ギュッと!四国ブログ

2年間ありがとうございました!


3月26日(土)の放送で申し上げましたが、

2021年度いっぱいをもって、『ギュッと!四国』キャスターを卒業することになりました。

2年前、高知放送局から松山へ異動してきたときにちょうど『ギュッと!四国』が始まり、以来ずっと苦楽を共にしてきたため、僕のアイデンティティだと思っていた番組でした。

週替わりでいらっしゃるタレントさんたちとのフリートークで とても緊張して会話がぎこちなかったり、それまで経験したことのない「リモート出演」のゲストとのやり取りに苦戦したりと、不器用なところをたくさんお見せしてしまいました。
落ち込むこともありましたが、愛媛県内のみならず香川・徳島・高知でお会いした皆さんから「『ギュッと!四国』見てますよ。頑張ってくださいね」と声をかけていただき、たいへん励みになりました(いただいたお便りも拝読いたしました)。

皆さんに温かく見守っていただき、番組に鍛えてもらった2年間だったと思います。

本当に、ありがとうございました。

 

キャスターは卒業するものの、松山放送局には在籍し続けますのでこの先もリポーター等の形で『ギュッと!四国』にお邪魔することがあるかと思います。

ですので、久しぶりに出てきたときは「誰この人?」と忘れないでくださいね(笑)

 gyutto_ono220331-1.jpg

4月からは、宮本真智アナウンサーが司会を務めます!

さらに、気象予報士の田中勇作さんが番組に加わり、気象情報も充実します!

もちろん、週替わりでいらっしゃる四国ゆかりのゲストの皆さんにも、番組を盛り上げていただきます。

フレッシュなメンバーでお届けする2022年度の『ギュッと!四国』、ご期待ください!

 

僕はどうなるのかといいますと

新年度は金曜夜7時30分からの「ひめDON!」という番組を担当いたします。

愛媛県ローカルでの放送なのですが、NHKプラスで配信されますので、愛媛以外の3県の皆さんにもご覧いただけたら幸いです。

 

この先も、どうぞよろしくお願いいたします。

gyutto_ono220331.jpg
3月26日の放送後、ゲストの木内晶子さんと

投稿時間:2022年04月01日 (金) 12:00 | 固定リンク


宗田節のかき揚げ


放送日:2022年3月26日(土)

gyutto_umaimon220326.jpg

<材料>

(2~3人分)
野菜
・新玉ねぎ………1個
・にんじん………1/2本
・春菊………1/4束
・宗田節粉末………おおさじ2
・めんつゆ………およそ40ml
・てんぷら粉………大さじ3~4

<作り方>

(1)野菜は食べやすい大きさにカットする。
(2)野菜に宗田節の粉末をまぶす
(3)てんぷら粉をお好みの濃さでつくっためんつゆで溶く
(4)(2)と(3)を混ぜ合わせる
(5)170度の油できつね色になるまで揚げたら完成。

 

投稿時間:2022年03月28日 (月) 12:00 | 固定リンク


菜の花のおにぎり/菜の花のツナマヨあえ


放送日:2022年3月19日(土)

菜の花のおにぎり

gyuttoumaimon_220319-1.jpg

<材料>

(大きさにもよりますが15個分)
・あたたかいごはん…………5合
・菜の花……………4束(1束150g)
・塩こうじ……………320g
・浅漬けの素(市販)………大さじ1

<作り方>

(1)菜の花を袋に入れ、塩こうじと浅漬けの素をまぶしてもむ。
(2)冷蔵庫で2日間ほどおく。
    (おく時間はお好みで調節)
(3)(2)を水洗いして、よくしぼり、食べやすい大きさに切る。
(4)(3)をあたたかいごはんに混ぜてにぎれば、できあがり。


菜の花のツナマヨあえ
gyuttoumaimon_220319-2.jpg

<材料>

(4人分)
・菜の花…………1束(150g)
・ツナ(缶詰/油づけ/小)…1缶(70g)
・コーン……………50g
・マヨネーズ………大さじ3
・塩………少々

<作り方>

(1)沸騰した湯に塩を加え、菜の花の茎を10秒ほどゆでた後、全体を入れてさらに30秒~1分程度ゆでる。
(2)ゆでた菜の花を冷水にさらす。
(3)よく絞って食べやすい大きさに切る。
(4)ツナは油と汁を切ってコーンとマヨネーズとあえる。
(5)(3)と(4)をあえればできあがり。

