岡田留美: 2021年7月19日

7月20日(火)は「鉄道見聞録スペシャル」


明日のラジオまどんなは「鉄道見聞録スペシャル」。

鉄道写真家のどつぼさんこと坪内政美さんと、四国の“名車両”を訪ねてきました。

 

香川県にあるJR四国の多度津工場で見せていただいたのは、2000系の試作車両「TSE」です。
「Trans Shikoku Experimental」、略して「TSE」。
madonna_210719-1.jpg
「四国を駆け巡る試作車」という意味で、この車両には鉄道の高速化を実現するためのスゴイ技術が使われています。

 

多度津工場の皆さんのご協力のもと、その技術を間近で見せていただきました。
madonna_210719-2.jpg

TSEのエンジンスタートの音も収録してきましたので、“音鉄”の皆さんお聞き逃しなく!

 

続いての“名車両”は宇和島運転区にありました。
madonna_210719-4.jpg

こちら、車両の上に四角いライトが付いているデザインが特徴の「185系」です。

 madonna_210719-3.jpg

主に特急列車として活躍していますが、四国を走る観光列車にも使われていて、来年新しくなる「伊予灘ものがたり」の車両も「185系」を改造したものになることが決まっています。

 

なぜ「185系」は観光列車に向いているのか・・・?

その理由を詳しくご紹介するほか、気になる「伊予灘ものがたり」の新しい車両について、JR四国の社員で車両デザインを手掛ける松岡哲也さんに電話をつないでお話を聞く予定です。
madonna_210719-5.jpg

 

「鉄道見聞録スペシャル」、どうぞお楽しみに!

投稿時間:2021年07月19日 (月) 17:55 | 固定リンク


ページの一番上へ▲