NHK松江放送局トップページ
酒匂 飛翔

山陰の魅力再発見!(松江~県西部編)

皆さん、こんにちは! 

アナウンサーの酒匂飛翔です。

いや~、暦の上では春とはいえ寒い日が続きますね。暦の上では春・・・。

あ、そういえば前回のブログで秋の山陰を満喫した話題をお送りし、続編を書くと言っておきながら、2カ月以上がたってしまいました

というわけで、今回は島根県の旅パート2の記憶をお送りします。

(ちなみに前回のブログはこちらで!→http://www.nhk.or.jp/matsue-ana-blog/220/204569.html#more

 

前回は境港や鳥取砂丘など、鳥取県の情報が多めでしたが、今回はまずやはりここから!!

 

松江~県西部編.jpg

 

松江といえば松江城ですよね!!いわずとしれた国の重要文化財。

江戸時代以前に作られた天守が今現在、そのまま残る貴重なお城で「現存天守」(げんそんてんしゅ)と言われています。

 

実は昔の天守が復元などされず残されているのは、松江城の他、姫路城や彦根城などありますが、数あるお城のなかでも全国で12しかないそうですよ。

 

このお城観光に級友たちを連れていきましたが、城攻めの基本は、まず外堀からですよね!

というわけで、

 

松江~県西部編

 

もちろん、堀川遊覧船で50分ほどかけてお城の周り、松江の水路を旅しました。

(冬は寒いけど、コタツ舟というこの時期ならではの醍醐味があります。)

 

 

松江~県西部編

 

そして、入場→登閣!!

この日は、鎧甲冑や着物の方が多く(武者行列応援隊というボランティアの方を中心に本当にたくさんいらっしゃいました)、皆で記念撮影も撮らせてもらいました。

 

船に乗り、城に上り、歴史を感じながらの旅を終えると腹ごなし。

 

松江~県西部編

 

ここも定番、出雲そばを美味しく頂きました。

(左奥、沖縄出身のY氏がこっそりカメラ目線です。)

 

そしてあくる日、皆の希望で向かったのは・・・。

こちら!

 

松江~県西部編

松江~県西部編

 

この写真だけで、気づいた方はさすがです。

重要文化財「松江城」についで訪れたのが世界遺産「石見銀山遺跡」です。

大田市にある銀山では戦国時代から江戸時代にかけて日本の銀の生産の1/3を生みだしたという日本最大の銀山ですよね。

 

この文化的街並みと坑道をどちらも行きたい! ということで、全員20代であるにもかかわらず・・・。

 

松江~県西部編

 

移動に自転車を借りました(笑)

しかも電動アシスト付き!

(颯爽と運転している級友のS氏。スキューバーダイビングで鍛えているのに自転車!)

 

決して、皆が運動不足とか歩くのが辛いとかいうことではなく、短時間でたくさん回るための措置です!

ちなみに自転車は銀山のふもとのレンタル店で500~700円で借りられますよ♪

 

松江~県西部編

 

この時期は本当に紅葉が色づく良い季節、鮮やかな林道を駆け抜け、採掘跡の坑道へ向かいます。

 

松江~県西部編

そしてここが、現在一般の人にも一部が公開されている龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)という坑道です。

 

松江~県西部編

中は、こんな感じ。

当時を慮る雰囲気満点でした。

(身長187cmのW氏は坑道で頭をぶつけたとかそうでないとか。高身長の方はお気をつけください)

 

私の級友たちも、「おお!凄い!」、「こんなところで採掘していたのかー」「さすが世界遺産」を連呼。

島根でしか見ることの出来ない魅力に満足してくれたようです。

 

松江~県西部編

間歩を抜けると記念のスタンプがありました。気分が盛り上がりすぎた友人B氏はほっぺにスタンプを押して上機嫌でした。

 

実はこれ以外にも出雲大社や日本海の絶景、有福温泉など様々な場所を訪れ、友人たちは本当に島根を気に入ってくれたようです。皆最後は「また来るね!」といって去って行きました。

 

そういって帰る姿を見て、自分も恵まれた土地に住まわせてもらっているのだなと改めて思う旅となりました ^□^

投稿者:酒匂 飛翔 | 投稿時間:17:31

ページの一番上へ▲