 

投稿時間:2022年03月22日 (火) 10:07 | 固定リンク


兼題:桜鯛(さくらだい)


2022年3月12日(土)放送

兼題:桜鯛(さくらだい)

 

▼兼題の季語「桜鯛」の解説
桜鯛とは、春の真鯛のこと。四国では桜の時期、瀬戸内海沿岸に産卵のため集まってきて 多くとれる。雌はきれいな桜色になり、雄は体に桜の花びらのような斑点があらわれるといわれている。「花見鯛」の傍題もある。

 

 

▼選句ポイント
桜鯛らしい めでたさと豪華さ

 

▼ギュッと!特選

千秋楽終え桜鯛待つ席へ      はなぶさあきら
[解説]
どの本場所でも大きな鯛を掲げる力士のニュース映像は見ますが、この句はまさに三月場所の「桜鯛」。優勝とは一言も書かれていなくてもそうだと分かる。千秋楽を終え、汗も流し、衣服も改め、祝賀の席へ。俳句で時間経過を書くのは難しいが、「終え~待つ席へ」という叙述によって一連の映像がしっかり書けているのですから、あっぱれ。紅潮した関取の表情、それを迎える人たちの拍手と笑顔も沸き立ってくるような作品。

 

 

▼放送でご紹介した「秀作」

上京の前夜の椀(わん)の桜鯛    くぅ
[解説]
「上京」で地方から東京に行くことや、料理された桜鯛が「椀」の中にある映像がよく見えてくる。

 

長生きの褒美堂々さくらだい     野菊
[解説]
「長生きの褒美」という措辞によって状況や人物が見えますね。「堂々」から「さくらだい」が見えてくる語順も巧み。

 

信之は受かって桜鯛らしい      平良嘉列乙
[解説]
「信之」が誰かわからなくても「受かって」ですから、何かの試験に受かったに違いないことがわかる。「桜鯛」そのものはまだ見えていなくても、めでたい気分は十分に伝わる。

 

杉香る箸に水引さくら鯛       三緒破小
[解説]
前半のめでたさが、「さくら鯛」に似合っている。

 

▼放送でご紹介した「佳作」

故郷(ふるさと)を離れる前夜桜鯛  あいぽん
[解説]
「故郷を離れる」という状況、「前夜」という時間が具体的に書かれている。

 

桜鯛初網に酔う祝い舟        直直
[解説]
桜鯛も初網も祝い舟も、めでたい尽くし。

 

鯛めしは浜の自慢の桜鯛       かんざし
[解説]
うちの「浜の自慢」の、と念を押すところに地産の愛。

 

顔合わせ深いお辞儀(じぎ)と桜鯛  一波
[解説]
お見合いか、両家の顔合わせか。中七の動作が映像となっているのが良い。

 

注文の初めも締めも桜鯛       パプリカ
[解説]
桜鯛の刺身で始まり、桜鯛メシで終わる、桜鯛づくし。

 

 

▼「秀作への道」観賞でレベルアップ!

喰(く)い初めの吾子(あこ)より大き桜鯛  ツユマメ(佳作)
食ひ初めに小さき桜鯛を買ふ         岡井稀音(佳作)

[解説]
こちら二句は「お食い初め」という儀式であることを上五で述べ、残りの音数は季語「桜鯛」の描写に使っていますね。

 

食ひ初めの箸の螺鈿(らでん)や桜鯛     あずお玲子(秀作)
[解説]
お食い初めの儀式に使う箸の「螺鈿(らでん)」に焦点を当てている。「や」の詠嘆も効いてますね。「桜鯛」のめでたさが映える取り合わせ、ここまでくると「秀作」!

 

>>夏井いつきのアドバイス
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2022年03月12日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:桜鯛(さくらだい)「夏井いつきのアドバイス」


◆夏井いつきから「俳号」についてのお願い
 
同一人物が複数の俳号を使って投句するのは、堅くご遠慮下さい。

 「いろんな俳号でいっぱい出せば、どれか紹介されるだろう」という考え方は、俳句には馴染みません。丁寧にコツコツと学んでまいりましょう。

 

◆兼題がない?!

