7月22日(月)放送後


松山市出身の俳人・神野紗希さんと、道後の老舗旅館で和食料理長を務める久保田昌司さんを迎えてお送りしました。

madonna_190722-1.jpg

今回のラジオ句会のテーマは「向日葵(ひまわり)」でした。
梅雨空が続いているので太陽が恋しいところ。
皆さんの向日葵の俳句を通して、眩しい夏の日差しを感じたような気分になりました。

それでは今回の特選句と、神野さんが選んだ最も良かった一句をご紹介します!

>>その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。

■特選句

ひまわりや溶岩凝る堰止湖       伊予吟会 宵嵐(愛媛県松山市)
向日葵や金メダリストは一人だけ     砂山恵子(愛媛県西条市)
テーブルに向日葵のある夜青し     アレックス(東京都)
パラグライダー大向日葵を蹴飛ばして  椋本望生(大阪府堺市)
向日葵のなんて馬鹿正直な茎      のんしゃらん(東京都青梅)

■最も良かった一句

枯れるまで向日葵でいる矜持かな    糸篠エリー(神奈川県藤沢市)

皆さん、今回もたくさんの投稿ありがとうございました!
次回のラジオ句会は8月19日(月)にお送りする予定です。次回は俳句甲子園スペシャル!時間をいつもより拡大して50分まるごと「ラジオ句会」をお送りしようと思っています♪
皆さんから募集するのは、俳句甲子園の兼題にもなっている「夏の月」「冷蔵庫」「毛虫」を詠んだ俳句です。どの兼題で詠んで頂いてもOKです。ぜひお気軽にお寄せ下さい。

そして「まどんなゴハン」のコーナーでは、久保田さんに「うなぎのちらしずし」の作り方を教えて頂きました。

madonna_190722_recipe.jpg
すし飯は暑い季節にぴったりの酸味が効いた味付け。うなぎのかば焼きにひと手間加えて、こんな風に味わうのもいいですよね。とってもおいしかったです~!
レシピはこちらからご覧ください。

>>レシピはこちら

投稿時間:2019年07月23日 (火) 14時09分


ページの一番上へ▲