夏井いつきの俳句道場

兼題:雑煮「夏井いつきのアドバイス」


◆季重なり
御元日あん雑煮から焼きもちへ          妻丸うどん

雑煮たべ新たな年のはじめなり          まさやん

雑煮食べおせち進まず悲しけれ          すみれ

[解説]
一句に複数の季語が入った秀句も存在するが、最初は一句一季語からの練習。歳時記を開いて、どれが季語か確認してみよう。

 

◆兼題がない?!

根無草過ぎし日巡る三が日               深木正則

瀬戸貝の香りと新たな決心と             あらたりあ

寝正月餅によく似たふくれ面             よし子

[解説]
兼題として提示された季語をそのまま詠み込むのが、たった一つのルール。

 

◆今月の添削

晴れの日の雑煮の中の静謐(せいひつ)や  ピアニシモ
[解説]
やろうとしていることは良いと思う。惜しいのは「~の中の」がやや説明であること。さらに下五「~や」の詠嘆で終わるのは、落ち着きが悪くて難しい型になる。それらのマイナス点を解消すればよい句になる。

【添削例】晴れの日の雑煮や椀といふ静謐

 

雑煮好き餡(あん)が残りし鍋の底        戦後生まれZ
[解説]
「雑煮好き」という気持ちを書くよりは、眼前の光景を映像として描写しよう。例えばこんな感じ。

【添削例】餡(あん)雑煮の餡の残れる鍋の底

 

被災地の広場で頬張る雑煮かな       シェル翁

[解説]
中七「頬張る」は言わずもがな。ここを推敲(すいこう)すると、「被災地の広場」でいただく「雑煮」の臨場感が増す。

【添削例】被災地の広場に熱き雑煮椀

 

◆佳作への道

お雑煮は故郷の味母の味        ふさ

一口で母思い出す雑煮餅        かざみどり

ぞうに見て亡き父母達と食べし頃 小松カヅ子

[解説]
新年の季語「雑煮」から「故郷」「母」「父」などを連想した句が多数投句されていた。その連想がダメというわけではないが、類想類句があまりにも沢山あるので自分自身の句だと胸を張りにくい。

 

「餅幾つ」雑煮調ふ母の声       良久

早朝の「雑煮何個」の母の声     長楽健司

[解説]
「雑煮」と「母」の光景をもう少し具体的に書いてみようと考えた句もあった。「調ふ」という母の動作、「早朝」という時間を書いているのはよいが、雑煮を作る場面を思うと「調ふ」「早朝」は想定内の言葉。しかも、下五「母の声」が全く同じなので類句の印象を拭うことはまだちょっと難しい。

 

餅何個三個にしてと雑煮椀              もふ美

何個食べる雑煮の朝の大家族            一美

[解説]
1句目は「餅何個」に対して「三個にして」と答えを書き込んだ。2句目は「大家族」という情報が入っている。「何個食べる」という質問に大家族のそれぞれが答えているのに違いない光景が浮かんでくる、ここまできて「佳作」。

とはいえ、雑煮の餅の数を聞くという発想の句もそれなりにある。この発想のライン上で独自性や真実味をどう加えていくかは、なかなかハードルが高そう。「餅を何個食べるか」という発想を捨てて新しいものを探すほうが、秀作への道は近くなりそうな気もする。

 

>>放送で紹介された句
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2022年01月08日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:雑煮


2022年1月8日(土)放送

兼題:雑煮

 

▼兼題の季語「雑煮」の解説
正月三が日は、飯を炊かず、餅が主である汁物の雑煮を食べる風習が古くから全国に伝わっている。神仏に供え、一家そろって膳について食する、晴れの食物である。

 

 

▼選句ポイント
元日の朝の臨場感
「雑煮」という季語は、(当たり前のことですが)椀の中にあるお雑煮そのものを詠むことが多い。いかに美味しそうに、いかに香しく詠むか。

 

 

▼ギュッと!特選

鰹(かつお)節にほふ雑煮の朝にゐる     亀田かつおぶし

[解説]
新年の淑気(しゅくき)や朝日の晴れがましさを、雑煮の出汁をとる「鰹節」の匂いで表現している。前夜から準備して丁寧にとる鰹(かつお)出汁、上等な鰹をたっぷりと使った透きとおった金色の出汁。「雑煮の朝」は芳醇(ほうじゅん)な香りに満ちている。新年を迎えた晴れの日の思いが、「雑煮の朝にゐる」という率直な措辞で表現されている。

 

 

▼放送でご紹介した「秀作」

猫舌の子のお椀(わん)からつぐ雑煮       マレット
[解説]
母がでてくる句ですが「母」という単語はない。「猫舌の子」のお椀(わん)に先に雑煮をついでやる、読めばそれが母親だと分かる。ここまでくると「秀作」。

 

椀(わん)に入(い)る焼き餅じゅっと鳴く雑煮 梨西瓜
[解説]
無条件に美味しそう。「じゅっと鳴く」という比喩が成功している。

どんぶりでがっつく雑煮餅五つ            小藤たみよ
[解説]
「がっつく」という描写でどんぶり飯をかき込んでいるのかと思えば、「雑煮」だという意外性。さらに「五つ」という数の愉快が駄目押しのように重なる。ここまでの独自性と真実味が加わると「秀作」になる。

 

 

▼放送でご紹介した「佳作」

白味噌(みそ)の雑煮母の笑みほっと    トーマス
[解説]
「白味噌」と具体的な味がでてきた。ただ「雑煮」から「母」を連想する句も多い。だから「佳作」どまり。

 

白味噌(みそ)に宗旨替えして雑煮かな   ぶんぶん
[解説]
中七「宗旨替えして」によって、それまでは白味噌ではなかったことが分かる、そこに工夫がある。

 

じゃこ天と白菜の入(い)る雑煮かな    たまもん
[解説]
具体的な中身をちゃんと書くだけでも、ささやかなオリジナリティを獲得できる。愛媛の南予あたりのお雑煮でしょうか。

 

新婚の弟嘆(なげ)く餡(あん)雑煮    とべのひさの
[解説]
これは香川の餡(あん)雑煮ですね。「新婚の弟」という状況をきちんと書いたことで、場面が生き生きと見えてくる。「嘆(なげ)く」と書かず、弟の表情や動作でそれを伝えられると、「秀作」へワンランクアップ。


雑煮餅ふくらむふくらむ人の声         美依珠
[解説]
雑煮餅が膨らむという句は、沢山あったのですが、「ふくらふくらむ」とリフレインして、下五を「人の声」とシンプルに書いたことで、ささやかな臨場感が生まれました。

 

▼「秀作への道」添削句から学ぼう!

まず人参(にんじん)の花びらを美(は)し雑煮    たま
[解説]
「人参」も冬の季語ですが、お雑煮の中には彩りとして入っているので、季重なりの心配はない。が、新年の季語「雑煮」を先にもってくると「人参」の主張を少し押さえることができる。

【添削例】雑煮美(は)しまず人参(にんじん)の花びらを

 

弱き歯の父に刻みし雑煮膳     加田紗智
[解説]
上五が不要。「雑煮」なので、喉に詰めないようにお餅を小さく切っているのではないかと推測する。ならば、そこも少しだけ具体的に。

【添削例】○○○○○父に刻める雑煮餅

「し」は過去の助動詞なので、今、刻んでいるのであれば「刻める」ですね。上五をどうすればよいか考えてみよう。

 

>>夏井いつきのアドバイス
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2022年01月08日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:雑煮 秀作・佳作


