アナウンサー・キャスターブログ

6月15日(火)放送後


西日本豪雨で流されたみかんの木を使って楽器を作っている、宇和島市吉田町の柑橘農家、奥谷篤巳さんを迎えてお送りしました。

madonna_210615.jpg

こちらがみかんの木で作ったエレキギターです。

よく見るとボディには流された時の汚れが残っています。

madonna_210615-1.jpg

スタジオで少し演奏も披露していただきました。いい音でしたね~!

madonna_210615-2.jpg

この楽器をきっかけに宇和島市吉田町の柑橘に興味を持ってほしいと、奥谷さんは、地元の仲間と結成したバンドで演奏も披露しています。

 

バンドの名前は「奥南のコトバンド」。動画投稿サイトで、みかんの木の楽器を使った演奏の様子を見ることができます。奥谷さん作詞作曲のオリジナルソングもとても素敵なので、ぜひチェックしてみて下さい!

投稿時間:2021年06月17日 (木) 16:30 | 固定リンク


6月14日(月)放送後


四国中央市で活動するボランティアバンド「ディア・フレンズ」の代表、岩村由香里さんをゲストに迎えてお送りしました。

madonna_210614.jpg

岩村さんたちは、新型コロナウイルスをめぐる差別や誹謗中傷を無くそうと呼びかける「シトラスリボン運動」にちなんだ曲を作り、今、話題になっています。

 

「結び」という曲で、岩村さんが作詞しました。

苦しい状況に立たされた時、何かに悩んでいる時に寄り添ってくれる前向きな歌詞と、包み込んでくれるような優しいメロディーがとても魅力的な曲です。

 

ことし12月には、「ディア・フレンズ」の「結び」と、書道ガールズ、手話サークルの皆さんがコラボするイベントも予定されているということです。

「結び」を通して、岩村さんたちの思いに共感する人が増えていくといいなと思います。

投稿時間:2021年06月17日 (木) 16:25 | 固定リンク


6月10日(木)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さん、立花彩ディレクターとお伝えしました。

 madonna_210610.jpg

宇佐さんに、今が旬のにんにくを使った万能調味料の作り方を教えていただきました。

色んな使い方ができてとっても便利・・・!

にんにくの香りが加わると料理がさらにおいしくなりますよね。

レシピはこちらからご覧ください。

>にんにくを使った万能調味料とおすすめのレシピ

 

栄養も豊富なにんにくですが、食べ過ぎると胃腸の粘膜を傷つけることもあるそうなので注意が必要だということです。

 

そして、どつぼさんの「鉄道見聞録」担当でおなじみの立花ディレクターが、今回は宇和島のマラソンについて取材しました。

 

ことし2月の「びわ湖毎日マラソン」で、宇和島出身の鈴木健吾選手が日本新記録をマークして盛り上がりましたが、宇和島が日本のマラソン発祥の地かもしれないという記録が残っているんだそうです。

 

「健歩(けんぽ)」という江戸時代に行われた催しで、走る距離や仕組みなど、現代のマラソン大会と共通点がとても多いことに驚きました。

 

今後、「マラソンの町」として宇和島が盛り上がっていくかもしれないと期待が高まるリポートでした。

投稿時間:2021年06月15日 (火) 12:30 | 固定リンク


6月9日(水)放送後


「ラジオまどんな」、600回目の放送でした!

たくさんのお祝いメッセージどうもありがとうございました。

 

放送後、みんなで記念撮影しました♪

ゲストは「ラジオまどんな」が始まった当初からご出演いただいている、フードトレンドクリエーターで農学博士のやのくにこさんでした。

madonna_210609.jpg

 

やのさんに、お祝いの日にぴったりの果物、メロンのデザートを教えていただきました!

レシピはこちらからご覧ください。

 >メロンの牛乳寒天

 

いつも応援してくださるリスナーのみなさん、番組を盛り上げてくれるゲストのみなさん、素敵なスタッフたちといっしょに600回を迎えることができて幸せです・・・!

