岡田留美

10月19日(火)放送後


愛媛県立衛生環境研究所、生物多様性センター、主任研究員の村上裕さんに、「特定外来生物」による被害を防ぐための取り組みについてお話をうかがいました。

 madonna_211019.jpg

「特定外来生物」とは、海外から持ち込まれて、日本の生態系や人の暮らしに悪影響を与える生き物のことです。

 

今治市の伯方島では、特定外来生物のカミツキガメが確認されていて、2018年に複数の個体が捕獲され、繁殖の可能性が高まっていることから、生物多様性センターでは捕獲調査を続けています。

 

もともとペットとして人気だったカミツキガメ。

持て余して外に逃がしてしまう人がいたために特定外来生物に指定され、今ではペットとして飼育できなくなりました。

 

生き物を愛する村上さんの「こうした悲劇を生まないために、よく考えてからペットを飼うようにしてほしい」という言葉を忘れないでほしいと思います。

投稿時間:2021年10月21日 (木) 20:22 | 固定リンク


10月18日(月)放送後


前半のゲストは、ジャパン・フィルムコミッション理事長の泉谷昇さんでした。

 madonna_211018-1.jpg

今回は、「わが町をアニメの舞台に」という、フィルムコミッションの取り組みについてお話をうかがいました。

最近だと、高知が物語の舞台のアニメ映画「竜とそばかすの姫」が話題になっていますね。

作品の中に登場した景色をひと目見ようと、多くの方が高知を訪れています。

こうした地域活性化を期待して、フィルムコミッションではこれまで以上にアニメ作品の誘致に力を入れているんです。

 

愛媛が舞台のアニメ作品、ぜひ見てみたいですね。

 

後半は、フットケアセラピストで、松山市内にフットケアサロンを開いている小野めぐみさんにお話をうかがいました。

 madonna_211018-2.jpg

フットケアは、単なる足のマッサージではなく、爪切りや角質のケア、靴選びなど、足に関わることはすべて含まれるんだそうです。

また、介護予防にもつながるということで、足の健康の大切さを教えていただきました。

 

これからの季節は、足の乾燥を防ぐために、保湿が大事だということです。

お風呂上りにクリームなどでしっかり保湿するようにしたいですね。

 

投稿時間:2021年10月21日 (木) 20:18 | 固定リンク


10月14日(木)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さんとお送りしました!

 madonna_211014.jpg

1日の気温差が大きいこの時期に起こりやすい体の不調「寒暖差疲労」。

宇佐さんによると、大きな気温の変化に体がついていけていない状態なんだそうです。

皆さん、このところ体調はいかがですか?

 

今回は「寒暖差疲労」を感じた時にぴったりの食材を宇佐さんに紹介していただきました。

その食材とは「里芋」です。

 

里芋には腸内環境を整えてくれる成分が含まれていて、腸を元気にすることが、自律神経を整えることにもつながるんだそうです。

 

宇佐さんが教えてくれたレシピは、体があたたまる「里芋と長ねぎの味噌グラタン」です。

ぜひ皆さんも作ってみて下さいね。

 

レシピはこちらからご覧下さい。

>里芋の皮を簡単にむく方法と里芋のあったかレシピ

投稿時間:2021年10月20日 (水) 12:12 | 固定リンク


10月13日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

 madonna_211013.jpg

今回は今が旬の果物、梨(なし)について。

梨を使った焼肉のタレのレシピを教えていただきました!

焼うどんや焼きそば、チャーハンの味付けなどにも使える万能ダレなんだそうです。

レシピはこちらからご覧下さい。

>梨の焼き肉のタレ/しょうゆめし

 

そして、面河特産品開発センターの高山由紀子さんに、久万高原町の面河地域の魅力を知ってもらおうとことしの夏から始まったガイド付きの自転車ツアーについて紹介していただきました。

 

高山さんもこのツアーのガイドのおひとり。

地元の人だからこそ知る素敵なスポットに案内してくれるんだそうです。

スポーツ型電動アシスト付き自転車EーBIKE(イーバイク)も用意されているので、体力に自信のない方でも安心です。

 