2022年1月8日(土)放送
兼題:雑煮

【秀作】

雑煮食ふ生中継のカバ舎前                イサク

雑煮伸ぶほうと湯気立つ朝の椀                    夏雲ブン太

雑煮ひかる鶏の脂のうつすらと                    夏湖乃

雑煮煮るどうせ食べない子のために                海野碧

三日目の雑煮ゆつくり作る朝              夢実

膨らみの罅(ひび)しおしおと雑煮餅              あいむ李景

お澄ましを凹(へこ)むほど吹く雑煮かな          そまり

三日目も飽きず雑煮の餡(あん)啜(すす)る      あずお玲子

具と餅の違ふ雑煮の並びをり                      あみま

潮まちの鞆の港の雑煮餅                          アリマノミコ

雑煮食ふ肚(はら)に余震を感じをり              アロイジオ

国ことば雑煮の餅も具も丸く                      おきいふ

職安の情報見つつ雑煮かな                    かつたろー。

この朝のしづけさが佳(よ)し雑煮食ふ            かねつき走流

母方の奈良の雑煮の勝ち残り                      キートスばんじょうし

千キロ先の句友とつつく雑煮かな                  ギル

駅伝復路三日目の雑煮食(た)ぶ                  くぅ

切り餅の小さくなりたる雑煮かな                  くま鶉

とろみたる椀や雑煮を食べ終へて                  けーい〇

雑煮祝(ほ)ぐ四ヶ月目の病院食                  げばげば

具雑煮や花びらめきて小さき餅                    このみ杏仁

はららごの珊瑚(さんご)のごとき雑煮かな        じゃすみん

焼きもち派と餡(あん)もち派いて雑煮かな        じゅん

花かつを二つかみ盛る雑煮椀                      じょいふるとしちゃん

山険し豆腐あふるる雑煮かな                      すずさん

削り節湯気にへらへら雑煮椀                      どいつ薔芭

自治会の大鍋三つ雑煮の香                        どこにでもいる田中

祝箸行儀よく待ち雑煮かな                        ねじり花

雑煮熱し松山あげのほの甘し                      ひでやん

旅打ちの雀荘振る舞いの雑煮                      みづちみわ

鳥の声のまぶしき空や雑煮食(た)ぶ              やまさきゆみ

九人となり肘をちぢめて雑煮食ふ                  阿波オードリー

きらきらと啜(すす)るはららご雑煮椀            綾竹あんどれ

雑煮二百売り切れし頃日は昇る                    伊予吟会 宵嵐

大谷に住みたる頃の雑煮餅                        岩宮鯉城

菜一枚ひかる本家の雑煮かな                      音羽凜

口論に勝ちたる妻の雑煮喰(く)ふ                加良太知

着弾は領海のそと雑煮食う                        灰頭徨鴉

ふるさとの山海あつぱれなる雑煮                  宮武美香

嫁ぎても慣れてたまるか餡(あん)雑煮            坐花酔月

家風など持たぬ二人や雑煮食(た)ぶ              彩汀

論客に芋茎雑煮は見つめられ                      三泊みなと

かつぶしの踊る雑煮や母きれい                    山羊座の千賀子

長屋売る算段雑煮餠食らふ                        紗千子

雑煮すふいのちのみづをすふやうに                渋谷晶

雑煮椀世界は朝に造られた                        世良日守

お四国と呼んで故郷の雑煮餅                      西原みどり

箱根路の八人抜きや雑煮食う                      竹内一二

お雑煮や金の屏風の銀の鼠(ねず)                藤 雪陽

抱き合うて雑煮の餅と牛蒡(ごぼう)かな          藤田ゆきまち

出汁の二種雑煮も二種の巴里(パリ)の朝          巴里乃嬬

二階にも香る蛯(えび)出汁雑煮膳                迫久鯨

再婚や雑煮の餅の円きとは                        板柿せっか

海鮮の雑煮に引かれ再婚す                        妹のりこ

雑煮より始まる父の母自慢                        比々き

雑煮吹く夫(つま)の胛骨(かいがらぼね)ぎぎぎ  平本魚水

喉と言ふ危ないところ雜煮食(た)ぶ              椋本望生

酒弱くなりて雑煮の具沢山                        木染湧水

鶏しめた双手に椀の鶏雑煮                        宥光

福餅の赤の鈍さよ雑煮膳                          柚木みゆき

金色の出汁はる紅の雑煮椀                        藍月

雑煮なべ並ぶ二口コンロかな                      棗椰子

突然の告白雑煮嫌ひとや                          伊奈川富真乃

雑煮祝う敬語の解けてきた義父と                  高尾里甫

味噌汁の味に慣れずや雑煮をや                    池之端モルト

先送りてふひと仕事雑煮椀                長谷川水素

雑煮かよ社食のランチのお節介                    浪速の蟹造

霊山の朝日もろとも雑煮食(た)ぶ                満嶋ハト       

 