今後も「ラジオまどんな」をどうぞよろしくお願いいたします。

 

投稿時間:2021年06月11日 (金) 19:57 | 固定リンク


6月8日(火)放送後


松山防災リーダー育成センターの中尾順子さんを迎えてお送りしました。

madonna_210608.jpg

 

コロナ禍でも継続した防災教育ができるように、松山防災リーダー育成センターでは、新たに防災教育をサポートする動画を制作したそうです。

 

土砂災害、洪水災害、大雨が降るメカニズム、災害用伝言ダイヤル、防災街歩きとマップ作りのポイントなど、様々なテーマが取り上げられていて、動画を見ながら防災について学ぶことができます。

 

動画でも紹介されている、気象情報を防災に役立てるポイントや、避難のタイミングについて考える「マイタイムライン」の作成方法について、中尾さんに詳しく教えていただきました。

 

まずはハザードマップでリスクを調べて、状況に応じた避難先、避難ルート、避難所に持って行くもの、避難のタイミングなど、ぜひこの機会に家族でいっしょに考えてみてくださいね。

 

投稿時間:2021年06月11日 (金) 19:32 | 固定リンク


6月7日(月)放送後


「まどんなゴハン」のコーナーは、道後の老舗旅館の和食料理長、久保田昌司さんとお送りしました。

madonna_210607.jpg

今回の食材は、愛媛が生産量日本一を誇る「はだか麦」でした!

麦みそや麦茶、焼酎などに加工されていますが、普段の食卓でもはだか麦を使ってみませんか?

 

久保田さんに「なすのはだか麦あんかけ」の作り方を教えていただきました。

はだか麦は栄養も豊富で、プチプチとした食感が料理のアクセントになります。

旬のなすをよりおいしく頂けるおすすめの一品です・・・!

レシピはこちらからご覧ください。

ちなみに、ゆでて水洗いしたはだか麦をサラダに混ぜてもおいしいそうです♪

>>「なすのはだか麦あんかけ」 のレシピはこちら

 

松山市出身の俳人、神野紗希さんとお送りしている「ラジオ句会」は、「紫陽花(あじさい)」をテーマにお送りしました。

 

紫陽花の名所が詠まれた俳句が様々な地域の皆さんから届いていて、旅気分を味わうことが出来ました。「あじさい寺」と呼ばれているところも、各地にあるんですね~!

自由に旅行できるようになったらぜひ訪れてみたいです。

 

■今日の紗希さんの一句

 

おさなごよ紫陽花はいま海の青     紗希

 

お子さんがまだ小さい頃、ちょうどベビーカーの高さに紫陽花が咲いていて、その青さが幼いわが子の目にどう映っているのかと、ふと思ったんだそうです。

「これは海の青だよ」と語りかける神野さんの優しい眼差しが見えてくるようです。

紫陽花は日常に溶け込む身近な花でもありますよね。

 

それでは、今回の特選句と、神野さんが選んだ最も良かった俳句はこちらです。

(その他の放送で紹介した俳句はこちらからご覧いただけます。)

>放送で紹介した俳句

 

■特選句

紫陽花やインターホンの顔近し      板柿せっか(岐阜県本巣市)

あじさいに園児帽のせたのだあれ     東京堕天使(千葉県香取市)

紫陽花やスライドへ字の浮かびくる    南方日午(東京都)

一枝(ひとえだ)のあぢさゐ初恋の重さ  藤雪陽(長野県)

あぢさゐをざはざはと擦るサイドミラー  いかちゃん(神奈川県横浜市)

 

■最も良かった一句

 

紫陽花やもんじゃへ小さき銀のへら     おきいふ

 

下町の景色がパッと広がる素敵な俳句です。

梅雨の湿度や、もんじゃ屋さんの香りや熱気も伝わってきそうです。

 

今回もたくさんの投稿をいただき、ありがとうございました。

次回の「ラジオ句会」は7月1日(木)の予定です。

募集する俳句のテーマは「汗」。締め切りは6月28日(月)です。

次回も投稿お待ちしています!

 

>俳句の投稿はこちら

投稿時間:2021年06月09日 (水) 13:00 | 固定リンク


今回は"変革者"たち!


前回の「四国らしんばん」は、

「悪いのは感染者じゃない ハンセン病元患者・家族からのメッセージ」でした。

caster_nagai_thankyou.jpg

弁護士の神谷誠人さん、東北学院大学准教授の黒坂愛衣さん、ありがとうございました!

