安達副局長の坊っちゃんブログ

NHK松山放送局・放送会館をみなさんに公開しています


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

今月16日に結成10周年を迎えたSexy Zone
それぞれのメンバーは次の10年に向け、精力的に活動しています。そんななか、来月12月27日に佐藤勝利くんがMCをつとめる番組「笑いをシェアしよう!れこめん堂がNHKで放送されることになりました。勝利くん、民間放送のラジオ番組を聞いていると、「うふん」という、笑い声が印象的です。先日何気なく、聞いていましたら、生放送ではなく、10周年の日に収録した番組と正直に話していたのか、つい言ってしまったのか、まじめな人柄を感じました。(注1)
年末のNHKの番組、お笑い番組のようですから、どんなMCを務められるのか、今から楽しみです。セクゾくんたち、NHKではこれまで音楽番組を中心に出演をいただいていますが、今後、さまざまな分野の番組でも活躍していただきたいと願っています。

さて、NHK松山放送局では先週20日から12月26日まで毎日、放送会館を地域のみなさまに公開し、休日を中心に多くの方々にお越しいただいています。会館では開局80周年企画として、来月・12月に放送される「アニメ かなしきデブ猫ちゃん」のひみつの博覧会を開催しています。

adachi_211125-1.jpg

デブ猫ちゃんの名前は「マル」と言います。大きな、マルの人形が玄関に置かれ、みなさんを出迎えています。僕も記念撮影をしました。

adachi_211125-4.jpg

また、作品紹介のパネルの展示や、自分のポーズにあわせて、マルの3DCGが動く、「いっしょに動こう! まねっこマル」のコーナーもあります。NHK松山放送局の若い職員が中心となって企画しました。若手の発想からできた企画もあのますので、みなさんに楽しんでもらえると思います。是非、足を運んでください。

また、「アニメ かなしきデブ猫ちゃん」はまず、愛媛県内向けに総合テレビで12月6日からの平日午後8時42分から3分間、10回にわたって、放送します。その後、全国放送されます。

番組で、マルは飼われている家を出て、愛媛県内を旅する設定で、道後温泉やしまなみ海道をはじめ、名所が舞台となります。このアニメを全国の人たちに見ていただいて、愛媛のよさを知って欲しいと思います。
adachi_211125-3.jpg

実は夏目漱石さんの「坊っちゃん」に登場する人たちをモデルにした猫もたくさん登場します。坊っちゃん、赤シャツ、山嵐、うらなり、野だいこなどなどです。聡ちゃんが演じた、武右衛門くん、そして、愛媛県のキャラクター・みきゃんも出ませんが、聡ちゃんも見てくれないかなあと思ってしまいします。

 adachi_211125-2.jpg

注1)   文化放送「Sexy ZoneのQrzone」

注2)「かなしきデブ猫ちゃん」

文は作家の早見和真さん、絵は絵本作家のかのうりんさん。

詳しくはNHK松山のホームページ

https://www.nhk.or.jp/matsuyama/debunekochan/

 

投稿時間:2021年11月25日 (木) 15:09 | 固定リンク


立憲民主党の代表選挙です


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

きのう11月16日Sexy Zone結成10年を迎えました。

僕は2015年の「ニュースシブ5時」以来のお付き合いです。

アイドルとお会いするのも初めてで、お話をいただいたときには戸惑いました。出会いは憲法の議論でしたが、礼儀正しい子たちだなあと感じました。

中島くん、映画の上演直後だったかで、「観覧車の中島くんですね」と言うと、意外そうに、そして嬉しそうに「見てくださったのですか」と返答してきました。

菊池くんには「慶応大学ですね」と言ったら、はにかんだ笑顔が返ってきました。

聡ちゃんは早めにスタジオ入りしてくれることもあって、よく雑談していました。

以後、ライブにお邪魔したり、広島局の「れいわのへいわソング」に出演いただいたりと、長い付き合いとなりました。

adachi_211117-1.jpg

いまは松山勤務ですから、愛媛県のキャラクター「みきゃん」やトントンと一緒に、応援していきます。

adachi_211117-3.jpg

adachi_211117-4.jpg

 