【佳作】
結願寺の雑煮「ビックリ」あんこ入り              一高のヤン

運を呼ぶ杵くず当たる雑煮餅                      気楽老後

雑煮甘し讃岐三白国柄か                          恭子

リクエスト雑煮とぽつり次男坊                    昔まどんな

病む妻のくちびる温くむ雑煮餅                    折口也

携帯をポッケに仕舞って雑煮かな                  早苗

膝の猫雑煮ものびて余生かな                      奉扇

椀一つ増えて5人で雑煮食(た)ぶ                夢汰ゆき

前垂れに雑煮の染みやおとんぼう                  廣田惣太郎

白味噌に餡(あん)はとろりの雑煮かな            翔恵

子が連れしやんごとなき娘雑煮召す                ダック

年々と小ぶりになる雑煮かな                      ぷやにん

堂々と寝坊ブランチたる雑煮                      空豆魚

たまにしか会わぬ親戚雑煮の具                    月岡方円

雑煮嬉し家族になりゆく道よ                      今若あれ

夫婦してあと何回の雑煮かな                      三崎扁舟

「結婚は?」耳を畳んで雑煮かな                  山田蚯蚓

くったりと具のからみ合う雑煮かな                城ヶ崎文椛

手を合わせ明けてめでたや雑煮膳                  新居浜 棒振り仙人

仏前に供ふ雑煮の湯気ますぐ                      青居 舞

これはまた挨拶の元気な雑煮                      登りびと

喪の明けて二人前なる雑煮食う                    登盛満

朝寝坊雑煮の香り郵便屋                          美津うつわ

赤から白へ夫の実家の味噌雑煮                    鈴野蒼爽

もち菜添え雑煮すっきり尾張かな                  清梅

慣わしの男の雑煮ムム不味(まず)い              升屋

子ら起きる時間に合わす雑煮かな                  KANNA

ばあさまの褒めたる妻の雑煮かな                  KAZUピー

酒交わし交わし雑煮の朝かな                      あたなごっち

我が雑煮夫婦の鍋は判れけり                      あぽろ

機内食まさかの雑煮懐かしく                      いの鉄橋

朱の椀に白餅映えて香(こう)かすか              ウクレレみっちゃん

鰹(かつお)節の慌てふためく雑煮椀              おこそとの

雑煮とはわたしを思い出す装置                    オサカナクッション

白みその香る雑煮は娘作                          お萩

赤きべべ雑煮の椀も光る朝                        門田千世香

母雑煮あとさき忘れ子にかへる                    きなこ

讃岐人雑煮に隠す餡の味                          キムさん

顆粒(かりゅう)出汁カット野菜の雑煮の夜        しみずこころ

あん餅に口の開きたる雑煮かな                    たむらせつこ

お雑煮はかあちゃんの味母の言ふ                  ちょぼ鶉

親の味知らぬ彼氏へ雑煮椀                        でんでん琴女

集まりて故郷の我ら雑煮餅                        どーりー3

我が義母の教え給(たま)いし味噌雑煮            ドキドク

食べた数競う声聞く雑煮かな                      なおひとさん

故郷の雑煮自慢の休み明け                        にゃんた

出汁旨(うま)し漆の椀に盛る雑煮                ハナショウブ

白味噌を透かし焦げ目を雑煮餅                    はなぶさあきら

参道をちゃぽんちゃぽんと雑煮腹                  ひとひら

パイルダーオンと雑煮にモチ投入                  へなけん

雑煮煮る父の遺影へ餡(あん)入りは              ぽー

白みそ味我が家の雑煮に慣れし嫁                  ポッキー

脂照る地鶏の雑煮替えにけり                      まがりしっぽ

家庭菜園のあと独りの雑煮                        まるかじり

餡(あん)餅雑煮食わず嫌ひの転勤族              みうら朱音

祖母の顔雑煮の湯気に赤らんで                    むねあかどり

五色の具雑煮の椀は宝船                          もえたん

飲み込めているを確認雑煮餅                      ゆすらご

姑に習ふ雑煮の味薄し                            ゆめの常盤

寿ぎの箸は直ぐなり雑煮椀                        れんげ咲く

あん雑煮食べてくつろぐ親の家                    れんげ畑

早口の嫁とこさえる味噌雑煮                      伊丹妙子

さまざまな手が丸めたる雑煮餅                    伊予素数

鳴り渡る教会の鐘雑煮食ふ                        井納蒼求

二種類の雑煮並べる母と妻                        磯田省吾

地魚のすまき二切れ雑煮椀                        一港

だしの香にみづの翠の雑煮かな                    一寸雄町

早足の義母の雑煮に丸き湯気                      稲畑とりこ

仏壇に供う雑煮の湯気ゆれる                      卯夏野心

朱を添へて青菜を添へて雑煮かな                  浦野紗知

いとこらの揃ひて明くる日の雑煮                  旺上林加

母の留守作る雑煮はカレー味                      岡井稀音

何入れる雑煮談義に花咲けり                      岡山小鞠

箱膳に祖母在りし日の雑煮かな                    岡田まさこ

乗務員社食の雑煮味噌仕立て                      岡田春ニ

紅色を添へてすましの雑煮椀                      加田紗智

あん餅と味噌は譲れぬ雑煮かな                    夏草はむ

夜更かしの家族に主の雑煮かな                    河内義高

三食を雑煮で過ごす三が日                        花の首飾り

雑煮もち今年九つ爺ペロリ                        鎌田真由美

中継の箱根の山や雑煮食(た)ぶ                  岸来夢

こびり付く鍋の雑煮ぞ酒進む                      亀山酔田

丸と角夫婦になりぬ雑煮かな                      菊池洋勝

九十度の正座で雑煮食べる婿                      吉行直人

食道の限度の手前まで雑煮                        吉野川

雑煮餅の形分け目も関ヶ原                        久留里61

雑煮食(た)ぶコロナ終息願ひつつ                玉井令子

異次元の餡(あん)ころ餅の雑煮食(た)ぶ        近江菫花

絶縁のふるさとの味雑煮食う                      五月ふみ

餅昆布根菜賑(にぎわ)う雑煮椀               五十展伝

かまぼこの紅が眩(まぶ)しい一人雑煮            宏峰

先ずは母鶏つぶしての雑煮かな                    広島立葵

頑なに同じ香りの雑煮かな                        香依蒼

雑煮椀母との買い出しを永久に                    高橋寅次

我が雑煮あん入り乗せたカップ麺                  高畑しき

新妻へ軽く教える雑煮汁                          佐川碧

朝取りの春菊香る雑煮食(た)ぶ                  三好ゆづる

雑煮食(た)ぶ年神様の恵みなり                  山川腎茶

マッチングアプリ見ながら雑煮かな                山村楓

父が焼く雑煮のもちが鎮座する                    山内 彰子

雑煮餅今出来上り昼餉時(ひるげどき)            山薔薇

着物衿なおす姿や雑煮椀                          四季彩

雑煮餅さらに小さく母の椀                        紫水晶

糸青海苔そよぐあんもち雑煮かな                  七瀬ゆきこ

病む夫(つま)に賽(さい)の目に切る雑煮餅      柴田花子

子が巣立ち砥部焼二杯の雑煮かな                  十亀

つまみたるたいこ腹めく雑煮餅                    小だいふく

柚子(ゆず)の皮一片ひとり雑煮椀                小川さゆみ

腹の子の分よと餅を足す雑煮                      小池令香

ブリ雑煮土佐で食する波しずか                    松山のオジサン

父の待つしめの餡(あん)雑煮のにほひ            松山のとまと

雑煮鍋母の鼻歌ふたつみつ                        松山冬花

雑煮餅菜っ葉の中に見え隠れ                      松野のマル

お雑煮は小海老小松菜飾り柚子(ゆず)            上原まり

客用の椀に澄ました雑煮かな                      城内幸江

白味噌に餡(あん)混ざりゆく雑煮かな            織部なつめ

宇宙船浮かぶ雑煮を取り合へり                    新濃 健

武勇伝雑煮の数の多き頃                          森正則

馥郁(ふくいく)と醤油の郷の雑煮かな            深山むらさき

お餅煮は夫が作る丸餅で                          真帆

雑煮膳ラフマニノフの強打鍵                      水牛庵乱紛

あんこ餅小豆溢(あふ)るる雑煮椀                水晶文旦

今年から我が家は味噌味のお雑煮                  水蜜桃

鶴亀を椀に侍らせ雑煮餅                          裾野くみこ

ひとり居の音立て啜(すす)る雑煮かな            裾野はな

お供えの雑煮椀ごと転びけり                      勢田清

大鍋に三度炊きたる雑煮餅                        星月さやか

角餅の雑煮や慣れてきた五年                      正念亭若知古

金時の赤や白味噌雑煮餅                          清水 三雲

春菊の香りが馳走雑煮椀                          西りん

誰一人詰まらせることなき雑煮                    西村 棗

丸の日と四角の日ある雑煮かな                    西村小市

また雑煮飢えたこと無き子の不平                  青空幸輪

あら炊きをのせて雑煮は宝船                      青梅爽

婿殿は焼いて欲しいと雑煮餅                      石塚彩楓

雑煮食ふ箸の持ち方叱られて                      染井つぐみ

あごだしが福呼ぶ雑煮皆の顔                      双海の夕日

ブランチに雑煮食べたらひと眠り                  霜月なな

故郷なき母の雑煮は我が家風                      村瀬っち

焼き海老の椀を溢(あふ)るる我が雑煮            多事

鯛の身のほぐれて浮かぶ雑煮かな                  打楽器

丁寧に雑煮盛りたる古女房                        大黒とむとむ

雑煮餅硬くなるよの母の声                        大薮ハナミズキ

花かつを踊る雑煮の甘さかな                      暖井むゆき

白味噌に餡(あん)浮かび出る雑煮椀              中村のりぴ

伊予弁で勧め上手の里雑煮                        中矢長宗

初めての餡(あん)餅雑煮異国かな                忠孝

久々の休み雑煮にゴロ寝して                      津国智之

二日目はふく餅雑煮胃に優し                      定位置

蓋取れば潮の香る雑煮かな                        土佐藩俳句百姓豊哲

あん入り派最後にニコ入りとろ雑煮                桃猫

大勢で囲む囲炉裏の雑煮かな                      瞳子

在りし日の祖母の笑顔やあん雑煮                  南側

お雑煮を作るのは父小さき頃                      如月弥生

祖谷に残る井桁(いげた)に汁なき雑煮かな        白髪

引っ越して雑煮の餅の丸くなり                    畠山悊央

白味噌の雑煮グツグツ餅踊る                      姫川ひすい

雑煮餅昔六個今三個                              浜松ヘイタパパ

孫育ちひしめきあって雑煮喰(く)う              浜松ヘイタママ

かつお出汁まといし雑煮の艶やか                  風ヒカル

新婚の小さ目一つ雑煮餅                          服部芳郎

角餅の雑煮が知らす帰郷かな                      文明

故里の違う二人の初雑煮                          聞岳

雑煮盛る父待つ母の江戸小紋                      堀アンナ

曇りなき出汁は雑煮と附(ふ)に沁(し)みて      万里の森

嫁唖然あん餅雑煮冷めてゆく                      霧晴れ子

黒椀の底ほの白き雑煮餅                          木ぼこやしき

人参(にんじん)に彩りまかせ京雑煮              野口雅也

妻はよく雑煮の味噌を買い忘れ                    野根牛石

名字変え中身も変わる雑煮なり                    野山ノハナ

介護士や雑煮食う暇なく出勤                      野中泰風

子も吾(あ)も爺婆(じじばば)もみな同じ雑煮    余じい詐

雑煮椀お替り絶えぬ大家族                        里山まさを

故郷が近くなりたり餡(あん)雑煮                良馬

何個食べる雑煮の朝の大家族                      一美

餅何個三個にしてと雑煮椀                        もふ美

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつきのアドバイス

投稿時間:2022年01月08日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:柚子湯(ゆずゆ) 秀作・佳作


2021年12月11日(土)放送

兼題:柚子湯(ゆずゆ)

 

