の宴老舗旅館の鱧やわし              天海すみれ

ざくざくざく母の背を見て鱧吸いを        田村 美帆

大迫のハットトリック鱧湯引き            土佐藩俳句百姓豊哲

プロジェクト完遂記念の鱧尽し            島村福太郎

ぶつ切らば猛りきたるや鱧の口            東京堕天使

せせらぎに一献ありて湯引き鱧            野山ノハナ

足摺四万十名付け鱧出荷                  野中泰風

ギロリ鱧目打ち斬首に迷い無し            野々さと

鱧の花咲いて梅肉艶やかに                柚木みゆき

遠き日の鱧の落としや旅の宿              里山まさを

丸丸と赤子の腕ぼたん鱧                  立葵

酒すすむ鱧の湯引きと吸い物と            良馬

父と子に少なき会話鱧食みて              露草うづら

錫色の刃紋の如き鱧の腹                  棗椰子

鱧の味京女を思い出し                    翡翠

はもはもとさわぐ市場にいそのかや        大工謨斎

鱧の背に残る武骨な骨を切る              矢長宗

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつきのアドバイス

 

投稿時間:2021年07月10日 (土) 07時30分


ページの一番上へ▲