ギュッと!四国ブログ

市橋有里さんスタジオ初出演!


キャスターの小野文明です。

11月20日(土)放送の「ギュッと!四国」のゲストは、徳島県出身の市橋有里さん!

市橋さんにはこれまで何度もご出演いただいていましたが、いずれもリモート出演でしたので、今回がスタジオ生出演でした!

gyutto_ono211124.jpg

 

 

本番前、スタジオで対面したとき、お互い「ようやくお会いできましたね…!」と思わず言ってしまいました(笑)

 

さらに、市橋さんには この夏オリンピックの聖火リレーで使用したトーチを持って来ていただきました!

重さは1kgあまりで、片手で持ち続けるにはキツそうです。

聖火ランナーに選ばれた人たちが本番を想定して 水の入ったペットボトルを持って走っている映像をニュースでよく見ましたが、その気持ちが分かりました。

 

本番中、市橋さんや徳島局キャスターの越田さんと良い雰囲気の中 番組を進行できたのは良かったのですが、一つ心残りなことが。

「フルマラソン本番に向けてどのように練習を積めばいいか」という、市民ランナーとして大事なことを、オリンピアンの市橋さんに聞きそびれてしまいました…!(小野は来年1月の愛媛マラソンを走る予定です)

 

次お会いしたときは、忘れずに伺おうと思います。

投稿時間:2021年11月24日 (水) 14:30 | 固定リンク


【四国うまいもん巡り】鹿のスネ肉のマタギ汁


放送日:2021年11月20日(土)
鹿のスネ肉のマタギ汁

gyutto_umaimon_211120.jpg

<材料>(4人分)

・鹿肉(スネ肉)………300g
・塩………………………大さじ40g
・酒………………………100ml
・お好みの野菜…………適量
・顆粒ダシ………………適量
・みそ……………………適量

*鹿肉はロース肉やモモ肉でも同様にやわらかくなる。

 

<作り方>

▽肉の下処理
(1)鍋に水2リットルと小口切りにした鹿肉を入れ、水から弱火でゆでる(アクが出てきたらとりのぞく)
(2)沸騰したら火を止め、鍋ごと肉を流水にさらして、余分なアクをさらに取り除き、肉をザルにあげる
(3)酒、塩を加えた水に(2)の肉を入れて、再び弱火にかけ、2時間ゆでる ※必ず水からゆでる
(4)(3)を再び鍋ごと流水にさらしてザルにあげる

▽マタギ汁の作り方
(1)好みのみそ汁を作る。
(2)下処理した肉を食べやすい大きさにカットして入れる。
*お好みでネギをのせて完成

※下処理した肉は冷凍保存が可能。小分けにして保存するとカレーに混ぜたりして使うこともできる。
※冷凍した下処理肉は袋の状態で流水解凍か自然解凍。

投稿時間:2021年11月22日 (月) 11:50 | 固定リンク


兼題:秋遍路(あきへんろ)


2021年11月13日(土)放送

兼題:秋遍路

(動画の掲載は、放送日より2か月間です。)

 

▼兼題の季語「秋遍路」解説
「遍路」そのものは春の季語、四国遍路八十八か所の霊場を巡拝する人、またはその行為を「遍路」という。三月から五月上旬にかけて遍路が賑わう季節、寒さが緩んでくるのを待って遍路に出かけている。「春の季語」としたのは高浜虚子以来にして、大正以来のことのようだ。(道のべに阿波の遍路の墓あはれ 虚子)

対する「秋遍路」は夏の暑さが終わり、過ごしやすい気候になってからの遍路のこと。空の高く晴れた気持ちのよい日もあれば、暮れの早い野道を歩く姿に寂しさを感じる日もある。
季語「秋遍路」は、やってくる冬の影に急かされる思いもある。

 

 

▼選句ポイント

春の遍路との違いを表現する工夫

 

 

▼ギュッと!特選

湿りゆく木も土も吾(あ)も秋遍路    浦野紗知

[解説]
秋の冷気や冬が近づいてくる気配などを感じさせる作品。「湿りゆく」という皮膚感をさきに書き、そこから「木も土も」と並べることで森や山や道などの映像が自ずと伝わってくる。さらに「~吾(あ)も」となれば、森羅万象と一体となって無心に歩く吾がイメージされる。「秋遍路」という季語の本意を丁寧に描いた作品。