【秀作】

術後一年滲(し)みるはずなき柚子湯かな          ゆすらご

三年目の柚子湯よ夫の手術痕                   オサカナクッション

乳房なき胸に五度目の柚子湯かな               くぅ

きょうという何も無き日のゆず湯かな           サワコの娘

何もなき終の栖の柚子湯かな                      岩宮鯉城

明日もまた普通の一日柚子湯かな                  妹のりこ

女湯の妻の声聞く柚子湯かな                      KAZUピー

傷痕のかすかに火照る柚子湯かな                  あずお玲子

柚子湯からのぞく名誉の膝小僧                    あみま

髪梳(と)かす子より柚子湯の香のほのか          アロイジオ

右足から波たてぬよに柚子湯かな                  おぼろ月

新築や柚子湯の底に柚子の影                      かねつき走流

柚子湯出て明日の朝の米を研(と)ぐ              キートスばんじょうし

恐慌のニュース柚子湯の底見えず                  ギル

けんかして種ばかりなる柚子湯かな                くま鶉

今日の歩をとっぷり沈みたる柚子湯                けーい〇

関取に波打つ湯船ゆず百個                        げばげば

仕舞湯(しまいゆ)の柚子にアヒルがまぎれおり    じゅん

月色の匂ひほのかに柚子湯かな                    すずさん

家族とは面倒なもの柚子湯沁(し)む              たむらせつこ

単語帳濡らさぬやうに柚子湯かな                  ひでやん

柚子湯へと愚痴も沈めて百数ふ                    ペトロア

柚風呂や明日はごめんねつて言おう                へなけん

清貧の手に一粒の柚子湯かな                      ぽー

仄(ほの)白く天窓ひらく柚子湯 星               みずな

始末書は明日出します柚子湯です                  みづちみわ

柚子湯して旅の宿から見る星座                    やまさきゆみ

大抵のことは赦(ゆる)そう柚子湯の夜            れんげ咲く

投票日朝の柚子湯の安気たれ                      阿波オードリー

小さき湯に漲(みなぎ)る柚子の浮力なる          綾竹あんどれ

柚子湯たて二軒隣の叔母に声                     伊藤 柚良

張り紙に今日は柚子湯と阿波の宿                  伊奈川富真乃

アンガス牛キロ二千円買ひ柚子湯                  伊予吟会 宵嵐

音声の言わぬ「柚子湯が沸きました。」             井納蒼求

にぎやかに星はべらせるかに柚子湯                一斤染乃

正直に生きて一夜(ひとよ)の柚子湯かな          一港

お互いに柚子ごと吾子(あこ)を抱く柚子湯        稲畑とりこ

時は獰猛(どうもう)で柚子湯やさしくて          浦野紗知

柚子押せばキュッと鳴きたり冬至風呂              岡山小鞠

リウマチの中指に沁(し)む柚子湯かな            音羽凜

柚子湯濃し友の育てし柚子なれば                  加田紗智

世迷言(よまいごと)しばし途切れし柚子湯かな    加良太知

痩せた背へ実を寄せて来る柚子湯かな              夏湖乃

出荷の山場こえて今年の柚子湯かな              夏草はむ 

記念日の妻に一番風呂柚子湯                      花紋

冬至湯の柚子のあばたを愛ほしむ                  樫の木

柚子湯沁(し)む外反母趾の左足                  岸来夢

浴室を開けて柚子の香湯を乱す                    亀山酔田

生贄(いけにえ)のやうに柚子湯に浮かびけり      吉行直人

半身の見えざるほどの柚子湯かな                  宮武美香

冬至湯の湯舟明るし柚子三つ                      曲がりしっぽ

仕舞(しま)い湯にふやけたる柚子浮き沈み        近江菫花

叱られし今日を沈める柚子湯かな                  広島立葵

貰(もら)い湯の女二人の柚子湯かな              香依蒼

お客様相談終へし夜の柚子湯                      高橋寅次

眠るのは惜しい夜なり柚子湯の香                  佐川碧

柚子湯入り今日の日の棘(とげ)そつと抜く        坐花酔月

深爪の五指にぴりりと柚子湯かな                  彩汀

柚子二つ風呂に浮かせて慎(つつ)ましく          三泊みなと

柚子風呂や胸の痼(しこ)りを確かむる            紗千子

柚子風呂のしまい湯ゆらり今日生きた              小川さゆみ

寂しさに柚子湯を抱きて独りごと                  酔蓮

やわらかき柚子湯の沁(し)みる傷ありて          裾野はな

とりあえずまず謝ろう柚子湯出て                  西原みどり

ひかがみのすこしぴりぴりする柚子湯              西村小市

仕舞(しま)ひ湯の柚子はしなしな良き香り        石塚彩楓

かかり湯の柚子の遅れて香りけり                  染井つぐみ

入るぞと父の声張る柚子湯の日                    村瀬っち

嗅ぎ慣れぬ柚子湯や嬰(えい)の聲太し            多事

湯の柚子のみな下向けり独身寮                    大黒とむとむ

真夜中の濁りて柔き柚子湯かな                    暖井むゆき

ザラザラの柚子湯となりぬ父のあと                竹内一二

柚子風呂やひとつとつては疵(きず)をみる        長谷川水素

沈めればあちらに浮きて柚子湯かな                東京堕天使

お見合ひや柚子湯で浄(きよ)めたる体            藤 雪陽

柚子湯出て少年聡き耳の張り                      藤咲大地

くたくたの父と柚子湯の柚子ふたつ               藤田ゆきまち

ぶつかりて離れて柚子湯匂ひたつ                  板柿せっか

髪すすぐ柚子湯の柚子を揉みし湯に                比々き

脱衣室柚子湯あがりの種ひとつ                    媛のペコリーヌ

しどけなき柚子へ拇指(ぼし)さす柚子湯かな      平本魚水

はらわたのあまたの傷へ沁(し)む柚子湯          椋本望生

見渡せば女だらけの柚子湯なり                    野山ノハナ

厄年が一番風呂の柚子湯かな                      柚木みゆき

山小屋の星や柚子湯はドラム缶                    里山まさを

脱衣所のまづは柚子湯の話かな                    髙田祥聖

よその子を静かに叱る柚子湯かな                  天王谷 一

あひるさん入れて柚子湯の賑(にぎ)はへる        木染湧水

 