骨のコブうずしおおぼゆだしの味         ちえふゆ

ピンク纏(まと)い海より一尾春麗(うら)ら     ふじ

鯛ごはん息子と囲む九年目の春           桃猫

鯛は刺身か塩むしか春の帰路             海野郎

春来たり安堵坩堝(あんどるつぼ)と瀬戸の鯛     泰

[解説]

兼題である春の季語「桜鯛」を詠もうとしているのはわかるのですが、募集兼題はテーマではなく「桜鯛」という季語を詠み込むのがルール。

 

◆季重なり
桜鯛春をつげるか藍き海        小松カヅ子

花びらヒラと降りて寿司桜鯛        ドキドク

水温(ぬる)み春待つ我に桜鯛      にゃんた

釣れた春光の道に桜鯛             宏峰

渦潮に垂れる糸先桜鯛          ぽんかん太郎

[解説]
一句に複数の季語が入ることを「季重なり」という。季重なりはタブーではなく、高度なテクニック。季重なりの秀句名句も存在しますが、手練れのウルトラ技だと思って下さい。まずは「一句一季語」からコツコツ練習していきましょう。「桜鯛」以外のどれが季語なのか歳時記を開いて調べてみるのも勉強になる。

 

◆秀作への道
祝いの日息子が食べた桜鯛                     マユミ62

[解説]
何の祝いなのか漠然としている。「息子」がどのぐらいの年齢なのか、これだけではわからない。

 

お食い初め生命溢るる桜鯛                     ハナショウブ

桜鯛お食い初め子の頬の色                     南無スカル

[解説]
「お食い初め」という言葉が入ることで子の年齢がわかり、さらに儀式の場面であることも伝わりますね。ただ「生命溢るる」は抽象的な説明。そして「お食い初め子」といういい方が少々寸詰まりな書き方になっている点も気になる。

 

お食い初め歯の頼もしや桜鯛                   おこそとの

[解説]
中七「歯の頼もしや」と描写する姿勢はよいのですが、お食い初めの儀式は生後100日頃(三ヶ月~四か月ぐらい)。赤ちゃんの歯が生えるのは生後八か月ぐらいからかな。

比喩だと考えるのも、少々無理がありそうな……。

 

桜鯛片手に力士恵比寿(えびす)顔           山川腎茶(佳作)
横綱がかかげて笑顔桜鯛             翡翠(佳作)
[解説]
「力士」と「桜鯛」を描いた二句、ここまで書けていれば佳作ですが、「恵比寿顔」「笑顔」がややありがちなワード。

 

関取の紅潮や手に桜鯛               たま(秀作)
横綱の破顔両手に桜鯛               宮武美香(秀作)

[解説]
「紅潮」「破顔」によって、関取や横綱の表情が生き生きしてくる。

 

横綱の上腕ほどの桜鯛               池之端モルト(秀作)

[解説]
どれほどの大きさなのかを比較することで映像化した一句。

 

大関となりて掲げる桜鯛             とべのひさの(秀作)
[解説]
「大関となりて」で優勝して昇進が決まったという場面があることが想像できる。

小さな工夫が「秀作への扉」を開く。

 

>>放送で紹介された句
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2022年03月12日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:桜鯛(さくらだい) 秀作・佳作


2022年3月12日(土)放送

兼題:桜鯛(さくらだい)


