2月3日(月)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さんと、伊予市のイタリア料理店店主、宮川圭輔さんを迎えてお送りしました。

madonna_200203-1.jpg

この日は「節分」ということで、スタジオのどーもくんも節分スタイルに!

madonna_200203-2.jpg

神野さんの「ラジオ句会」も「節分」をテーマにお送りしました。

宮川さんには、食卓に欠かせない野菜のひとつ、にんじんの様々な料理法を教えて頂きました。
お肉と一緒にオーブンでじっくり焼いて主役の一品にしたり、サラダやスープ、ケーキに入れたり、色んな食べ方がありましたね。
愛媛の特産品、柑橘との相性も良いということで、そのままいっしょにサラダにしても、柑橘ジュースでにんじんとお肉の煮込み料理にしても美味しいそうです。
ぜひ試してみて下さい♪

それでは今回の特選句と神野さんが選んだ最も良かった一句を紹介します。
(その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。)

>>放送で紹介した句

■特選句

鬼は外福は内わたしはどこへ     しーちゃん(埼玉県さいたま市)

節分の豆銭湯の脱衣所に       伊藤順女(千葉県船橋市)

節分やマークシートの消しにくき   南方 日午(東京都)

なんにでも頭突きする節分の山羊   抹茶金魚

節分の空よりぱらり天気雨      国代鶏侍(兵庫県川西市)

■最も良かった一句

鬼やらい辻に涙のごとく星       大場 佳代(愛媛県西予市宇和町)

今回もたくさんの投稿を頂きありがとうございました。
次回の「ラジオ句会」は、3月2日(月)放送の予定です。
皆さんから募集する俳句のテーマは「たんぽぽ」です。
投稿お待ちしています!

投稿時間:2020年02月05日 (水) 15時52分


ページの一番上へ▲