さて、立憲民主党の代表選挙は19日に告示されます。

これまで(17日(水)16時現在)に泉政務調査会長と逢坂元総理大臣補佐官が立候補を表明しました。

さらに西村、大串、小川の各衆議院議員も意欲を示しています。代表選挙に立候補するには国会議員の推薦人20人が必要で、表明直前まで推薦人集めを行う候補も多く、構図が決まるまでにはまだ、少し時間がかかりそうです。

 

自民党の総裁選挙ついても取り上げてきましたが、今回も注目しています。野党第一党の進路を占うために重要な選挙だからです。

 

先の衆議院選挙で立憲民主党は共産党、れいわ新撰組、社民党との間で市民連合を介し、政策合意を結びました。そして、共産党とは政権交代が実現した場合には限定的な閣外からの協力で合意しました。また、労働組合の連合をはさみ、国民民主党と選挙協力の覚書を結びました。

しかし小選挙区で議席を増やす一方、比例代表で議席を減らし、全体としては選挙前より13議席下回った結果、枝野代表は辞任。今回の選挙はその総括と今後の進路が議論になります。ここ愛媛県でも県連の会議で、「小選挙区での候補者調整は一定の効果があった」という意見や、「一部に反発があった」という声も出ました。

政治学者の岡澤憲芙早稲田大学名誉教授は政党について、「『競争・抗争』のなかに存在根拠と活力源を見出し、『統合・連帯』のなかに明日への展望を求める政治集団」と定義しています。(注1)。連立政権が普通のことになった、日本政治で、立憲民主党がどの政党と連携して、選挙を戦い、政権を目指すのか、代表選挙での議論に注目していきたいと思います。

 

16日、NHK松山の20代の男性職員と食事しました。
驚くほどのセクラバで、勝利くんを特に応援しているそうです。勝利くんが好きな「親子丼」の話などで盛り上がりました。勝利くんは周辺に気を使い、大人びたところがあります。そんなところが同世代の男性にも人気があるのかもしれません。その職員、将来は音楽番組を担当したいと夢を語っていました。別の女性職員にもセクラバがいて、僕がお邪魔したライブに偶然、居合わせて、驚いたと話してくれました。

この後輩たちが、近い将来、セクゾくんたちと一緒に仕事ができる日が来ればいいなあと感じた次第です。

 

その松山放送局では今月20日から12月26日までの日程で会館公開を実施します。

アニメ・かなしきデブ猫ちゃん ひみつの博覧会も開催します(注2)。

NHK松山放送会館(松山市堀之内5)に、お立ち寄りください。

 adachi_211117-2.jpg

注1)  岡澤憲芙「政党」東大出版会1988 p4

注2)NHK松山ホームページ https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0346323/index.html

投稿時間:2021年11月17日 (水) 16:00 | 固定リンク


愛媛・高知がドラマの舞台に


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

あさって・11月11日は何の日がご存知でしょうか。
実は、愛媛県のキャラクター「みきゃん」の誕生日だそうです。
愛媛県のホームページによりますと、みきゃんくんは、2011年11月11日ワンワンワンの日の生まれだそうです。
Sexy Zone松島聡くんの誕生日も、確か11月。似ているかどうかは別として、笑ってしまいました。
ちなみに、みきゃんくんの性格は「明るくて好奇心旺盛。楽天的で、くよくよしない」だそうです。(注1)。

adachi_211109-1.jpg

先日、NHK松山のツイッター(@nhk_matsuyama)でお伝えしたとおり、年明け1月、BSプレミアムドラマ「旅屋おかえり」が放送されます。
このドラマは1月25日から4日連続で、午後7時30分から放送されます。
前半の25日と26日が「秋田編」、後半の27日と28日が「愛媛・高知編」です。
主演は安藤さくらさんですが、ここ四国を舞台とする、「愛媛・高知編」には、草刈民代さん真野響子さん寺田農さんのベテラン陣に加え、ヴァサイェガ渉さんの出演が決まりました。(注2)