【秀作】
気に入りの皿の金継ぎ桜鯛                 三月兎

桜鯛対潮楼の海碧(あお)く               飯村祐知子     

進水式の祝詞に跳ねる桜鯛                 みうら朱音

滑らせる刃に立つ虹や桜鯛                     あいむ李景

塩釜の存外重し桜鯛                           アロイジオ

我が家には我が家のうつは桜鯛              イサク

奉書より尾の見えてをり桜鯛                   キートスばんじょうし

花嫁の名前読めない桜鯛                       ギル

眠たげな眼の父に似て桜鯛                     くま鶉

荒潮に磨かれ桜鯛きらり                       けーい〇

うろくづをはじく墨汁桜鯛                     げばげば

はて今日は何事なるぞ桜鯛                 そまり

関取の紅潮や手に桜鯛                 たま

晴れの日の対で供える桜鯛                     たまもん

半眼の桜鯛なり主賓席                 でんでん琴女

朗報を静かに待つや桜鯛                       ねじり花

結納終わつたさてこの桜鯛                        ひでやん

裳裾揺らし巫女(みこ)の差し上ぐ桜鯛            みずな

全快大吉桜鯛ぷりぷり                            みづちみわ

瀬戸内の島は三千桜鯛                            やまさきゆみ

花板のまなじり柔しさくら鯛                      綾竹あんどれ

合併は御破算桜鯛へ愚痴                          伊奈川富真乃

海面は喝采めいて桜鯛                            一斤染乃

桜鯛あらは塩煮としませうか                      一港

桜鯛ほろとこぼるる身もめでたき                  浦野紗知

ほのと甘さうなる色の桜鯛                        加良太知

来島の日を跳ね上げて桜鯛                        夏草はむ

鰭(ひれ)に乗る塩粒眩(まぶ)し桜鯛            岸来夢

横綱の破顔両手に桜鯛                            宮武美香

まずい口上しやがつて桜鯛                        高橋寅次

厳しく口結びをる桜鯛                            高尾里甫

昇進の口上噛(か)んで桜鯛                      坐花酔月

桜鯛抗(あら)がふことも凄まじき                三泊みなと

仲人の掲ぐ大きな桜鯛                            山羊座の千賀子

伝馬船に龍の字やはし桜鯛                        七瀬ゆきこ

妹の島より届く桜鯛                          小池令香

大幣(おおぬさ)を零(こぼ)るるひかり桜鯛      深山むらさき

白星や楽日の桜鯛猛(たけ)る                    大黒とむとむ

百歳の膝(ひざ)に一歳桜鯛                      大和田美信

横綱の上腕ほどの桜鯛                            池之端モルト

桜鯛さかんな女系天皇論                          藤 雪陽

柳刃の細く桜鯛のほのと                          巴里乃嬬

そぎ切りのいよいよ透(す)くや桜鯛              平本魚水

釣り上げて名に相応しき桜鯛                      妹のりこ

桜鯛赤子の耳の真っ赤っ赤                        夢実

上棟の祝ひはしりの桜鯛                          椋本望生

結納の口上朗々桜鯛                              柚木みゆき

大関となりて掲げる桜鯛                          とべのひさの

 