【佳作】

庭の柚子もいで湯舟へ父の腕                      松本 だりあ

銭湯は柚子湯そば屋は笑みで愚痴                  水牛庵乱紛

結果は白長き一日の柚子湯かな                    裾野くみこ

タワマンの三十五階柚子湯かな                    アリマノミコ

民宿のもてなし尽きぬ柚子湯かな                  KANNA

五人目へつなぐ柚子湯のほのとろり                KII

五七五浮かべ沈めて柚子湯かな                    あたなごっち

息吸つて吐くこと恋のごと柚子湯                  ヴィッカリー趣乃

柚子の実を潜水させて笑う孫                      ウクレレみっちゃん

まんまるの思ひで一つ柚子湯かな                  お萩

湯煙りで逆上(のぼ)せ笑顔の柚子湯かな          きたたろう

柚子眺め祈りと感謝捧ぐとき                      きなこ

瀬戸の島柚子湯の色を重ねをり                    キムさん

裾分けの三つ四つ入れて柚子湯かな                ちょぼ鶉

われ知らぬきづちりちりと柚子湯かな              このみ杏仁

お迎えが暗いと泣く子柚子湯待つ                  ごまき

柚子湯の日右肩上がり夫(つま)の文字              さち

本日のつとめ仕舞(しま)いは柚子湯なり          さと・きのこ園

五つ六つ浮かせ沈ませ柚子湯かな                  シェル翁

すい温(ぬく)み覚ゆ柚子湯の深呼吸              しみずこころ

乳房捨ていのち賜(たまわ)る柚子湯かな          じゃすみん

子らの後種も浮きをり柚子湯かな                  じょいふるとしちゃん

父ちゃんと柚子投げ合いて柚子湯かな              そまり

不眠症夜半の柚子湯や柚子一つ                    たま

柚子浮かぶ一番風呂は柚子が先                    ツークン☆

柚子湯から祖父の十八番(おはこ)の高砂や    でんでん琴女

種三粒にゅるっと指から柚子湯かな                どいつ薔芭

ほかりほかり柚子湯の湯船のかほりかな            どーりー3

柚子の香が月も包めり露天風呂                    ドキドク

神様と鳥に残して柚子湯かな                      どこにでもいる田中

魂しいのふんわり浮かぶ柚子湯かな                中矢長宗

柚子湯でもアヒル隊長の顔まじめ                  ねじり花

香立つ柚子湯の宿やほてり顔                      ハナショウブ

銭湯の柚子湯へ吾子(あこ)とつなぐ手と          はなぶさあきら

ドア開けて鼻に飛び込む柚子湯かな                ひとひら

庭の柚子取りて湯舟に五個ポチャン                ヘイタのパパ

庭先にキズの柚あり風呂入れり                    ヘイタのママ

柚子湯よし湯気香充(み)ちて至福なり            ポッキー

収穫の刺創(しそう)の染みる柚子湯かな          まるこ

寺参り歩き疲れて柚子湯かな                      みーちやん

片づけを終えて順番待つ柚子湯                    むねあかどり

熱い波柚子湯の金玉香り立つ                      もえたん

体内も香りで満たす柚子湯かな                    もふ美

柚湯どっぷり「かなしきデブ猫ちゃん」            友健

実の色と香に癒される柚子湯かな                  れんげ畑

盛り上がる傷跡なぞり柚子湯かな                  伊丹妙子

二の腕もほどけしゅわりと柚子湯かな              伊予素数

キャピキャピと浸(ひた)る柚子湯のふくらはぎ    磯田省吾

手ぬぐいに昭和の地名柚子湯かな                  一寸雄町

肩組みに赤き吾(あ)の頬を柚子の湯や            宇野翔月

泣きたい日今日は柚子湯と母の声                  卯夏野心

ざんばざんば柚子湯蹴立てて男の子                旺上林加

一瞬の柚子湯赤子の足の先                        横縞

夜道ゆく窓からもれる柚子湯の香                  花の首飾り

傷に沁(し)む心臓に沁(し)む柚子湯かな        亀田かつおぶし

まだ青い君に聞きたい柚子湯かな                  吉野川

高天井に香の登り行く柚子湯かな                  久留里61

柚子湯して歌って笑う健康法                      玉井令子

歳重ねきついぞきつい柚子湯かな                  孤笈飄然

テレビ越し入れぬ柚子湯に浸りけり                五十展伝

重い息湯気に溶け消ゆ柚子湯かな                  宏峰

隅々にゆず湯香るや馬路村                        康寿

冬至湯の栓抜き残る柚子の香                      高木うべ

刺し傷に気づく柚子湯や収穫日                    佐のさ

柚子湯して香り楽しみ長湯なり                    佐藤壱伍

不揃いの庭の実もぎて柚子湯かな                  三保鶴

柚子湯の香今日はスーパー特売日                  山川腎茶

もったいない二番煎じでまた柚子湯                山内彰子

三日ぶり口きく妻と柚子湯かな                    山羊座の千賀子

訪へば楽しむ旅の柚子湯かな                      山薔薇

柚子湯にて生きかえるかもそんな夜                四季彩

山の宿柚子湯どうぞの手の厚さ                    紫水晶

仕舞湯(しまいゆ)の柚子の香りを掬(すく)いけり柴田花子

更けし夜のフェリーの柚子湯一人旅                十亀

ほんのりと湯気きんいろの柚子湯かな              渋谷晶

柚子湯して南十字座めく出べそ                    小だいふく

陽の密度やさしく壊す柚子湯かな                  松井くろ

カチカチの背中よりほどけゆく柚子湯              松山のとまと

蓋開けて柚子湯の湯気が舞い上がる                松野のマル

皮に爪立てて香りの柚子湯かな                    上原まり

支へつつ老老の入る柚子湯かな    新濃 健

柚子と島浮かぶ白波外柚子湯                  森正則

飼ひならす老いてふ痛み柚子の風呂                深山むらさき

庭の木の取り放題のゆず湯かな                    真帆

鬼面の柚子掻(か)き分けて柚子湯かな        水晶文旦

3、2、1、発射!と吾子(あこ)の柚子湯かな    水蜜桃

剛健な受胎の匂ひ柚子湯かな                      世良日守

揺れ動く柚子湯の中に沈みけり                    勢田清

柚子風呂や五冠の期待かかる棋士                  星月さやか

水仕事の手しみしみと柚子湯かな                  正念亭若知古

夜も遅々(ちち)と帰らぬ輩(やから)への柚子湯  清水 三雲

待ち侘(わ)びし柚子湯の柚子はただ一つ          西村 棗

二人増えあふれて柚子の実ひとつ減る              青空幸輪

すりガラス残る湯気の絵柚子湯越し                青梅爽

硝子越し効き目吸い込む柚子湯かな               戦後生まれZ

惑星のように浸(つ)かった柚子湯かな            泉千尋 

失敗を忘れおうちde柚子湯かな                   打楽器

湯を弾(はじ)く肌遠き日の柚子湯かな            大浦ともこ

愛宕山縁側奥の柚子湯かな                        大薮ハナミズキ

柚子湯は溢(あふ)れ人形のやうになる            大和田美信

江戸からの一夜変わらぬゆず風呂かな              中村のりぴ

山暮らし我もドボンと柚子湯かな                  忠孝

年寄りの柚子湯につぶやく感嘆句                  津国智之

柚子湯にはちょっと長めに鼻までも                定位置

ムギュムギュッ子らが取り合う柚子湯かな          天海すみれ

鼻歌がゆず湯に響き息災に                        田村 美帆

O2(オーツー)に混じる柚子湯の匂いかな         土佐藩俳句百姓豊哲

不器量で不揃(ぞろ)いなれど柚子湯かな          瞳子

囓(かじ)るなと祖父に叱られ柚子湯かな          南側

ほっとするああほっとする柚子湯かな              如月弥生

柚子の湯や女将の文字のかはら版                  巴里乃嬬

一分は長く一日の短き柚子湯かな                  白髪

しんがりのほぐほぐなりし柚子の風呂              迫久鯨

父の背に大きな黒子(ほくろ)柚子湯かな          麦

柚子湯の膜はあたらしき肌小夜ふけり              畠山悊央

寄り道の柚子湯もらひし友の家                    扉みほ

立ち漕(こ)ぎす東山湯は柚子湯なり              姫川ひすい

デイサービスのバスいっぱいに柚子湯の香          風ヒカル

愛犬は柚子湯上がりの吾(あ)を舐めし            服部芳郎

過ぎし日を思い長風呂柚子湯かな                  文明

古希の日の日中に浸(つ)かる柚子湯かな          聞岳

切り入れてささくれ疼(うず)く柚子湯かな        房総たまちゃん

清拭の洗面器にも柚子湯かな                      万里の森

柚子湯仕舞湯(しまいゆ)柚の湯あたりふにゃりふにゅ 満嶋ハト

過疎村の今宵の柚子湯競い合う                    夢実

宿の湯の柚子湯と知りて二度入る                  木ぼこやしき

舫(もや)ひ解け柚子湯の柚子のと見かう見          野口雅也

温もりに香りくわわる柚子湯哉(かな)            野根牛石

介護疲れや柚子湯にて癒す吾(われ)              野中泰風

柚子ぽこり浮かぶ笑顔の親子風呂                  野々さと

3日目の柚子がふやけし湯船かな                   矢沢 常吉

なみなみと嵩(かさ)は顎まで柚子湯の子          宥光

遍路宿知らぬ同士で柚子湯かな                    藍月

出荷後の農夫湯に見る傷の柚子                    梨西瓜

あと10秒柚子も汗する兄弟風呂                   里山 告

柚子湯する棘(とげ)の傷あと肌赤し              良馬

滲(し)みる手でぽこぽこボンゴ柚子湯かな        狼α

もぎたての香りつぎつぎ柚子湯浴(あ)ぶ          棗椰子

ユニットの柚子湯に沈む老いし肌                  河内義高

湯につかり揉む手にうつる柚のかほり              糺ノ森柊

列なして親猿浸(つ)かる冬至風呂                オカポン

先客の猿がお先と柚子湯出で                      浪速の蟹造

カピバラの丸齧(かじ)りする柚子湯かな          菊池洋勝

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつきのアドバイス

 

投稿時間:2021年12月11日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:柚子湯(ゆずゆ)


2021年12月11日(土)放送

兼題:柚子湯

▼兼題の季語「柚子湯」の解説
冬至には、かぼちゃを食べたり、柚子(ゆず)を浮かべた湯に入る慣習がある。江戸時代の銭湯ではすでに「柚子湯」が行われていたそうで、万病を防ぐともいわれている。
傍題には「柚子風呂・冬至湯・冬至風呂」などがある。

 

 

▼選句ポイント
柚子湯の豊かさ・心地よさ

 

▼ギュッと!特選

あふるるを許す柚子湯の日なりけり  おきいふ

[解説]
家庭のお風呂なのでしょう。いつもならば、湯をあふれさせるなんてもっての外!ですが今日は特別な「柚子湯の日」、薬効を期待して入る一年に一度の冬至の湯だ。たっぷりと湯を張り、柚子を浮かべ、さあ!と湯に体を沈めると、湯があふれる。もったいないなんて言わないよ、今日は「柚子湯の日」なんだもの。湯と一緒に溢れる柚子の黄も見えてくるよう。
あたたかい湯の感触、柚子の匂い、いかにも柚子湯らしい豊かな一句。

 

 

▼放送でご紹介した「秀作」

潰す派と潰さない派の柚子湯論    堀アンナ

[解説]
こう展開するとちゃんと「柚子湯」が主役になってくる。ちなみに、私は潰さない派。

 

おもさうに子は湯のゆずをしづめては    高尾里甫

[解説]
小さな子どもと一緒に入っている柚子湯かと読んだ。浮力のある柚子を「おもさうに」何度も沈めている様子が描かれている。「湯のゆず」という表現で、季語「柚子湯」を表現した点に工夫がある。

 

ぶよぶよの柚子をつっつく柚子湯かな    猫雪すあま

[解説]
柚子をつつく指のアップ、ぶよぶよの感触など丁寧に描写できている。

 

しくじりしけふのおはりの柚子湯かな    ピアニシモ

[解説]
上五中七の情報がゆっくりと下五「柚子湯かな」の詠嘆へ収斂(しゅうれん)していく。平仮名表記も効果的。

 

 

▼放送でご紹介した「佳作」

一年(ひととせ)の思いが浮かぶ柚子湯かな  なおひとさん

[解説]
冬至という季節の栞(しおり)のような一区切りが、上五中七の思いとなるのでしょう。

 

ライオンの湯口柚子のタップダンス      織部なつめ

[解説]
破調の一句、柚子の擬人化に嫌味がなくて映像が書けている。

 

「サクラサク」ほつこりふはり柚子湯の香   紫菜子

[解説]
「ほっこり」は「サクラサク」=合格の知らせであること。さらに「柚子湯の香」という嗅覚を「ふはり」と表現、具体的な工夫が見える。

 

ふるさとの柚子湯や吾子(あこ)の笑顔満つ  雪たらば

[解説]
「ふるさと」「吾子(あこ)」などの映像が入ってくる、ここが「佳作」のレベルとなる。

 

仕舞(しまい)風呂柚子もほとびぬ午前二時  岡井稀音

[解説]
柚子湯の最後は、「ほとびる=ふやける」状態になってしまう。「午前二時」にリアリティがある。

 

柚子湯より馴染(なじ)みの客の弾む声    岡田まさこ

[解説]
中七「馴染みの客の~」によって、お風呂やさんの視点で書かれていることが分かる。「~より」の使い方もよい。

 

 

▼「秀作への道」

兼題「柚子湯」から「カピバラ」を連想した句がたくさん届きました。冬至のニュースなどで柚子湯に入ったカピバラをみることがあるので、そこからの類想でしょう。

カピバラも目を細めたる柚子湯かな         山村楓

カピバラの眼を細めたる柚子湯かな         そまり

カピバラの閉じさうな目の柚子湯かな       かつたろー。

カピバラも鼻の下まで柚子湯浴む       一寸雄町

カピバラの鼻穴ひろく柚子湯風呂       魚返みりん

カピバラの鼻息荒いゆず湯かな              城内幸江  

[解説]
「目」「鼻」と部位を描写しようとする意図はよいのですが、結局のところ似たよう句になってしまうのがツライところ。

 

カピバラもゆつくり浸(つ)かる柚子湯かな  玉井令子

カピバラも柚子も浮きをる柚子湯かな     井納蒼求

[解説]
カピバラが湯につかっている光景、柚子が浮いている様子を描こうとした二句ですが、工夫次第で、二句分の光景を一気に描くこともできる。
こちらは「秀句」に推した一句。

 

カピバラの潜る柚湯のぽかんぽかん      綾竹あんどれ

[解説]
季語「柚湯」を中七のこの位置に置くことで、前述二句分の光景を描いている。

 

>>夏井いつきのアドバイス
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2021年12月11日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:柚子湯(ゆずゆ)「夏井いつきのアドバイス」


◆夏井いつきから「俳号」についてのお願い
①「似たような俳号」を使う人が増えています。
俳号は「自分の作品をマーキングするための印」でもあります。せめて俳号に名字をつけていただけるとありがたく、共に気持ちよく学ぶための小さな心遣いです。

② 同一人物が「複数の俳号」を使って投句するのは、ご遠慮下さい。
「いろんな俳号でいっぱい出せばどれか紹介されるだろう」という考え方は俳句には馴染みません。丁寧にコツコツと学んでまいりましょう。

 

 

◆季重なり

暖まる柚子湯につかり春を待つ      まさやん

柚子湯沁(し)み干したて布団極楽や  高畑しき

[解説]
「春を待つ」、「布団」それぞれが季語。季重なりの秀句もあるが、まずは一句一季語から練習しよう。

 

 

◆今月の添削

目をあけば柚子湯の柚子は鼻の先   灰頭徨鴉

[解説]
上五「目をあけば」がもったいない書き方になっている。目を開けるということは、つむっていたということですね。どんな理由でつむっていたか、それを描くことで、柚子湯という季語の光景がさらに具体的になる。

【添削例】 うたた寝や柚子湯の柚子は鼻の先

【添削例】 瞑想や柚子湯の柚子は鼻の先

【添削例】 鼻唄や柚子湯の柚子は鼻の先

 

なつかしや柚子湯は熱く実家かな   重川建樹

[解説]
「や」「かな」二つの切字を一句に入れることは、感動の焦点が分散するという理由で嫌われる。

【添削例】なつかしき柚子湯の熱き実家かな

【添削例】実家あり熱き柚子湯のなつかしき

前者は実家の柚子湯に入っている感じ、後者は実家の柚子湯を思っている感じになる。

 

ゴルフ後のあっという間の柚子湯30分    松山のオジサン

[解説]
下五の音数があふれているので、慌ただしく感じる。もう少しゆったりとした表現にすると季語「柚子湯」が多少生きてくる。

【添削例】ゴルフ後の柚子湯につかる三十分

 

オートバイ体解凍柚子湯にて      キユダ

[解説]
中七が無理矢理、説明した感じになっているので、普通にそのまま書こう。

【添削例】オートバイに冷えた体を柚子湯にて

 

港町柚子湯ありと張り紙に        いの鉄橋

[解説]
中七下五が散文的な書き方になっているため、語順を替えてみよう。

【添削例】張り紙に柚子湯とありぬ港町

 