ヴァサイェガ渉さんはアイドルグループの少年忍者のメンバーで、Sexy Zoneの後輩にあたります。
一緒に仕事をされることもあると聞きました。

どんな方なのか、僕も楽しみですし、東京のトントンも興味津々かもしれません。

adachi_211109-2.jpg

いずれにせよ、愛媛と高知が舞台のドラマです。
NHK松山としてどんどんPRしていきたいと考えています。みなさんも楽しみにしてください。

 

注1) 愛媛県ホームページ
   https://www.pref.ehime.jp/h12200/mican-kanzume/profile_mican.html

注2) NHKドラマ
   https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/8000/456608.html

投稿時間:2021年11月09日 (火) 18:00 | 固定リンク


衆議院選挙~開票速報はNHK


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

先週のブログSexy Zone松島聡くんに「愛媛県のキャラクター『みきゃん』に少し似ている」と話しかけたことを書いたところ、たくさんの反響をいただきました。
adachi_211029-1.jpg

「似ている」「みきゃんの色が聡ちゃんとマリウスくんのカラー」という声もいただきました。聡ちゃんは、カピバラの話をしていますが、今後はみきゃんも仲間に加えていただければと思います。

愛媛県の庁舎には「みきゃんセンター」という部屋があります。
adachi_211029-3.jpg
「みきゃん」やその友だち?の「こみきゃん」などが並んでいます。松山に来た折には、ぜひ、寄ってみてください。
adachi_211029-4.jpg

 

さて、衆議院選挙の投票日が今度の日曜日・31日に迫りました
adachi_211029-2.jpg
衆議院選挙の投票率、全国的に低下傾向にあると言っていいと思います。前回は53.68%。2人に1人しか、投票に行っていません。愛媛県でも平成の初めは70%を超えていましたが、ここ2回は50%前後にとどまっています。

みなさんは衆議院選挙にどのくらいの経費が計上されているか、ご存じでしょうか。
総務省に問い合わせたところ、同時に行われる最高裁判所裁判官の国民審査とあわせて、今年度予算におよそ678億円の経費が計上されています。
東京のスカイツリーの総事業費が650億円と言われていますので、一度の選挙でスカイツリーが1棟建つ計算です。有権者の数を1億人余りとすると、1人当たりにして、600円以上です。日本の将来、自分たちの未来を誰に託すかを考えることはもちろんですが、すでに600円以上の参加費を負担しているということも踏まえて、投票に行ってほしいと思います

 

僕は一足先に先日、期日前投票をしてきました。
期日前投票は回を重ねるごとに、その割合が増えていて、みなさんのなかにも、投票を済ませた方もいるのではないかと思います。
ただ、候補者の論戦を聞いていて、投票先を変えたいと思うこともあります。日本では一旦、投票したら、変えることはできませんが、北欧のスウェーデンでは「後悔投票」と言って、投票日に投票をやりなおせる制度があります。また、オーストラリアなどでは投票を義務付ける制度があって、投票に行かなければ罰金が科せられることもあります。国会議員を選ぶ選挙と言っても、国によって、いろんな考え方かあります。

 

NHKでは31日夜、総合テレビとラジオ第1で開票速報をお伝えします。みなさんが投票した候補者がどうなるか、ぜひご覧いただければと思います。
松山局では愛媛県内の情勢を詳しくお伝えします。

>衆院選2021特設サイト 愛媛県の候補者情報はこちら

ニュースシブ5時に出演していた当時、セクゾくんたちと政治について、何度も議論しました。
中島健人くんは勉強してきて、会うたびに質問をくれました。
マリウスくんとドイツの制度について、話したことも思い出します。


また、そんな機会があればいいなあ・・・

 

NHK松山のTwitter @nhk_matsuyamaのフォローもお願いします。

 