【佳作】
喪の明けぬ釣り人諫(いさ)む桜鯛                パル吉

渦巻いて竿(さお)を折るかや桜鯛                釣り帽子

朝市に沖より戻る桜鯛                            白い鴉

三方に反り祝詞聴く桜鯛                          HNKAGA

革命は静かに冷める桜鯛                          すいよう

塩ふりてパリッと喰(く)らふ桜鯛                よした山月

内海の沖は桃色桜鯛                              渥美こぶこ

桜鯛孫の祝いに半身かな                          芋 二郎

女子会の無言となるや桜鯛                        根本葉音

婚礼の色は雄のみ桜鯛                            主藤充子

桜鯛ほろほろほぐす櫃(ひつ)の中                春海のたり

釣友の最後のメールさくら鯛                      中 はじめ

群青のこぼれ落ちたる桜鯛                        長谷川遊山     

欄間(らんま)より先祖皿鉢(さわち)に桜鯛      片岡六子

桜鯛しまなみ完歩せし祝い                        連翹

桜鯛我れを落とせと爆(は)ぜる市                和風

跳ね返すほどの歯応え桜鯛                        KANNA

町角の恵比寿(えびす)に捧ぐ桜鯛                KAZUピー

桜鯛浮かせん鞆のしばり網                        あたなごっち

リモートで祝ふ傘寿や桜鯛                        あみま

鱗(うろこ)から花びらになる桜鯛                アリマノミコ

妻描く何とぽつてり桜鯛                          岩宮鯉城

朝市で一目惚れする桜鯛                          いの鉄橋

君はまた新しき服桜鯛                            ヴィッカリー趣乃

定年日家には妻と桜鯛                            ウクレレみっちゃん

花嫁の紅にも況(ま)して桜鯛                    ウチノ太郎

瀬戸内の青より生(う)まる桜鯛                  おきいふ

甲板を打つ太き尾や桜鯛                          オサカナクッション

鼻先に鱗(うろこ)ひからせ桜鯛                  おぼろ月

桜鯛釣れてほころぶ吾子(あこ)の顔              おん ころころ

桜鯛眺めて我を振りかえり                        お萩

お互いの短所知りつつ桜鯛                        かつたろー。

桜鯛水輪(みなわ)に刻む陽の光                  門田千世香

東天(とうてん)へ一本釣りの桜鯛                かねつき走流

長兄の結納五倍桜鯛                              このみ杏仁

杯干せば袖に鱗(うろこ)の桜鯛                  ごまき

父の不在解消桜鯛まだか                          さぬきの風

手つかずや見合いの席の桜鯛                      シェル翁

瀬戸内の浜の人焼く桜鯛                          しみずこころ

嫁ぐ日の父の背小さし桜鯛                        じゃすみん

キャンセルの続く料亭桜鯛                        じゅん

胸びれのばりりと立ちて桜鯛                      じょいふるとしちゃん

大学の重き封書や桜鯛                            すずさん

碁敵(ごがたき)を釣りで負かせて桜鯛            ダック

俎板(まないた)に腹のゆるるや桜鯛              たむらせつこ

鱗(うろこ)散り男料理ぞ桜鯛                    チーム望生遊子ネット句会熊谷温古

湯上がりの太腿(もも)むちり桜鯛                ちょぼ鶉

目の上に碧(あお)き眉あり桜鯛                  どいつ薔芭

桜鯛の眼(まなこ)に映る風の色                  トーマス 阿波

桜鯛さばく店主の晴れ舞台                        どーりー3

桜鯛出刃を前歯に兜割(かぶとわり)              どこにでもいる田中

祝いの日飛び跳ねさうな桜鯛                      ピアニシモ

撒(ま)き餌(え)かごをしゃくりて不乱桜鯛      ペトロア

桜鯛きらきら鱗(うろこ)かざしけり              へなけん

ぶつ切りの身の熱量や桜鯛                        ぽー

桜いろ米寿の膳を飾る鯛                          ポッキー

桜鯛眼(まなこ)の奥の炎(ほむら)色            まるかじり

目の上の天色きれい桜鯛                          マレット

天然とシール貼り付け桜鯛                        三好ゆづる

桜鯛二度の振り塩姿焼き                          むねあかどり

横綱の笑顔で掲ぐ桜鯛                            もふ美

三十路来て釣書きちらり桜鯛                      友健

子の顔に戻る新婦や桜鯛                          ゆすらご

桜鯛の刺身うましや島の宿                        れんげ畑

目力の一番えらぶ桜鯛                            阿波オードリー

桜鯛自転車並ぶ民宿に                            伊丹妙子

田の神に奉納されし桜鯛                          伊藤 柚良

海沙(すな)は星の色して桜鯛                    伊予吟会 宵嵐

ぱちくりとまばたいたよな桜鯛                    伊予素数

桜鯛腹色づきて母となる                          井納蒼求