これから紅葉も楽しめる時期。自転車で巡ると最高の気分が味わえそうですね。

投稿時間:2021年10月14日 (木) 16:02 | 固定リンク


10月12日(火)放送後


今回は、松前町のグルメや観光スポットなどの動画を配信している「松前TV」についてたっぷりご紹介しました!

 madonna_211012.jpg

スタジオには、松前TVディレクターの東良二さんにお越しいただき、松前TVでリポーターを務めるダンスボーカルユニット「RYMERY(リメリー)」のcono.さん、TiNAさん、Miiiyonさんにも電話で出演して頂きました。

 

東さんとRYMERYの皆さんの楽しいトークであっという間の時間でしたね。

松前町のグルメ、歴史、住みやすさなど、様々な魅力を教えていただきました。

 

私は、松前TVの動画でRYMERYの皆さんが料理に挑戦していた「作兵衛らーめん」が気になっています!去年誕生した新しいグルメで、松前町特産のはだか麦を使っているのでモチモチ食感が楽しめるそうです。

ぜひ皆さんも「松前TV」の色んな動画をチェックしてみて下さいね。

 

また、放送でRYMERYの皆さんの曲を2曲ご紹介しましたが、RYMERYは歌だけでなくダンスも魅力的なんです。ぜひその活躍にもご注目ください・・・!

 

 

投稿時間:2021年10月14日 (木) 15:58 | 固定リンク


10月11日(月)放送後


今治市の伯方島を盛り上げようと活動しているNPO法人「創作クラブGrian」代表の田窪良子さん、整理収納アドバイザーの篠原さい子とお送りしました。

 madonna_211011.jpg

地域活性化、地域づくり、障害福祉の3つの視点から、様々な活動を行っている田窪さん。

伯方島は私の故郷でもありますが、こうした素晴らしい取り組みが進んでいることをとても嬉しく思いました。今度実家に帰った時は、田窪さんが紹介して下さった場所をゆっくり巡ってみたいです。

 

そして、篠原さんには、衣替えの時に見直してもらいたい「衣類の片付け」のポイントを教えていただきました。

クローゼットはいっぱいなのになぜ着たい服がないのか、篠原さんの説明でよく分かりましたね。服を買う時は、必ず試着をして、手持ちの服と合うか、お手入れは難しくないかなどもチェックすることが大事ですね。

 

また年末の大掃除に向けて、油汚れは気温が高い今のうちに!というアドバイスもいただきました。

ぜひ参考になさって下さいね。

投稿時間:2021年10月14日 (木) 15:54 | 固定リンク


10月7日(木)放送後


松山市の音楽プロモーター、門屋奈緒さんと「まどんなSONGS」のコーナーをお送りしました。

 madonna_211007.jpg

10月1日は「国際コーヒーの日」ということで、今回は門屋さんにコーヒーソングを選曲していただきました!

放送で紹介した曲はこちらです。

 

【1】伊集加代子 「♪めざめ」

【2】THE ALFEE 「♪うつろな瞳」

【3】クレイジーケンバンド 「♪珈琲ブーガルー」

【4】Official髭男dism 「♪コーヒーとシロップ」

【5】スティーヴィー・ワンダー 「♪To Feel The Fire」

【6】井上陽水「♪コーヒールンバ」

 

今回も門屋さんらしい素敵な選曲でした!

この秋、ぜひコーヒーを飲みながら楽しんでくださいね。

 

 

投稿時間:2021年10月13日 (水) 15:32 | 固定リンク


10月6日(水)放送後


フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんとお送りしました。

 madonona_21106-1.jpg

今回は、今治市で栽培されているフランス原産の珍しい「黒イチジク」について、やのさんが生産者の高須志郎さんの畑を訪ねて取材してきてくれました!

 madonona_21106-2.jpg

こちらが黒イチジクの生産者の高須さんです。

退職後、人と違うものを作ってみようと、以前、フランスを訪れた際に市場で見つけ、いつか作ってみたいと思っていた黒イチジクの栽培に挑戦したんだそうです。

素敵なエピソードですよね。

 madonona_21106-3.jpg

こちらがその黒イチジクです。

私も食べたことがあるのですが、甘くて実がしっかりしていて、そのまま食べるのはもちろん、サラダなどに入れて食べるのにもぴったりだと感じました!