投稿時間:2021年10月29日 (金) 15:10 | 固定リンク


衆議院選挙が始まりました~若者たちは


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

第49回衆議院選挙が今週・19日に公示されました。31日の投票に向けてNHK松山では、総合テレビ夕方6時10分からの「ひめポン!」などで連日、報じているほか、NHKのホームページ2021衆議院選挙特設サイト・愛媛県や松山のツイッターでもお伝えしています。
NHK松山ツイッター@nhk_matsuyama のフォローをお願いします。

 

愛媛県内では投票を呼び掛ける垂れ幕や看板などが目立ち始めました。
adachi_211022-2.jpg

 

日本の場合、現在、選挙権は18歳からです。18歳選挙権が導入されたのは2015年です。

当時、政治担当の解説委員でしたので、多くの番組でこの問題を取り上げてきました。

シブ5時ではSexy Zoneの菊池風磨くん、松島聡くんに出演いただきました。2人には選挙に関わることをクイズ形式で答えてもらいました。

菊池くんは当時、大学生で社会問題に興味津々でしたが、聡ちゃんはまだ選挙権がなかったように思います。2人は選挙には行きたいと言っていたことを記憶していますが、若い世代の投票率は僕たちの年齢に比べ、低いのが現状です。

前回、2017年の衆議院選挙では全体の投票率が53.68%だったのに対し、18・19歳では40.49%でした。愛媛県では32.84%と全国平均と比べても低い水準でした。

こうした中で、愛媛県ではSNSで投票を啓発する輪が10代の学生の間で広がっているということです。
この活動を始めたのは、愛媛県のNPO法人「NEXT CONEXION」、参加者は自分で作った投票箱を持って、将来の夢や社会へのメッセージを語る動画を投稿します。そして、友だちなどを次の投稿者に指名、参加者を増やしていきます。(注1)

全国でも若い人たちが多様な取り組みを行っています。注目していきたいと思います。

 

最近になって、このブログをのぞいてくださっている方にとっては、愛犬の「トントン」をなぜセクラバ犬と呼んでいるか不思議に思っている方もいるかと思われます。
adachi_211022-4.jpg

「トントン」はセクゾ君たちがシブ5時に出演していた当時、「悩み相談」のコーナーのVTRに登場していました。いわば「シブ5時つながり」です。彼らから「かわいいですね」と言ってもらい、それ以降、セクラバ犬と言っています。愛犬家仲間です。

愛媛県選挙管理委員会のキャラクターは「アッピー」
adachi_211022-3.jpg
「投票率100%」を目標に活動を続けているようです。(注2)

 

愛媛県のキャラクターは「みきゃん」だけと思っていましたが違いました。
adachi_211022-1.jpg

そういえば聡ちゃんに「みきゃん、ちょっと似てない?」と言ったら、「僕、そんなにかわいいですかね」と返ってきました。大人っぽいときの聡ちゃんではなくて、子供っぽいときというか、10代のときの聡ちゃんに似ているような。セクラバさんたちの見方はちょっと違うかなあ。

注1) NHK松山 「SNSで広がるゆるーい政治参加」https://www.nhk.or.jp/matsuyama/insight/article/20211014-1.html

注2)愛媛県ホームページ  https://www.pref.ehime.jp/e60700/1696/topixindex.html

 

 NHK松山のTwitter @nhk_matsuyamaのフォローもお願いします。

投稿時間:2021年10月22日 (金) 13:00 | 固定リンク


衆議院選挙へ~公示まで6日です


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

先週末の「シブヤノオト and more Fes.2021」。
Sexy Zoneは「桃色の絶対領域」。シブヤノオトをきっかけに生まれた曲でメンバー全員大人っぽく見えました。
特に舞台で10歳代半ばを演じている勝利くんや、聡ちゃんは同じ人かと思うくらいでした。中島くんと聡ちゃんがスタジオに来ていて、シマジマコンビ2人の話を聞くのが久しぶりだったので、シブ5時時代を思い出し、何だか懐かしく、嬉しい気持ちになってしまいました。ハイタッチもよかったですね。

