『れいわのへいわソング』全国放送決定


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

新型コロナウイルスの全国的な感染拡大が続いています。

20日から緊急事態宣言の対象地域が13都府県に拡大され、四国では愛媛県と香川県にまん延等重点措置が適用されました。ここ松山市。飲食店に対し、終日、酒を提供しないように要請されたほか、道後温泉本館や松山城などが閉館されています。

松山市の伊予鉄道の松山市駅では愛媛県のキャラクター・みきゃんが「感染拡大防止」対策として、「3密せん! けん」などと呼びかけています。

adachi_210820-1.jpg

みきゃんくんの呼びかけに応え、早く日常の生活を取り戻したいと願っています。

adachi_210820-2.jpg

さて、NHK広島が平和関連番組として、中国ブロックで放送した「れいわのへいわソング」の全国放送が決まりました。

広島局の広報係・「しゃもべえ」からも、全国放送の要望が、たくさん来ていることを聞いていました。きっと喜んでいることでしょう。

聡ちゃんに抱っこしてもらった感想(↓写真)も含め、電話で聞いてみます。

adachi_210820-4.jpg

放送は総合テレビで8月30日(月)(29日(日)深夜)午前2時24分から3時9分までです。

深夜となりますが、全国のみなさん、四国のみなさんにも見ていただき、平和について、原爆について、戦争について、考えていただく機会になればと思います。

 

東京のセクラバ犬・トントンも長い間、待っていました。この日だけは眠たくとも起きているのではないかと思います。

adachi_210820-3.jpg

インターネットの「NHKプラス」でご覧になった方も多いと思います。

出演者のみなさんのパフォーマンスはそれぞれ素晴らしく、メッセージが伝わってきます。

DA PUMPISSAさんが「島唄」や、SUGIZOさんの「昨日見た夢平和の誓い~2020」などは現場で見ていて、圧巻でした。

 

そして、Sexy Zone

「Triangle」、「Change the world」、「夏のハイドレンジア」の3曲でした。

番組の冒頭、勝利くんが「ここ広島から届けます。聞いてください」と話します。セクゾくんたちが東京で平和を考えるためのメッセージを出すのではなく、広島に足を運んで、被爆地からメッセージを発することの意味は大きいのではないかと思いました。

担当ディレクターが懇願した、「Triangle」。

「僕の目がキミの手が僕らの声がそれぞれ異なっているように自由でこそ生命だから」

という歌詞があります。(注1)

みんなそれぞれ違っていても、それをお互いに認め合えば、戦争などは起こりにくくなるというメッセージが込められていると感じました。民放のテレビ番組でセクゾくんたちがSMAPさんの「夜空ノムコウ」を歌っているのを見たことがありました。このときはマリウスくんがいて、聡ちゃんは休養でしたが、セクゾくんたちには5人でメッセージ性の強い曲を引き継いでいく役割もあるのかなあと感じてしまいました。

 

コロナが収まり、また彼らに会う機会が得られれば、そんな話もしてみたいと思います。

NHK松山のツイッター @nhk_matsuyama

フォローをお願いします。

 

注1)作詞作曲 市川喜康「Triangle」より

 

投稿時間:2021年08月20日 (金) 20時03分


ページの一番上へ▲

リンク

ブログリンク

アナウンサー・キャスター・スタッフ


RSS