 

今回は、四国が元気になるヒント、お届けします。

3人の若きリーダーたちが、スタジオに登場するんです!

caster_nagai_henkakusha.jpg

等身大のパネルでですが…笑

caster_nagai_yoko.jpg

それぞれ、印象的な“言葉”がありました、

その言葉から、コロナ禍という逆境を、

どのように跳ね返そうとしているのか、見ていきます!

 

ぜひ、明日4日(金)の「四国らしんばん」ご覧ください!

https://www4.nhk.or.jp/P3734/

caster_nagai_3s.jpg

「スタジオで、3人のパネルにどのように囲まれるのかが楽しみです」

投稿時間:2021年06月03日 (木) 10:39 | 固定リンク


6月1日(火)放送後


前半は「ほんバナ!」のコーナー。

松山市で本屋を主宰している越智政尚さんとお送りしました。

madonna_210601.jpg

今回のテーマは「本屋さんが書いた本」でした。

みなさんはどの本が気になりましたか?

madonna_210601-1.jpg

「ぼくにはこれしかなかった」や「本屋、はじめました」は、本が大好きな著者が本屋さんを開くまでのエピソードがドキュメンタリーのようにつづられているそうです。

生き方に悩んでいる人の参考にもなる1冊です。

 

後半は、セレクトショップバイヤーの末次勇太さんに、梅雨の時期や夏に向けておすすめのコーディネートを紹介して頂きました。

madonna_210601-2.jpg

梅雨時期におすすめのアイテムは薄手のナイロンジャケット。

気温の変化に対応できるのはもちろん、撥水加工されたものもあるので雨対策にもぴったりです。

 

また、この夏、メンズのトレンドのひとつがモノトーンだそうで、そこにトレンドカラーをプラスするとより今年らしくおしゃれに見えるとのことでした。

レディースはリネン素材のセットアップをご紹介しました。引き続きトレンドのセットアップ。夏らしい素材で、おうちで洗濯できるというのがポイントです。

madonna_210601-3.jpg

この日の末次さんのコーディネートがこちら。

ブラウン×ブラックでシンプルにまとめられていますが、シャツの柄は2種類のストライプをさり気なく組み合わせてあって個性的。色や柄の使い方が参考になります・・・!

 

投稿時間:2021年06月02日 (水) 15:55 | 固定リンク


5月31日(月)放送後


NPO法人えひめグローバルネットワークの竹内よし子さんを迎えてお送りしました。

madonna_210531.jpg

竹内さんといえば、アフリカ・モザンビークをはじめとした国際協力の活動のイメージですが、「ローカルSDGs四国」という新たに発足した組織の活動にも関わっています。

 

SDGsとは、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のこと。

「貧困をなくそう」「質の高い教育をみんなに」「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」など、全世界で取り組むべき17の目標が掲げられています。

 

「ローカルSDGs四国」では、四国でSDGsに取り組む行政や団体などをつなぎ、四国ならではの活動を進め、その輪を広げていこうと取り組んでいます。

 

私たちひとりひとりに何ができるのかも竹内さんに教えていただきましたが、「ごみを減らす」「クリーンな電力を選ぶ」など、日常の中ですぐに取り組めることがたくさんありました。

「一人の100歩より、100人の一歩が大事」という竹内さんの言葉がとても印象的でした。

投稿時間:2021年06月01日 (火) 10:05 | 固定リンク


5月27日(木)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さんとお送りしました。

madonna_210527.jpg

ハウス栽培の新しょうがが出回る時期ということで、新しょうがを使ったシロップの作り方を教えていただきました。

madonna_210527-1.jpg

温かい飲み物にも、冷たい飲み物にも活用できるだけでなく、これからの時期は、熱中症対策として、お好みの濃さに割ったもの1リットルに対してひとつまみ(2~3g程度)の塩を加えると自家製スポーツドリンクを作ることもできるということです。

 

とても万能なしょうがシロップ!レシピはこちらからご覧下さい。

>> 新しょうがシロップの作り方とアレンジレシピはこちら

投稿時間:2021年05月31日 (月) 16:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