 

さてあす14日、衆議院が解散されます。
第49回衆議院選挙は19日公示、31日投票の日程です。公示まで6日。
NHK松山放送局には政見・経歴放送の実施本部が設置され、いよいよという感じです。

adachi_211013-1.jpg
NHK松山では選挙をめぐる愛媛県のニュースを総合テレビ夕方6時10分からの「ひめポン!」などで連日、お伝えしますので、ぜひご覧ください。

 

みなさんは「選挙の原則」を知ってますか。愛媛県選挙管理委員会は「選挙の3原則」(注1)として、愛媛県のキャラクター「みきゃん」が説明しています。
adachi_211013-2.jpg
1つ目が「選挙平等の原則」です。日本の場合は18歳以上の男女すべてに選挙権があります。
1890年の第1回帝国議会選挙。選挙権を付与されていたのは25歳以上の高額納税者、しかも男子のみで、全人口のわずか1%でした。その後、財産や性別での制限が撤廃され、年齢制限も段階的に引き下げられ、現在に至っています。1票を投じる権利は内閣総理大臣も、野党の党首も、僕たちも、18歳の若者もみな同じです。先輩たちの政治参加を求める努力がこの背景にあります。
2つ目は「自由・秘密投票の原則」。すべての有権者が自分の考えで自由に判断し、投票する原則です。そのためには誰に投票したか。知られることがあってはなりません。これを秘密投票の原則といいます。
そして、3つ目が「選挙公正の原則」です。公職選挙法という、法律によって、選挙にかける費用の制限や、選挙運動の禁止事項が定められ、候補者が公正な選挙運動を行うとしています。政治学者によっては、▼年齢以外の制限を受けない普通選挙、▼1人1票の平等選挙、▼秘密選挙、そして▼僕たちが直接、投票する直接選挙、それに▼自由選挙を加えて、4原則や5原則とする考え方もあります。いずれにせよ、僕たちの声を政治に届けるために重要な要件だと思いますので、選挙を前におさえていただけたらと思います。

 

年齢の話ですが、NHKの夜ドラ「古見さんは、コミュ症です。」を見ました。
主演の増田貴久さんは勝利くんや聡ちゃん以上に若い役を演じています。おそらく20歳近く、若い役ではないでしょうか。確か、聡ちゃんとマリウスくんのライブに伺ったときに増田さんが総ちゃんに頼まれて、応援に来たと話していたのを覚えています。
古見さんは、コミュ症です。」は総合テレビで月曜日午後10時45分から放送されています。

adachi_211013-3.jpg

注1)愛媛県ホームページ https://www.pref.ehime.jp/e60700/1696/shurui.html

 NHK松山のTwitter @nhk_matsuyamaのフォローもお願いします。

投稿時間:2021年10月13日 (水) 16:25 | 固定リンク


衆議院選挙へ~四国の小選挙区の行方に注目しています


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

先週末・2日、四国のNHK4局が高知市で開催したもっと四国音楽祭の公開収録に参加してきました。

adachi_211005-2.jpg

香川県出身の南原清隆さんや、高知県出身の三山ひろしさんなど、四国にゆかりの歌手やタレントが四国を盛り上げるための音楽祭でした。

adachi_211005-3.jpg

原爆の日を前に、NHK広島がSexy Zoneなどに出演をいただきながら開催した「れいわのへいわソング」は若い世代に平和を考えてもらうためのものでしたが、全国のNHKがその地域の特性を活かした、イベントを開催することには意義があるのではと感じた次第です。

もっと四国音楽祭は10月29日午後7時30分から、総合テレビで四国地方向けに、放送されます。

 

