NHK松江放送局トップページ

2017年9月 5日

吉本 美咲

手のひらで感じる「和の温もり」

こんにちは。キャスターの吉本美咲です。

まだまだ残暑が厳しいですが、しっかり食べてしっかり休んで、元気に乗り切っていきましょうね。

 

先日、「あるものを作りたい!!」と松江市の出雲かんべの里を訪れました。

それが「松江和紙手まり」です。

松江和紙手まりは、和紙が貼られた地玉に糸かがりで面取りし、四季折々の草花のちぎり絵を施したもの。

江戸時代に城下町として栄えた松江では、まり遊びが行われていたそうです。

その文化が形を変えながらも今に受け継がれていることに感動しました。

 

さっそく、体験スタート!!

まず、自分の好きなデザインを考え、和紙をちぎっていきます。

表は、椿が松江市の花であるということで椿にしました。

2017090101.jpg

「裏はどうしようかな?」と悩んだ結果…。

2017090102.jpg

NHK松江放送局のキャラクター しまねっとくんにしてみました。(見えますか、、、??)

 

刺繍糸で面取りをするところから始めて2時間ほどで完成!!

 

私の不器用さは隠しきれていませんが、和紙を手でちぎることで、かすれた感じが出て優しい風合いに仕上がりました。

作った人の人柄が作品にあらわれるのも、 ものづくりのおもしろさですね。

 

松江の歴史と文化を感じられた貴重な1日でした。

2017090103.jpg

投稿者:吉本 美咲 | 投稿時間:16:00 | カテゴリ:吉本 美咲 |

ページの一番上へ▲