NHK松江放送局トップページ
名古田 裕子

新年の伝統行事

こんにちは、浜田報道室の名古田裕子です。

 

2015年ももう10日以上経ちましたが、

お正月はおせちを食べたり、初詣に行ったり、

いろんな伝統行事がありますよね。

先日、浜田市のれんげ保育園で新年の伝統行事を体験してきました。

 

まずはとんど焼き。

正月のお飾りなどを燃やし、その煙を浴びると一年健康に過ごせると言われています。

 

新年の伝統行事

 

私も子どもたちに交じって家に飾っていたしめ縄を火に入れ

煙を浴びさせてもらいました。

 

新年の伝統行事

 

大人が浴びると若返るかも…!?

なんて先生の甘いお言葉もあり、期待大です(笑)

 

続いて、行われたのは正月に飾っていた鏡餅を割る鏡開き。

12月に子どもたちが餅をついて作った鏡餅を

小さなきねで何度もたたいて割っていきます。

 

新年の伝統行事

 

そして、とんど焼きの火で

割った餅を焼いて、出来立てあつあつを砂糖醤油にからめて

みんなで美味しく食べました。

 

新年の伝統行事

新年の伝統行事

 

こどもたちからは、

「なわとびを101回できるようになる」とか

「小学生になったら一輪車を乗れるようになりたい」とか

「お父さんのお手伝いを頑張る」などといった

立派な今年の抱負を聞くことができました!

 

かわいい子どもたちと一緒に、

無病息災を願って煙を浴び、ほっぺが落ちるくらい美味しいお餅を味わって、

私もことしも1年元気にがんばれそうです!!

投稿者:名古田 裕子 | 投稿時間:16:59

ページの一番上へ▲