NHK松江放送局トップページ

2010年2月18日

三上 弥

変化に富む〝島根の空〟


変化に富む〝島根の空〟「晴れ、曇り、雨、雪と変化に富む島根の空」

前々回の記事で、このように書きました。
2月18日(水)から19日(木)にかけての松江は、
変化のある空模様でした。

18日の日中は青空で、
夕方には宍道湖(しんじこ)に沈む夕日が見えました。

夜、仕事を終えて歩いていたら、
急に寒くなった感じがしました。

19日(木)朝に目覚めたら雪です。
松江市では、最も多いときで6センチの積雪を観測しました。
日中は一時日がさして、雪はとけました。
午後6時現在、積雪はありません。

今回は特別に、組み写真にします。

天気予報の雪マークを見た島根県外の方から、
「毎日雪で大変じゃありませんか」と時々質問が寄せられます。
しかし、日本海側とはいえ、
西日本にある松江の市街地で雪が降ることはそう多くなく、
降ってもすぐにとけてしまうというのが実際のところです。
この辺もロンドンに似ています。

< 参考記事 これはロンドンだ! 2009年12月21日
  
http://www.nhk.or.jp/matsue-ana-blog/010/32345.html >

予報によると、このあとは雪や曇りのあと、晴れ間ものぞきそうです。

この記事をご覧になっている方の地域の空は、
いかがでしょうか。

< 気象情報 
http://www3.nhk.or.jp/weather/ >


写真 左上 宍道湖に沈む夕日 島根県松江市灘町(なだまち)から
      2010年 2月17日(水)午後5時40分
     左下 京橋川(きょうはしがわ)にかかる東京橋(ひがしきょうはし)
     右上 東京橋から堀川遊覧船のりばを臨む
     右下 白潟本町(しらかたほんまち)商店街
      雪の風景はいずれも 2月18日(木)午前9時すぎ 松江市

撮影 三上 弥

投稿者:三上 弥 | 投稿時間:18:50 | カテゴリ:三上 弥 |

ページの一番上へ▲