兼題:白子干(しらすぼし)秀作・佳作


2021年2月13日(土)放送

兼題:白子干(しらすぼし)

 

【秀作】
測量をおえて島影白子干し               世良日守

文豪の定宿の朝白子干                   おきいふ

白子干す鬼がいるらし佐多岬             ⑦パパ

動き出しさうなしらす干しへ醤油         あみま

遠慮なく飯にしらすをてんこ盛り         KAZUピー

縁青き億の目玉や白子干                 あいむ李景

撫づるやうに白子干す手の逞しき         あずお

潮騒の波ちぎれゆく白子干               ヴィッカリー趣乃

白子干湯気を引き連れ干されをり         おぼろ月

ひとつまみ白子干混ぜ握る飯             かつたろー。

こだわりの飯としらすの盛り加減         キートスばんじょうし

浅黒き漁師の肉叢白子干す               じゃすみん

白子干働く夫へてんこ盛り               すずらん

大釜の底も光るやしらす干し              スローライフ

ちりめんのチリモン蛸や笑いおり         そまり

白子干し笊器の半分から日向             ツユマメ

しらすぼし背骨もありて目もありて       ドイツばば

べた凪の漁解禁日しらす干す             はむ

高縄の朝日に香る白子干                 ひでやん

浜の風背に負いながらしらす干す          ポッキー

白子干す脇の物干し軍手干す              マユミ

助太刀はお日さま伊方の白子干            ペトロア

白子干釜揚げしたる男ぶり                みなと

湯気満ちて海の香りや白子干              みやこわすれ

天気良し風良し漁あり白子干              ゆすらご

理髪店無き集落や白子干す                伊予吟会 宵嵐

海光の節くれの指白子干す                一港

島々をつなぐ橋なり白子干                浦野紗知

つまみ食ひまだ湯気上がる白子干          花子

白子干す辺りは白く暮れにけり            花紋

浜の子の一日手伝う白子干                亀山酔田

白子干ほんのり海の湿りかな              亀田かつおぶし

白子干だけで良いから食べて行け          菊池洋勝

なんににもなれない白子干ましろ          橘まゆこ

やはらかき湯気の粒々白子干              宮武美香

への字よりくの字に近い白子干            宮本象三

丼にあふれんばかり白子干し              玉井令子

天の日を一つ一つに白子干し              近江菫花

網元の娘ユキてふ白子干                  薫夏

筵一枚六000匹の白子干す              香依蒼

干し網に怪物混じる白子干                高橋平地草

赤きもの箸につまむや白子干              高橋寅次

しらすぼしたぶんいま目を食んだとこ      高尾里甫

作業終へかっこむ息子白子丼              紗智

夫居らぬ夜の柔らかき白子干              小野睦

白子干し塩梅よしと風まかせ              松山冬花

白釉の皿より白きしらす干し              深山紫

白子干浜辺の日射し波の音                勢田清

ていねいな島の暮らしよ白子干            石塚彩楓

島の名はぼんやり旅の白子干              大和田美信

街なかに「湊町」ありしらす干し          池之端モルト

骨太の母の教えやしらす干し              南側

白波の泡立つごとき白子干                播磨陽子

青空に白き灯台白子干                    板柿せっか

光載せ幾千の波白子干                    富山の露玉

千通りの曲がり癖あり白子干し            風ヒカル

小さき身の片側乾く白子干                平本魚水

ごはんあつあつ白子干きらきら            木染湧水

昨日今日日本晴れや白子干                岩宮鯉城

白子干しのすべて孵化しさうなる陽射し    ケレン味太郎

量り終へ少しおまけと白子干し            蒼奏

国道の九四フェリーや白子干              比々き

 

 

【佳作】

父母帰る減る浄水や白子干                Sonyist

寒シラス丸い背中に我重ね                あぽろ

いしづちの車窓白子干の凍雲              どーりー3

ちりめんのよじれや朝日のこつんと        じょいふるとしちゃん

白子干したっぷり香る道の駅              マレット

白子干とろ箱買いの父遥か                みうら朱音

嫁っこの丼こぼれ落つ白子干し            かあこ

三分で消えゆく朝のしらす丼              ねじり花

白子干や蛸見つけあう子等の声            のど飴

骨粗鬆症トーストに白子干                ハルノ花柊

湯気立ちて浜香り染む白子干し            メイさん

白子干食べて海へと導かれ                ヤチ代

しらす干しほろしよつぱさを吸ふごとく    よしざね弓

甲殻類のピンクが混じる白子干            れんげ畑

白子干初めてもらう母子手帳              伊丹妙子

身の裡の水返す海白子干                  一生のふさく

箸六本揺らしてほぐす白子干              花の首飾り

水分の加減お見事白子干                  玉井瑞月

白子干ひと山買い足して亀の餌            細川小春

白子干こぞって天を目指しをり            山内三郎

タッパーの溝三匹の白子干                山羊座の千賀子

静けさや刹那の形白子干                  紫水晶

おほきことおもしろきこと白子干          七瀬ゆきこ

月経の授業受けたり白子干                紗千子

阪神淡路震災忌朝定食のちりめん雑魚      小池令香

青空の浜に大量白子干し                  水晶文旦

白子干し湯気も笑顔も消えた路地          水蜜桃

コンタクトレンズはうろこ白子干          西原みどり

しらす干し今年なりたい宇宙食            昔無架志

黙々と漁師の妻白子干す                  節子。

赤子蛸入る当り日白子干                  川越のしょび

硬めなり母の好みし白子干                戦後生まれ

湘南のサーファー今は白子干す            蒼求

思い出は瀬戸内の海しらす干し            太郎

白子干し黄身にからめて一口目            打楽器

海からの旨みはここに白子干              土佐藩俳句百姓豊哲

白子干し先輩の言う金いいよ              島村福太郎

しらす干いのち一つもこぼさぬやうに      東京堕天使

ちりめんは掴んで口に押し込んで          桃子ママ

こんもりと溢るる白子干の朝              藤田ゆきまち

バリウムは嫌いじゃないの白子干          踏野正東風

純白が浜辺彩る白子干し                  文明

赴任先ひとり晩酌白子干し                芳郎

愛南のひと手間が愛白子干                房総たまちゃん

三間米に山盛りの春しらす干し            堀アンナ

畳では死ねぬ病や白子干す                椋本望生

故郷の浜辺や喰らう白子干                野中泰風

白子干し混ぜ手を染めて飯にぎる          藍月

路地裏に潮の香充つる白子干              里山まさを

波音と風音の中白子干す                  良馬

完形の蛸は5㎜や白子干                  棗椰子

驚いたタツノオトシゴ白子干              翡翠

浜いっぱいにおいと色にしらす干す        宇都宮 巧

白子干すにおいと色に浜いっぱい          宇都宮訓子

白子干しどう見ても赤い年のせい          ひよとり2

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつき添削「はじめの一歩!」

 

投稿時間:2021年02月13日 (土) 07時55分


ページの一番上へ▲