4k(キロ)超怒号の競りよ桜鯛                    一高のヤン

桜鯛あかき帛紗(ふくさ)をさばきけり            一寸雄町

板二枚包丁五本桜鯛                              宇野翔月

発表後の食卓には桜鯛                            卯花かろん

職人の恋桜鯛姿造り                              旺上林加

桜鯛米寿の母の佳き日かな                        岡山小鞠

制服のあどけなき子や桜鯛                        岡田まさこ

新築の祠(ほこら)供る桜鯛                      岡田春ニ

桜鯛個室に人を待つ昼餉(ひるげ)                音羽凜

老漁夫の潮読むまなこ桜鯛                        加田紗智

水揚げの尻尾も肥ゆる桜鯛                        夏雲ブン太

桜鯛島国にある海なし県                          夏湖乃

まな板に片目で睨(にら)む桜鯛                    河内義高

佳(よ)き日の朝神棚の桜鯛                      花の首飾り

桜鯛腹立てるほど紅くなる                        花紋

10歳の手形足形桜鯛                              花野恋雪

たっぷりのつまでんと盛る桜鯛                    灰頭徨鴉

海中は花満開や桜鯛                              鎌田真由美

塩に蒸す桜鯛なり美(は)しと言ふ                亀山酔田

七色の光溢れて桜鯛                              亀田かつおぶし

弁当の箸が喜ぶ桜鯛                              菊池洋勝

遠回りして桜鯛みてマクド                        吉野川

しなやかに鰭(ひれ)ひるがへす桜鯛              玉井令子

桜鯛マイク渡され祝い唄                          近江菫花

桜鯛の斑点翻(ひるがえ)る水深                  空豆魚

父還暦地酒に透(す)くる桜鯛                    五月ふみ

うろくずのささくれ残る桜鯛                      香依蒼

立つ君に贐(はなむけ)の宴(えん)桜鯛          高畑しき

桜鯛のポワレにフォーク突き刺す                  今若あれ

階段は地下へ生簀(いけす)の桜鯛                佐川碧

若狭塗の箸新しく桜鯛                            彩汀

祝言の尾鰭(おびれ)反りたる桜鯛                三休

桜鯛片手に力士恵比寿(えびす)顔                山川腎茶

七福神巡りランチは桜鯛                          山村楓

桜鯛ほぐれて小さき湯気の立つ                    山田蚯蚓

赴任終え戸惑いながら桜鯛                        山内 彰子

糸垂らし待つ桜鯛波静か                          山薔薇

飛び跳ねる今日は鳴門の桜鯛                      四季彩

桜鯛優勝力士に負けぬ華                          紫水晶

船端の竿(さお)の撓(しな)りや桜鯛            柴田花子

品書きの字の汚さよ桜鯛                          紗千子

来島も鳴門も旨(うま)し桜鯛                    十亀

ごぼごぼと波わき上がる桜鯛                      渋谷晶

俎板(まないた)をはみ出るほどに桜鯛            升屋

桜鯛焼くや尾鰭(おびれ)のぴんと立つ            小だいふく

逢って欲しい人がいます桜鯛                      小川さゆみ

釜の蓋開いて白目の桜鯛                          小藤たみよ

釣り船に川エビゴカイ桜鯛                        松山のオジサン

海風のあおの斑点桜鯛                            松山のとまと

まな板にうろこ残りて桜鯛                        松山冬花

ふるさと納税ポチッと桜鯛                        織部なつめ

胸を張る支店長反る桜鯛                          新濃 健

健やかに孫の青春さくら鯛                        森正則

出汁の香に花咲くうろこ桜鯛                      森野しじま

桜鯛おくいぞめ膳祝膳                            真帆

骨は指先年越しの桜鯛                            水素水

子の結果聞いて桜鯛を選ぶ                        水蜜桃

見ぬ花の名を付けられし桜鯛                      裾野はな

逆転の王手飛車取り桜鯛                          世良日守

桜鯛笹敷き詰めて見事なる                        勢田清

桜鯛重役並ぶ地鎮祭                              星月さやか

桜鯛見栄をきる隈取りのあを                      正念亭若知古

厄年の厄は祓(はら)へよ桜鯛                    清水 三雲

行列の先は鯛めし桜鯛                            西りん

くちびるにお食ひ初めなる桜鯛                    西原みどり

バイキング花造りなる桜鯛                        西村 棗

めでたさはこの色にあり桜鯛                      西村小市

桜鯛の串焼き皮の焦げと塩                        青居 舞

桜鯛釣られた無念朱を増せり                      青空幸輪

桜鯛大鳴海の名はためいて                        青梅爽

酢に砂糖ひとふりの塩桜鯛                        昔まどんな