柚子湯ちゃぽん一つ目小僧の視線  まるかじり

[解説]
湯の中の柚子を「一つ目小僧」に見立てる発想が面白い。語順を替えて整理するとさらに良くなる。上五字余りにして「一つ目小僧」と置いてみる。

【添削例】一つ目小僧みたいな柚子を湯にちゃぽん

 

ドーランを落とす女形(おやま)の素の柚子湯     みうら朱音

[解説]
言いたいことは分かるが、下五まで読むと「柚子湯」に浸(つ)かってドーランを落としているように読み取れる。

【添削例】ドーランを落とし女形(おやま)の素の柚子湯

「落とし」とすると連用形になるので、落としてから次の動作に移るというニュアンスが入り齟齬(そご)が少なくなるように思う。

 

Jazz流し柚子湯浸(つ)かりて緩む頬     六甲颪 

[解説]
下五「緩む頬」までを述べる必要はない。

【添削例】Jazz溢る柚子湯に柚子をあふれさせ

こう書けば心地よいことは伝わるので、読者はその表情をそれぞれ想像してくれる。

 

 

◆過去の助動詞「し」の使い方

「し」は過去の助動詞「き」の連体形、基本的には過去の意味になるため注意して使う必要がある。

つぶれし果の青臭きも柚子湯かな     森野しじま

[解説]
助詞「し」と「も」の使い方が気になる。「つぶれたる」と完了の言い方にするほうが多少の臨場感がある。

【添削例】つぶれたる果の青臭き柚子湯かな

 

還(かえ)らない父の背流し柚子湯の日    さと湯~

[解説]
「還(かえ)らない」とこの字が使われているので、亡くなったお父さんかと推測。ならば過去の助動詞を使ったほうが分かりやすい。

【添削例】父の背を流せし日ある柚子湯かな

 

お迎えが暗いと泣く子柚子湯待つ   ごまき

[解説]
保育園にお迎えに来てくれるのが遅いので「暗いと泣く」のですね。この句材にリアリティがある。着地が「柚子湯待つ」だと、実際に湯には入ってないですね。そのあたりの時間軸を微調整して、今、柚子湯に入っている様子にもっていこう。

【添削例】お迎えが暗いと泣きし子と柚子湯

「泣きし」の「し」は過去ですから、泣いていた子と今は柚子湯に入っている、というニュアンスになる。

 

>>放送で紹介された句
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2021年12月11日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:秋遍路(あきへんろ)


2021年11月13日(土)放送

兼題:秋遍路

▼兼題の季語「秋遍路」解説
「遍路」そのものは春の季語、四国遍路八十八か所の霊場を巡拝する人、またはその行為を「遍路」という。三月から五月上旬にかけて遍路が賑わう季節、寒さが緩んでくるのを待って遍路に出かけている。「春の季語」としたのは高浜虚子以来にして、大正以来のことのようだ。(道のべに阿波の遍路の墓あはれ 虚子)

対する「秋遍路」は夏の暑さが終わり、過ごしやすい気候になってからの遍路のこと。空の高く晴れた気持ちのよい日もあれば、暮れの早い野道を歩く姿に寂しさを感じる日もある。
季語「秋遍路」は、やってくる冬の影に急かされる思いもある。

 

 

▼選句ポイント

春の遍路との違いを表現する工夫

 

 

▼ギュッと!特選

湿りゆく木も土も吾(あ)も秋遍路    浦野紗知

[解説]
秋の冷気や冬が近づいてくる気配などを感じさせる作品。「湿りゆく」という皮膚感をさきに書き、そこから「木も土も」と並べることで森や山や道などの映像が自ずと伝わってくる。さらに「~吾(あ)も」となれば、森羅万象と一体となって無心に歩く吾がイメージされる。「秋遍路」という季語の本意を丁寧に描いた作品。

 

 

▼放送でご紹介した「秀作」

杖(つえ)重く落暉(らっき)の中を秋遍路    柴田花子
[解説]
「杖(つえ)重く」によって、一日の疲れが表現できている。杖というモノが一つ入るだけで、自分の手にあるそれが実感できる。

 

広げたる地図のはためく秋遍路    松山のとまと
[解説]
「はためく」の一語がうまい。秋風に吹かれつつ、地図を確かめている秋遍路は、たくましげでもあり、頼りなげでもある。

 

足摺へ九十五キロ秋遍路     井上さち
[解説]
具体的に書いてあるところがよい。「足摺へ」という目指している場所を書き、さらに「九十五キロ」と距離まで書く。すると、知ってる人は「あ、これは岩本寺から金剛福寺までの九十五キロだな。一番大変な距離だな」と分かってくれるというわけだ。

 

老猫を伴に四度目の秋遍路    ぽー
[解説]
こんなお遍路もあるのだなあ。最初のお遍路は、この猫が子猫の頃かもしれない。お遍路の途中に拾った猫かもしれない。「四度目」という数詞が、年月を表現して巧みだ。

 

 

▼放送でご紹介した「佳作」

ゆく雲としばし語らひ秋遍路   アクアマリン
[解説]
「ゆく雲」はいわし雲、ひつじ雲でしょうね。「しばし語らひ」という時間が悠々と気持ちがよい。

 

秋遍路国道沿いの海と飯     桜華
[解説]
「国道沿い」で車が行き来している道の光景が見えてくる。「~の海」とさらに見渡すように映像を見せておいて「~と飯」と着地するのが健康的でいい。歩くと、やはりお腹が減りますね。

 

足早に入り日を追ふや秋遍路   シェル翁
[解説]
こんなふうに書けば、読み手は「釣瓶(つるべ)落としの秋の日だものなあ」と読んでくれて、「釣瓶落とし」との季重なりを避けられる。

 

延びる影追う早足の秋遍路    裾野はな
[解説]
入り日ではなく、影を追っている。「延びる影」は前を歩くお先達の影か、自分自身の影なのか。秋の夕陽が見えてくる。

 

松籟(しょうらい)や読経(どきょう)しずやか秋遍路   ココちゃん
[解説]
「松籟(しょうらい)」は松の梢(こずえ)に吹く風、またはその音を意味する。「読経(どきょう)」の静かな声と松風とが、どちらの音を殺すでもなく描かれているのがいい。

 

枕辺(まくらべ)に札所地図よむ秋遍路    大浦ともこ

[解説]
明日の予定を確認しているのでしょう。暮れ早い秋のための計画か、明日の天候を考えて練り直しているのかも。

 

 

▼放送でご紹介した「秀作への道」

<ポイント>季語「秋遍路」らしさを考えよう

 

引っ付き虫脚半(きゃはん)に一つ秋遍路   風ヒカル(秀作)

子猫なでまた歩き出す秋遍路    風ヒカル
[解説]
どちらの句が、より「秋遍路」らしさが出ているか。「引っ付き虫」は、秋の草の実のこと。一方「子猫」は「春の季語」、となれば当然、前句のほうが秋遍路らしい光景が描かれていることになる。一方、猫をなでて歩き出す光景を「秋遍路」らしくアレンジすることはできる。例えば…

【添削例】野良猫をなで歩き出す秋遍路

「野良猫」は季語ではありません。家のない猫の侘(わび)しさのようなものが、「秋遍路」という季語と響き合ってくる。

 

>>夏井いつきのアドバイス
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2021年11月13日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:秋遍路(あきへんろ)「夏井いつきのアドバイス」


◆夏井いつきから「俳号」についてのお願い
①「似たような俳号」を使う人が増えています。
俳号は「自分の作品をマーキングするための印」でもあります。せめて俳号に名字をつけていただけるとありがたく、共に気持ちよく学ぶための小さな心遣いです。

② 同一人物が「複数の俳号」を使って投句するのは、ご遠慮下さい。
「いろんな俳号でいっぱい出せばどれか紹介されるだろう」という考え方は俳句には馴染みません。丁寧にコツコツと学んでまいりましょう。

 

◆正しい表記とは

秋遍路  紅葉に暮れる  お接待   西りん

秋遍路  先の急ぎて  汽車に乗り とびらだみやび

秋遍路  背後の夕陽  後光さす   霧晴れ子

[解説]
五七五の間を空けないのが正しい表記。

 

 

◆兼題とは

毒隠し我を欺(あざむ)く畦の彼岸   柴 茜   

山頭火も分けて紅葉や徒(かち)で行く   浜松 泉     

[解説]
兼題「秋遍路」とあれば、その季語を詠み込むことが唯一のルール。

 

御詠歌の同行二人雁わたし       どいけず

巡礼を優しく見守る彼岸花       にゃんた

札所ゆくもみじ舞い散る道標     津国智之

もみじちり終番近し老いへんろ   みるく

[解説]
これらは、秋のお遍路のことを詠もうとしているという意図は分かるが、やはり「秋遍路」という季語を入れる必要がある。

 

お遍路の冬の支度を坂本屋       矢沢 常吉

[解説]
「冬支度」という季語がありますので、これもちょっと苦しいか。

 

 

◆季重なり

紅葉が見守っている秋遍路       まさやん

秋遍路見ては涼しさふと感じ     松野のマル

[解説]
複数の季語が入っていても世の中に名句秀句はあるが、それは高度なテクニック。最初は一句一季語からコツコツ練習してみよう。

 

遍路道時計回りに花野ゆく         田村 美帆

遍路道落ちてる葉っぱ踏んづける   北琶子聖弥

秋風もスマホに捕らえ遍路道       満星

穂すすきや歩き遍路を夕陽追う     門田千世香

[解説]
春の季語「遍路」と秋の季語を取り合わせて「秋遍路」を表現するテクニックもあるが、往々にして取り合わせた季語の方が主役になってしまう。やはり「季重なり」は高度な技術だ。