 

そこで、やのさんが黒イチジクを使ったおしゃれなサラダと、チーズケーキのレシピを教えてくれました。

ぜひ皆さんも作ってみて下さいね。

レシピはこちらからご覧下さい。

>黒いちじくとカマンベールチーズのサラダ/黒いちじくのバスクチーズケーキ

 

高須さんの黒イチジクは、今治市の産直市やスーパーなどで販売されています。

 

投稿時間:2021年10月12日 (火) 14:21 | 固定リンク


10月5日(火)放送後


松山市で本屋を主宰している越智政尚さんとお送りしました。

 madonna_211005-1.jpg

今回のテーマは、食欲の秋に読んで欲しい「おいしい本」でした。

放送でご紹介した本はこちらです。

 madonna_211005-2.jpg

「Neverland Diner 二度と行けない松山のあの店で」

「コーヒーと短編」

「はたらく 中華料理店」

「恥ずかしい料理」

 

「Neverland Diner 二度と行けない松山のあの店で」は、越智さんが執筆&編集を手掛けたZINE(ジン)です。(ZINEとは、個人やグループが自由な方法、テーマで制作した冊子のこと。)

閉店してしまって今は行くことができない松山の8つの店について、8人がつづったエッセーです。松山だけでなく、全国各地で同じシリーズの本が出版されています。

皆さんにもそんな思い出の店があるのではないでしょうか?

 

どの本も越智さんならではの素敵なセレクトでした。

食欲の秋、読書の秋。

ぜひ「おいしい本」を読んで両方とも楽しんでくださいね。

投稿時間:2021年10月07日 (木) 15:26 | 固定リンク


10月4日(月)放送後


松山市出身の俳人、神野紗希さんとお送りしている「ラジオ句会」。

今回のテーマは秋の季語「蔦」でした。

 

蔦といえば、神野さんの代表作を思い浮かべた方も多かったですね。

 

■今日の紗希さんの一句

 

寂しいと言い私を蔦にせよ     紗希

 

この句は、神野さんが17歳の高校生の時に詠んだものです。

初案は「蔦」ではなく「蝶」だったのだとか。

蔦を見るたびに思い出し、ドキッとさせられる一句です。

高校生でこの句を詠んだ神野さんの感性に驚きます・・・!

 

それでは、今回の特選句と、神野さんが選んだ最も良かった俳句をご紹介します。

その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。

>放送で紹介した句

 

■特選句

 

潮風や廃墟公社の蔦かづら       みなと(北海道旭川市)

蔦の葉や踏切横の写真館        迫久鯨(東京都世田谷区)

壁の蔦見つむる君の髪長し       山川腎茶(三重県伊勢市)

照らしてはいけない真夜の蔦かずら   西原みどり(愛媛県新居浜市)

戦争を知らないわたし蔦紅葉      藤雪陽(長野県小諸市)

 

■最も良かった一句

 

蔦赫(あか)し王女は恋を貫けり    葦たかし(兵庫県神戸市)

 

「赫」という字は「赤々と燃えるように輝く」という意味を持つんですね。

とてもドラマチックで魅力的な一句でした。

 

今回もたくさんの投稿をお寄せいただきありがとうございました。

「ラジオ句会」、次回は11月1日(月)の予定です。

皆さんから募集する俳句のテーマは「柿」。

次回も投稿お待ちしています!

>投句はこちらから 

後半は「まどんなゴハン」のコーナー、道後の老舗旅館の和食料理長、久保田昌司さんをゲストに迎えてお送りしました。

 madonna_211004.jpg

今回は「焼き魚」のコツと、旬の魚と木の実で作る「秋の味覚焼き」のレシピを教えていただきました。

秋の味覚をたっぷり味わえる一品で、簡単なのに上品で深みのあるプロの味に驚きます!

ぜひ作ってみてくださいね。レシピはこちらからご覧ください。

>秋の味覚焼き レシピはこちら

 

 

投稿時間:2021年10月06日 (水) 16:40 | 固定リンク


ページの一番上へ▲