衆議院選挙へ~公示まで6日です


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

先週末の「シブヤノオト and more Fes.2021」。
Sexy Zoneは「桃色の絶対領域」。シブヤノオトをきっかけに生まれた曲でメンバー全員大人っぽく見えました。
特に舞台で10歳代半ばを演じている勝利くんや、聡ちゃんは同じ人かと思うくらいでした。中島くんと聡ちゃんがスタジオに来ていて、シマジマコンビ2人の話を聞くのが久しぶりだったので、シブ5時時代を思い出し、何だか懐かしく、嬉しい気持ちになってしまいました。ハイタッチもよかったですね。

 

さてあす14日、衆議院が解散されます。
第49回衆議院選挙は19日公示、31日投票の日程です。公示まで6日。
NHK松山放送局には政見・経歴放送の実施本部が設置され、いよいよという感じです。

adachi_211013-1.jpg
NHK松山では選挙をめぐる愛媛県のニュースを総合テレビ夕方6時10分からの「ひめポン!」などで連日、お伝えしますので、ぜひご覧ください。

 

みなさんは「選挙の原則」を知ってますか。愛媛県選挙管理委員会は「選挙の3原則」(注1)として、愛媛県のキャラクター「みきゃん」が説明しています。
adachi_211013-2.jpg
1つ目が「選挙平等の原則」です。日本の場合は18歳以上の男女すべてに選挙権があります。
1890年の第1回帝国議会選挙。選挙権を付与されていたのは25歳以上の高額納税者、しかも男子のみで、全人口のわずか1%でした。その後、財産や性別での制限が撤廃され、年齢制限も段階的に引き下げられ、現在に至っています。1票を投じる権利は内閣総理大臣も、野党の党首も、僕たちも、18歳の若者もみな同じです。先輩たちの政治参加を求める努力がこの背景にあります。
2つ目は「自由・秘密投票の原則」。すべての有権者が自分の考えで自由に判断し、投票する原則です。そのためには誰に投票したか。知られることがあってはなりません。これを秘密投票の原則といいます。
そして、3つ目が「選挙公正の原則」です。公職選挙法という、法律によって、選挙にかける費用の制限や、選挙運動の禁止事項が定められ、候補者が公正な選挙運動を行うとしています。政治学者によっては、▼年齢以外の制限を受けない普通選挙、▼1人1票の平等選挙、▼秘密選挙、そして▼僕たちが直接、投票する直接選挙、それに▼自由選挙を加えて、4原則や5原則とする考え方もあります。いずれにせよ、僕たちの声を政治に届けるために重要な要件だと思いますので、選挙を前におさえていただけたらと思います。

 

年齢の話ですが、NHKの夜ドラ「古見さんは、コミュ症です。」を見ました。
主演の増田貴久さんは勝利くんや聡ちゃん以上に若い役を演じています。おそらく20歳近く、若い役ではないでしょうか。確か、聡ちゃんとマリウスくんのライブに伺ったときに増田さんが総ちゃんに頼まれて、応援に来たと話していたのを覚えています。
古見さんは、コミュ症です。」は総合テレビで月曜日午後10時45分から放送されています。

adachi_211013-3.jpg

注1)愛媛県ホームページ https://www.pref.ehime.jp/e60700/1696/shurui.html

 NHK松山のTwitter @nhk_matsuyamaのフォローもお願いします。

投稿時間:2021年10月13日 (水) 16時25分


ページの一番上へ▲

リンク

ブログリンク

アナウンサー・キャスター・スタッフ


RSS