4日、国会では自民党の岸田新総裁が第100代の内閣総理大臣に指名されました。

岸田総理大臣は組閣後の記者会見で衆議院選挙を今月19日公示、31日投票の日程で執り行う考えを示しました。松山市内にも選挙ポスターの掲示板の設置が始まりました。

 adachi_211005-1.jpg

衆議院選挙は政権選択の選挙です。岸田総理大臣はこの選挙で、国民に続投を問い、連立を組む公明党とあわせて、過半数を確保したいとしています。これに対し、野党第一党の立憲民主党の枝野代表は政権交代を目指しています。そして、共産党との間で政権交代が実現した場合には限定的な閣外からの協力で合意する一方、労働組合の連合をはさんで、国民民主党と選挙協力の覚書を結びました。また、維新も選挙準備を進めています。

 

衆議院の定員は465議席です。ここ四国に振り分けられているのは小選挙区で11、比例代表で6のあわせて、17議席です。

全国的にみれば、全議席の3.65%ですが、僕は四国の動向に注目しています。とりわけ、小選挙区です。前回は11議席のうち、自民党が8議席、野党が3議席でした。今回は野党が候補者を調整している選挙区が増え、与野党一騎打ちの激戦区が目立ちます。四国で前回と同様、与党の優勢となるのか、それとも野党候補が競り勝つ選挙区が増えるのか、全国の選挙結果を占うと考えています。

衆議院選挙の焦点や、過去の選挙結果などについては、またこのブロクでお伝えします。

 

セクゾくんたち、今週末の「シブヤノオト and more Fes.2021」への出演が決まりました。

NHKでは「れいわのへいわソング」後、初めての歌番組ではないかと思います。

僕はこの番組にも思い出があって、彼らのライブに初めて伺わせていただいたときのことと関係します。当時は僕のことをおそらく、あまり認識していただいていなかったと思いますが、セクゾくんたち、まだ幼さが残る中で、礼儀正しく挨拶していただきました。その翌日だったと思います。同じ会場から中継で彼らがこの番組に出演し、何だかびっくりしたのを思い出します。

中島くん、菊池くんは大学生、勝利くん、聡ちゃん、マリウスくんのちびーず・3人は成人していなかったように思います。それを考えると、みんな立派になりました。つくづく思います。

シブヤノオト and more Fes.2021」は10月9日午後10時40分から総合テレビで放送されます。

adachi_211005-4.jpg

東京のセクラバ犬・トントンにも連絡しよう。

 

投稿時間:2021年10月05日 (火) 17:35 | 固定リンク


『かなしきデブ猫ちゃん』朗読イベント観覧募集


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

Sexy Zone松島聡くんが、ここ愛媛県松山市を舞台とした「赤シャツ」に出演していることは再三、お伝えしていますが、佐藤勝利くん、菊池風磨くんの舞台も始まり、中島健人くんも含め、セクゾくんたち、マネージャーさんも大忙しのようです。

 

さて、先日、このブログでNHK松山放送局開局80年記念として、12月にアニメを放送することをお伝えしました。

主人公の猫・マル役には俳優の滝藤賢一さんに出演いただきます。

愛媛県で大人気の童話ですので、ご家族でお楽しみいただける内容となることは間違いなしです。

 
adachi210805-1.jpg

これに先立ち、NHK松山では11月下旬に童話「かなしきデブ猫ちゃん」の朗読会を県内3か所で開催することを決めました。

松山局のアナウンサーに加えて、コラボ企画として地元ケーブルテレビのアナウンサーにもご参加いただきます。

松山局のホームページから申し込みいただけます。

https://www.nhk.or.jp/matsuyama/debunekochan/

 

adachi_210927-1.jpg

僕はセクゾくんたちと一緒でイヌ派ですが、どこかの会場に愛媛県のキャラクター犬「みきゃん」と一緒に、いければと思っています。

勝利くんは「ブライトン・ビーチ回顧録」で14歳の少年の役を演じるようです。

聡ちゃんは赤シャツで演じている武右衛門くんは中学生で、広島の陸軍幼年学校を受験するという設定です。

これも同じくらいの年齢ではないかと想定されますが、2人とも難なく演じるのではと思ってしまいます。

 