 

 

▼放送でご紹介した「秀作」

杖(つえ)重く落暉(らっき)の中を秋遍路    柴田花子
[解説]
「杖(つえ)重く」によって、一日の疲れが表現できている。杖というモノが一つ入るだけで、自分の手にあるそれが実感できる。

 

広げたる地図のはためく秋遍路    松山のとまと
[解説]
「はためく」の一語がうまい。秋風に吹かれつつ、地図を確かめている秋遍路は、たくましげでもあり、頼りなげでもある。

 

足摺へ九十五キロ秋遍路     井上さち
[解説]
具体的に書いてあるところがよい。「足摺へ」という目指している場所を書き、さらに「九十五キロ」と距離まで書く。すると、知ってる人は「あ、これは岩本寺から金剛福寺までの九十五キロだな。一番大変な距離だな」と分かってくれるというわけだ。

 

老猫を伴に四度目の秋遍路    ぽー
[解説]
こんなお遍路もあるのだなあ。最初のお遍路は、この猫が子猫の頃かもしれない。お遍路の途中に拾った猫かもしれない。「四度目」という数詞が、年月を表現して巧みだ。

 

 

▼放送でご紹介した「佳作」

ゆく雲としばし語らひ秋遍路   アクアマリン
[解説]
「ゆく雲」はいわし雲、ひつじ雲でしょうね。「しばし語らひ」という時間が悠々と気持ちがよい。

 

秋遍路国道沿いの海と飯     桜華
[解説]
「国道沿い」で車が行き来している道の光景が見えてくる。「~の海」とさらに見渡すように映像を見せておいて「~と飯」と着地するのが健康的でいい。歩くと、やはりお腹が減りますね。

 

足早に入り日を追ふや秋遍路   シェル翁
[解説]
こんなふうに書けば、読み手は「釣瓶(つるべ)落としの秋の日だものなあ」と読んでくれて、「釣瓶落とし」との季重なりを避けられる。

 

延びる影追う早足の秋遍路    裾野はな
[解説]
入り日ではなく、影を追っている。「延びる影」は前を歩くお先達の影か、自分自身の影なのか。秋の夕陽が見えてくる。

 

松籟(しょうらい)や読経(どきょう)しずやか秋遍路   ココちゃん
[解説]
「松籟(しょうらい)」は松の梢(こずえ)に吹く風、またはその音を意味する。「読経(どきょう)」の静かな声と松風とが、どちらの音を殺すでもなく描かれているのがいい。

 

枕辺(まくらべ)に札所地図よむ秋遍路    大浦ともこ

[解説]
明日の予定を確認しているのでしょう。暮れ早い秋のための計画か、明日の天候を考えて練り直しているのかも。

 

 

▼放送でご紹介した「秀作への道」

<ポイント>季語「秋遍路」らしさを考えよう

 

引っ付き虫脚半(きゃはん)に一つ秋遍路   風ヒカル(秀作)

子猫なでまた歩き出す秋遍路    風ヒカル
[解説]
どちらの句が、より「秋遍路」らしさが出ているか。「引っ付き虫」は、秋の草の実のこと。一方「子猫」は「春の季語」、となれば当然、前句のほうが秋遍路らしい光景が描かれていることになる。一方、猫をなでて歩き出す光景を「秋遍路」らしくアレンジすることはできる。例えば…

【添削例】野良猫をなで歩き出す秋遍路

「野良猫」は季語ではありません。家のない猫の侘(わび)しさのようなものが、「秋遍路」という季語と響き合ってくる。

 

>>夏井いつきのアドバイス
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2021年11月13日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:秋遍路(あきへんろ) 秀作・佳作


2021年11月13日(土)放送

兼題:秋遍路(あきへんろ)