 

 

◆今月の添削

秋遍路あさの雫は白足袋(たび)を  すずさん

[解説]
「あさの雫」は朝露のことだと思う。「露」は秋の季語なので、それを回避するためにこのような表現にしたのでしょうね。とはいえ、そういう意味では「足袋」は冬の季語。さてどうするか、というのが次の推敲ポイント。

【添削例】秋遍路あさを濡れゆく○○○○○

この○○○○○の部分に、足元だと分かるような言葉を入れてみよう。「旅脚絆(きゃはん)」「新草鞋(わらじ)」「古草鞋(わらじ)」「旅の靴」「ズック靴」など。

 

手術日空仰ぎ見て秋遍路    中村のりぴ

[解説]
一句の調べがギクシャクしている。上五を「手術日の」として調べを整えてみると

【添削例】手術日の空仰ぎ見ぬ秋遍路

中七「~仰ぎ見ぬ」と言い切ることで、下五の季語がくっきりしてくる。

 

>>放送で紹介された句
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2021年11月13日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:秋遍路(あきへんろ) 秀作・佳作


2021年11月13日(土)放送

兼題:秋遍路(あきへんろ)


【秀作】
白波の屋島眺むる秋遍路                  ⑦パパ

「お寄りください」掲げる医院秋遍路      KANNA

歩き来てしばし足湯の秋遍路              KAZUピー

小走りに夕べを抜くる秋遍路              あずお玲子

太鼓台眺むる旅の秋遍路                  あぽろ

山門の草履に一礼秋遍路                  アリマノミコ

見残しの岩も見たりと秋遍路              アロイジオ

秋遍路熊よけの鈴しまひたる              岩宮鯉城

秋遍路朝日に杖のそろひけり              おきいふ

溜め池の水位横目に秋遍路                おこそとの

うちぬきへ夜気流れそむ秋遍路            このみ杏仁

秋遍路四万十の雨うす甘し                ギル

秋遍路雨後の落葉をゆく白衣              けーい〇

秋遍路ラヂヲはぢぢと乱れつつ            じゃすみん

隧道(ずいどう)に鈴ほろほろと秋遍路    じょいふるとしちゃん

鈴の音の清らに光る秋遍路                すずさん

石段の前にて暮るる秋遍路                どいつ薔芭

赤亀の甲羅にはらり秋遍路                ねじり花

夕暮れの見知らぬどうし秋遍路            ひでやん

帳の墨さらりと蒼し秋遍路                みやこわすれ   

秋遍路湯に放ちたるふくらはぎ            綾竹あんどれ

薄明や杖は小脇に秋遍路                  阿波オードリー

しばらくは落暉(らっき)の海や秋遍路    伊奈川富真乃

汽車がうと吠えて南へ秋遍路              伊予吟会 宵嵐

秋遍路いちばんつよきいろは白            一斤染乃

足早の影は朱を帯び秋遍路                一港

白波に揺るる渡しや秋遍路                加田紗智

秋遍路首なし地蔵に一礼                  加良太知

秋へんろ二十四番より始む                夏草はむ

何かの実が落ちた音する秋遍路            花紋

海荒し秋の遍路を見て過ぐる              亀山酔田

みづそそぐやうな会釈や秋遍路            吉行直人

足摺の遠き喫水秋遍路                    久留里61

しろがねの野は靡(なび)きたり秋遍路    宮武美香

里に出で影の増えたる秋遍路          曲がりしっぽ

秋遍路寳杖堂(ほうじょうどう)に杖疎(まば)ら  近江菫花

手ぬぐいに祖母の名前や秋遍路            五月ふみ

暮落ちて波音聴くや秋遍路                香依蒼

雨風の傷跡臭し秋遍路                    高橋寅次

影は地を指すばかりなり秋遍路            高尾里甫

丁石(ちょういし)の影踏みしめて秋遍路  彩汀

蓬髪(ほうはつ)の老婆ニタリと秋遍路    山川腎茶

伸びかけのつむじの白髪秋遍路            山羊座の千賀子

丸まりて茶堂に眠る秋遍路                紫水晶

石段の一列静か秋遍路                   十亀

ただ光もとめて白き秋遍路                渋谷晶

小雨降る鈍色(にびいろ)の路秋遍路      小川さゆみ

吾(あ)の影を踏みゆく浜や秋遍路        小池令香

霊峰も島もきらきら秋遍路                松井くろ

落日の汀(みぎわ)を杖の秋遍路          新濃 健

諭されて宿探しをり秋遍路                深山むらさき

秋遍路軸軋(きし)みたる摩尼車(まにぐるま)  染井つぐみ

秋遍路終へて綺麗な酒食らふ              大黒とむとむ

杖は子と同じ長さや秋遍路                竹内一二

秋遍路リフトの影に追ひ越され            藤 雪陽

秋遍路海女の墓には踏み入るな            土佐藩俳句百姓豊哲

田に群れる鳩に目細め秋遍路              桃猫   

しみじみと遍路の秋よふるさとよ          藤田ゆきまち

秋遍路ほとりのくにのはやきゆふ          巴里乃嬬

とりどりのシールは遺品秋遍路            播磨陽子

終焉(しゅうえん)の雨心地良く秋遍路    迫久鯨

秋遍路しようがココアのお接待            板柿せっか

倒木を跨(また)ぎくぐりて秋遍路        比々き

どしゃ降りの秋の遍路に翳(かげ)りなし  服部芳郎

秋遍路最後の朝の髭を剃る                聞岳

宿坊へ月ほろほろと秋遍路                平本魚水

喉仏かららんと鳴る秋遍路                堀アンナ

押し花のごと静かなり秋遍路              木染湧水

秋遍路鈴は半音高くなり                  柚木みゆき

逆打ちの秋の遍路に会釈して              椋本望生

夕さりて雨に無言の秋遍路                藍月

晴れ三日雨の一日秋遍路                  石塚彩楓

 

