10月22日(金)のひめポン!は・・・


60年以上の歴史があるJR松山駅の名物駅弁。

himepon_211022.jpg

3年前、一時、存続の危機がありましたが、

岡山の業者がレシピを引き継ぎ、今も販売が続いています。

リポートでお伝えします。

投稿時間:2021年10月22日 (金) 15:29 | 固定リンク


衆議院選挙が始まりました~若者たちは


NHK松山放送局副局長の安達宜正です。

第49回衆議院選挙が今週・19日に公示されました。31日の投票に向けてNHK松山では、総合テレビ夕方6時10分からの「ひめポン!」などで連日、報じているほか、NHKのホームページ2021衆議院選挙特設サイト・愛媛県や松山のツイッターでもお伝えしています。
NHK松山ツイッター@nhk_matsuyama のフォローをお願いします。

 

愛媛県内では投票を呼び掛ける垂れ幕や看板などが目立ち始めました。
adachi_211022-2.jpg

 

日本の場合、現在、選挙権は18歳からです。18歳選挙権が導入されたのは2015年です。

当時、政治担当の解説委員でしたので、多くの番組でこの問題を取り上げてきました。

シブ5時ではSexy Zoneの菊池風磨くん、松島聡くんに出演いただきました。2人には選挙に関わることをクイズ形式で答えてもらいました。

菊池くんは当時、大学生で社会問題に興味津々でしたが、聡ちゃんはまだ選挙権がなかったように思います。2人は選挙には行きたいと言っていたことを記憶していますが、若い世代の投票率は僕たちの年齢に比べ、低いのが現状です。

前回、2017年の衆議院選挙では全体の投票率が53.68%だったのに対し、18・19歳では40.49%でした。愛媛県では32.84%と全国平均と比べても低い水準でした。

こうした中で、愛媛県ではSNSで投票を啓発する輪が10代の学生の間で広がっているということです。
この活動を始めたのは、愛媛県のNPO法人「NEXT CONEXION」、参加者は自分で作った投票箱を持って、将来の夢や社会へのメッセージを語る動画を投稿します。そして、友だちなどを次の投稿者に指名、参加者を増やしていきます。(注1)

全国でも若い人たちが多様な取り組みを行っています。注目していきたいと思います。

 

最近になって、このブログをのぞいてくださっている方にとっては、愛犬の「トントン」をなぜセクラバ犬と呼んでいるか不思議に思っている方もいるかと思われます。
adachi_211022-4.jpg

「トントン」はセクゾ君たちがシブ5時に出演していた当時、「悩み相談」のコーナーのVTRに登場していました。いわば「シブ5時つながり」です。彼らから「かわいいですね」と言ってもらい、それ以降、セクラバ犬と言っています。愛犬家仲間です。

愛媛県選挙管理委員会のキャラクターは「アッピー」
adachi_211022-3.jpg
「投票率100%」を目標に活動を続けているようです。(注2)

 

愛媛県のキャラクターは「みきゃん」だけと思っていましたが違いました。
adachi_211022-1.jpg

そういえば聡ちゃんに「みきゃん、ちょっと似てない?」と言ったら、「僕、そんなにかわいいですかね」と返ってきました。大人っぽいときの聡ちゃんではなくて、子供っぽいときというか、10代のときの聡ちゃんに似ているような。セクラバさんたちの見方はちょっと違うかなあ。

注1) NHK松山 「SNSで広がるゆるーい政治参加」https://www.nhk.or.jp/matsuyama/insight/article/20211014-1.html

注2)愛媛県ホームページ  https://www.pref.ehime.jp/e60700/1696/topixindex.html

 

 

投稿時間:2021年10月22日 (金) 13:00 | 固定リンク


10月19日(火)放送後


愛媛県立衛生環境研究所、生物多様性センター、主任研究員の村上裕さんに、「特定外来生物」による被害を防ぐための取り組みについてお話をうかがいました。

 madonna_211019.jpg

「特定外来生物」とは、海外から持ち込まれて、日本の生態系や人の暮らしに悪影響を与える生き物のことです。

 

今治市の伯方島では、特定外来生物のカミツキガメが確認されていて、2018年に複数の個体が捕獲され、繁殖の可能性が高まっていることから、生物多様性センターでは捕獲調査を続けています。

 

もともとペットとして人気だったカミツキガメ。

持て余して外に逃がしてしまう人がいたために特定外来生物に指定され、今ではペットとして飼育できなくなりました。

 