7月に広島でセクゾくんたちにお会いしたとき、2人に「何だか似てきたね」と声をかけたのは、2人ともそれができるタイプだったからだったのかと、いまになって納得してしまいます。そういえば、このとき、勝利くんが「そう言われることもあるのですが、だいぶ違いますよ」と笑いながら返してきて、遠慮ない関係を微笑ましく見ていました。

 

デブ猫ちゃんの朗読会は愛媛県内の会場で行われます。

愛媛県内をはじめ、四国にはほかにも劇場やコンサート会場がありますので、いつの日か、セクゾくんたちに来ていただければと願っています。

adachi_210927-2.jpg

NHK松山のツイッター@nhk_matsuyamaのフォローをお願いします。

投稿時間:2021年09月27日 (月) 16:30 | 固定リンク


自民党総裁選と派閥


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

 

先日、NHK周辺を歩いていたら、松山中学校跡地を見つけました。

 adachi_210916-2.jpg

松山中学は「坊っちゃん」、そして「赤シャツ」の舞台とされている場所です。

 adachi_210916-1.jpg

Sexy Zone松島聡くんの舞台も終盤に入ったようです。

風の噂では初舞台とは思えないほど、いきいきと演じていると聞きました。

舞台を終え、コロナ収束した際には、聡ちゃんに、この地を踏んでもらいたいものです。

民間放送のラジオ番組では中島健人くんもコロナ収束後、「愛媛に行きたい」(注1)と話していたような記憶があります。

可能ならば2人で、いやみんなで来てくれたらいいなあと思ってしまいました。

 

さて、自由民主党の総裁選挙が10日、告示されます。

岸田前政務調査会長、高市前総務大臣、河野規制改革担当大臣が立候補を表明し、野田幹事長代理も意欲を示しています。

自民党という政党のトップを選ぶ選挙で、党員・党友でもない限り、選挙権もありませんが、みなさんとって2つの意味で重要な意味を持ちます。

 

1つは事実上、次の総理大臣を選ぶ選挙だからです。

自民党は国会で最も多くの議席を持つ、第一党です。公明党と連立政権を組み、自民党総裁は国会での総理大臣指名選挙で、総理大臣に選ばれます。日本のリーダーを決める選挙ということです。

 

2つ目は衆議院選挙目前の選挙だということです。

衆議院選挙をめぐって、野党第一党の立憲民主党は共産党などと政策合意し、小選挙区での候補者一本化を進めようとしています。自民党総裁に誰が選ばれるかによって、選挙情勢が大きく左右されることになります。総裁選挙は僕たちも参加する衆議院選挙の構図を決めることにつながります。野党側のリーダーが野党第一党立憲民主党の枝野代表だとすれば、それを迎え撃つ与党側のリーダーが選ばれることになります。大きな関心を持たざるを得ないと考えます。

今度の総裁選挙は自民党の派閥がまとまって、候補者を推す形になっていないことです。自民党総裁選挙をめぐり、僕のもっとも古い記憶は1978年。福田首相に大平幹事長らか挑んだ選挙です。党員に一票が与えられた、初めての自民党総裁選挙で大平さんが予備選挙と言われた、党員投票で圧勝。まだ中学生でしたが、福田さんが「天の声にも変な声があるなあ」「敗軍の将、兵を語らず」と言って、敗北の記者会見を行ったことを、どういうわけか鮮明に覚えています。その後、政治記者として、何度も総裁選挙の取材に関わってきましたが、もっとも重要な取材は派閥を率いる・党内実力者の動向でした。自民党の派閥は総裁選挙に備えるためにあると言っても過言ではありませんでした。総理総裁を目指すために派閥を結成する実力者。総裁選挙に立候補する場合もあれば、友好関係にある派閥のリーダーを推し、その後の人事で主流派として、自らが有力なポストを得たり、派閥のメンバー・子分にポストを与える。一方、敗れた派閥は非主流派、反主流派となり、党内野党的な立場にたつこともあります。派閥の弊害が指摘されますが、それが自民党の活力にもなっていたように思います。しかし、今度は岸田さんが率いる、岸田派を除いて、残り6つ派閥は事実上の自主投票です。そうなると選挙の読みが難しいのはもちろんですが、選挙後、いまのような派閥が機能するのか、興味深いところです。