【秀作】
白波の屋島眺むる秋遍路                  ⑦パパ

「お寄りください」掲げる医院秋遍路      KANNA

歩き来てしばし足湯の秋遍路              KAZUピー

小走りに夕べを抜くる秋遍路              あずお玲子

太鼓台眺むる旅の秋遍路                  あぽろ

山門の草履に一礼秋遍路                  アリマノミコ

見残しの岩も見たりと秋遍路              アロイジオ

秋遍路熊よけの鈴しまひたる              岩宮鯉城

秋遍路朝日に杖のそろひけり              おきいふ

溜め池の水位横目に秋遍路                おこそとの

うちぬきへ夜気流れそむ秋遍路            このみ杏仁

秋遍路四万十の雨うす甘し                ギル

秋遍路雨後の落葉をゆく白衣              けーい〇

秋遍路ラヂヲはぢぢと乱れつつ            じゃすみん

隧道(ずいどう)に鈴ほろほろと秋遍路    じょいふるとしちゃん

鈴の音の清らに光る秋遍路                すずさん

石段の前にて暮るる秋遍路                どいつ薔芭

赤亀の甲羅にはらり秋遍路                ねじり花

夕暮れの見知らぬどうし秋遍路            ひでやん

帳の墨さらりと蒼し秋遍路                みやこわすれ   

秋遍路湯に放ちたるふくらはぎ            綾竹あんどれ

薄明や杖は小脇に秋遍路                  阿波オードリー

しばらくは落暉(らっき)の海や秋遍路    伊奈川富真乃

汽車がうと吠えて南へ秋遍路              伊予吟会 宵嵐

秋遍路いちばんつよきいろは白            一斤染乃

足早の影は朱を帯び秋遍路                一港

白波に揺るる渡しや秋遍路                加田紗智

秋遍路首なし地蔵に一礼                  加良太知

秋へんろ二十四番より始む                夏草はむ

何かの実が落ちた音する秋遍路            花紋

海荒し秋の遍路を見て過ぐる              亀山酔田

みづそそぐやうな会釈や秋遍路            吉行直人

足摺の遠き喫水秋遍路                    久留里61

しろがねの野は靡(なび)きたり秋遍路    宮武美香

里に出で影の増えたる秋遍路          曲がりしっぽ

秋遍路寳杖堂(ほうじょうどう)に杖疎(まば)ら  近江菫花

手ぬぐいに祖母の名前や秋遍路            五月ふみ

暮落ちて波音聴くや秋遍路                香依蒼

雨風の傷跡臭し秋遍路                    高橋寅次

影は地を指すばかりなり秋遍路            高尾里甫

丁石(ちょういし)の影踏みしめて秋遍路  彩汀

蓬髪(ほうはつ)の老婆ニタリと秋遍路    山川腎茶

伸びかけのつむじの白髪秋遍路            山羊座の千賀子

丸まりて茶堂に眠る秋遍路                紫水晶

石段の一列静か秋遍路                   十亀

ただ光もとめて白き秋遍路                渋谷晶

小雨降る鈍色(にびいろ)の路秋遍路      小川さゆみ

吾(あ)の影を踏みゆく浜や秋遍路        小池令香

霊峰も島もきらきら秋遍路                松井くろ

落日の汀(みぎわ)を杖の秋遍路          新濃 健

諭されて宿探しをり秋遍路                深山むらさき

秋遍路軸軋(きし)みたる摩尼車(まにぐるま)  染井つぐみ

秋遍路終へて綺麗な酒食らふ              大黒とむとむ

杖は子と同じ長さや秋遍路                竹内一二

秋遍路リフトの影に追ひ越され            藤 雪陽

秋遍路海女の墓には踏み入るな            土佐藩俳句百姓豊哲

田に群れる鳩に目細め秋遍路              桃猫   

しみじみと遍路の秋よふるさとよ          藤田ゆきまち

秋遍路ほとりのくにのはやきゆふ          巴里乃嬬

とりどりのシールは遺品秋遍路            播磨陽子

終焉(しゅうえん)の雨心地良く秋遍路    迫久鯨

秋遍路しようがココアのお接待            板柿せっか

倒木を跨(また)ぎくぐりて秋遍路        比々き

どしゃ降りの秋の遍路に翳(かげ)りなし  服部芳郎

秋遍路最後の朝の髭を剃る                聞岳

宿坊へ月ほろほろと秋遍路                平本魚水

喉仏かららんと鳴る秋遍路                堀アンナ

押し花のごと静かなり秋遍路              木染湧水

秋遍路鈴は半音高くなり                  柚木みゆき

逆打ちの秋の遍路に会釈して              椋本望生

夕さりて雨に無言の秋遍路                藍月

晴れ三日雨の一日秋遍路                  石塚彩楓

 

