12月12日(木)放送後


「まどんな映画館」のコーナーは、「Shall we ダンス?」「それでも僕はやっていない」など数々のヒット作を手掛けてきた周防正行監督のインタビューをお送りしました。

madonna_191212_1.jpg

およそ5年ぶりの新作となる映画「カツベン」について、愛媛を訪れた周防監督にじっくりお話を聞かせて頂きました。

madonna_191212_2.jpg

日本独自の映画文化である「カツベン(活動弁士)」に注目した作品で、当時の映画がどのようなものだったのかを知ることが出来るのはもちろん、笑いあり、アクションありのストーリーもとても見応えがありました。
愛媛の内子町には、活動弁士が活躍した時代の映画館「旭館」が、国の有形文化財として保存されています。
また、周防監督も言っていましたが、愛媛は映画監督の伊丹万作さんの故郷であり、息子で同じく映画監督の伊丹十三さんの記念館が松山市にあります。
こうした愛媛の映画ゆかりの場所にもぜひ注目してみて下さい!

後半のゲストは、日本FP協会愛媛支部、副支部長の柳原通賀さんでした。

madonna_191212_3.jpg

ファイナンシャルプランナーで、シンガーソングライターとしても活躍している柳原さん。
難しいお金のお話を分かりやすく解説して下さいました。

老後の資金の備えや、生命保険の見直しなど、自分の生活に合わせて考えることが大切ですね。
年末年始のお休みを利用してマネープランの見直しをしてみてはいかがですか?

投稿時間:2019年12月17日 (火) 15時46分


ページの一番上へ▲