昇進の祝ひ跳ねたる桜鯛                          石塚彩楓

父の魚籠(びく)手のひら大の桜鯛                戦後生まれZ

桜鯛をんな漁師の髪まぶし                        染井つぐみ

船盛で真中にでんと桜鯛                          双海の夕日

幸せの準備整い桜鯛                              霜月なな

トロ箱ぱかっ桜鯛ぴっちぴち                      村瀬っち

爪の間に粗塩の圧桜鯛                            多事

桜鯛のしゃぶしゃぶ握り一口で                    打楽器

畏(かしこ)みて上座に眺む桜鯛                  大浦ともこ

鱗(うろこ)飛ぶ夫黙々と桜鯛                    大薮ハナミズキ

新入幕化粧まわしの桜鯛                          竹内一二

継獅子に奉納されて桜鯛                          直人

俎板(まないた)でひかり増したる桜鯛            中村のりぴ

死してなほ眼(まなこ)やさしき桜鯛              中矢長宗

海中の光芒(こうぼう)に舞ふ桜鯛                忠孝

クワッドコーク跳ねし鳴門の桜鯛                  長楽健司

桜鯛一世一代大舞台                              長谷機械児

競り札の文字に勢ひ桜鯛                          長谷川水素

桜鯛定年退職再雇用                              定位置

桜鯛渦に尾鰭(ひれ)が消ゆるかな                天王谷 一

ぼっちキャンプ焚(た)き火に酒と桜鯛            天海すみれ

桜鯛シンクに鱗(うろこ)飛び散れり              土佐藩俳句百姓豊哲

食い初めや上り框(かまち)に桜鯛                東京堕天使

炊飯器ぱかつと桜鯛の卓                          藤田ゆきまち

桜鯛跳ねよじいじの皺(しわ)ゆるみ              瞳子

海峡の潮と遊ぶや桜鯛                            南側

祝膳の主役は君と桜鯛                            如月弥生

包丁一気まな板に光る桜鯛                        白髪

艶やかな釜も窮屈さくら鯛                        迫久鯨

大皿へ散らすはなびら桜鯛                        板柿せっか

披露宴めいて直会(なおらい)桜鯛                比々き

ザクと入(い)る刃(やいば)迷うな桜鯛          美衣珠

石英の鱗(うろこ)甲冑(かっちゅう)桜鯛        美津うつわ

桜鯛フレ!フレ!留年一日目                      風ヒカル

新人の竿(さお)に棚ぼた桜鯛                    文明

切っ先の蒼(あお)き飲み込む桜鯛                聞岳

釣り人の初子百日桜鯛                            堀アンナ

海色の美(は)しき目玉を桜鯛                    万里の森

還暦の女子会旅や桜鯛                            満嶋ハト

桜鯛市場一面満開に                              霧晴れ子

一抹の青味鱗(うろこ)に桜鯛                    木ぼこやしき

塩釜に木槌(きづち)当てたり桜鯛                木染湧水

一天を掻く尾の勢(はづ)み桜鯛                  野口雅也

いただきさん一番おしの桜鯛                      野根牛石

野見湾や養殖光る桜鯛                            野中泰風

渦と渦せめぐ海峡桜鯛                            宥光

きな臭い世も寿(ことほ)ぐか桜鯛                藍月

青光る目の美しき桜鯛                            梨西瓜

釣り船の舳先に踊る桜鯛                          里山まさを

生簀(いけす)出す網に跳ねたり桜鯛              良馬

棟上げの頭の前へさくら鯛                        鈴野蒼爽

キハ185伊予灘望みて桜鯛                       浪速の蟹造

桜鯛かかあ天下も連れてきて                      六甲颪

塩まぶす小さき五尾の桜鯛                        廣田惣太郎

菜箸の重みや皿へ桜鯛                            棗椰子

横綱がかかげて笑顔桜鯛                          翡翠

君想ふ頬に似ていし桜鯛                          じゅんこ

ケータイに弾ける笑顔桜鯛                        野々さと

桜鯛きようは私の誕生日                          野山ノハナ

誕生日皿からはねる桜鯛                          まさやん

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつきのアドバイス

 

投稿時間:2022年03月12日 (土) 07:30 | 固定リンク


大きさにびっくり!香川のアスパラガス


gyutto_220307-ono.jpg

3月5日(土)の放送「四国うまいもん巡り」では、香川特産の巨大アスパラガスをご紹介しました!

「香川では大きなアスパラガスが育てられている」と以前から知っていましたが

実物をスタジオで見て、改めてその大きさに驚きました…!

 

このあと、放送で紹介した「アスパラガス入りのごはん」を朝ごはんとしていただきました。

アスパラガスならではの甘みがほんのりと感じられて、

ひと仕事終えた体が癒やされました~。

いつか「アスパラガスの肉春巻き」も食べてみたいです。

 

それぞれのレシピはこちらからご覧になれます。

 http://www.nhk.or.jp/matsuyama-blog/gyutto/umaimon/461707.html

次回の放送もご期待ください!