【佳作】

トンネルに張り付く歩道秋遍路            あいむ李景

秋遍路石手寺へ石握りしめ                あたなごっち

秋遍路ひとり夕やけこやけライン          あみま

お接待ミカン食べたべ秋遍路              ウチノ太郎

蒼き目に金色すね毛秋遍路                おぼろ月

秋遍路時刻表手に立ちすくむ              かざみどり

老木の木陰優しき秋遍路                  かつたろー。

接待の熱き茶の香や秋遍路                キートスばんじょうし

秋遍路接待沁(し)みる熱うどん          キムさん

秋遍路大師の影の長くなり            くぅ

秋遍路あたり強めの塩むすび              くま鶉

「乗りますか」声かけそびれて秋遍路      さと・きのこ園

もの言はず面も上げず秋遍路              さぬきの風

後部より杖突き出でし秋遍路              しみずこころ

秋遍路人間模様逃げてきた                ウクレレみっちゃん

秋遍路行く日没の海岸線                  じゅん

山門の息のむ朱の秋遍路                  そまり

葉っぱの饒舌(じょうぜつ)秋遍路の無口  たま

結願のうどんすすりし秋遍路              たむらせつこ

秋遍路行き交う者の同じ道                ツークン☆

秋遍路黄色帽子の子ら通過                ツユマメ

瞳には海は映らぬ秋遍路                  でんでん琴女

歩道へとあかがねの風秋遍路              どーりー3

秋遍路父の訃報で井戸寺まで              ドキドク

御朱印帖挟む朱の葉や秋遍路              どこにでもいる田中

秋遍路脇道に逸(そ)れ握り飯            河内義高

入日背に無言はやあし秋遍路          ハナショウブ

逆縁の鈴の音悲し秋遍路                  ピアニシモ

久礼坂に震えるペダル秋遍路              ひとひら

秋遍路命を問えば木々の風                古鎌信子

石段の迫る帰港や秋遍路                  ペトロア

心地よい風を頬に秋遍路                  ぽそら

影ぼうし同行二人や秋遍路                ポッキー

秋遍路珈琲の香を被り行く                まるかじり

闇を吐き光を吸うて秋遍路                まるこ

鈴の音の規則正しき秋遍路                マレット

道のりを刻む皺(しわ)の手秋遍路        みうら朱音

おにぎりはでかくならない秋遍路          みづちみわ

巻道を急ぐな父母の秋遍路                みっちゃん

小糠雨(こぬかあめ)秋の遍路の肩濡らす  三好ゆづる

影長く湯宿目の前秋遍路                  メイさん

秋遍路黙礼しつつすれ違ひ                もふ美

速き雲遅き雲あり秋遍路                  ゆすらご

石手寺の「おやき」手に手に秋遍路        れんげ畑

深々と頭を下げて秋遍路                  伊丹妙子

お接待椀のほかほか秋遍路                伊予素数

みなし児のやうな心緒の秋遍路            井納蒼求

秋遍路なほ朱に染む重ね印                磯田省吾

三蔵の杖は聞こゆる秋遍路                宇野翔月

無くしものを預かる風や秋遍路            旺上林加

秋遍路小走りとなる沈下橋                岡山小鞠

秋遍路添乗員は経詠めず                  岡田春二

あたたかきお国訛(なま)りよ秋遍路      音羽凜

秋遍路こころの杖は空の君                佳流葉

続きから始める今年の秋遍路              花の首飾り

小雨降る風はつれなく秋遍路              亀田かつおぶし

バス停や背を軽くする秋遍路              菊池洋勝

荷は重く接待軽し秋遍路                  吉野川

ゆるやかに下りつ上りつ遍路道            魚返みりん

人生の再出発は秋遍路                    玉井令子

黙々と歩くお遍路秋の風                  金時豆

黄金の穂波を進む秋遍路                  五十展伝

枯葉踏む音をお供に秋遍路                宏峰

逢魔時(おうまどき)宿に早足秋遍路      高畑しき

御朱印の係り早あし秋遍路                佐川碧

初心者の観光ツアー秋遍路                佐藤壱伍

『コニチハ』に言葉返せず秋遍路          坐花酔月

入日影歩を速めるや秋遍路                三保鶴

玄関に野草のリース秋遍路                山村楓

秋遍路風の田舎路二人連れ                山薔薇