 

「3人寄れば派閥ができる」という言葉もあります。

そういえば、夏目漱石さん「坊っちゃん」の勤務していた中学でも、主流派の赤シャツ教頭、のだいこ。反主流派は山嵐や坊っちゃん。敗れた側は学校を追われてしまうことになります。

坊っちゃんも、そんな見方で読んでみるのも面白いかなあ(注2)

 

注1)          参考・文化放送制作「Sexy ZoneのQrzone」

注2)          夏目漱石著「坊っちゃん」小学館 2013

投稿時間:2021年09月16日 (木) 16:45 | 固定リンク


政治の季節と赤シャツと


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

松山を舞台にした夏目漱石さんの小説「坊っちゃん」

登場人物の一人・「赤シャツ」を主人公とした、マキノノゾミさん戯曲「赤シャツ」を夏休みに読みました。

「坊っちゃん」に出てくる赤シャツは山嵐先生や坊ちゃん先生の敵役で、自分をすべて優先して考え、行動する教頭という印象でした。

しかし、この戯曲では坊っちゃんや山嵐を評価し、50年先、100年先の日本について、「誰もが自分の損得の勘定ばかりを考えているような、そんな国になるだろう」(注1)と憂いています。

Sexy Zoneの松島聡くんの初舞台「赤シャツ」もきのう、幕を開けたたようです。

聡ちゃんの演じる、赤シャツの弟・武右衛門君はいたずら心があって一方に正義感もある、若者らしい青年に描かれています。

聡ちゃん、緊張はするでしょうが、明るい性格ですから、まわりにも応援してもらいながら、最後まで乗り切ると思います。

舞台となる・愛媛県のキャラクターみきゃんトントンにも応援してもらいましょう。

adachi_210906-1.jpg

adachi_210906-2.jpg

 

さて、政治の季節となってきました。

菅総理大臣は週末、自民党総裁選挙の立候補を断念しました。

自民党では総裁選挙が今月17日告示、29日投票の日程で行われ、岸田前政務調査会長、高市前総務大臣が立候補する意向を固めました。

また、河野規制改革担当大臣、野田幹事長代行が立候補の意向を示しているほか、石破元幹事長も検討しているようです。事実上、総理大臣を選ぶ選挙、衆議院選挙を前にしたものですので、僕も松山にいながら、与野党の関係者と連絡を取り、少しばかり取材をしています。

最終的に何人の候補による戦いになるかはわからず、今度は国会議員に限らず、全国の党員・党友が参加します。

今の段階では1回目の投票で過半数を獲得する候補がいないのではないかともいわれる状況ですので、有力候補を見極めるにはまだ時間がかかりそうです。

一方、野党側です。

立憲民主党などは衆議院選挙を前にできるだけ多くの小選挙区で候補者の一本化を進めています。

野党候補の一本化を求める市民団体からは立憲民主党や国民民主党、共産党などに与党との対立軸を示すために、政策合意を求める動きが出ています。与野党にいろんな動きが出ていて、まさに政治の季節と言った感じです。

ただ単なる政局にするのではなく、新型コロナウイルスへの対応などの議論を深めて欲しいと思います。

 

「坊っちゃん」と「赤シャツ」。

それぞれの人物をどの立場から、どのように見るかで、すいぶんと見方が変わってきます。

中島くんの出演する、民間放送のドラマ(注2)でも、そんな場面がありました。

政治の世界も同様です。

それぞれの候補者や政党の考え方や行動をいろんな面から見て、最後は僕たち一人ひとりの考え方を決めるのが必要かもしれません。

 

注1)          マキノノゾミ著「赤シャツ/殿様と私」p149.両立書房

注2)          参考・関西テレビ制作「彼女はキレイだった」

 

投稿時間:2021年09月06日 (月) 11:21 | 固定リンク


ページの一番上へ▲