投稿時間:2022年03月07日 (月) 09:43 | 固定リンク


香川県オリジナルアスパラガス さぬきのめざめ


【ディップ】
gyutto_recipe220305-1.jpg

<材料>(材料はすべて2人分)
・さぬきのめざめ…2本
①みそマヨネーズ
・みそ…大さじ1
・マヨネーズ…大さじ2
②豆腐ごま
・豆腐…100g
・練りごま…大さじ2
・しょうゆ…小さじ1
・砂糖…小さじ1

<作り方>

(1)アスパラガスを3等分にする。
(2)①みそとマヨネーズを混ぜる。
(3)②水切りした豆腐、しょうゆ、砂糖、練りごまを
    ミキサーかける。

【肉春巻】
gyutto_recipe220305-2.jpg
<材料>
・さぬきのめざめ…3本
・豚バラ肉…3枚
・春巻の皮…3枚
・塩…適量
・オリーブ油…適量

<作り方>

(1)豚肉は塩で下味を付け、さぬきのめざめに巻きつける
(2)根元の部分を包むように春巻の皮を巻き、
     巻き終わりに水溶き片栗粉でのりづけする。
(3)フライパンを熱し、多めのオリーブ油を入れる。
(4)春巻を並べ、焼く。
    穂先はフライパンから浮いていてもOK。

【ごはん】
gyutto_recipe220305-3.jpg
<材料>
・さぬきのめざめ…3本
・ごはん(炊きたて)…350g
・ガーリックオイル…適量
・塩…適量
・こしょう…適量

<作り方>

(1)さぬきのめざめを手で一口大サイズに折りながら
フライパンに入れる
(2)ガーリックオイルを加えて蓋をし、強火で加熱する。
    ※しっかりと焼き色を付けるため触らない!
(3)一度ひっくり返し、しっかりと焼き色がついたら、
火をとめて、塩、こしょうで味付けをする。
(4)炊きたてのごはん(炊飯器)に入れて、5分ほど蒸らす。混ぜ合わせて、こしょうをかけたら完成。

 

投稿時間:2022年03月07日 (月) 09:38 | 固定リンク


市橋さんの「ヤツマタのガレット」


1月22日(土)放送の「ギュッと!四国」は、市橋有里さんがゲストでした!

去年12月に市橋さんがご出演された際、番組で紹介した徳島県祖谷地域特産の雑穀・ヤツマタをお持ち帰りいただきました。

gyutto_ono_220124-1.jpg

市橋さん、なんとそのヤツマタを使ってこんな料理を作り、その写真とレシピをシェアしてくださりました…!(毎度のことですが、市橋さん写真が非常にお上手…!)

gyutto_ono_220124-2.jpg

【市橋有里さんのヤツマタのガレット】
材料(2枚分)
[生地]
やつまた粉…40g
牛乳と水(合わせて)…100cc
卵…1個
塩…ひとつまみ
砂糖…ひとつまみ

 [具材]
卵、チーズ、生ハム、ベビーリーフ、パルメザンチーズ 

 

1)粉とその他の生地の材料を合わせ、フライパンに広げて焼く。
2)卵を真ん中に割り入れ、とろけるチーズなどお好みで火を通す材料を乗せて弱火で焼く。
3)卵が半熟になったら四隅を折り畳み、皿に乗せてグリーンリーフや生ハムなどを乗せ、オリーブオイル、胡椒などをまわしかける。 シーザーサラダのドレッシングなどをかけても良いそうです!

 

皆さんもぜひおうちで試してみてください!

(ヤツマタを手に入れるのが難しい場合は、そば粉でも同じようなガレットが作れます)

 

また、この日の放送では、徳島市の動物園からカピバラについて中継で伝えてもらいました。

余談ですが、放送を終えて

「そういえば俺、学生時代に周りから“カピバラに似てる”って言われたことあったな」なんてことを思い出し、スマートフォンで過去の写真を振り返っていたら…。

ありました(笑)

gyutto_ono_220124.png
撮影:2014年(大学3年生)

 

どうですか?(笑)

顔を少し似せにいってますね。

似てたら笑ってください(笑)

投稿時間:2022年01月24日 (月) 15:10 | 固定リンク


【四国うまいもん巡り】ブロッコリーの茎のベーコン巻き


放送日:2022年1月15日(土)
ブロッコリーの茎のベーコン巻き

 

 

 

gyutto_umaimon220115.jpg

<材料>(4人分)
・ブロッコリーの茎………2コ分
・ベーコン………1パック

<作り方>
(1)ブロッコリーの茎は皮をむいて縦薄切りにし、さらに短冊形に切る。
(2)(1)をさらに広げてラップをかぶせ、電子レンジ(600W)に1~2分かける。
(3)(2)を3本ほどベーコンで巻き、つまようじでとめたら、フライパンで焼き目を付ける。




投稿時間:2022年01月15日 (土) 07:55 | 固定リンク


ページの一番上へ▲