生き物を愛する村上さんの「こうした悲劇を生まないために、よく考えてからペットを飼うようにしてほしい」という言葉を忘れないでほしいと思います。

投稿時間:2021年10月21日 (木) 20:22 | 固定リンク


10月18日(月)放送後


前半のゲストは、ジャパン・フィルムコミッション理事長の泉谷昇さんでした。

 madonna_211018-1.jpg

今回は、「わが町をアニメの舞台に」という、フィルムコミッションの取り組みについてお話をうかがいました。

最近だと、高知が物語の舞台のアニメ映画「竜とそばかすの姫」が話題になっていますね。

作品の中に登場した景色をひと目見ようと、多くの方が高知を訪れています。

こうした地域活性化を期待して、フィルムコミッションではこれまで以上にアニメ作品の誘致に力を入れているんです。

 

愛媛が舞台のアニメ作品、ぜひ見てみたいですね。

 

後半は、フットケアセラピストで、松山市内にフットケアサロンを開いている小野めぐみさんにお話をうかがいました。

 madonna_211018-2.jpg

フットケアは、単なる足のマッサージではなく、爪切りや角質のケア、靴選びなど、足に関わることはすべて含まれるんだそうです。

また、介護予防にもつながるということで、足の健康の大切さを教えていただきました。

 

これからの季節は、足の乾燥を防ぐために、保湿が大事だということです。

お風呂上りにクリームなどでしっかり保湿するようにしたいですね。

 

投稿時間:2021年10月21日 (木) 20:18 | 固定リンク


きのこ三昧レシピ


10月22日(木)放送
ゲスト:中国料理店シェフ 門田勇さん

【えのきでなめたけ】
madonna_recipe211021-1.jpg

≪材料≫1人分

えのき 1パック(およそ200g)

濃口しょうゆ 大さじ2

酒 大さじ2

みりん 小さじ1

酢 大さじ1

ごま油 小さじ2

 

≪作り方≫

(1)  えのきを食べやすい大きさに切る。(切らなくてもOK)

(2)  鍋に濃口しょうゆ、酒、みりんとえのきを入れ、中火でおよそ6分加熱する。

加熱を始めておよそ1分後、全体に火が通る。

2分後、粘りと香りが出てくる。

さらに2分後、チリチリと音が鳴る。

さらに1分加熱。

(3)  火を止めて、酢とごま油をなじませて完成。

 

【しっかり焼くときのこがうまい】
madonna_recipe211021-2.jpg

≪材料≫1人分

きのこ2種類(まいたけ、しめじなどお好みで) それぞれ1パック

オリーブオイル 大さじ2

塩 2つまみ

(たれ)

 濃口しょうゆ 大さじ1

 酢 大さじ1

 砂糖 小さじ1

ごま油 大さじ1/2

 すりごま(白) 大さじ1

 

≪作り方≫

(1)  きのこを食べやすい大きさに切る。

(2)  鍋にオリーブオイルときのこを入れて強火で2分焼く。

(3)  ひっくり返して2分焼く。(このとき水分を出したいので、きのこには触らない)

(4)  鍋をゆさゆさと動かし、塩をふる。

(5)  鍋をゆすりながら、さらに1分強火で加熱して焼ききのこ完成。

(6)  たれの材料を混ぜ合わせてたれを作り、お好みでかけて召し上がれ。

 

【豆乳鍋きのこ】
madonna_recipe211021-3.jpg

≪材料≫1人分

きのこ2種類(まいたけ、しめじなどお好みで) それぞれ1パック

肉(鶏、豚、牛、バラ肉、もも肉、ひき肉などお好みで) 50g

豆乳 100ml

うす口しょうゆ 大さじ1

ごま油 小さじ1

水 200ml

 

≪作り方≫

(1)  きのこを食べやすい大きさに切る。

(2)  鍋にオリーブオイルを入れて加熱。

(3)  きのこと肉を入れて3分焼く。(このとき水分を飛ばして、香りを出す)

(4)  水を入れて、2分間煮込む。

(5)  豆乳とうす口しょうゆを入れて、中火で1分クツクツと煮込む。

(6)  火を止めて仕上げにごま油を入れて完成。

※お好みで白みそや野菜などの具材を入れてアレンジしてください。

 

【なめこで麺ぶっかけたれ】
madonna_recipe211021-4.jpg

≪材料≫1人分

なめこ(生) 1パック(およそ100g)

ねぎ 20g

しょうが 5g

うす口しょうゆ 大さじ1と小さじ1

みりん 小さじ1

ごま油 大さじ2

水 200ml

 

麺(うどん、そば、中華そばなどお好みで) 1人分

 

≪作り方≫

(1)  なめこを食べやすい大きさに切り、水洗いする。

(2)  ねぎ、しょうがをみじん切りにする。

(3)  鍋に麺以外の材料を全て入れて沸かす。

(4)  お好みの麺にたれをぶっかけて完成。

 

 

投稿時間:2021年10月21日 (木) 17:55 | 固定リンク


~新伊予人めぐり~ 視覚障害と向き合い愛媛で光る日常


 

