NHK松江放送局トップページ
山口 寛明

江津市の「宮廻正明展」行ってきました

先日、松江市出身の日本画家、宮廻正明さんの取り組みを取材し、リポートで放送しました。

 ちょうど、江津市の今井美術館で、宮廻さんのこれまでの画業を振り返る特別展が開かれており、江津市に足を運んでみました。

20180920_1.jpg

江の川沿いを走り、奥に見える橋を渡ります。

20180920_2.jpg

橋を渡ると、旧JR三江線の川戸駅がありました。

20180920_3.jpg

20180920_4.jpg

「ありがとうJR三江線」の文字も。

20180920_5.jpg

川戸駅から少し進むと、今井美術館に着きました。

山や川を臨む風光明媚な場所にありました。

20180920_6.jpg

(美術館の前から見える風景)

20180920_7.jpg

(特別に許可を得て撮影しました)

作品は画集などで見たことがありましたが、実物を目の前にすると、その場でしか味わえない迫力や美しさを感じました。

特に、絵の具の乗り具合やタッチの細やかさを体感するのは実物でないと難しい、と納得させられました。

他の美術館が所蔵する作品も集められており、様々な年代の作品を一度に見ることができるのも贅沢な体験でした。

この特別展は今月24日(月・祝)まで開かれています。

 

投稿者:山口 寛明 | 投稿時間:15:06

ページの一番上へ▲