カタコトと中学英語と秋遍路              白髪

スマホから白浪いくど秋遍路              七瀬ゆきこ

銀行もつぶれる時代秋遍路                紗千子

両手には何も持たない秋遍路              春海

一掬(いっきく)の米胸に収めて秋遍路  升屋

二足目にビブラム底や秋遍路              小だいふく

秋遍路石手寺前のアイスクリン            松山のオジサン

すたすたと影長くなり秋遍路              松山冬花

セーターを腰に山路へ秋遍路              上原まり

熊岡の石パン舐めし秋遍路                織部なつめ

大師様学ぶ山坂秋遍路                    森正則

秋遍路自分探しの旅の道                  真帆

石段(せきだん)にへぐぐぐ咽(むせ)び秋遍路     水牛庵乱紛

職を辞し同行二人秋遍路                  水晶文旦

かの人の想い背負いて秋遍路              酔蓮

新旧の標立つ辻秋遍路                    裾野 くみこ

自販機や小銭を持たぬ秋遍路              世良日守

歩くより他にすべ無し秋遍路              勢田清

給油所で道尋ねたる秋遍路                星月さやか

はたと顔あげれば深山秋遍路              正念亭若知古

石ころを蹴りてきた道秋遍路              清水 三雲

きつかけを聴き合ふ札所秋遍路            西原みどり

秋遍路膝の痛みを抱へつつ                西村 棗

秋遍路金剛杖の先のゴム                  西村小市

道半ば悩みは無しや秋遍路                青空幸輪

単線の横道たのし秋遍路                  青田奈央

彩りのまち湯が迎え秋遍路                青梅爽

秋遍路深紅のリュック遠ざかる            石川西道

好きな線香の匂いや秋遍路                節子。

島四国短く回る秋遍路                    戦後生まれZ

負けた日の同行二人秋遍路                泉千尋

太山寺石段登る秋遍路                    双海の夕日

秋遍路野良の子猫も大人びて              蒼川社

秋遍路ここでも我は最後尾                村瀬っち

通学路を一人男の秋遍路                  打楽器

吾(あ)に響く般若心経秋遍路              大薮ハナミズキ

捨犬を撫でて一会(え)の秋遍路          中矢長宗

同窓のやけに明るい秋遍路                忠孝

アスファルト時速4キロ秋遍路            定位置

鈴鳴らし一番さんへ秋遍路                天海すみれ

風もまた同行二人秋遍路                  瞳子

降ろす荷は過去か未来か秋遍路            南側

秋遍路どうぞ風邪など引かぬよう          如月弥生

琴弾の砂絵も見たり秋遍路                姫川ひすい

秋遍路杖の小脇に十夜ヶ橋                媛のペコリーヌ

行き過ぎて海に消えたか秋遍路            文月

秋遍路川縁(かわべり)ちさき板椅子に    房総たまちゃん

あらとふと大師と歩む秋遍路              牧羊

丸き背を追いかけ歩く秋遍路              万里の森

スケッチは炎の色の秋遍路                満嶋ハト

秋遍路笠笠笠に雨の糸                    巳智みちる

満願の灯明近し秋遍路                    夢船

地下足袋の小鉤(こはぜ)緩みぬ秋遍路    木ぼこやしき

返照一身に秋遍路をゆく                  野口雅也

秋遍路峠を越えて万華鏡                  野山ノハナ

空山地川海や見る秋遍路                  野中泰風

疾走す赤きチャリ男秋遍路                野々さと

六十五番まずは地元へ秋遍路              友健

杖に名を書いて覚悟の秋遍路              宥光

夕暮れの土佐路を急ぐ秋遍路              梨西瓜

秋遍路なじみの宿のらくがき帳            里山まさを

二万歩を朝にリセット秋遍路              立葵

そこここにアサギマダラや秋遍路          旅するヨモーくん

マンションをぬっと踏み出す秋遍路        玲石

尽き果てて畳這(は)ふ夜や秋遍路        浪速の蟹造

天命を探す六十路の秋遍路                六甲颪

逆打ちも飛ばしも有りて秋遍路            六手

五千米(メートル)こえて絹雲(けんうん)秋遍路    棗椰子

一日を子らの歩みに秋遍路                岡田まさこ

秋遍路鈴の音色も軽やかに                高橋道代

 

>>放送で紹介された句
>>夏井いつきのアドバイス

 

