兼題:蜻蛉(とんぼ)秀作・佳作


2020年9月12日(土)放送

兼題:蜻蛉(とんぼ)

 

【秀作】

四万十の水面垂直なる蜻蛉            かつたろー。

うちぬきの水へ蜻蛉のランデヴー      あみま

夕蜻蛉今日も眺める不登校            スローライフ

震度8軽くとんぼは逃れたり          ドイツばば

運勢は大吉朝の鬼やんま          のど飴

蜻蛉追ふ重機の壊す生家なり          ハルノ花柊

複眼に二万の私たち蜻蛉          ひでやん

蜻蛉を増やす龍馬の風ならん          まっことマンデー

とんぼうや訴訟となった寺境          亀山酔田 

塩辛とんぼ空色の眼の空と海          ゆすらご

ロックフェスの拳を遥か鬼やんま      葵新吾 

霊山へ風のきざはし赤蜻蛉            一斤染乃

蜻蛉の空五倍子(うつぶし)色の翅の影    宮武美香 

連絡船うどんの椅子の赤とんぼ        川越のしょび

四万十の水は蜻蛉の翅の色            宮本象三                       

蜻蛉のまなこに映る馬の群れ          三泊みなと

直線を来て直角にゆく蜻蛉            七瀬ゆきこ

赤とんぼ夕餉の前の一仕事            紗智 

蜻蛉ふえゆくPKの静寂を            小野 睦  

戦士めく蜻蛉は風に乗り猛し          松井くろ               

蜻蛉二匹さらりっとダム湖蹴る        松本だりあ     

母の杖父のお下がり鬼やんま          城内幸江       

前かごの蜻蛉離るる羽の音            松山のとまと   

ツーリングの終点は浜あきつ舞ふ      裾野くみこ             

先生の鉛筆立てに蜻蛉が          石塚彩楓       

ダイナモの呻る羽音や鬼やんま        蒼奏   

北校舎四階窓を群蜻蛉            打楽器                 

吊橋の水までの距離おにやんま        田島良生 

交尾の輪の影石に美し銀やんま        東京堕天使 

みづきはに濁点をうつ鬼蜻蜓(おにやんま)    藤色葉菜       

とんぼうの恋やカーネルサンダース        藤田ゆきまち

天啓のごと浮きつるぶ蜻蛉かな            播磨陽子

そら描けと言はんばかりのあきつかな      椋本望生               

蜻蛉飛ぶ空を大きく返し縫い          富山の露玉

湯に入れば蜻蛉番ふ湯屋の隅          平本魚水       

私は原色蜻蛉の眼に捉えられ          穂積天玲       

朝風や井戸の端へと鬼やんま          棗椰子

 

 

【佳作】

とんぼうの鋭角の線白壁に            ⑦パパ

突然の虚空にとまる蜻蛉かな          KAZUピー

大空を傾けて飛ぶ蜻蛉かな            アリマノミコ

撮り鉄を蜻蛉の複眼復刻車            おぼろ月

ホバリングの銀やんまの視線の先      オルソ

肉食の飛翔力なり鬼やんま            キートスばんじょうし

レクサスの陰で重なる蜻蛉かな        じゅん

蜻蛉や向かふ札所の遠い空            じょいふるとしちゃん

鬼やんま兄はぐんぐん走り去る        そまり

とんぼうの左旋回コケコッコー        そらうみよね

小流れに野菜洗ふや蜻蛉群れ          たま

二枚羽風切るトンボ前へ飛ぶ          ツークン☆

とんぼうの尻高々とヨガポーズ        ツユマメ

固有種を守っていくよ赤蜻蛉          ツユマメ末っ子@8歳             

あかがねの空とんぼのめがねの吾子        どーりー

王国の蜻蛉ぶつかるように来る        ねじり花

自慢の体幹曲げて蜻蛉は愛し合う      のりのみや

蜻蛉の目故郷松山睨んでね            ひよとり2

四万十の蜻蛉と行きて遊歩道          ペトロア

蜻蛉の眼の奥は夕陽色            まるかじり

追へば惹く惹けば追ふ恋蜻蛉飛ぶ      ヤチ代

中庭に不意のまろうど夕とんぼ        ラーラ

橋渡る蜻蛉と共にバス停へ            れんげ畑       

蜻蛉やモネの描きし池と過去          伊予吟会 宵嵐

驚きて吼えて笑うて鬼やんま          一港   

己が影石にそと置く秋茜             一生のふさく

雨上がり蜻蛉に蜻蛉垂れ下がる        花紋   

蜻蛉の複眼ごとリモート画面          我省           

あめ細工のごと蜻蛉の羽は雨にぬれ        蟹丸           

蜻蛉かなお遍路さんの杖の先           亀田勝則

とんぼうや頭に載せる老眼鏡          菊池洋勝

校庭に児童の陰と赤とんぼ            宮井直樹       

どの島で生まれ来たのか蜻蛉飛ぶ      玉井瑞月 

鬼やんま清流に沿ひ低く飛び          玉井令子

病室を覗き込むよに蜻蛉かな          玉繭           

阿吽雀の城へ赤蜻蛉飛ぶ             近江菫花       

渋滞を蜻蛉が伊予の早曲り            高尾里甫       

ため池に卵を返す蜻蛉かな            山内三郎       

とんぼうの翅の滴をくださいな        紗千子         

鬼やんま突きあたりまでまっすぐに        小鞠           

作業着の肩かすめ行く夕蜻蛉          小池令香               

何ゆえに色薄れけり赤トンボ          昇徳   

清流に尾を打つ蜻蛉追いかけて        松山冬花       

とんほの眼シェスタむさぼる事ありや      上原まり 

風に乗りおしどり蜻蛉のランデブー        森本正男 

そよ風の穂先に揺れる蜻蛉の目        水晶文旦       

王国の蜻蛉四万十川に消ゆ            水蜜桃 

円柱の大気を廻す蜻蛉かな            世良日守               

水面引っ掻き塩辛蜻蛉産卵す          石塚彩楓 

夕日さす教室一人とんぼ来る          大津美         

とんぼうや大人はいつも空の色        大槻税悦

蜻蛉のとまる菅笠海間近          池之端モルト           

トンボ飛ぶ葉先のしずくそのままに        忠孝   

そらあみへ飛び立つ蜻蛉青い空        土佐藩俳句百姓豊哲

ギンヤンマ時速70キロの空の旅       島村福太郎

鬼やんま畑のネットすり抜ける        桃子ママ

蜻蛉来てカーペンターズ聴いてみる        南側   

とんぼうの空へ瓦をはふりけり        板柿せっか

絶対者の眼ぢからさみし鬼蜻蜓(やんま)  比々き 

金色の眼の蜻蛉遠山に            堀アンナ               

ノスタルジーがわからないから鬼やんま    木染湧水

とんぼ舞う主役不在の野球場          藍月   

鬼やんま廃屋の庭ゆうゆうと          良馬   

カップ酒父の墓石に赤蜻蛉            六手           

昨日より速く走りて蜻蛉かな          戌亥

蜻蛉止まり勝虫となるヘルメット          韋駄天(いだてん) 

蜻蛉や虚空(そら)の産道とおり抜け        揺子

殿様の庭は縄張り赤蜻蛉          扶佐子 

蜻蛉追い右へ左へ下校中          めりっさ

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつき添削「はじめの一歩!」

 

投稿時間:2020年09月12日 (土) 07時55分


ページの一番上へ▲