今回の「新伊予人めぐり」でご紹介するのは、加藤正志さん(60)。

3年前、夫婦で東京から伊予市に移住しました。

himepon_211021-1.jpg 

加藤さんは徐々に視力が失われる「網膜色素変性症」により、

目の中心部しか見えていません。

東京でシステムエンジニアとして働いていましたが、40代で早期退職をし、

その後もさまざまなご苦労をされました。

 

伊予市への移住を機に

「東京でのつらい思い出はすべて置いてきた」という加藤さんは、

白じょうを手に伊予のまちをあちこち出掛けられるようになり、

地域の人とのつながりも広がり、毎日を目一杯楽しんでいます。

 

伊予のまちの魅力、愛媛の人たちの温かさに触れて

視覚障害と向き合えるようになった加藤さんが生き生きと暮らす姿。

今夜の「ひめポン!」でどうぞご覧下さい!

 

 himepon_211021-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿時間:2021年10月21日 (木) 12:50 | 固定リンク


「スポーツの秋の思い出は?」お便りお待ちしています!


あすの「ホッと!四国」は…


①香川大学生が海賊船のオブジェ制作
②新人・伊田アナの初リポート「段ボールを使った避難所のベッド」
hotshikoku_211021.jpg

③高校野球四国大会見所を解説者に聞く


お便りテーマは「スポーツの秋の思い出は?」
番組へのお便りはホームページからお寄せください。

https://www.nhk.or.jp/matsuyama/hotshikoku/

Twitterからは「#ホッと四国」をつけてつぶやいてください。

※放送予定・内容は特設ニュースなどで変更の場合があります

投稿時間:2021年10月21日 (木) 10:10 | 固定リンク


かぼちゃプリン


10月20日(水)放送

ゲスト:フードトレンドクリエーター 農学博士 やのくにこさん

 

【かぼちゃプリン】

madonna_recipe211020.jpg

《材料》(直径18cmの丸型1台分)

かぼちゃ:300g(種とワタを除いた状態) 

卵:5コ

グラニュー糖:50g 

牛乳:400ml

カラメル(グラニュー糖:40g  水:大さじ2)

 

《作り方》

(1)カラメルを作る。鍋にグラニュー糖と水大さじ1を入れて中火にかけ、色がついたら火を止めてさらに水大さじ1を入れる。火で再びあたためて型に流す。

(2)かぼちゃは皮と種を除き、同じ大きさに切って耐熱ボウルに入れ、ラップをして電子レンジ(600W)に約5分間かける。熱いうちにマッシャーでつぶしておく。

(3)別のボウルに卵を割り溶いて、グラニュー糖を加えよく混ぜる。

(4)牛乳を50℃くらいにあたためて、卵の入った(3)のボウルに少しずつ加え混ぜる。混ざったら、(2)のボウルに入れよく混ぜる。2回程度ざるでこすと口当たりが滑らかになる。

(5)天板にかぼちゃのペーストを流し入れた型を置き熱湯をはって、160℃に予熱したオーブンに入れて40分間蒸し焼きにする。(滑りやすいので布巾を1枚敷くとよい。)

*ミキサーがある人は、材料をミキサーに入れて混ぜてもOK。

*小さいカップに入れて1つずつ作ってもいい。

投稿時間:2021年10月20日 (水) 17:55 | 固定リンク


10月20日(水)のひめポン!は・・・


きのう公示された衆議院選挙。

himepon_211019.jpg

県内でも各地で候補者が政策を訴え、支持を呼びかけています。

 

「候補者に聞く」では、このうち愛媛1区に立候補した2人に、

3つのテーマについて訴えや考えを聞きました。

>衆議院選挙2021 愛媛県

 

投稿時間:2021年10月20日 (水) 16:48 | 固定リンク


10月14日(木)放送後


管理栄養士の宇佐亮子さんとお送りしました!

 madonna_211014.jpg

1日の気温差が大きいこの時期に起こりやすい体の不調「寒暖差疲労」。

宇佐さんによると、大きな気温の変化に体がついていけていない状態なんだそうです。

皆さん、このところ体調はいかがですか?

 

今回は「寒暖差疲労」を感じた時にぴったりの食材を宇佐さんに紹介していただきました。

その食材とは「里芋」です。

 

里芋には腸内環境を整えてくれる成分が含まれていて、腸を元気にすることが、自律神経を整えることにもつながるんだそうです。

 

宇佐さんが教えてくれたレシピは、体があたたまる「里芋と長ねぎの味噌グラタン」です。

ぜひ皆さんも作ってみて下さいね。

 

レシピはこちらからご覧下さい。

>里芋の皮を簡単にむく方法と里芋のあったかレシピ

投稿時間:2021年10月20日 (水) 12:12 | 固定リンク


ページの一番上へ▲