岡田留美: 2021年7月26日

7月20日(火)放送後


鉄道写真家の「どつぼさん」こと坪内政美さんと「鉄道見聞録スペシャル」をお送りしました。

メールやTwitterでたくさんのメッセージをいただきありがとうございました!

madonna_210720.jpg

どつぼさんと四国の“名車両”を訪ねた今回の企画ですが、鉄道ファンとして知られる宇和島支局の山下文子記者の提案で実現しました。

madonna_210720-1.jpg

この企画は、先日「ひめポン!」でも放送。

「ひめポン!」のホームページに動画がアップされていますのでぜひご覧下さい。

>>動画はこちら

(※9月中旬まで見られます。)

madonna_210720-2.jpg

また、山下記者が書いた鉄道に関する特集記事などを、松山放送局のWEBサイト「愛媛インサイト」で読むことができます。香川にやってきたブルートレインの話題では、どつぼさんと山下記者の対談の様子が音声で紹介されています。

>>愛媛インサイト「ようこそ四国へ!海を渡ったブルートレイン」はこちら

 

そして、今回の「鉄道見聞録スペシャル」には、JR四国の社員で、車両のデザインを手掛けている松岡哲也さんにも電話で出演していただきました。

madonna_210720-3.jpg

来年車両が新しくなる観光列車「伊予灘ものがたり」について、新車両のデザインに込めた松岡さんの思いをじっくりうかがいました。

 

新車両は3両編成で、なんと個室のようなスペースも考えているのだとか・・・!

 

ただ、まず一番に、多くの人に愛されている今のデザインを大事にし、それを受け継いだものにしたいという松岡さん。

初めてデザインを担当した観光列車である「伊予灘ものがたり」と、様々な形で列車の運行を支えてきた皆さん、列車を愛する皆さんへの特別な思いが伝わってきました。

madonna_210720-4.jpg

今の車両は、ことし12月27日がラストランです。

その姿をしっかりと見届けたいですね。

 

次回の「鉄道見聞録」は9月上旬放送の予定です。

決まり次第、ラジオまどんなのホームページでお伝えします。次回もお楽しみに!

 

投稿時間:2021年07月26日 (月) 18:15 | 固定リンク


7月19日(月)放送後


モザンビークの支援をはじめ、愛媛を拠点に長年にわたって国際協力の活動を行っているNPO法人「えひめグローバルネットワーク」代表、竹内よし子さんをゲスト迎えてお送りしました。

madonna_210719.jpg 

東京オリンピックが開幕しましたね。

今回は「ホストタウン相手国を応援しよう!」と題して、愛媛県の自治体がホストタウンになっている国や地域のひとつで竹内さんが支援を続けているモザンビークの代表選手たちについて紹介していただきました。

 

先日、県内の小中学校で、モザンビークの選手たちを応援しようという交流会が開かれました。児童生徒たちが、モザンビークの公用語であるポルトガル語で応援のメッセージを送るなどして交流を深めたそうです。

 

新型コロナウイルスの影響で、オリンピック選手団の愛媛合宿は中止となりましたが、モザンビークへの理解を深め、国際協力に関心を持ついい機会になったようでしたね。

 

開会式でモザンビーク選手団の皆さんの姿を見て、愛媛からエールを送った人も多かったのではないでしょうか?

 

投稿時間:2021年07月26日 (月) 18:05 | 固定リンク


ページの一番上へ▲