【佳作】

トンネルに張り付く歩道秋遍路            あいむ李景

秋遍路石手寺へ石握りしめ                あたなごっち

秋遍路ひとり夕やけこやけライン          あみま

お接待ミカン食べたべ秋遍路              ウチノ太郎

蒼き目に金色すね毛秋遍路                おぼろ月

秋遍路時刻表手に立ちすくむ              かざみどり

老木の木陰優しき秋遍路                  かつたろー。

接待の熱き茶の香や秋遍路                キートスばんじょうし

秋遍路接待沁(し)みる熱うどん          キムさん

秋遍路大師の影の長くなり            くぅ

秋遍路あたり強めの塩むすび              くま鶉

「乗りますか」声かけそびれて秋遍路      さと・きのこ園

もの言はず面も上げず秋遍路              さぬきの風

後部より杖突き出でし秋遍路              しみずこころ

秋遍路人間模様逃げてきた                ウクレレみっちゃん

秋遍路行く日没の海岸線                  じゅん

山門の息のむ朱の秋遍路                  そまり

葉っぱの饒舌(じょうぜつ)秋遍路の無口  たま

結願のうどんすすりし秋遍路              たむらせつこ

秋遍路行き交う者の同じ道                ツークン☆

秋遍路黄色帽子の子ら通過                ツユマメ

瞳には海は映らぬ秋遍路                  でんでん琴女

歩道へとあかがねの風秋遍路              どーりー3

秋遍路父の訃報で井戸寺まで              ドキドク

御朱印帖挟む朱の葉や秋遍路              どこにでもいる田中

秋遍路脇道に逸(そ)れ握り飯            河内義高

入日背に無言はやあし秋遍路          ハナショウブ

逆縁の鈴の音悲し秋遍路                  ピアニシモ

久礼坂に震えるペダル秋遍路              ひとひら

秋遍路命を問えば木々の風                古鎌信子

石段の迫る帰港や秋遍路                  ペトロア

心地よい風を頬に秋遍路                  ぽそら

影ぼうし同行二人や秋遍路                ポッキー

秋遍路珈琲の香を被り行く                まるかじり

闇を吐き光を吸うて秋遍路                まるこ

鈴の音の規則正しき秋遍路                マレット

道のりを刻む皺(しわ)の手秋遍路        みうら朱音

おにぎりはでかくならない秋遍路          みづちみわ

巻道を急ぐな父母の秋遍路                みっちゃん

小糠雨(こぬかあめ)秋の遍路の肩濡らす  三好ゆづる

影長く湯宿目の前秋遍路                  メイさん

秋遍路黙礼しつつすれ違ひ                もふ美

速き雲遅き雲あり秋遍路                  ゆすらご

石手寺の「おやき」手に手に秋遍路        れんげ畑

深々と頭を下げて秋遍路                  伊丹妙子

お接待椀のほかほか秋遍路                伊予素数

みなし児のやうな心緒の秋遍路            井納蒼求

秋遍路なほ朱に染む重ね印                磯田省吾

三蔵の杖は聞こゆる秋遍路                宇野翔月

無くしものを預かる風や秋遍路            旺上林加

秋遍路小走りとなる沈下橋                岡山小鞠

秋遍路添乗員は経詠めず                  岡田春二

あたたかきお国訛(なま)りよ秋遍路      音羽凜

秋遍路こころの杖は空の君                佳流葉

続きから始める今年の秋遍路              花の首飾り

小雨降る風はつれなく秋遍路              亀田かつおぶし

バス停や背を軽くする秋遍路              菊池洋勝

荷は重く接待軽し秋遍路                  吉野川

ゆるやかに下りつ上りつ遍路道            魚返みりん

人生の再出発は秋遍路                    玉井令子

黙々と歩くお遍路秋の風                  金時豆

黄金の穂波を進む秋遍路                  五十展伝

枯葉踏む音をお供に秋遍路                宏峰

逢魔時(おうまどき)宿に早足秋遍路      高畑しき

御朱印の係り早あし秋遍路                佐川碧

初心者の観光ツアー秋遍路                佐藤壱伍

『コニチハ』に言葉返せず秋遍路          坐花酔月

入日影歩を速めるや秋遍路                三保鶴

玄関に野草のリース秋遍路                山村楓

秋遍路風の田舎路二人連れ                山薔薇

カタコトと中学英語と秋遍路              白髪

スマホから白浪いくど秋遍路              七瀬ゆきこ

銀行もつぶれる時代秋遍路                紗千子

両手には何も持たない秋遍路              春海

一掬(いっきく)の米胸に収めて秋遍路  升屋

二足目にビブラム底や秋遍路              小だいふく

秋遍路石手寺前のアイスクリン            松山のオジサン

すたすたと影長くなり秋遍路              松山冬花

セーターを腰に山路へ秋遍路              上原まり

熊岡の石パン舐めし秋遍路                織部なつめ

大師様学ぶ山坂秋遍路                    森正則

秋遍路自分探しの旅の道                  真帆

石段(せきだん)にへぐぐぐ咽(むせ)び秋遍路     水牛庵乱紛

職を辞し同行二人秋遍路                  水晶文旦

かの人の想い背負いて秋遍路              酔蓮

新旧の標立つ辻秋遍路                    裾野 くみこ

自販機や小銭を持たぬ秋遍路              世良日守

歩くより他にすべ無し秋遍路              勢田清

給油所で道尋ねたる秋遍路                星月さやか

はたと顔あげれば深山秋遍路              正念亭若知古

石ころを蹴りてきた道秋遍路              清水 三雲

きつかけを聴き合ふ札所秋遍路            西原みどり

秋遍路膝の痛みを抱へつつ                西村 棗

秋遍路金剛杖の先のゴム                  西村小市

道半ば悩みは無しや秋遍路                青空幸輪

単線の横道たのし秋遍路                  青田奈央

彩りのまち湯が迎え秋遍路                青梅爽

秋遍路深紅のリュック遠ざかる            石川西道

好きな線香の匂いや秋遍路                節子。

島四国短く回る秋遍路                    戦後生まれZ

負けた日の同行二人秋遍路                泉千尋

太山寺石段登る秋遍路                    双海の夕日

秋遍路野良の子猫も大人びて              蒼川社

秋遍路ここでも我は最後尾                村瀬っち

通学路を一人男の秋遍路                  打楽器

吾(あ)に響く般若心経秋遍路              大薮ハナミズキ

捨犬を撫でて一会(え)の秋遍路          中矢長宗

同窓のやけに明るい秋遍路                忠孝

アスファルト時速4キロ秋遍路            定位置

鈴鳴らし一番さんへ秋遍路                天海すみれ

風もまた同行二人秋遍路                  瞳子

降ろす荷は過去か未来か秋遍路            南側

秋遍路どうぞ風邪など引かぬよう          如月弥生

琴弾の砂絵も見たり秋遍路                姫川ひすい

秋遍路杖の小脇に十夜ヶ橋                媛のペコリーヌ

行き過ぎて海に消えたか秋遍路            文月

秋遍路川縁(かわべり)ちさき板椅子に    房総たまちゃん

あらとふと大師と歩む秋遍路              牧羊

丸き背を追いかけ歩く秋遍路              万里の森

スケッチは炎の色の秋遍路                満嶋ハト

秋遍路笠笠笠に雨の糸                    巳智みちる

満願の灯明近し秋遍路                    夢船

地下足袋の小鉤(こはぜ)緩みぬ秋遍路    木ぼこやしき

返照一身に秋遍路をゆく                  野口雅也

秋遍路峠を越えて万華鏡                  野山ノハナ

空山地川海や見る秋遍路                  野中泰風

疾走す赤きチャリ男秋遍路                野々さと

六十五番まずは地元へ秋遍路              友健

杖に名を書いて覚悟の秋遍路              宥光

夕暮れの土佐路を急ぐ秋遍路              梨西瓜

秋遍路なじみの宿のらくがき帳            里山まさを

二万歩を朝にリセット秋遍路              立葵

そこここにアサギマダラや秋遍路          旅するヨモーくん

マンションをぬっと踏み出す秋遍路        玲石

尽き果てて畳這(は)ふ夜や秋遍路        浪速の蟹造

天命を探す六十路の秋遍路                六甲颪

逆打ちも飛ばしも有りて秋遍路            六手

五千米(メートル)こえて絹雲(けんうん)秋遍路    棗椰子

一日を子らの歩みに秋遍路                岡田まさこ

秋遍路鈴の音色も軽やかに                高橋道代

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつきのアドバイス

 

投稿時間:2021年11月13日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:鹿(しか)


2021年10月9日(土)放送

兼題:鹿(しか)

 

▼兼題の季語「鹿」解説

「鹿」の交尾期は8月から10月頃まで。
牡鹿(おじか)が、牝鹿(めじか)を「ピュー」と呼ぶ高い声が哀切(あいせつ)で、「妻恋う鹿」という傍題もある。
花札でも紅葉と配されているが牝鹿(めじか)を恋う声を愛でて「秋の季語」とされている。
季語「鹿」の傍題は、「牡鹿」「牝鹿」「鹿の声」「鹿鳴く」「妻恋う鹿」「鹿の妻」「夜の鹿」「しし」「かのしし」「神鹿」など。

 

 

▼選句ポイント

「鹿」らしい特徴を観察&描写

 

 

▼ギュッと!特選

群れ鹿の眼(まなこ)あまさず吾(あ)を見たり    深山むらさき

[解説]
鹿一頭ではなく、鹿の群れを観察しての「一物仕立て」。
鹿が群で行動するのは外敵から身をまもるためで、危険を察知すると一斉に振り向く。その鹿たちの様子を「眼(まなこ)あまさず」と描写した点が秀逸。
「吾(あ)を見たり」と視線の集中するさまも、この下五で表現できている。 
「~まなこあまさずあを~」のあたりのア音の韻の響かせ方もうまい。一言一句、過不足のない作品。

 

 

▼放送でご紹介した「秀作」

ぽぷぷぷと糞(ふん)する鹿と目が合(お)うて    いさな歌鈴

[解説]
オノマトペに個性と真実味があり、糞(ふん)と目と、どちらもしっかりと観察している。

 

曉の霊気ふるはす神の鹿      佐川碧

[解説]
「神の鹿」は奈良・春日神社や広島・厳島神社で神の使いとして飼っておく鹿、これも季語。「曉の霊気ふるはす」が、いかにも神社らしい描写。

 

せんべいをせがみし鹿の息荒し   たむらせつこ

[解説]
煎餅と鹿のネタは山ほどあるが、「せがみし鹿の息荒し」という描写に臨場感がある。
鹿の腥(なまぐさ)い息が伝わってくる。

 

ぐずぐずと鹿引き返す谷の淵(ふち)   吉野川

[解説]
降りようとしてちょっと無理だと引き返す鹿の様子が、リアルに描写されている。

 

鹿の目の一点微(かす)か潮臭い   夢実

[解説]
「鹿の目」をクローズアップする句も多いが、下五「潮臭い」という嗅覚の展開がうまい。

 

▼放送でご紹介した「佳作」

光る眼(め)を上下させつつ鹿寄り来(く)   じゅん

[解説]
これは、ちゃんと鹿を観察しようとしている。
上五中七が観察の言葉。

 

煎餅とパンフレットは鹿が胃へ    狼α

[解説]
下五の描写が率直すぎるきらいはあるけど、句材として愉快。

 

山道は渋滞鹿の仁王立ち    まるこ

[解説]
鹿などの生き物が道を塞ぐという句はあるけど、下五「仁王立ち」がなんだか大げさで愉快。

 

曲がり角光る鹿の目クラクション   大薮ハナミズキ

[解説]
クラクションやヘッドライトに鹿の目が光る、という句もあるのだが、「曲がり角光る~」という展開に工夫がある。

 

宝殿に鹿の出迎え人まばら    ハナショウブ

[解説]
人気の少ない「宝殿」の様子が率直に描写できている。

 

 

▼放送でご紹介した「秀作への道」

<ポイント>表現を工夫しよう

山中に鹿の目黒く輝けり    卯夏野心(佳作)

[解説]
「佳作」にいただいた句。
丁寧に書こうとする姿勢はみえるが、描写の精度として物足りない部分がある。

 

角を研(と)ぐ目の漆黒に潤む鹿      ひでやん(秀作)

[解説]
「秀作」に推した句。
「佳作」は上五で「山中に」という場所から入るので、「鹿の目」のクローズアップがやや強引だが、「秀作」は「角を研(と)ぐ」という鹿の頭部から始まるので「目の漆黒」へのクローズアップが自然、画角の大きさも工夫のポイント。

 

目が合ってぱたりと止まる野鹿かな   田村 美帆(佳作)

[解説]
「佳作」にいただいた句。
鹿が危険を感じた時パッと止まってこちらを凝視する瞬間、そこに興味を持ったのはよい。ただ「~合って~止まる~かな」という叙述の時間軸がダラダラした感じになっている。

 

鹿の目に捉えられたるニ三秒    しみずこころ(秀作)

[解説]
こちらは「秀作」に推した句。
「鹿の目に捉えられたる」と非常にシンプルな描写だが、状況ははっきりと伝わる。
さらに「二三秒」と時間をはっきりと書くことでリアリティが増す。
時間の表現も工夫のポイント。

 

>>夏井いつきのアドバイス
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2021年10月09日 (土) 07:30 | 固定リンク


ページの一番上へ▲