兼題:紅葉(もみじ)秀作・佳作


2020年11月14日(土)放送

兼題:紅葉(もみじ)

【秀作】

岩盤に隆起の記憶紅葉渓        あいだ だなえ

ふかふかのマイク紅葉の取材班      あいむ李景

公園の紅葉から二軒目が我が家      かつたろー。

石鎚の法螺貝夜明の谷紅葉          じゃすみん 

霊園の桶にもみじのはりついて      じょいふるとしちゃん

行列の門抜け紅葉は東福寺          すみれ     

野良猫が安座に座る初紅葉          スローライフ  

餌を待つ猫わらわらと寺紅葉        ハルノ花柊

曽祖父は好事家真つ直ぐな紅葉      ひでやん

薪風呂のけむりと暮らす夕紅葉        まっことマンデー

紅葉は今朝のからくり時計に散る   まるかじり

旅は素寒貧夕紅葉は豪奢        七瀬ゆきこ         

地獄とはこんなにきれい紅葉谷      宮武美香 

細胞診待つや川沿ひ夕紅葉          松山のとまと

お見舞の袋の底に付く紅葉          世良日守           

紅葉の中を琴電一両目          川越のしょび

吊り橋のしんがりとなり紅葉山      蒼奏         

肩を紅葉信号待ちのサイドカー    池之端モルト

窓に紅葉恩師の最終講義        島村福太郎

火を噴かぬ砲台の下紅葉谷          東京堕天使

大家さんの会釈は深し照紅葉        藤田ゆきまち

紅葉明るくて雲が迎えに来る        播磨陽子

照紅葉防火バケツの水面にも        板柿せっか         

色街の朝の箒や照紅葉          平本魚水   

山頂より空と紅葉と海と島          妹のりこ   

竹箒仕舞う紅葉のついたまま        木染湧水

 

 

 

 

 

 

【佳作】

紅葉東平貯蔵庫を飲み込みて         ⑦パパ   

ロープウェイ呑み込まれゆく谿紅葉   KAZUピー

駐輪場こごまる風とかごの紅葉       Sonyist

岩肌を覆ふ紅葉や寒霞渓         あみま           

夢で成就さめて紅葉の降りしきる    おぼろ月    

廃校の片隅照らすもみじかな         かざみどり       

金閣の金透き通る紅葉かな           じゅん      

風の輪がやわらかく去り紅葉落つ     そまり

紅葉して喫茶は移転坂の上           たま

七輪の猪肉の煙紅葉谷           ツユマメ

粒餡のつるっと食感紅葉山           ツユマメ末っ子@8歳

紅葉する木一本に人十人         ドイツばば       

洗車する父の鼻歌薄紅葉         ひとひら 

山門の歪み瓦に寄る紅葉        ペトロア

風と行く朝巡礼の紅葉道        みやこわすれ         

凛として紅葉羽織る天狗岳           メイさん 

居ながらに画像如きや庭紅葉         ヤチ代

石段の紅葉踏み締む仁王門           ゆすらご 

フェリーから見える紅葉の小豆島     れんげ畑

濃紅葉ややうやう鎖場を抜けて       伊奈川富真乃

デイケアの一団歌いだす紅葉         一斤染乃

ブォロロロとボンネットバス渓紅葉   一港     

石段を同行二人もみじかな           浦野紗知

紅葉川別子の銅の酸化して           佳山             

紅葉手に舞う巫女の袴濃き色         花の首飾り

里も奥隠れ耶蘇の碑渓紅葉           花子             

山脈の静脈のごと紅葉谷         花紋             

谿紅葉濃くあれ鳥は飛ぶところ       亀山酔田 

庭紅葉落ちて真っ赤な円となす       亀田かつおぶし   

リハビリの指を広げる紅葉かな       菊池洋勝 

おむすびを頬張る娘紅葉かな         玉井瑞月 

描きても描ききれざる紅葉かな       玉井令子         

おほぞらに開くキャラ弁紅葉かな     玉繭     

紅葉敷く遍路墓守る婆様をり         近江菫花         

未だ華奢な紅葉一本賜りぬ           薫夏

グレートトラバースもみずる木曽駒   香依蒼           

接待は有り難き縁夕紅葉         高橋寅次      

紅葉降る三崎 風車の二回転          高尾里甫

直葬の車にへばり付く紅葉           みなと                   

紅葉掃く僧の頭にまた紅葉           山羊座の千賀子

吊橋の揺れにしたがひ谷紅葉         紗千子           

もみじ葉や足湯飛び交ふ国なまり     紗智     

前かごに紅葉ひとひら夕まぐれ       小鞠     

紅葉見てもみぢ踏み行く父と杖       小池令香  

松山城宥め紅葉の四百回         松井くろ         

人力車紅葉くぐりて旅の宿           松山冬花

赤い橋渡り紅葉の町となる           城内幸江

湯屋を出で紅葉の坂に下駄が鳴る     新濃 健         

全霊の紅葉の紅の尤さよ         水蜜桃           

捨て石を目がけて散りし夕紅葉       裾野はな         

吊橋へ燃え上がり来る紅葉かな       石塚彩楓 

山紅葉暮れゆく麓に遍路道           太郎          

木もれびは仁淀ブルーへ谿紅葉       打楽器   

照紅葉ファイブアローズ開幕戦       土佐藩俳句百姓豊哲

ようきたなと山の声聞く紅葉晴れ     南側     

紅葉谷へ放つ小便小僧かな           比々き   

ひと枝の長きがもみづ始めなり       富山の露玉       

ワイパーに紅葉一枚留り居り         風ヒカル         

四万十や紅葉の喰らう沈下橋         野中泰風         

傷つけて息苦しいほど紅葉燃ゆ       藍月     

結願の涙にきらり夕紅葉        里山まさを       

磴のぼりきれば札所の紅葉かな       良馬                     

肩車伸ばす子の手に紅葉落つ         六手             

ひとり見る秘湯の谷の紅葉かな       戌亥     

ざる蕎麦の昼や父との初紅葉         棗椰子   

紅葉してフックラインが読み切れぬ   椋本望生

山閑か太師は一人紅葉の賀           ねじり花 

紅葉狩り分け入るとサルの群なす     水晶文旦

紅葉狩こんぴらさんの裏道を         はむ

せせらぎは雅楽のやうに草紅葉       のど飴   

骨董の壷に逢い合う蔦紅葉           上原まり                 

夫ありしままの門札柿紅葉           田島良生         

柿紅葉隣宅の犬また逃げて           伊予吟会 宵嵐

山城に続く小径に櫨紅葉         有明海           

巡りくる母の忌日や冬紅葉           揺子     

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつき添削「はじめの一歩!」

 

投稿時間:2020年11月14日 (土) 07時55分


ページの一番上へ▲