衆議院選挙へ~四国の小選挙区の行方に注目しています


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

先週末・2日、四国のNHK4局が高知市で開催したもっと四国音楽祭の公開収録に参加してきました。

adachi_211005-2.jpg

香川県出身の南原清隆さんや、高知県出身の三山ひろしさんなど、四国にゆかりの歌手やタレントが四国を盛り上げるための音楽祭でした。

adachi_211005-3.jpg

原爆の日を前に、NHK広島がSexy Zoneなどに出演をいただきながら開催した「れいわのへいわソング」は若い世代に平和を考えてもらうためのものでしたが、全国のNHKがその地域の特性を活かした、イベントを開催することには意義があるのではと感じた次第です。

もっと四国音楽祭は10月29日午後7時30分から、総合テレビで四国地方向けに、放送されます。

 

4日、国会では自民党の岸田新総裁が第100代の内閣総理大臣に指名されました。

岸田総理大臣は組閣後の記者会見で衆議院選挙を今月19日公示、31日投票の日程で執り行う考えを示しました。松山市内にも選挙ポスターの掲示板の設置が始まりました。

 adachi_211005-1.jpg

衆議院選挙は政権選択の選挙です。岸田総理大臣はこの選挙で、国民に続投を問い、連立を組む公明党とあわせて、過半数を確保したいとしています。これに対し、野党第一党の立憲民主党の枝野代表は政権交代を目指しています。そして、共産党との間で政権交代が実現した場合には限定的な閣外からの協力で合意する一方、労働組合の連合をはさんで、国民民主党と選挙協力の覚書を結びました。また、維新も選挙準備を進めています。

 

衆議院の定員は465議席です。ここ四国に振り分けられているのは小選挙区で11、比例代表で6のあわせて、17議席です。

全国的にみれば、全議席の3.65%ですが、僕は四国の動向に注目しています。とりわけ、小選挙区です。前回は11議席のうち、自民党が8議席、野党が3議席でした。今回は野党が候補者を調整している選挙区が増え、与野党一騎打ちの激戦区が目立ちます。四国で前回と同様、与党の優勢となるのか、それとも野党候補が競り勝つ選挙区が増えるのか、全国の選挙結果を占うと考えています。

衆議院選挙の焦点や、過去の選挙結果などについては、またこのブロクでお伝えします。

 

セクゾくんたち、今週末の「シブヤノオト and more Fes.2021」への出演が決まりました。

NHKでは「れいわのへいわソング」後、初めての歌番組ではないかと思います。

僕はこの番組にも思い出があって、彼らのライブに初めて伺わせていただいたときのことと関係します。当時は僕のことをおそらく、あまり認識していただいていなかったと思いますが、セクゾくんたち、まだ幼さが残る中で、礼儀正しく挨拶していただきました。その翌日だったと思います。同じ会場から中継で彼らがこの番組に出演し、何だかびっくりしたのを思い出します。

中島くん、菊池くんは大学生、勝利くん、聡ちゃん、マリウスくんのちびーず・3人は成人していなかったように思います。それを考えると、みんな立派になりました。つくづく思います。

シブヤノオト and more Fes.2021」は10月9日午後10時40分から総合テレビで放送されます。

adachi_211005-4.jpg

東京のセクラバ犬・トントンにも連絡しよう。

 

投稿時間:2021年10月05日 (火) 17時35分


ページの一番上へ▲

リンク

ブログリンク

アナウンサー・キャスター・スタッフ


RSS