投稿時間:2021年11月13日 (土) 07:30 | 固定リンク


兼題:秋遍路(あきへんろ)「夏井いつきのアドバイス」


◆夏井いつきから「俳号」についてのお願い
①「似たような俳号」を使う人が増えています。
俳号は「自分の作品をマーキングするための印」でもあります。せめて俳号に名字をつけていただけるとありがたく、共に気持ちよく学ぶための小さな心遣いです。

② 同一人物が「複数の俳号」を使って投句するのは、ご遠慮下さい。
「いろんな俳号でいっぱい出せばどれか紹介されるだろう」という考え方は俳句には馴染みません。丁寧にコツコツと学んでまいりましょう。

 

◆正しい表記とは

秋遍路  紅葉に暮れる  お接待   西りん

秋遍路  先の急ぎて  汽車に乗り とびらだみやび

秋遍路  背後の夕陽  後光さす   霧晴れ子

[解説]
五七五の間を空けないのが正しい表記。

 

 

◆兼題とは

毒隠し我を欺(あざむ)く畦の彼岸   柴 茜   

山頭火も分けて紅葉や徒(かち)で行く   浜松 泉     

[解説]
兼題「秋遍路」とあれば、その季語を詠み込むことが唯一のルール。

 

御詠歌の同行二人雁わたし       どいけず

巡礼を優しく見守る彼岸花       にゃんた

札所ゆくもみじ舞い散る道標     津国智之

もみじちり終番近し老いへんろ   みるく

[解説]
これらは、秋のお遍路のことを詠もうとしているという意図は分かるが、やはり「秋遍路」という季語を入れる必要がある。

 

お遍路の冬の支度を坂本屋       矢沢 常吉

[解説]
「冬支度」という季語がありますので、これもちょっと苦しいか。

 

 

◆季重なり

紅葉が見守っている秋遍路       まさやん

秋遍路見ては涼しさふと感じ     松野のマル

[解説]
複数の季語が入っていても世の中に名句秀句はあるが、それは高度なテクニック。最初は一句一季語からコツコツ練習してみよう。

 

遍路道時計回りに花野ゆく         田村 美帆

遍路道落ちてる葉っぱ踏んづける   北琶子聖弥

秋風もスマホに捕らえ遍路道       満星

穂すすきや歩き遍路を夕陽追う     門田千世香

[解説]
春の季語「遍路」と秋の季語を取り合わせて「秋遍路」を表現するテクニックもあるが、往々にして取り合わせた季語の方が主役になってしまう。やはり「季重なり」は高度な技術だ。

 

 

◆今月の添削

秋遍路あさの雫は白足袋(たび)を  すずさん

[解説]
「あさの雫」は朝露のことだと思う。「露」は秋の季語なので、それを回避するためにこのような表現にしたのでしょうね。とはいえ、そういう意味では「足袋」は冬の季語。さてどうするか、というのが次の推敲ポイント。

【添削例】秋遍路あさを濡れゆく○○○○○

この○○○○○の部分に、足元だと分かるような言葉を入れてみよう。「旅脚絆(きゃはん)」「新草鞋(わらじ)」「古草鞋(わらじ)」「旅の靴」「ズック靴」など。

 

手術日空仰ぎ見て秋遍路    中村のりぴ

[解説]
一句の調べがギクシャクしている。上五を「手術日の」として調べを整えてみると

【添削例】手術日の空仰ぎ見ぬ秋遍路

中七「~仰ぎ見ぬ」と言い切ることで、下五の季語がくっきりしてくる。

 

>>放送で紹介された句
>>秀作・佳作

 

投稿時間:2021年11月13日 (土) 07:30 | 固定リンク


【四国うまいもん巡り】パプリカのツナマヨ温サラダ


放送日:2021年11月6日(土)
パプリカのツナマヨ温サラダ

gyutto_umaimon211106.jpg

<材料>(2人分)

・赤パプリカ…1個
・黄パプリカ…1個
・玉ねぎ…1/4個
・ツナ缶…1個(70g)
・塩…少々
・こしょう…少々
・黒こしょう…適量
・ポン酢…大さじ1
・マヨネーズ…大さじ1

<作り方>

(1)パプリカは5ミリ幅の千切り、玉ねぎは薄くスライスする。
(2)(1)を耐熱容器に移し、ツナ、塩・こしょう、黒こしょう、ポン酢を加える。
(3)(2)にラップをしてレンジで2分加熱。
※玉ねぎの辛みが抜けるのが目安
(4)マヨネーズを入れ、よく混ぜれば出来上がり。
(5)仕上げに、乾燥パセリなどを散らしても〇

 

投稿時間:2021年11月06日 (土) 08:00 | 固定リンク


「文化祭、学祭の思い出は?」お便りお待ちしています!


