3月1日(月)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さんとお送りしている「ラジオ句会」。

今回のテーマは「梅」でした。春の訪れを感じさせてくれる花ですね。

みなさん様々な視点から、存在感のある梅の句を送ってくださいました!

madonna_210301.jpg

■今日の紗希さんの一句

 

信じるというは待つこと夜の梅    紗希

 

仕事に出かけた神野さんの帰りを待っていた5歳の息子さんが書いた手紙をもとに詠んだ一句だそうです。親子の深い絆と愛情が伝わってくる温かい俳句です。

夜の梅の香りとともに、神野さんと息子さんの大切な思い出になるでしょうね。

 

それでは、今回の特選句と、神野さんが選んだ最も良かった俳句はこちらです。

(その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。)

>放送で紹介した俳句

 

■特選句

 

制服の採寸の窓梅の花       西原みどり(愛媛県新居浜市)

尼寺は山を従え梅白し       ゆみこ(神奈川県川崎市)

溌剌とした老いなんてあるか梅   更待月(神奈川県藤沢市)

梅が香や鵯越に今日の風      近江菫花(滋賀県大津市)

外海はまだ蒼き色梅ふふむ      砂山恵子(愛媛県西条市)

 

■最も良かった一句

 

軽トラへ寝転べば梅香る空     山海和紀(和歌山県)

 

この梅は、梅干し用の梅でしょうか?

軽トラの荷台に寝転んで青空を見上げ、梅の香りに包まれたらとても気持ちがいいでしょうね。そんな幸せな気分をお裾分けしていただいたような気がします。

 

今回もたくさんの俳句をお寄せいただきありがとうございました。

次回の「ラジオ句会」は4月5日(月)の予定です。

募集する俳句のテーマは「囀(さえずり)」。投稿の締め切りは4月1日(木)です。

投稿お待ちしています!

 

>俳句の投稿はこちら

投稿時間:2021年03月02日 (火) 15時30分


ページの一番上へ▲