兼題:鶯(うぐいす)入選・秀作・佳作


2021年3月13日(土)放送
兼題:鶯(うぐいす)

【秀作】
鶯の声を忘るる母の耳                   菊池洋勝

鶯や聴診器置く在宅医                   菊池洋勝

鶯や二行書きたす日記帳                 KAZUピー

鶯や山寺を掃く吾が余生                 あいだだなえ

鶯を捉へて耳の有りつたけ               あずお

しまなみは遥か鶯はすぐそば              あみま

鶯や山を千日回峰行                      おきいふ

鶯や経験多き話し方                      おぼろ月

初音して打たれしやうに立ち止まる        キートスばんじょうし

すがた無き鶯走る声に色                  じゃすみん

鶯やつるりとむけるゆでたまご            じょいふるとしちゃん

鶯や父の遺した杉を切る                  そまり

白バイ隊基地の初音と敬礼と             まっことマンデー

鶯や板長までの道遠し                    ツユマメ

口笛に答う鶯母の庭                      ねじり花

鶯の声を間近に霊山寺                    のど飴

鶯鳴く警戒地域てふ町に                  よしざね弓

鶯や面河渓へはあと五キロ                れんげ畑

磐座の幣ゆれ止みて初うぐいす            伊奈川富真乃

鶯やくちびるに砥部焼まろき              一斤染乃

鶯や本館は築百余年                      浦野紗知

鶯や海を眼下に栄の碑                    花子

鴬や土佐は流人の国なりき                岩宮鯉城

蕎麦食すホーム中央初音聞く              亀山酔田

鶯の声に心臓震度1                       亀田かつおぶし

鶯や御祈通知十二件                      橘まゆこ

鶯や名残あざやか条里制                  宮武美香

鶯に腹の子の右脚動く                    宮本象三

鶯や待合の子の独り言                    曲がりしっぽ

鶯の初音吾子の迷子札                    香依蒼

鶯や舌にころがすハツカ飴                高橋寅次

鶯のなくや藤本さん家から                高尾里甫

鶯やエスプレッソの苦過ぎず              山川腎茶

鶯や三々五々の観音講                    山羊座の千賀子

鶯の口上聞いて引く大吉                  七瀬ゆきこ

鶯やここは蔵町水の町                    紗智

鶯やひとり目覚めのカフェオーレ          小鞠

うぐひすを汝と見てよりのもの想ひ       小池令香

鴬鳴かせて溢れくる逆光                  小野睦

裏山の鶯みずいろの光                    松山のとまと

鶯の初音や甘き和三盆                    上原まり

鶯やまあるい窓は空ばかり                城内幸江

鶯や啼きていつものダムの朝              新濃 健

鶯やゆつくりきざむ下山の歩              裾野くみこ

青空へ九九の練習めく初音                西原みどり

鶯や大歩危峡のラフティング              石塚彩楓

鶯や本日別子ダム放流                    川越のしょび

鶯や枝の余白は柔らかい                  大和田美信

かんなぎの袴は紅し匂鳥                  土佐藩俳句百姓豊哲

内覧の窓へ光と鶯来                      播磨陽子

金丸座初音の主よ鶯よ                    南側

鶯や三津の渡しの三分余                  板柿せっか

鶯しきりに鳴いて再発の影                富山の露玉

鶯の声引きこもる子へとどけ              風ヒカル

喪主一礼して鶯の山清ら                  平本魚水

鶯や和紙晴れやかに干されをり            妹のりこ

うぐひすや農機の錆に油して              椋本望生

鶯や空の広さの求め方                    木染湧水

アレは鶯きっと鶯鍬を振る                野川

鶯の聲朝粥の青菜かな                    棗椰子

無人駅に鶯の声人の声                    近江菫花

 

 

