海のギャング・"アイツ"はうまい!


はじめまして!

NHK高知放送局アナウンサーの小原和樹です。

高知からの「ギュッと!であい旅」では、「海のギャング」こと"ウツボ"をご紹介しました!

お邪魔したのは中部の土佐市と須崎市。

冬に旬を迎えるウツボは、

カツオに代わる貴重なタンパク源となってきました。

高知以外の方だと、食べる機会は少ないのではないでしょうか?

見た目は少し怖いですが、

お肉のようにジューシーでおいしいんです!

 

そんなウツボ、どうやって食卓に並ぶのか紹介していきまーす!

まずは捕らなきゃ食べられないですよね??

ウツボの漁が始まるのは日が暮れてから。

夜行性ということもあり、エサは朝方に仕掛けられます。

海から上がってきも要注意!

どう猛なので、かみついてきます!

歯が鋭くてかまれると手に穴が空きます。こわ~…。

gyutto_201226obara-1.jpg

そうやって苦労して捕ったウツボを…

gyutto_201226obara-2.jpg

なんと!洗濯機へ入れちゃいます!

これで、ウツボの「ぬめり」を取るんだそうです。

私のふるさと・岩手ではウツボを食べる習慣がなかったので、初めてこの光景を見たとき

頭の中に「?」マークがたくさん浮かび、何が起こっているのか飲み込めませんでした…。

ちなみに、お邪魔したお宅には「ウツボ専用の洗濯機」がありました、すごい!

 

こうしてウツボを回すこと15分。

いよいよ身をさばいていくのですが、これがまた大変。

骨の量が多すぎるため、プロでなければさばけません。

その道10年の方でもまだまだ難しいと…。

熟練の技で苦労してさばいてくださる方のおかげで、「タタキ」や「唐揚げ」が食べられると思うと、いつもと味わいが変わりました。

見た目はコワモテだけど、みんなを笑顔にしてくれるウツボ。

ぜひご賞味あれ〜!!!

 

投稿時間:2020年12月26日 (土) 08時00分


ページの一番上へ▲