きょうの「ホッと!四国」は…
MCは森下桂人アナウンサー(高松局)と岡田留美キャスター(松山局)です。

hotshikoku_211105.jpg

①黒潮生物研究所設立20年
②環境に配慮したハンバーガー


お便りテーマは「文化祭、学園祭の思い出は?」

番組へのお便りはホームページからお寄せください。

https://www.nhk.or.jp/matsuyama/hotshikoku/

Twitterからは「#ホッと四国」をつけてつぶやいてください。

※放送予定・内容は特設ニュースなどで変更の場合があります

 

投稿時間:2021年11月05日 (金) 15:00 | 固定リンク


【四国うまいもん巡り】マコモタケのピクルス


放送日:2021年11月30日(土)
マコモタケのピクルス

gyutto_211030.jpg

<材料>

・マコモタケ
・市販のピクルス液
・ローリエ (お好みで)
・鷹の爪  (お好みで)

<作り方>

①マコモタケの薄皮をピーラーで落とし、
  入れる瓶の大きさに合わせて、細長く切る。
②熱湯に焼く40秒ほどくぐらせる。
 (味が染み込みやすくなる)
③水気を切って、瓶に詰める。
④市販のピクルス液を、瓶がいっぱいになるまで入れる。
⑤2〜3日ほど漬けると食べごろに。

 

投稿時間:2021年10月30日 (土) 08:00 | 固定リンク


ZABでザブザブ♪


こんにちは!
高知放送局アナウンサーの小原和樹です。

10月16日(土)の「ギュッと四国・であい旅」では、アニメ映画「竜とそばかすの姫」の舞台になった、高知県越知町を訪ねました。
ゲストの俳優・木内晶子さんにも、仁淀川の美しさを楽しんでいただけたようです!

gyutto_obara211018-1.jpg

番組終了後、木内さん・小野アナにも筋肉ポーズをとってもらいました!

番組で紹介したゴムボート「ZAB(ザブ)」は非常に安定感があり、乗り心地も良くて、
最高の気分を味わうことができました。
このZABを活用した「ヨガ」も計画している、とのことです!
「SUPでヨガ」は聞いたことがありましたが、ZABヨガというのは初耳です。
安定感がありますし、落ちる心配も小さそうですね!実現したら面白そう…。

gyutto_obara211018-2.jpg

旅の途中、沈下橋の上で休憩する小原です。

佐田沈下橋は全長290m!奥行きからその長さがうかがえます。

 

 

投稿時間:2021年10月18日 (月) 20:02 | 固定リンク


秋、見つけました


キャスターの小野文明です。

10月16日(土)の「ギュッと!四国」では、ゲストの木内晶子さんに四国霊場八十八番札所・大窪寺の紅葉の写真を紹介していただきました。

依然として外出しづらい状況は続いていますが、写真のおかげで季節を感じられました。

gyutto_ono211018-1.jpg

 

それに便乗して、というわけではないですが、

僕も最近「秋」を感じることがありました。

gyutto_ono211018-2.jpg

西日本の最高峰・石鎚山です!初めて登りました。
まだ葉が緑の部分も多いですが、ところどころ赤くなっています(撮影は10月10日)。
想像していたより道のりが長くてくたびれましたが、頂上の景色の爽快感は格別でした。

実は、松山放送局のアナウンサーの間では登山ブーム?がにわかに起きていまして…。
趣味が登山の伊藤アナを筆頭に、小見アナ、永井アナ、酒井アナ、中澤アナ、山口アナから「俺、最近石鎚山登ったんだよね」という話を聞かされ、「僕も行ってみようかな」と先輩たちに完全に影響されて初登山へ、という次第です(笑)
そのうち、先輩たちのブログで「登山ネタ」が出てくるかも…? 

 

投稿時間:2021年10月18日 (月) 19:55 | 固定リンク


ページの一番上へ▲