【佳作】
鶯のこぼれ来る砥部の七折                ⑦パパ

世相より鶯の啼く平和かな                あぽろ

鶯の初音に弾むバレリーナ               ヴィッカリー趣乃

木漏れ日に鶯探し竹林寺                  かざみどり

鶯や口の渇きし初デート                  かつたろー。

梵鐘の余韻のあとの初音かな              じゅん

朝6時うぐいすの声と味噌の香と          すみれ

鐘に喜捨五十円初音存分に                たま

鶯の春告げ声に春を待つ                  ツークン☆

ウグイスの素知らぬ顔に恨めしや          ツクニトモユキ

鶯やケキョで途切れて飛び去りぬ          ドイツばば

木々揺らぐ広瀬公園の鶯                  どーりー3

眼を覚ます寝ぼけた声のうぐいすで        浜 勇

うぐいすやばあちゃんとゆく讃岐富士     はむ 

目を凝らす藪中の鴬見たし                ハルノ花柊

鶯を探すや枝の揺れるのみ                ひでやん

わが庭にうぐいす鳴けど姿なし            ひまわり

ゲラ刷りに誤植目立ちて鶯や              ペトロア

うぐいすや住職共に二重奏                マユミ

鶯やぬくもりのあることを知る            まるかじり

うぐいすの真似して帰る通学路            みうら朱音

うぐひすや昼の長きを庭に鳴く            みなと

鶯の声新しきデイホーム                  みやこわすれ

七折に声透き通る鶯の                    メイさん

発声のまだ未熟なる鶯よ                  ヤチ代

選果小屋の壁の石積み初音かな            ゆすらご

鶯や手術後の母和ませて                  伊丹妙子

鶯や震える右手ポスト前                  一ノ矢はんぺいた

口笛に鶯応えケキョ2回                  佳匠

ふるさとの鴬の声LINE来る               花の首飾り

鶯の初音みいちゃんはおんもへ            我省

鶯や澄みきる朝の天守閣                  宮マサ

鶯の声よ右から左から                    玉井令子

鶯と声鳴き交わす石鎚山                  細川小春

啼くや鶯ケキヨと青天を衝き              山内三郎

見習いか鶯ついに鳴ききれず              紫水晶

鶯や文字を打ち込むときの音              紗千子

鳴き方はしりきれとんぼよ鶯              若宮直美

うぐいすのは行の終わりの一歩から        純子

鶯や一声鳴きの一年生                    水晶文旦

鶯の声以外の時は止まる                  水蜜桃

生垣に鴬うごく軽き影                    勢田清

鶯や貨物列車の免許証                    昔無架志

鶯や木のてっぺんの見えぬとこ            戦後生まれZ

鶯のホケキョで跳ねる犬の耳              蒼求

風に歌ふ日の出づる國のうぐひす          蒼奏

うぐいすや吾子のよちよち速くなり        中村のりぴ

鶯や落選議員のお膝元                    東京堕天使

まだ見ぬ子やうぐいすの声を待ちわびて    桃 

初音して途中であきたマンガ本            鈍亀

揺れる枝眺めて探すは鶯か                萩

鶯や城下の堀の枝揺れる                  博紀

キャンバスはかまぼこ板や花見鳥          比々き

鶯や学び舎巣立つ餞(はなむけ)か          文明

「うぐいすやっ」二回目鳴くをじっと待つ  芳郎

鶯や窓ぎわの猫立ち上がる                房総たまちゃん 

鶯の遠く近くへ声零し                    夢実

湧水の彼方鶯の初音哉                    夜香

鶯よ早明浦ダムで鳴いている              野中泰風

沈黙をうながす仕草にほひどり            野々さと

鶯や蕾の縒りのほどけゆく                藍月

経を読む四番札所の匂ひ鳥                里山まさを

声のして鶯探すゴルフ場                  良馬

ふる里に鶯鳴けど影も見ず                老空猿

鶯の落し物にて肌きれい                  翡翠

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつき添削「はじめの一歩!」

 

投稿時間:2021年03月13日 (土) 07時55分


ページの一番上へ▲