兼題:オリーブ 添削「はじめの一歩!」


 ・ひとり旅   オリーブの花   影笑う    快飛

燦々と 腕のびやかに  オリーブの花  ヤ~キン

<解説>

五七五の間を空けないのが、俳句の基本的な表記です。

テレビの俳句番組で三行書き(あるいは二行書き)に

しているのは、テレビの画面が四角という事情から。

まずは正しい表記を覚えましょう。

 

球体にかつての地球の姿見る     ツチヤタカユキ             

葉の先が黄色は追肥のゴーサイン  幕末アンパンマン

<解説>

この二句は、オリーブを念頭において作られたものだと

想像はつきますが、兼題「オリーブ」とあれば、

「オリーブ」という言葉を入れる必要があります。

次回の兼題は「素麺(そうめん)」です。

ご投句お待ちしてますよ。

 

・青空にオリーブの葉ざわめいて   山きょん             

オリーブで平和を願う私たち     翡翠       

<解説>

この二句には「オリーブ」という言葉は入っていますが、

「オリーブ」のような樹木の場合は、

「オリーブ」だけでは、季語になりません。

「オリーブの花」「花オリーブ」が夏の季語

「オリーブの実」が秋の季語となります。

 

降り掛かるオリーブオイル断れぬ  はらは

オリーブの小瓶をカゴに春ぱすた  まろん             

ビン詰めのオリーブ届き朝サラダ  佳作平     

オリーブ珈琲白磁へ緑さす     河野なお

<解説>                             

河野さんからの補足で、数年前

友人が「オリーブの珈琲っていうのがあるのよ。」と、

マイセンの真っ白なカップに淹れて出してくれました。

深いのに、透明感のある緑色の珈琲で、目でも

楽しめる美味しい珈琲でした。と記載されていました。

オリーブ珈琲というものがあるとは知りませんでした。

情報ありがとう! とはいえ、オリーブオイル、

オリーブの実の瓶詰め、オリーブ珈琲などを

季語とするのは、無理があるでしょうねえ。

 

・夕凪や姉嫁ぐオリーブの島         我省           

オリーブ園踏破して飲むサイダー    キートスばんじょうし           

炎昼やオリーブに来る郵便         まるかじり             

オリーブの木にハンモックハートの葉  すずらん       

<解説>

「オリーブ」だけでは季語にならないことを逆手にとって、

別の季語と取り合わせる方法を考えた人たちもいました。

それぞれ「夕凪」「サイダー」「炎昼」「ハンモック」が季語です。

 

春オリーブ若葉ゆらめく風便り   ツークン☆

<解説>

こちらは、うっかりの季重なり。

「若葉」が季語ですから、「春」を外せばなんとかなります。

【添削例】オリーブの若葉ゆらめく風便り

ただ、こうなると季語「若葉」の句になります。

 

オリーブや異国語とぎれ夕ぐれて  たま

<解説>

このタイプの句は、「オリーブ」を季語だと思って作ったのか、

あるいは無季の句として作ったのか。

そこは作者に聞くしかないのですが、

季語「オリーブの花」を入れて17音にすることは可能です。

【添削例】異国語のとぎれ花オリーブの夕

 

オリーブの島に遠隔診療来       菊池洋勝

<解説>

季語を入れるとすれば・・・

ただ、原句の内容を全て入れるとなると、

多少の字余りを許容するしかありません。

【添削例】遠隔診療来オリーブの花の島

 

島ぢゆうが震へオリーブ落ちにけり     南方日午               

カクテルに沈むオリーブ君を待つ       たかし 

 

<解説>       

この二句は、「オリーブ」としか書いてないのですが、

全体を読めば「オリーブの実」であることが分かります。

ただ、これらも「オリーブの実」と、書けなくもないかな。

どちらも字余りになるのは致し方ないけど。

【添削例】島ぢゆうが震へオリーブの実の落つ

【添削例】オリーブの実を沈ませ君を待つカクテル

 

・反抗期のくるぶしはオリーブに似て     風ヒカル

<解説>

「くるぶし」の比喩ですから、「オリーブの実」なのでしょう。

比喩になると、季語としての力はやや弱くなりますが、

季感は残ります。

【添削例】オリーブの実に似て反抗期のくるぶし

先に「オリーブの実」を映像として出し、

季語の力を確保します。

原句も字余りなので、このぐらいの字余りは

許容されるかな、と。

 

オリーブやごつごつとした木のスプーン 城内幸江

<解説>

「オリーブ」と「木のスプーン」取り合わせがよいです。

「オリーブの実」と季語をしっかり入れて、

音数を調整してみましょう。

【添削例】オリーブの実やごつごつと木のスプン

 

>>放送で紹介された句はこちら
>>秀作・佳作はこちら

投稿時間:2020年06月13日 (土) 07時55分


ページの一番上へ▲